時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

鬱屈

からみつく指先から恒常的に放たれる愛の軌跡をたどり、臨月の空から垂れる愛が交響曲を放ち、輪唱される神話や、多目的なルーツに重なる瞬間がにおいを放ち、共感する間にもたらされる悲劇などを取り除き、利己的なものがこしらえる言葉や、根幹を腐らせるだけに至るようななれ合いにひざまずくほどに、貧寒なものをもたらし、商業的なずさんさを空間にこしらえ、濫觴するものに奪われるだけの幼稚なギミックを解き放ち、懐かしむほどに、補完されるものが今を覆い、単純で利己的な苦しみへと引きずられていく。宇宙規模に広がる議論の最中に用いられる昏倒するだけの理由から、理想を用いるほどに、苛立つ精神は限界を用い、均等な理由などは分かち合おうとするほどに、理解まで至らずに、戦争へと至るような倒錯から、そこに問う悪などは、用いられる道理により偏執し、利用価値を引き出し、物事にすがるだけに至るし、いたわるほどに、言い分けばかりが増え、俯瞰に攻め入る制限から、今に帰巣する意味も、均等なものにそぐうだけに至るような理由に加算される原理的な検証から、関する間に利己的に奉納される理由から了承される観念が限界を用い、健全な理由などを用いるほどに、一途なものは損なわれ、そこかしこに生み出される苦しみに悶え、悲観するだけに至ることに関することだけが、世界を世界として認識することに現れる苦しみから背反できずに、凡庸な理由に措置される苦しみや悲しみを引き出すほどに、慢心を生み出し欺瞞へと至らせ、悲劇を生み出すだけの人間的な形式や、景色に現れる哀れみを引き取り、誓いを求めるほどに保持される理由に利用されるだけの現れや、抗うほどに、損なう現在に原理的な力学や、備わる苦しみに引き出されるだけのあいまいな毎日に現れる固執するだけの正義に偏り、互いをとがめるだけに至る。行き詰まるだけに至る私たちの未来にもたらされ、求められるだけに止めどなくあふれる憎悪が主観を襲い、瞬間的な苦しみが生み出す敵対心に誘われ、猥雑に意味を補完するだけのメディア的な扇動よりも、衆愚が生み出す画期的な機械による等差が生み出す動作こそが、いちばんの不安を誘い、意思を奪うだけに至る扇動から、戦争へと留置されるだけの観念が生み出す悲劇的な統合から、傀儡と化し、同化するだけに至るような交換から、諧謔さを損なうだけに至るような考えに還元される理由に鬱積していく迎合されるだけの意志から、卑近なものに陥るほどに理屈ばかりが増えていく。迎合されるだけの罪が誰かに利用され、そこかしこに苦しみを植え付けるだけに至るような体系的な契約から、形骸化する意思が外観を壊し、概括されるほどに野晒しにされ、死するまで傍観されるだけの爽やかな身体をあなぐらに放置し、そこに偽造されるだけの真実や、もたらされる意味の窮屈さに起因を残し、散漫な意味から解き放たれ、ないがしろにした意味から抜け出し、自らの欺瞞を飛び越え、不満足をも超越し、今に鬱屈するほどに、魯鈍なものに成り代わり、自らから閉め出され、権利などを用い、何かを奪うだけに至るような倒錯から、最たる意味を保存するだけに至るような蓄積されるだけの苦しみを捨て去り、今に現れるものをはじめて愛する。

出会うことによる引き裂きという行動から、配備される愛が持ち出す意識に対する背反から、愛から放たれる意識との別れから、猥雑な倫理を引き出すだけの認識が用いる等差や、動作に対する品格などが、互いの間を引き裂くほどに、悲観するだけの行為にもとづくセオリーが理解に至る前に、そこに生み出される苦しみだけを増幅させる。齟齬し続ける意識は、改善されずに、そこに鬱積されるものにより陥る悲劇に攪拌され、改善されずに今に不当なものをもたらす模倣されるだけの苦しみが生み出す住まいにあてがわれる儀式的な何かが汎用するだけの奇跡を信用するだけの弱った心に汎用されるだけの悲劇が原理を生み出し、意味を阻むだけに至り、体系的なものに搾取されるだけの身体が快楽を受注し続け、端的な理論に吸い取られることにより、多幸感に浸り、高揚し続ける意識的な昇華が敵愾心を捨て、惨憺たる今に現時点を生み出さず、そぐうほどに齟齬をきたし、期待感を孕むほどに阻むだけに至るような精神が見出す悲劇に攪拌される先々に濫觴するものなどは、誰かの意思を奪うだけに至り、耽溺するだけに至るような起算から加算される痛みが今を分離させ、理解を得る以前にここで固執するものが革命に至らずに、自らの苦しみを吐露し、露骨な支配に引きずられるだけの緩衝から今に緩和していくほどに怠慢なものを生み出し、今に鬱積する苦しみに屈折していく精神が起算するものを生み出し、争いばかりが増え続ける間に産出される愛が確かなものを引き取り、『合間合間に生み出される愛が離れぬように、と手をつなぎ、互いの愛を確かめるようにからまる指だけが、愛のようなものをその関わるぬくもりや感触が脳内を循環し、簡易な苦しみに陥らずに、確かな愛だけを今に敷衍させる』。

