読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

促進


 自らの未熟さを恨むような惰性な意味を履き替えるだけのエゴから乖離し、理解を得るためにたむろするよりも、矛盾し続ける先に穢れるだけの被害者意識を加速させ、意味を枷に変え、世界に嵌め込まれることだけを目的にがんじがらめになるだけの由縁や、誘導されるだけに完治しない苦悩や、内面的な要素にメシアを求め、制限を生み出すだけの神的な位置から、多目的に流動する意思が本質なども捨て去り、ただ促される動機に裁かれるだけの悠遠から逃れ、ここで注がれるだけの意味に欠如していく思いが相互し、ここで補完されるだけの愛だけが、完成を出迎え、自らに排斥されるだけの位置から力がこぼれ、そこで無駄にする力の節々に接続されるだけの形跡や、情報をまとい、意思に譲歩するものだけを入れ込み、退廃的なものに変化していくだけのいびつさに耐えかねずに、価値観を屠るだけの現実から、そこで粛清されるだけのほほえみや、統合されるだけの正常さに入り組んでいく意識的な汚穢や、卑屈な精神が描く正否から、悶えるだけの意思は、他者から意味を借り、言葉狩りを続け、何かを否定的に支配することだけが、ここで正解を用い、何かを生み出すかのように勘違いを施し、ここで抱合され、結ばれる思いが昇華を求め、ここで静謐なものをたずさえ、自らの静寂に帰り着くころには、ここで用いられる秩序の中で融合することが世界を形作り、ここに用いられる苦しみへと鬱積していく痛みや、退廃的な要素や、ここで一律に示されるだけの意味に閉め出され、惰性に破壊されるだけの自己を利己的なものに変え、顕示欲だけで描くだけの本意は、何かを求めるだけの原案にもならず、ここで居続けるものに偏りを示すほどに、補填される苦しみは増していくだけであり、ここにいくばくかの可能性をノックするほどに、閉じこもり、幽閉され続ける本心は、迎合され、契合されるものだけに達するものだ、と勘違いを施し、ここで奔走する意思は、自らとは乖離し、理解を得る以前に、ここで誓わされるほどに、違いも分からずに、ここで分け隔て、拘泥するだけに至らせるようなものが本質であるなどと勘違いを続けることだけが、世界に制裁を加え、自らの手で捕食し続けることだけが、自らを正解に導くような正否から、途端に死を巻き込み、ここで永遠に退くだけの苦悩から、浪費し続けるだけの意思が仮象を用い、企てられる支配の気配に達する思いが尊びながら、介する間に知り得ぬものや理解を得られずに虐げられる先に怠慢なもの変化し、加算される痛みをとぼしく熱情させるだけに退廃的なものに陥る。苛まれた心にひざまずくのは、ここでカテゴライズされ、加点されることをよろこびに変えるような脳内の物質が快楽だけを求め、原則的なものに従い、同じような行為の屍骸として、或いは恋に問い質され、追い出されるだけの身体との間隔を埋めるためだけの戸惑いを加速させ、ここに現れる苦しみに惰性さを生み出し、性差が用いる簡単な処理法から、惰性な意思が突きつける意味との距離から、虚偽をはめ込み、事実を諦観に追いやるだけの軽薄な理論の上での飢渇から、快活な動機すら損ない、そこでおどけてみせるほどに貞潔さは損なわれ、誰もが愛に統合されずに、鬱積するだけのモノラルな私情に求められるモラルなどが恫喝を続け、言葉に退く由縁や、君の影を背負う現実的な帰巣から、快活な動機すら損ない退廃的なモジュールとして詩的な誓いのキスを反復させ、むさぼるだけの動機の中での貪婪な餓鬼として、揺籃で眠ることすらできずに、地べたで育てられた物事たちのロンドが延々と中空を舞い、言葉の影にもたらされるものにうっとうしくからまる悲劇が求めるだけの印象から、淫蕩さを生み出すだけの差異から、散漫な意識に儀式を求めるだけの等位から、投影されるものに支配されるだけの存在とは、ぞんざいに扱われ、そこで意思を損ないながら、意味へと屈従することだけが目的のように自己を崇めるような自己崇拝が浸透し、勘違いを生み出し続けるだけのナルシシズムから、内面的な焦熱を終え、現時点に綻ぶメロディーが調和などを求め、同調することにより、自らをより狂わせるだけに至り、より近付くほどに、ここで補填されるものなどは問題を用い、何かを支配することだけが、自らの豊かさを保つ秘訣なのだ、と惰性に放置された答えにシンクロする君の意味が用いる独裁的な意思から、陰鬱な衝動を抱え、破壊に追いやるだけの君の域に迫る悲しみに復元されるだけの位置的な戸惑いから、同化していくだけに自らの規律を位置的に保つだけの摩耗から、問題と統合されることにより、ここでよりよいものすら見出せずに、じっと続く先を訂正し続けるほどに、インタラクティブなものとして愛を伝え続けることだけが昇華へと導き、怯えることなく、消費を続ける先に得るものなどは、微々たるものであり、ここで近付くものなどは、何かに怖じ気付き、気付いたころには傷だらけであるし、孤独ではあるが、その孤独をも楽しむような創造性だけが、虐げられずに、従わずに従えずに、続くことだけを続ける純粋な意志だけが、君を保つことすらなく、ここに現れる苦楽などに左右されることもなく、思想すらも不必要で、まして用いられるだけの言葉などを撥ね除け、自ら語るものだけを物語る唯一の者として、自らを推し進めることだけが、答えに拘泥せずに、ここで退行せずに、ここに用いられるものに支配されずに、ここで刷新され、審査されることもなく、ここで支払う義務すらもなく、空疎なものを用いずに、物憂げに眺めるだけの 傍観者にあらず、ここであらがうことを謳歌し続ける。