継続する意味


宇宙的な神話をひもとく静謐な正義や、我が身を滅ぼす意識が迫り、醜い争いを意識の中で展開し、回転する座標や、ミリタリズムが降り注ぎ、立体的な戦争が損得を謳い、導く意識が儀式的なものを生み出し、俯瞰に偶像を生み、何かを踏み台にし、意識を破壊するだけに至らせる。憎しみ迫る意識を改ざんし、革命的な偶感から、不満足を謳い、リベラリズムへと変化し、偏向し続ける意識は、罪を組み上げ、意識的な苦悩を宇宙的に膨張させ、初期宇宙から改ざんされ続けた意識の傲慢さや、最たる意味を失い、そこかしこに即席の苦悩を生み出し、際限ない苦しみへと至らせる儀式が、数千年に渡って続いてきた。変換される罪は、儀式的なものへの生贄として捧げられる。あらゆる苦しみを複製しては、復元され続ける苦しみに厭い続けるような永遠性を乗り越え、今に至る奇跡を謳歌する。何かに寄り添う形が具現化され、確かな形容に変わり、裁く以前に、今に現れるものだけが、確かな意味を継続し、あらゆる意味を継承していく。確かな意味は、今に足枷を嵌め、世界を牛耳り、君の意味を奪うだけであるし、育むべき今も、欺瞞に遮られ、不満足を謳い、際限ない苦しみに浪費される観念が、軽薄なものを生み出し、他愛ないものを汲み取る以前に、確かなものは迫害され、自らの罪の意識に苦しみ、意識に危害を加えられ、自らの苦しみに苦しむことに専念し、自らに軋む所以や、躍動する展開に追いつけずに、形骸化していくだけに終える意味や、緻密なものを生み出し、意思を踏み台にしながら、しなびた意識は、今を敗残に追いやり、止揚するこどもできずに、でたらめな方法論を生み出し、自らに食い込む苦しみを反復させ、今に反発し合うものや、形成される真実に横領され、応用されるものに食い違うものや、問題に早熟に生まれる答えとの食い違いや、互いに相違し、相似するものに落ち込む間から、時間は偏執していき、行き違うほどに、ほつれては緩慢な作用を施し、利己的なものを生み出し、物事に軋轢を与え、たゆむだけに至るモラルや、悶絶する先々に契約を交わし、必然性をもたらしながら、滾る意識は、対話を続けながら、対等さをもたらし、今に飛躍するものが、貧寒なものをもたらし、苦しみを補填し続けては、自らの未熟さに屈従し、密接に結びつく思いが包括され、確かな愛で密着し、離れぬように仕向ける余韻は、かかずらうことなく、愛を送り続け、そこに強制的に強請るような愛は無く、儚く続く意思的なまやかしを取り除き、利己的な愛に疎外されるだけの孤立感や、横柄に迫り、一途なものに派生する真実や、まがい物を授け、行方不明になる意識が担う苦しみや、違いを生み出すほどにずれは生まれ、奪い合うだけに阻まれる精神は、知り得るものも無ければ、そこに退き、虚空を漂い、席巻される意識は圧壊し、今にがんじがらめになり、理不尽なものを携え、今に悶絶し、シーンに屈従し、従事する先に生み出される屈辱に快楽は生み出され、そこに増していく意思的な核家族化から、界隈に生み出される曖昧な摂理や、倫理観を謳い、簡易な支配へと急ぐ意識は、カタストロフに導かれ、自らを破壊することに専念し、生まれる苦しみに操作されながら、内外に派生する意識的な等差が生み出す階級闘争に交錯し、換算されるだけの精神的な軋轢から、悶える精神は、陰鬱な言い訳を続け、毎日に交換される苦しみを補完し続ける先に止揚することもできずに、用いられた疲れを生み出し、限られた苦しみを、限られた中でなぶるような拘引から、手立てを奪われ、今に苦しみを繰り上げ、汎用される理由に今を奪われ、意外性を用いずに、インタラクティブなものを生み出し、今を踏み台にし、意思に軋轢を生み、何かに屈するほどにくたびれる先に対立し、互いをとがめるだけに、いたずらに消費される苦しみが位置的な痛みを生み出し続ける。阻まれる先に生まれる未来が、あさましいものを従え、何かを横柄さで包み、互いを包括するほどに、自らを傍観者に変え、自らを身代わりにしながら、代償的な痛みを補完し続け、悲観するだけに至らせる。世界は、共感を用いながら、長い苦しみを凡庸に継続しながら、膨張する苦しみは、被害者意識を増幅させ、自らを破裂させ、破滅するだけに至る。

宇宙的な閃き

初々しいものがあふれ、虐げられていた思いを昇華させ、ひずむ感情をリズミカルに変え、意味に変容されるだけの幼稚な企みや、猥雑な思念を昇華させ、逸する先に生まれる愛と華々しく結ばれ、無数の幼稚な企みに感情を操作されずに、ドレスアップされる現在に懸隔を用い、間隔を生み出し、麻痺させるだけに至るようなたゆたう衝動性や、律する間に募る思いが抑圧を撥ね除け、自らの意思に無頓着に帰還し、関する間に生み出される背反や、排斥される間に徒労をかさね、眠りからほどける瞬間に生まれるものが真実を語り、カタルシスを促し、隠語を放つ動機や、同調性を捨て、ノスタルジアをたどり、リンクする瞬間に生まれ、塗り替えるものだけが、この物語の間で確かなものを実らせ、邪推せずに、円滑に進む物事から、出来事とは、その場で消費され、深夜にさまよう孤独な感情を昇華に至らせ、解消する痛みは、旋回するほどに麻痺し、魯鈍なものに変わり、ロジカルなものに衰退させられるだけに至り、堅持される余韻が、誇示するものや、怖じ気付くだけに至らせるような喜劇や悲劇の間で浪費していく感情は、カタルシスに至らずに、自らの苦しみだけを繰り返し反復させ、そこに翻すべきよろこびを生み出さずに、見出すものすべてを浪費していくだけに至らせるような屈辱を進み、荒む精神は、些細なことで高圧的な法や罪にさえぎられ、模倣する事でしか、善悪も生死も乗り越えられずに、与えられたままに現れる儀式を司る幼稚なギミックに飲み込まれ、混同する意識は、散漫になり、担う事柄の重荷に耐えかねずに、観点に疎外され続ける間に消費されない藝術は、庶民の下に降り立つほどに落ち度ばかりが目につき、目に余るものに変わり、命じられるものに変化し、藝術とは、そこで退化していくだけに至り、自らの退嬰的なものや傲慢な意識に司る欺瞞などを抱え、延命することだけに専念し、自らを喪失し、失意の下、妨げられるほどに傷ついた意思は、陰鬱な衝動を重ね、自らの焦土に眠らせているぬくもりを忘れ、照合される先々に位置づけられるほどに、居心地の悪いものを抱え、固執するだけに至り、枢要なものを損ない、そこにあふれていく痛みばかりを解消させることだけに専念する。悲恋に打ち砕かれた者がおののく隙間からあふれる悲観的な緩衝を終え、借りているものを返すことだけに終える業務から、凝固していく意識は、接続されるものに苦悩を引き渡し、悲観的に至る先々でいたわることすら忘れ、自らの苦しみに制限を生み出され、今に定める屈辱や、そこかしこに意味を与えるほどに、転換されるものは、今に浸るだけの苦しみを媒介し、意識的な哀れみばかりを膨脹させる。力の間を揺らぐものが、権利を用いふさぎ込ませる。憂鬱を敷衍させる散漫な意識は、形式的なものに覆われ、意識を奪われ、意味を背反できずに、今に蓄積される苦悩を膨脹させる。あらゆる不満は、不安を誘い、今に蓄積する動機に不正なものを持ちこみ、追い込まれる意識は、欺瞞を生み出し、今に立場を用い、位置的なもので恫喝し、自らの意思を破壊するだけに至る。体系的なものに携帯するものや、体系的なものに逍遥し、媒介する先々で権利を謳い、用いられる悲劇に酔いしれ、自らを悲劇のヒロインとして扱い続ける先に現れる苦痛はやがて快楽を用い、自らをマゾヒズムに変化させる。与えられる罰は、快楽に変化し、不安を用いるほどに、快感は増していく。あらゆる拘束は、抑圧されていくことに生み出される悲劇を延々と敷衍させ、動機を損ない、長じる由縁に弾き出される感情は、はびこる悪意に鎮座し、暗澹としていく。指定される義務が用いる抑圧から、さえぎられる意思は、快楽に改ざんされ、段々と迫る意識的な汚穢や、終わりを導くだけの悲劇へと逃避していき、貧寒な意識は、今に変換される儀式的な戸惑いからミニマリズムに至り、再現される悲劇を重ねる愚行がガイダンスを促し、段々迫る意識的な敵対から、対話を終え、退廃的なロマンに浸るだけの偶像的な気配から、現実にはびこる悪意にとがめられては散漫になる意識は、排除され続け、自らの片隅に現れる偏執が苦痛を収斂させ、自らを搾取するだけの資本主義的なシステムを生み出し、自らが作り出すものすら、すぐさま見つかり、課税をかけられる。閃きをたずさえたメタファーを掲げ、アンチテーゼを重ね、換算されるだけの原理に反し、理解を求めるほどに、止めどなくあふれる感情は、動機を乗り越え、今に慟哭を与え、たゆむだけの意思を敷衍させるだけに専念する。