未完成のもの

 
 動物的な死を覆う黒々とした憂鬱が用いる意思を相違させるだけのにせもののほほえみを放つアンチテーゼをもちいる創造的な伴侶どもの至福の表情が、観点を斡旋し、関連する状態に事業などを生み、意味をなじる限りに自らの死をも超克するような試みを続け、ここで懈怠し、ここで転換される意思的な哀れが取り逃す死の弊害や、死を用い何かをあやふやにする兵どもが徘徊する原野に確実なものなどなく、ここに現れ旋回する物語が過去から持ち込まれたウイルスにやつれ、対抗する気も無くなり、ここで愛国心などを促すほどに補完されるものが、差別的な写真を撮り、利己的な私情を剪定しながら、愛すらも損ない、ここかしこで枯渇するだけに至るような苦しみを競わせるだけの資本主義的な衆愚として、復讐劇を繰り返し、貧寒な歴史が敵視する国家的な偽装から、自らの骨組みを壊すような電波的なファシズムが閃光を伝え、腐敗するだけの情緒を掲げ、心眼などを謳うような信仰的なほほえみに均等さもなければ、今にけなげに結ばれる君との理想すらも何かを堅持するほどに利己的なものに変わり、ここで拘泥するだけに至るような真実などは、本質を見失い、今に振りかざすだけの意味に孤立するだけの孤独な諦観から、冷戦を済ませ、憂鬱な週末にシュールレアリスムを気取り、角膜が疎外する幽閉された視線から、捉えるべき自己も、間隔などを用い、自らから乖離し、理解を得る以前に視界から消え去り、多目的に流動し、対等なものもなくなり、今にぶつかり合う本質は、真実すら損ない、ここで過失を生み出し、意味を踏みにじり、憎しみを生み出し、情緒を奪うだけに至らせるような闘争から、頭角を現す者などがすぐさま権力を手にし、独裁者へと変わるような世襲制の夜から、夜明けも待てずに焼け野原になる意思は、住まいを失い、どこ吹く風とさまよう強さを手にし、利己的に支配するだけの気配から放たれ、自ら考えることの美しさに気付き、何かに毒される以前に、ここで教祖として崇められる以前に仇討ちを狙うだけの意思的な倒錯から、真理にもとづく穎悟も毒づくような街並みを徘徊するできの悪い木偶の坊どもが道理を騙るから、意思の傀儡として詐欺まがいなものを用い、死を恐れる限りに商売繁盛するような汚さだけが崇められるのが、この資本主義というものでもあるし、現在を潤わすように思わせるような戸惑いを生むだけの言葉も不必要であるし、ここに用いられ苛立ちを生み出すだけに至らせるような諦観を持ちこみ、道楽を続けるだけに綴られた意味に複製されるだけの偶像として生きることだけに専念するような意思的なまがい物どもの複製品であふれた復讐だけの街に理想はなく、担うべき意味もなければ、その場で簡単に支払われる快楽だけが、死の恐怖から逃避され、今に傷む意味や、君の傷口を開くような交錯や、交換される現在にあらがうような場面からの逃避を目指し、倒錯する現在に作成されるだけの信念などは、持ち込まれる理由を自由で攪拌するための自由を口実に何かを騙すためだけに逃避することだけが正解であるのに、そこから逃げ出すことも乖離することも許せぬような者どもが私腹を肥やし、書類一枚で簡単に処理されるだけの憂鬱に貧寒な理想を積み上げ、そこで婚姻に至らせるような地獄へと巻き込まれ、ここで固執するだけに至るような理由に堅持する現実などは、限界を用い、何かに拘泥し、しあわせを捏造し、複製されるだけの真実に嘔吐を繰り返し、独善的な修復から、祝福を謳うだけに原理的な理想は、競争的な支配から、気配を牛耳られ、ここで諦観させるだけに至り、いたわることを忘れ、混沌へと巻き込まれるだけに至るような制限から自らを狂わせるだけに至るようなデータの変換から、偏執していく意識は、今に見出すべき理由も失い、自由ばかりを求めるから、自ら促す苦しみに苦しむことだけを反復させ、ここでこじらせる意味に時代性の憂鬱を巻き込み、自らを不自由であり、不幸である、と促す限りに誰かを羨み何かを嫉妬することだけに専念するような捻転から、猥雑な主観をたどり、主体性を損ない、そこで死を巻き込み続ける限りに見合うものなどを求め、よりよいものなど探せば探すほどに、見栄えばかりを気にし、よいものなどは一向に見つからないのに、探すことだけに執念するほどに自らを喪失し、喪失感にゆだねられた憂鬱の症状が高尚さを謳いながら、散漫な意識を買い取ることだけを続け、自らを違うものに毎日変換し続けることだけが、世界を正解に導くようなもののように感じるような倒錯から、ここで淘汰され、死の後に濡らされた身体を傍観する君の痛みすらなくなり、そこでよろこぶことすら失い、そこで永遠に漂着し続ける死の反復から反芻し続ける先に死はブランド化され、永遠に製造されるジェンダーレスな高尚さに差額を生み出し、支払われるだけの祝福を死は笑うだろうし、そこでゆだねられた理想などをカオスに変えるダリのジャスティスから、短絡的な短観に潜む悪意に巻き込まれる痛みから截然していく意思の高さを眺めることだけで精一杯の君は理想を手に取り、利口であるために何かに安易に流動し、理由も知らずに、ここで死を斡旋し、死から逃げ惑う限り死に追われ、何に恐怖しているのかも分からずに怠惰な意思に巻き込まれ、自らの意志を喪失し、そこに加えられる力だけに操作される。