創造的な飛躍


 ここに現れる距離を測るようなことすらせずに、今に迫る疑問を乗り越え、自らに帰するイメージや、意味合いに不潔なものをこぼすだけの塗料を掲げる君の意識的な批判から、介する間に迫る露骨な支配や、贋物を突きつけるだけの意思的な何かが腐敗させるだけに至らせるような悲劇を攪拌するような耽溺から、加速するジレンマが精神性に制度を加え、今に歓喜を授け、与えられる快楽だけが、健気に意思を突き動かすのだ、と仮想し続ける脳内で幽霊と化するだけの自己を抑圧し、軽薄な自己啓発などで、魯鈍な者へと陥り、短絡的な金言を吐き出すような可能世界での獣を作り出し、差し替えられ、出し抜けることばかりが、意思を専横し、占領される死へと迫る恐怖から逃げ惑う人間性が制度に付着し、膠着する意思は、状態を保つことだけに専念し、今に拘泥し、受理されるものへとおののき、肉迫する先々で対立を深め、関係性に制度を与え、埋め込まれる罪の意識から、軽薄な試練を運び出し、不安へと誘うだけの価値の家畜として、或いは原理や原因に妨げられるだけの自制を与え、苛む記憶や、マゾヒズムに陥る。類似品としての自己を模写するような形に横溢していく自堕落な形式が迫り、景色を汚すだけに至るような展開から、転換していく意識は、観点を阻害され、苛む記憶がうじうじしながら、裁かれるだけに至る代価から、代用品として慢性的な痛みを抱え、感染する痛みから、他者から借りた痛みへと運ばれるほどに恥じらう意識は、判明する意識的な苦悩を重ね、苦痛へと至り、いたわるべく心も、魂胆を損ない、ないがしろにする意味から、耽溺し続けるだけに至るような遅配から、短絡的な信心へと進み、荒んだ意識は正式な正義を用い、支配するだけに至り、関連する苦しみは、暗澹としていき、指定される義務へと運ばれていく意識を傍観し続ける。システムとの交わりを拒否し、自らに迫る弊害に反し、露骨な支配に反するほどに強度を増していく精神は、マゾヒズムに浸らずに、悲観する意思を乗り越える。あらゆる原理は、悲しみの回路を循環するほどに、自らとのほつれを増やし、破綻していき、自らを見失い、現れる空虚感に苦しみ、屈折していく先々に統合される苦しみに一生涯苦しむことに至る。最たる意味を露骨な支配を生み出し、構造的な苦しみを増幅させていく。派生する苦しみは、他者から借りた苦しみへと浪費していくだけの感情に道理を働かせ、シェアされ続ける苦しみをコマーシャリズムが促し、終わらぬプロパガンダは、私こそが正しいの、だと洗練する先々で、倦厭される宣伝を知らぬ間に受け入れ、頭の中で何度も再生され、自らの姿勢を破壊し、そこに受け入れる苦しみだけを認識していく。その認識が生み出す死へと追いやられる正式な精神は、とがめられるほどに恐怖を倍増させ、協調される死へと追従していき、自らが生み出す苦しみこそが、この世界を生み出す原理であり、そこに現れる苦しみこそが世界である、と認識するだけに至るようなマゾヒズムからヒステリックなものを引き出し、卑近なものに陥り、即座に苦しむだけに退嬰的なものや、体系的なものに疎外されるだけの孤独感に至るか?資本主義的な屍骸として生きるかの差異になどに現れる間隔を漂う幽霊として生きるのか?とうそぶくような革命的な論理に治外法権の者として生きるような暴力的な昇華に至らせるような統合から放たれ、藝術的な進化から、創造的な昇華に至らせるべく、反するとは、暴力的に至る血に備わるのでは無く、そこの欲するものが悲観するほどに現れる垂涎する意識が欲しがる死の衝動により、ますます邁進していく意識的な餓鬼を用い、漁るだけに至るような搾取する者や、かばい合う歴史に鎮座する現前をたどる宗教的な専横から、バイオレンスな意思を用い、虐げるだけに至るような独裁者へと変化し、とがめるほどに増していく快楽の虜になり、担う意思は、境目を用い、何かを差別的に消費するのが、この資本主義的なものではあるが、そこに現れる衆愚が生み出す扇動から生み出される戦争の権化どもが徘徊する意思を媒介するような国家的な欺瞞から、フラクタルなものほど、互いをとがめるためだけに至る同族嫌悪をの炎を燃やし、世界を地獄の業火で包むような卑劣な還元から、差別的に規制されるほどに、フェミニズムは加速し、やがてファシズムへと至るような退屈な逍遥から、時間をすり替え、スリップさせ、時間との擦れを延々と感ずる深淵から、私怨を引き上げ、何かを憎悪するだけに至るような共感から、介在する意識は、大罪を用い、何かを罪の意識により、よりよい不安へと導き、報うだけに至るような倒錯から、錯雑とした観念を支配するだけに至るような闘争から、倒錯し続ける意識は、自らの境目を失い、世界が用いる正常さを正常と思うことの異常さに気が付かず、正常なものなどは、作り上げられたまやかしではあるが、そこに正常と示さぬ限りに、人間とは動作できずに、今に倒錯し、意思を損ない簡単に狂うだけに至るような境域に生み出される原理的な狭間に生み出すべき新たな衝動を与えるべく、勉学に励むべきであるし、そこにとどまるようなものを積み上げずに、与えられる罪にたゆむことも無く、自らの意思をピンと張る。

あらがうもの


 時代に反するのが、私たちの役目であるし、やがて枯れ果てる前に、この命を使い果たすような行事の後に迫る制裁を待ちわびるような若気の至りが分け隔てなく、惰性なものを捨て去り、散漫な意識に形容されるものなどは、一切に魯鈍なものを持ちこみ、陰鬱なものへと変化させるだけに至り、いたわることばかりを目的に印象に吐露するものが、悶えながら、用いられる原理などにいらつき、路頭に迷うか?徒党を組むかの違いから、散漫な意識は、どこにでも対立を持ちこみ、大義を損ない、緩慢に退くだけに至るような退化から、観点を失い、そこかしこに恨み辛みを用い、持ち込まれる意識に監査され、検査が終わる、と研鑽されるだけに至り、強制的に思念をねじ曲げられ、与えられる意味に固執しては、代償を求め、何かをとがめることだけに理想を供給し、与えられる意味は、対比されるだけに至るような痛みとの交わりから、露骨な支配を受け取るだけの家畜としての生き方や、そこでふさぎ込むだけの行為に貧するだけの永遠性にふやける身体が、こうむるものが自らを退廃に至らせ、寂れたふんいきや、因果応報に往往としていくジレンマを抱えた昼下がりの情念は、燃え尽きたいのだ、と叫ぶようながんじがらめの定理にもとづくエゴから、拘引されるだけの自堕落な差異から、陰惨な誓いに収まるだけの情景に発散される痛みにもとづく提携やら、形体に引きずられるだけの諦観や、鬱積する心情にもたらされる悲劇を攪拌し、関係に能動していくことだけが、唯一の真実を放ち、破綻するだけの印象や、果敢に挑むことを忘れ、澱むだけの思念は、念じられるだけに意味に補填される苦しみを繰り上げ、今に起算されるだけの改ざん的な余波から、要する間に導かれる苦悩や、空洞化する意識を抑圧し続ける憂鬱な演技から、前衛的な意思を持たずに、ただ依存的に繁栄していく快楽の需要から、常用される罪の意識を率いて、その意識の鞭をたたきつけるほどに増していくマゾヒズムから、毎日に裁かれるほどに、快感は原理的なものに拘泥していき、抵抗するほどに、快楽の密度はあがり、快楽を求めるほどに、自らの寂寞が広がり、空洞化していく意識に注がれる快楽を求めるほどに広がる空虚感に耐えかねずに、求めるほどに快楽とは空虚なものを引き出し、その空虚さを埋めることだけに専念し、快楽の傀儡と化するころには、関する意味に葬られ、放置される意思に鬱積していくものが、運命を牛耳り、リンクする意味が悲観を呼び覚まし、機関的なものに備わるエロスや、永劫にほどこされる罪の意識に補填され、抱合されるだけの意識はやがて価値観に屠られ、自らの意思により駆逐されるだけに居たる。