わたしをも超越した先


 私を包括するしあわせが、意思を交換し、融合することにより高揚することにおける依存的な快楽から放たれるべく、自らの力だけが運命を切り取り、自らに永遠性を見つけそばだてる思いが相続する理由や誘導する価値にカタストロフを生み出し、反省を伝え、恬淡な浪費を繰り返す資本的な狂騒から、観点を盗み、倦怠感を促し、昏倒する意識を改善させるだけに厭うだけの原理に帰巣するだけの論理から悲愁を伝え、耽溺し続ける動機にモラルなどをもたらし、照応するものが形を生み出し、踏み換える後から陰鬱な逍遥を繰り返し、婉然に長ける思いが消費され、謙譲されるだけの価値から、健全さもない身体を接着させることだけに結ばれるだけの形から価値とは生まれず、ここに現れるものだけが、君を形成し、そこに意味も無ければ、存在をあらわすものなどは、あらがうだけに至り、そこに闘争を生み出し、戦争へと至る限りに存在とは逸脱を続け、私は、私に対し、体制や対象などを用い、先々で浸透する損得や、破壊的な浄土や、揺籃に潜む価値観の蛆虫どもや、退行するほどに魯鈍な幼少期を加速させ、枷に変わるだけの老いを背負い込み、そこで論理的な抵抗も企てずに、惰性で生きるとは、生きることにあらず、と促すような高尚さには見下すことにより、超越に至ったように仕向けるだけの思いが意味を倒錯させ、錯雑とした観念に背く限りに陰る思いが逃避し続け、退廃的なモラルを掲げ、拡散される意味から、加算される退廃から、退嬰的な者が否定を続け、秩序を生み出し、運命的な合成から統合される先に発展する理由を薄明なものに変え、追求する時折に潜むノイズや、卑俗な者が生み出す大衆的な傲慢から、そこに思想的なよどみを生み、扇動されるだけに至る大衆は憎悪や悲しみだけに操作され、退廃から諦観に至り加速するあきらめのリズムの先に体制はこびへつらい、自らの権力に荷担するものだけを持ち上げ、解消されない痛みを連動させる憎悪の影を背負うだけの強大なルサンチマンを成長させるだけの衆愚から、観念とはあきらめを製造するだけの生産性を保ち、用いられる原理に理想を追求するほどに痛みを生み出し、膿ただれた傷からあふれる腐臭や、復讐の土地に住まうだけの悪魔どもの復讐劇を何度も往復させるのが罪の意識を課せるだけの法の観念であり、そこで厭戦を叫ばずに嬉嬉として死地へ向かうような快楽的なタナトスから、途端に織り込まれる死が能動的に働きをかけ、課せられた動機に一貫した力を用い、解き放たれた思いは、憎悪を成長させ、止まらぬ思いは、装甲を高め、互いをとがめるほどに自らを強化させ、境界を用い、嚮導するほどに、自らの力は加速し、自らの力に追い抜かれ、自らを即席の独裁者に変え、介する間を毒することでしか、本質をも超えられぬような屍として、同じような主体性に孕む遠因に引き込まれ、自らを革命機械として或いは対象を破壊するだけの絶望の気配として、あらゆる創造性を破壊するだけにつとめるような破壊的な主義に孕む余韻が生み出す抵抗的な論証から、照応する思いの雨滴が額に辺り、恒常的な雨に濡らされ、孤独に震えていた過去の枯渇を埋めるような雨がもたらす癒やしがもたらす余韻にすら否定的なものを用い、かいがいしく結ばれるようで、そこになれ合いを生み、介する間に依存的なものを用い共依存に陥り、行為に比重を与え、そこに価値同士で対立を抱え、同調し続ける先に意識的な提要を掲げ、批判的に乗り越える先に行為は依存性を解き放ち、ここにもたらされる互いの思いとは、ここにとどまり、ここで消え去るからこそ、美しいのであるし、そこに残る愛すらもないからこそ、そこで精一杯に愛するのであろうし、やがて、そこで果てる者であるし、ここに何も残さぬから美しいのであり、その刹那に輝くのが愛であり、そこで背反するのが愛であるのだ、と仰ぐほどに、ここにもたらされる苦悩は調律され、一定のリズムに変わり、理想を供給し、時間を取り除き、ここに残るものとは、その永遠性だけを敷衍させ、ここに残るものとして、情報すらまとわずに、ここにこしらえる永遠性に引き伸ばされるからこそ、私とは美しいのであるし、ここにもたらされるあるないという判断は、善悪を用い、偏るだけに至るし、そこに時間すらも無く、永遠だけが広がり、永遠すらも無く、そこに時間だけが、一貫して備わることにより、そこに力は生まれるのであるし、やがて、ここに構築されるものが利便性だけを用い、詭弁を用い