退嬰的なエリアに潜む価値観との統合をもくろむ恐怖の意図から、位置に引き出される利己的な意識が責め続けるだけにデカダンスに至り、そこの這いつくばる美醜のものを藝術的に掌握し、昇華させるためだけに渇望する意識を支配し続けるサディズムが虐め続ける時間が永遠性を蓄え、妨げられるほどに邁進する快楽を常用し続ける間に備わるニヒリズムが快楽を増幅させるべく、ベクトルは旋回する意識に転換されるものを最大限に利用し、引用される者に復元されるだけの恐怖に同調するだけの不安感を課せ、加算される痛みや、隠逸していく先に現れるゲシュタルトを子飼いにし、憎むことだけを演じさせるべく、違う自分を何度も反復させ、そこに現れる影響に備わる永遠に沈み込んでいき、混濁していく意識に妨げられ続ける先に援引されるものに利用され続ける余韻や、因果律に反し、はびこる悪意に需要を求めるだけの出来合の真実のプロットを破壊するような反抗心から、はびこる悪意に充填されるだけの成因にもとづく真実などは、ゆがんだ意識が孕む意味を屈従させるだけに至らせるような倒錯を用い、交換される理由や利用されるだけの意志がゆがんだ価値を用い、意思を抑圧させる間に膨らむ憎悪が、造言を続け、増幅する価値に位置的な痛みを授け、指図されるだけの空虚な身体に感染していく痛みも無知なままに影響を受け続け、羽化する意識が飛び交う今にも瀰漫する不満ばかりが栄養を求め、妨げられる幼稚な企みから、枠内に果てる私は、制限を持たずに限界などを謳わずに、現れるものをあてがわれるほどに、現れる意味に愛を奪われ、今に阻まれるだけに至るだけだし、出し抜けることばかりを考えるような機械的な輩が用いる汚い言葉の傘下として、同じような動機を、同じような意味で吐き出すだけの自堕落な企みから、枠内からはみ出せずに、惰性な意識に飼い慣らされていく体系的なものの破壊を謳う以前に、すべては、個々に宿り、此処に宿るものだけが、固執せずに、体系から放たれ、自らの意思を循環させるべく、純化していく意識は、形式に覆われずに、景色を楽しむことだけに専念し、洗練される先々に現れ敷衍するものが、伝わるものなどは、今を魯鈍なものに変え、論難をあびせ、あいまいな毎日に疲れたものが与える罵声に汚され、体系化する意識がもたらくすむだけの意味が、今を覆い尽くし、暗雲立ちこめる意識に怠慢なものを運び続け、体外に果てる理由が、高潔なものを用いずに、狡猾なものへと陥るだけに至らせるようなねじ曲がった意思と合致するものだけを本質として捉えるような枷を嵌め、世界に制限を生み、原生のものを破壊することだけが、正義のように扱われるだけの惰性な革命こそが、何度も同じような時代を作り上げ、人間的な欺瞞をサイクルさせるだけに至るような抗いは、あてがわれるだけの購いから、あいまいな意味をさえずるだけに至らせるような悲劇を換算するだけの体制的な原意などは、本当の意味を隠すことだけに専念するようなセンテンスをばらまき、従順なものを作り上げるような教育を生み出すための手法などは、もう誰も騙されるわけも無いし、そこに虐げられるような日々は、もう終わったの、だ。

狡猾な朝


 国家とは、夢を捕食するもので終わるのか?突きぬけていく正義は、演技を続け君に近付き、蓄積する苦悩を食い散らし、何も残らぬように駆逐するであろうし、あいまいに迫る意味にマインドは奪われ、毎日に追われるだけに血を争う戦いへと倒錯していくだけの論理をたずさえ、意味を崩壊させるものか?あるいは、あらゆる意味を収斂させ、収奪する者との闘争を続け、世界を終わりへと導くような神を設立し、あらゆる摂理と抗うだけの法を蛇行させ、惰性に自己顕示欲をはびこらせるか、と観点は浪費されるだけの永遠性を訪ね、終わらぬ旅路へと至るような形成される深夜にもとづくエゴから、永劫回帰的に終末をつなぐような関係などに清潔さは無く、関連する動機に収容されるだけの意味に強制的に働かされ、最たる意味を損ない、そこかしこに分裂していく意識は、意味合いに不潔なものを出現させ、意味を奪うだけに至るし、やがて生活感を用い、簡易なものに閉じ込めるだけに至るような体系から、形体するものへの犯行により、形骸化するだけのリスクを謳うだけの異次元的な対話から、法則的に食われ続けるような論理をたずさえ、「そこで荒らされるほどに争う永遠性と自己との解決や、統合を謳うだけの卑屈な論調を敷衍させ」動機を奪い、正義が悪をかぶり、自らを悪に染め上げるだけに鬱積する苦悩がばらまくノイズや、鬱積する過程にもとづく開かれた意思が紊乱なものに犯され、静謐なものに映じる藝術的な開花から、対話を続け、汚い過去に形容されるだけに瀰漫する不安などに映じていく自己とは卑屈なものに偏るだけに至り、いたわられることを目的に互いを認識するだけの固定観念に襲われ、応じるだけの答えに自らを結節していくほどに諦観は暴走し、今に真理を奪い合うだけの聖戦を持ち出し、正義で偽装された関係から、観念は偏るだけに至るような交わりから、毎日に満ち足りずに悲愁を漂わせ、欠乏していく精神は、邪推へと至り、誰かを恨む呪詛を重ね、攪拌される正義は信念を奪われ、動機を攪拌させ続ける先に待ち受ける一体感は、安易な快楽を促し、消費を続けるだけに至り、体制にこびへつらい、平衡する意識を保つことだけに専念し、センテンスにより、点線は暴かれるものにつながるほどに魯鈍な対象を見つけ、その者を生贄にし、自らをカタルシスに至らせるような罪の意識に截然される意識的な錯乱から、殺戮を重ねるだけの即席の独裁者として背くほどに生まれる感情により退行を続ける先につじつまも合わずに色あせるだけの瞬間に閉じ込められ、来世を思うほどに、現在や現時点に置いて行かれるだけの感情が情景に達する前に消え去り、過去から持ち出す意識的な虚栄を張り、自らを磔にし、そこに現れる罪を解消しようと改ざんする先に散々なものばかりが生まれるたびに倍増していく罪の意識により、自らから逃避を続ける。容易な逃避は、そこかしこに利己的なものを備え、責任を他人になすり付け、自らこそ正しいものように損得で測るような尺度から、価値は退廃的なものに陥り、用いられる制度にねじ曲げられた感情に等差を持ち出し、等位に備わる値だけが正しいのだ、と教えられるほどに、人間とは、人間によりねじ曲げられ原意を忘れ、原理に酔いしれ、自らこそ、正しい神を司り、対するものに制裁を加え、自己を聳立させるためだけに今に堅持する意識こそが、正しいものへと至るのだ、と堅持するだけの利己的な正義から、孤立するだけの個人は、そこに置いて行かれるだけに至り、そこに差異を生み出し、そこかしこに苦しみを充填し、歯止めも無くあふれる苦しみが敷衍し、普遍的なものを措置し、何かを恨むためだけに信仰的な敵意から、革命を促す論理的な証拠から、誇称されるだけの名ばかりの衝動から、論理的な敵愾心から妨げられるだけの原因に措置される安易な動機が示す怒りから、ふれあうほどに、そこに恨み辛みを生み出し、つながる痛みは今に排斥される苦しみを動機につなげ、そこに永続する苦しみの捕囚として生きていくことこそが、正しいものへと至るような罪滅ぼしになるのだ、と道理に導かれているかのように示すような正しさなどは、正しくあるべく、正しいものを演じることこそが、正しいことへの近道である、と示す道標として生きるべきだ、と妥当なベクトルから、正義に軋轢を加え、整合される時折に暴かれる意味や、真理が危害を加え、意味に子飼いにされ、従属するほどに、奴隷として生きることのよろこびこそが、しあわせの近道であり、失わないように保つことこそが、正しいものであるのだ、と妥当な位置づけから、位置的なものに屠られるよろこびから、猛威を振るう真理は、自らの卑屈さや、悪意に気が付かずに、自らこそが正しいのだ、とこしらえるものにより、軋轢を生み出し、互いをとがめるだけの論理から、立証されるだけの苦しみを唾棄し続ける先にシステム的な交わりから、はじまりを羽交い締めにし、まがい物を生み出し、歯がゆく悶える精神は、誰かの怒りを借り、借り物の怒りにより、誰彼かまわずに攻撃するだけに至るような対象を見つけることだけに忙しく動き回り、自ら生み出すことを知らずに、自らを哀れむほどに補填されるだけの苦しみに屈折していき、自らの痛みを感じなくなったら最後、誰かを攻撃することに生まれる快楽に酔いしれ、補填される他者の苦しみだけを餌にして生きるような亡者になり、自らが餓鬼に変わるころには、答えに拘泥し、体系化した自己を勝利に導くために卑屈なものとして内外に果てるだけの自己の亡霊を傍観するだけの者としてさまようだけに至る。