、複製されるだけの真実へと姿を変えたのが、過去から用いた答えであるし、ここで退行するだけに至るのが、過去から構築されたもので形成された答えに過ぎぬし、ここに消費されるものなどはそこに論理も残さずに、拘引されるだけに至るような対象が用いるだけの正解を率いて、自らを正しいように仕向けるだけの正しさが正しいと打算し、散々な動機に論理を用い、ここに勝敗を決め込むだけの世界から解放されるべく、用いられる自由すら不必要であるし、ここに不潔さを用い、何かを否定するだけでは、何も飛び越えられずに、与えられたものにより判断することが、正解のように騙るような者どもが這いずり、自らの姿を隠し、何かを奪うために君の足下に近付き、ゆっくりと君の後ろをついて行き、いくばくかの猶予を用い、恒常的な苦しみへと倒錯させるだけに至るような闘争から、退廃的なものを生み出すだけに至るような苦しみを用い、今を麻痺させることだけに専念し、惰性に生み出される主義から理想を供給するほどに不満は倍増し、もっと欲しがるだけに至り、何かを羨むだけに忙しく、何かを嫉妬するだけに専念するような生き方が、正解のように促すような世界に正解を当てこするだけに利己的な復讐に服従するだけの幼稚な闘争から、投影されるものが真実を語るように仕向けるような幼稚な仕組みに騙されている暇も無いから、私は私を改善し、私は私を改ざんし、騙し尽くすものをひるがえすべく、ここに幼稚な企みを用いる前に自らこそが唯一の正解を用いる正しい者である、と宣言し、私をも超越した夜に出迎えるべき初々しい朝との出会いを待ちわびているし、誰をも近づけぬよりも、誰をも認めぬよりも、ここに擁立するものに擁護されなくとも、ここに弔いを重ね、わびしく消えた毎日たちを昇華させ、祝福を促し、死をも越え、もたらされる痛みに協業するものに同調せずに、ここに有する価値に近似するようなものを捨て去り、逃避し続ける先に現れる淡い光が、心地よく感じる。

超越し続ける先の先


 すべては、品格すら持たずに比較されることすら願わずに眠ることにより、構築された価値に反し、自らに生み出される力だけを血や身体に変え、自らの形に支配される以前に用いられる価値を排除し、ここに現れるものだけを本質として捉える。生産されるだけの位置から意味を引き取るほどに卑近なものになりかわり、用いられるものに苛立つだけに至らせるような世襲制に背反するような俗世的な性感帯を押すだけの装置として惰性に交換されるだけの感性から形骸化した答えを未だに引きずるのが、人間的な哀れであるし、政治的なものを用いて、何かを引き替えに過信し、改心を強請るだけの拘束から、構築される痛みに麻痺していく精神は怒りを解消できずに、対象とするものすべてに怒りをぶつけ、位階制の中で誓われるだけの出来事は、用いられるだけの価値が引き寄せるだけの出来事を真実として促し、ここで接続されるだけのことを観念論なもので構築されるほどに神的なものに適任していくことだけが正解を結び、無数の浮遊する意志に表現を終わらせ、そこで傀儡として汚穢を用い誰かを汚し、その穢れを浄化させるためだけに用いられる儀式の生贄として扱われるだけの人々が怯えるだけの先々で対立を続け、痛みが続き、引き継ぐ償いのコードから、犠牲的に支払われる義務的な死に適応することだけが本質を掴み、安易な正解に導くほどに世界性を破壊し、赤い血すら流れずに、規制されるだけのあいまいな今に懸隔を用い、離れるほどに自らとの離別を繰り返し、退嬰的なものや、退廃的なものをツールにし、利己的に自己を消費し、自己顕示欲へと至り、浸る意味の中でのナルシシズムに浸り続ける間に変化する善悪や、利己的な修復を目指し、祝福する者を恨み続けるような密室の中で、介する間に仇討ちを目指し、笑われるだけの行動とは、動向に悲観を促し、ここに用いられる苦しみを反復させ、現れる苦しみが先々で抗い、介する間に理解を生まずに、浮かばれぬから、と何度も裏切り続けるほどに補填される苦しみは他者を介し、自分へと帰ってくるのである、と促すような善悪や罪と罰から放たれ、理性を律する先に音程はある一定の理想をたどり、タオイズム的に昇華できずに、ここで送受信されるものに扇動され、戦争的に唱和されるものを自らの意志のように伝え、互いを専横するために婚姻を儀式化し、監視し合うほどに愛することの原理は、理解を超越し、互いを恨み続けるような偏りを生み出し、片方が購う愛から、あらがう先に提示される意味に苦しみを巻き込み、混同する意識に同化することで愛とは強固なものになり、依存的に融合する先に競合する意志は、近接し、相似した意味を超越し、そこに現れる似たようなものを排除し、同じようなものだけがここで高揚することだけに専念する間に疎外されるだけの自己は、互いをとがめるだけの理想を捨て、ただ同化することだけを目指し、同調することにより、現れるものだけが、真実を物語るのであり、あらゆる原理は意味を遂行し、ここで統合されることだけに惰性な真実を食い込ませ、埋め込まれた意味に老化するよりも、ここで揺動されるだけの真理を弔い、淘汰される前に、問い質すことにより、ここで用いられる真実を超越し、ここで変化し続けることだけが正解を正解に導き、世界を促すだけの答えに即されるよりも、ここで制されるほどにほぐされずに、保護されるだけに至るような権利から、牽引されるだけの意味を用いる権力が陥る独裁的な主体性を打ち砕くために、互いをとがめるような理想とは捨て去るべきだ、と解消されない痛みを対象に用い、何かを捨てることだけが正解にように促す容易さを飛び越え、とぼしくも群がるだけに鬱積する現在に用いられる懸隔に放たれる意味に帰巣するほどに基礎とは破壊され、ここで長じる由縁に即されるほどに諦観を用い、率いられる痛みや、貧寒なものに変わり、関わるほどに、振りかざされるだけの意味に加算される意味に偏執しながら、偏向するほどに魯鈍なものに陥り、応じるほどに変化していく意味は解放されることを目的に自由を用い、何かを騙すことを目的に、何かを得るために騙すことだけに明けくれ、そこで忙しくたむろすることだけに専念するような宣言や偏見を加速させ、意味に枷を嵌め、正解を持たずに、世界に閉じ込められるだけに至るような痛みから目指す昇華とは、高次や高尚に浸り、何かを見下すような独裁的な主観が用いる狭小な心を率いるだけの権力的な醜態をさらすためだけに、力とは現すのではなく、ここに用いるべきは、平和利用のための自由という銃を振り回し、利己的に従わされるためだけに力とは存在するのはなく、ここで捨てることを強要するような力に振り回されるために存在とは、存在するのではなく、ここに現れる確かさに枷を嵌め、世界を奪うためだけに、存在とは、存在することを認識するほどに苦しみの枷を嵌め、世界に生じる痛みは、全部の自分の責任のように痛みを背負うことにあらず、ここに用いられる世界とは、自らを果たす前に、備わっただけの徒な世界であるし、制されるほどに抑止されずに、抑圧されずに背反し続ける先に現れる今だけが、世界と名付けられる以前に、ここに現れる純粋な現在であるし、そこに懸隔もなければ、定められた意味に用いられた規律を保つことだけに専念するほどに暴力的な穢れを生む以前に、ここに備わるものだけが、本質にとがめられずに、戦争に擁護される前に、ここではみ出すだけの君の理論に共立する者すら不必要になり、担うだけの意味は、君の季節を破壊するだけに至るような正常さを用い、君を異常だと示すような精神分析をも超えて、ここで正常を謳う者こそ異常であり、異常と定義する者こそ、自らの異常さを隠し、何かと同化し同調し、誰もが同じような意味を同じように消費し、同じようなかっこうで同じような死から逃げ惑うだけに至らせるような異常さに気付くことから、この世界からの解放や自由を用いるだけの世界的なプロセスやプログラミングを破棄し、自らの意志だけで今を超越していく。

空想


 おもしろみもないからこそ、おもしろくしようともくろむような週末の理論から、性善説や、性悪説にアクセスするような大衆の試みに反し、理解を得ようと無理強いするよりも、ここで鋭く解明しようと自らの力学だけで、解消されない意味を昇華させるような創造性だけが、自らを救うという意識よりも、この世界を救うという強制的な判断を用いるよりも、反骨精神だけで、退嬰的な体系や、携帯するだけの意味に接続されるだけに明け暮れる大衆の一部として、或いは権力の中での秩序を保つ官僚制の民として、独裁的な主観で延々と演繹される命題と弔われずに、この場での屍として、意味のゾンビとして、損得の街を徘徊するだけの考えすらも捨てたゾンビとして徘徊するだけの闇夜で幼稚な企みを介し、枠内で放たれる道楽から、緩慢に作用する間に迫る夜との交錯から、等差を用い、未熟な精神で軽薄なものをたずさえ、富を爆砕するためだけに恨むことをはじめ、ここでルサンチマンとして関与する間に卑劣な思想は生まれ、何かを保つために守るという独善的な意思が虐げ、従えるだけの意志とは、自らの力を学ぶこともできずに、答えを恒心できずに、出来合のものを受け入れ、それと共に統合されることだけを正常と呼ぶことにより、よりよい理解に至らずに、位階制の間で対比を繰り返すだけの価値を保とうともくろむ秩序に渡された目録を受け取り、自らの意志で何かをやり遂げたかのように仕向けるような間柄から、乖離していく理解は、今に区域を生み出し、空虚感を生み出し、寂寞で緊縛するだけに至るような人間的な拘束から、ここで問われる悪により、今を見くびるだけに至るような恐怖感に震えるだけの意思的な汚穢に敵愾心を生み出し、奪い合うだけの価値が率いる古俗により、今に瀰漫する不満足を煽るだけの正しいとされているだけの答えに軋轢を重ね、あいまいな毎日に退くだけの過程や、軽快な理想を用いずに、今にずっと続いているだけの意味を買い被り、今に意味を問わずに、ここにあらがうことも知らずに、答えにのうのうと流されるだけの退行から、大概の苦しみは理想を供給するフリをして、今に偽善的なものを与え、押し込まれた意識の中で改ざんされるだけの毎日に蓄積される苦悩を共有するフリをして、利己的なものへと書き換えられるだけの苦しみの中で