混濁


 青年達は帰る場所も無く、穢れているのは、彼女である、と自らの法で汚す論理から、利口なものほど、魯鈍なものに陥るだけであり、陰る本質から、憎しみを増加させるだけの日々に嗄声を流し、端的な理論に拘束され、後続する意識は、今に悲観し、引き返すだけに至り、利用されるだけの身体は利息が付き、借金を返すだけの日々などに追われるだけの意思は、強迫的なものに引っかき回され、現れる不安との対立を続け、つくづくに迫る不安とは、思うほどに、その不安の強度を増していき、今に不安定に変わるだけに至るだけの精神に秩序などを求めるから、止めどない痛みは、計り知れない恐怖を巻き込み、原理的な憎しみから、びくつく精神は、いくつもの境界線を作り出し、織り成す衝動は、何かの権化として現れる瞬間に習慣的な苦しみを生み出しながら、内外に現れ派生するものが、今を暗澹としてものに書き換え、介する間に情報を埋め込みながら、内面的な疎外感にふえる恐怖を同調させようとするほどに、互いの依存度は増していく訳であるし、そこに生み出される苦悩は速度を増し、互いを生贄として供えるだけに至るような供犠から、教義に犯され、疑問を持つことが、いちばんの悪意である、と宣言されるような間から生まれる肥満化した意思は、悴む決意や、乖離する値や、あいまいな毎日に現れる欺瞞や、裏切りを続けるだけに論調とは引き伸ばされる痛みに意味をなすり付け、血合いを施された空っぽの身体を捕食するだけの彼らの不満から、憤怒を引き出すだけの安易な決議から、象徴的な痛みへと神を引き出し、懐疑的な日常に攻め入るセンチメンタルな衝動から、商法とは、今を屈折させ、生まれる苦しみに増幅していくだけの憎しみを足していき、悲観するほどに、誰かを恨むことdけに充填される物事に補足されるだけの些細な闘争から、倒錯していく本質は、保存される苦しみへと巻き込まれ、苦しみを再現するだけの機械として慟哭し続けることに本質を置き、応じるほどに魯鈍なものを補足し、後続する意識に縦横するものが阻害し、通り抜けられるように措置する間から葬られる今に疑問を投げかけ、何事にも平常心を保ち、尊く現れる疑問に対処し続ける間に増える不安も、案ずる先に生まれる手立てや、そこに即席の理由がほどこす自由などに偶像的な支配を受け入れ、自らを屍骸として受け入れるだけの幸福論的な欠如から、形成される真実などは虚偽であり、絵空事であり、統合されるほどに同じような意味を同じようなニュアンスなどを伝えるほどに、相似したものをこしらえるだけに至り、行為にもとづくエゴに引きずられるほどに間隔とは生まれ、そこに麻痺していくだけに指定される苦悩を同じように味わうべきだ、と悪意を備え、懐かしむだけにいぶかる先々で対抗する意識は、抵抗力を増していき、慢心に至り、浸る意味は悲観するだけに至り、いたわることも忘れ、用いられる答えに利用されるだけの軽薄な理論に相似するだけの自己に相違を伝えるほどに自分との乖離を感じ、理解を得ようと必死にもがくほどに、もうろうとしていく意識は、指定される意味に徒労を重ね、今に邪推するだけに至り、いぶかる先に生まれる衝動は、動向を奪い、研鑽を積まずに、生まれるままの無知さと純粋なままに屹立していく意識の高低差も無く、ただ現れるままに表現する先に抗う詩的な衝動だけが、差異化を進め、境目も持たずに折檻されるだけの身体が促す応答から、反するほどに生まれる関する間に即されるだけの意味に備わるジレンマを昇華させるべく、そこにたずさえる慢心を排除へと至らせ、作成されるだけの真実がほどこす立体的な虚偽から、散漫な意識に迎合される物事だけを取り扱い、それを飛び越えることで崇拝されるような神から受け取る答えなどは、大義を持たずに、ただ短絡的に消費するほどに儲かるようなシステムから、聡明なものすら無く、負担を軽くさせるべく、軽口を叩く限りに陰る本質は怪訝なものを抱え、今に悶絶するだけに至るような軽薄な移流から混沌としていき、慢性的な痛みに変えられる、危害を加えられる意識は、機関的なものに飲まれ、導かれる屈辱や、構造的なものに抵抗せずに、構造の中に取り込まれ、当該する者として生きることの中を徘徊し続け、どこか乖離したように自己を傍観するだけに至るような対立から、精神的な乖離は進み、荒んだ意識は懐疑的な何かを抱え、大義を利用し、領土を奪うために死を利用し、システム的なものに絡め取られるだけの意識は、言い分けを続け、慈しむことを謳いながら、異物感を抱え、居座り続けるだけに至るような今に充填される苦しみにさえずる意味がいびつに変わり、陰鬱なものをこしらえ、拘泥するだけに至るような現時点に促される恐々としたものに主体性は飲み込まれ、そこで誇示し、表示されるものこそが本質であり、それだけが真実のように語るような者こそ怪しむべきであるし、そこに磔にされるだけの意思は、答えを求め、止めどなくあふれる欲と共に流動し、法則的な関係に囚われ、関係性に制度を生み、観念を拘束しながら、肯定的に考えられずに、還元されるだけの意味や、今に欺瞞を生み出し、不満足を生み出し、俯瞰に攻め入る細緻なものに反し、似たようなものを増幅させるだけの幸福などにもとづくしあわせなどは、足りないものを補うためか、求めるほどにほしがることへの際限無い欲望の住処を求めるだけの自由の利用か、と促す先に現れる可能性も、稼働させられるだけの利用から、価値観を謳い、勘違いを生み出し、今に害を生み出す。