退廃するだけの答えの中でしか判断を見出せぬから、今に理想的なものを謳うだけで、何かに怯えることしかできずに、今の苦しみを今に反響させ、環境のせいにして、今に虐げられるだけに至るような全体主義的な者の一部として、生きることでいしか判断を急かせず、ここで正論をぶつけても、ここに現れるものを見くびるだけに至り、ここに現れる答えに形骸化し、一切は答えを見出す前に、自らに捕食するだけの自己防衛的な判断で破壊するだけに至らせるような定理の中で利便的なものを接続させ、ここに興じる意味に招請されるものだけを正式なものとして受け入れるという誤りから、正解とは与えられるだけの便宜的な神に利用され、理想は供給される罪を意味として理解を得ようとする以前に、用いられる答えに考えを強制されることから、自らに誤りは生まれ、今に理解しようともせずに、用いられる苦しみを堪能し、納付されるだけの苦しみを流布し続ける先に死を横柄に舞い込み、ここにこじつけられるだけの意味に理解を求め、乖離していく思想の中で高次に至らずに、行為にせき止められ、正義を用い、整合される先で開示されるだけの意味に昏倒し、当該する者として、一市民を演じ、演じる先に孤立感は生まれ、今に投じられる不安に制御されるだけに至るプログラムの一部として隠逸していくだけの大多数の一部として、苦しむことを強要されるだけに至るような過失の先で対峙する意味も君に蓄積する意思的な間違いに屠られるだけの独善的な終末論に整合されるだけの正義を回収することが、正義であり、悪を捏造し、ここに凝り固まるだけの意味を迎合することだけが、世界を正常に保つなどと促すような者こそ、卑屈な理想を抱え、何かを排除し、疎外するだけに至り、疎外されるほどに卑屈になる者が、世界を壊そうともくろみ、今に規律を生み出し、規制するだけに至るような意味に秩序を生み出し、愛は背反だけをめざし、愛であることを辞め、ただ仮想するだけの正義が用いる真偽や善悪に解消されるだけの痛みを何度も捏造しながら、ここに交わる死の恐怖から逃げ惑い、そこかしこに点在するだけの意識的な交わりに罪を形成し、そこで応じるだけの答えに散漫になり、理解を得ようとするほどに、保持する意味から乖離することにより、自らの罪が強制力を重ね、ここで抑圧されるだけに至るような些細な結末から、差異が生まれ、惨憺たるものへと交接することだけが、繁栄につながり、今に圧縮されるだけの精神が徒労を重ね、統合するほどに魯鈍な者になり、担う意味も今に回収され、改善されない痛みの中で倒錯を繰り返し、用いられる等差から、当該するものだけが、正義として扱われ、ここに保たれるものだけが、正義として存在することを存在などと崇める事から、購うことだけに専念し、宣言される意味の間で法で加工し、ここに囲われる意味などは意志すら持たずに、何かに流動することだけが、意味を保つことである、という空想に浸っている。

咆哮


 逃げずにあらがう先に現れる真実も、この場で何かに濁された途端に軽薄なものをたずさえ、論理の外へと出され、ここで打算されるだけの物事に徴収されるだけの意識的な積荷を下ろし、緩慢にリサイクルされるだけの感情を消失しては、さまたげられるだけの矢先に緩衝すべき愛すらも対象を損ない、そこで伸縮するだけの影を背負うだけのギミックから、寛容さを損ない、そこで従事していく意味に季節感も失い、現れるのは、疲れた身体を引きずるだけの無意味な感覚に暗鬱なものをたずさえ、ここに有するだけの価値が比重を損ない、そこかしこに生み出される真実も、信ずるべき意味を用いずに、ただ現れるままにあてがわれる意味などが用いる論難を浴びせるほどに、あいまいな毎日に退く意味が食い込み、君の秘密に積み上げられる痛みばかりが、ここで回帰していき狭い価値に逸脱していく今も、規制を加えられ、今に現れるものに屈折していく。ここで無神経に行いとして現れるだけの問いに反し、現れると思い続けるほどに、ここに備わるものなどは、何の答えも用いずに、現れるままに平衡していき、簡単に処理されるだけの理由に弔われるほどに、ここでアレルギーをあらわし、証拠も残さずに、空白を生み出し、空しさだけを引きずるだけの定理に黙する余韻から、因果律に果てるだけの宇宙の経路から離れ、空しさを生み出すだけの影を貨幣に変え有する過程に生まれる苦しみを敷衍させ、はびこる痛みに這いずるだけの意識的な不安に有するだけの過程が生み出す亀裂や、記号化するだけの精神に形成されるだけの罪の意識の生みの親たる神と意味の間で、卑劣なものを作り出すだけの倫理観から、輪唱する神話に起源を移すだけの苛烈な比例から、貧寒なものを立ち上げ、ここでたちまちに違うだけの意識的な汚穢に混濁していくだけの意識的な終わりに死滅していくだけの還元から限界を生み出すだけの身体を捨て、宇宙空間との調和を目指し、バビロンを捨て、浪費するだけの身体から、牢記して忘れないように有する身体に忘我をまとい、優雅な時折に悲観する事も無く、現れるままを相知ると変化していく思いが愛を知るような要因から、印象にとろけ、今に統合されるものなどは、意味の正常さを謳う事も無ければ、今に襲いかかる不安などに震える事も無く、今に駆除されるだけの思いに逃避していく先々で乖離していく身体を放置し、ここに備わる現実などは、現実性を持たず、制度に汚され、ここで擁護されるものなどは、思想的なものを用い、何かを汚すだけに有する価値を施すだけであるし、ここで果敢に挑むべき証拠も引きずるほどに傷痕に変わり、感覚を損なわせ、ここに現れる偽善的な苦しみから、欣然として死地に赴く的な適宜な意思から、諦観を生み出すだけの滅びへの隷属や、ここで抵抗すべき事も諦めに染めるような金銭的な苦しみを生み出すだけの不安感を生み出すだけの今の生活を保つ事だけに専念するような価値観が生み出す苦しみが生み出す憎しみのスケープゴートを生み出す事だけに専念するような価値に横溢していく憎しみだけがあふれ、反応すべき愛もニヒリズムに覆われ、応じるだけの答えに変換されるだけの苦しみばかりを倍増させる。逃げ出す事だけが、現実と対立し続け、ここに現れるものにすら反抗する事だけが、唯一の答えすらも踏みにじり、ここに現れる不安などは、瞬時に消費されるものであるし、ここであらがうほどに、現れるものが一貫して促す不安へと小康を保ち、契合されるだけの意識的な罪を引きずる前にここで卑近なものを消費し、悲観視するだけの今に起源を残し、あらゆるものに照合される事だけを目的として認識を深める以前に、癒えない身体を引きずりながら、悲観するだけに機関的なものに関わり、ここに生み出される不安に荷担するだけに終えるような絶望の全容に統合される事が正常さを保つ秘訣のように騙られるだけの独善的な手法が生み出す死の恐怖から逃れるために多面に促される苦しみが運動的に気配を牛耳り、ここで束縛されるだけの即製の真実から促される独白から、拍動していく真実も、自らの契約を保つためだけに、その場での域に長じるだけの生命を保つ事だけに専念するほどに、生きる事から懸け離れていくわけであるし、そこでかけがえのないものを失い、後ろめたさを抱え、解析されるだけの意味に迎合されるだけの今を引きずり、悲観するだけに終えるような抵抗から、訂正されるだけの真実を抱え、ここで惰性に生きながらえるよりも、燃える尽き燃えかすになるまでの日々を重ねるよりも、ここで擁立されるものを打ち倒すために、自らを綿密に成立させるために存在に丈を生み出し、そこで思考し測られるために施行されるものへと引きずられるだけの存在を保つためだけに費やされるだけの生命などが惰性なままに、意味を引きずり、今を悲観し続けるほどに倍増していく不安を膨脹させ、高揚感も損なわれ、そこかしこに不安感を培養させ、応用されるだけの真実に形容されるままを愛する事もできずに、ここで昏倒していき、意思すらも損ない、行いは、ここで孤立感を倍増させ、ここに現れる孤独にフォーマットされ、こじつけられるだけの意味に苛立ち、今に批判的に備わる意味に十全としたものすら見出せずに、見くびるほどに、見違える意味は、日々の卑劣さに耐えかねずに、体系的なものに囚われ、退嬰的なものに陥り、永遠性を損ない、陰湿な者に関わり、ここに現れる苦しみばかりに操作される。変化を恐れるばかりで憚る意識は、今に怯える事だけに専念し、遷延する意識が帰る場所を求めるばかりで、今に弛緩し続け、退廃的なものに陥り、応じるだけの憂鬱に返送され続ける苦しみばかりを今に媒介させる。必ず消え去るのが、ここに現れる悲しみであるし、有する苦しみなどは、今に意味を引きずらずに、瞬時に消え去るために苦しみを培養させるのであるし、ここで慰留する悲しみなどは、今に意味を残さずに、ただ現れるものを認識するほどに増え続ける不安などは、今に欺瞞を与え、不安へと飼い慣らされるだけに至るような苦しみなどに左右されずに、自らを解放し、崩壊しても尚、続ける意思だけが、昇華を目指し、自らの力だけが、今を飛び越える創造性を生み出し、唯一の意味は今の不安を飛び越え、自らの意思に超越し続ける事だけに真実味を与え、今に認識するものもすべて過ぎ去れば意味を失い、今に嘘に変わり、今を枷に変える必要性もなければ、今に現れる不安などは認識するに値しない、とされる値すらもないのであり、ここであるに等しいものも、等しいとされるほどにないに等しいものであり、ここで等しいとされるものなどは、何ら正解を持たずに、等しいとされるだけに至った経緯も知らずに、ここに現れるものを、その場で信用する事が不安を認識させ、そこに現れる経緯に反さずに、従うほどに不安感とは倍増する。

自らに帰りつくよろこび


 今に現れる苦しみは、ここに欺瞞を用い、痛みを率いることで、今を不安に追いやる。形のない不安は、意志を形骸化させ、そこで保つべき矜恃すらも損ない、自らの平衡感覚を損ない、抵抗力を養えずに、今に蓄積される苦悩を媒介させ、あらゆるものを悲観的に見せるだけの痛みに制圧され、自らを見失い、増加していく痛みに耐えかねずに自らを屈折させ、蓄積される苦悩に意思を奪われ、恐怖に苛まれる。ここで妬ましくぶつかるだけの利己的な衝動が本質を損ない、見失った優しさを探し、澱んだ街で補足されるだけの宣伝的なものが示す流行に閉め出され、今に現れる諦観から、保守的な事象に繰り出されるだけの論理的な身体が示す名に及ぼされるだけの穢れを蛇行し、行為にもとづくエゴに引き連れられ、現実に誕生するものを祝うことすらできずに、ここに現れる憎悪に征服されるほどに保持する苦しみは、自らに憎しみを倍増させ、憎むほどにゆがむ精神は、オーガズムを求め、何かを攻撃するほどに増して行く快感と共に弔われずに、その場で浮遊するだけのゴーストとして、或いは生きたままにさまよう意思的なゾンビとして形容されるものを何でも食い尽くすだけの屈辱すらも感じぬ羞恥心の消えた形だけのものとして、ここで束縛されるだけの人間性に精度を求めるほどに、何かに騙されることだけが、ここで鮮明な答えに邂逅し、自らの悔恨をかき消し、強要されるだけの物質として扱われることのよろこびに悶えるべきだ、と痕跡も残さずに、強調される痛みに這いつくばり、ここで屈し隷属することだけに拘泥するような人間的な哀れから、排斥されるだけの利己的な私情に聡明さもなければ、さもしいだけの論理を引きずる空疎な身体を持つだけの入れ物として、意識すらも無ければ、ただ与えられる影響にあらがうこともできずに、与えられたままにむしばまれるだけの感情を手に取り、利己的な支配されるだけの関係性が生み出す制度などに退嬰的なものを生み出すだけのスキームの中での無感情な者として、蓄積されるものを冷酷に支配し、たしなめるほどに、ここに現れるものに服従し、従事するほどに知り合う者のほとんどは物質的なもののガソリンの役目としてしか使命感を果たせずに、与えられる使命感だけに徒労を重ね、自らを生きることを知らぬから、求める自由に利用され、自由自体を見失い、「自らを損ない、そこかしこに現れるものにあらがえずに、屈従することだけが、真理に近付く近道なのだ、と」促す神の僕として、従僕することだけが、神に近付くものである、と宣言するような人間が作り出した神に適応することだけが、神と意味との間で触発されるだけの苦悩と自由との合間に陥るだけの差異を生み出すだけの苦悩を解消させるためだけの神として弔われるだけの身体を捧げ、自らをサクリファイスとして崇めることに補完される神との距離から、ここに現れる苦悩と空虚との距離感に現れる恐怖に耐えかねずに、体系的な理想や、携帯する理由に境涯は形骸化していき、システムに攻め入られるだけの生命は差別的に処理されるだけの偏りから、ここで守られる神は、決して人間を守ることはなく、自らを守るためだけにためらわずに道具と化すだけの物として扱われる者だけを、神の側に置くのであろうし、ここに現れる神などは、人間が作り出した規律を保つためだけに物として扱われることをよろこびとするような法に加工され、そこでマゾヒズム的に浸るだけの自らのペシミズムと神を融合させ、高揚し続ける信仰は加速し、そこに死をも超越するような調教を施され、そこで専横する主義をも破壊し、超自我をも破砕し、ここで同調し、同一化するものだけが、本質として崇めるべき真実であり、ここに現れるものだけが真理である、と捏造する間に不安感を超克し、ここに現れるものだけを崇めることだけが、快楽を呼び覚まし、自らを騙すことにより、神と融合するような高揚感だけが自らを認識させるのだ、という精神に成り下がった者を救うような信仰をも超えるものが哲学であり、ここに現れるものに模倣され、模写されるだけの自然界の戒律にすら逆らうのが、人間をも超える役割であり、ここで役目を果たすためならば、浅薄で散漫な意思を滅ぼすだけの幸福などは不必要であり、ここで摩耗される精神が不安に苛まれても尚、ここに転じるものだけが、本質を知るのであり、ここに現れるものを超えるのが、真理であるし、その超えられた真理を超えるのも自らの意志が生み出す意味であり、答えであるし、ここに宿るものなどは、個々の見方により、意味は変わるし、ここにあらがうことだけが、死をも飛び越え、ここで強制されるものに気付くことが、君の勝利をも超え、企てられるだけの勝敗に左右されずに、ここに現れる善悪などは、誰かが何かを暗示させるためだけの死へと追いやるだけの不安を捏造するだけの機械的な何かの食い込みであるし、ここに生まれる食い込みとは、意味に罪の意識を着せ、今に欺瞞を与え、苦難へと追いやるだけの罪の意識で損なう意思を操作するための理想論などを吐き出すだけの抵抗から、肯定できずに、ここで退き諦観するだけに至ることに関するほどに、ここで牛耳られるだけの痛みや、何かを保ち、守るためだけに生まれたのではなく、逃げ惑い、自由すらも捨て去り、ここで去りゆくことすら捨て去り、捨てることすら捨て去り、ここで逃避し続けるよろこびから、負担する意味などは、ちぐはぐな答えで拘束するだけの耽溺を生み出すだけの過信や、懐疑的な日常に乖離し、理解を得られずに選りすぐるだけに至るような生活感などを簡易に生み出し、経済的な達成などは、すぐさま退廃するだけに至るし、精神主義などは、ことたるものを謳うばかりで現実味もないし、ここに現れる批判的な背反などは、貧寒な意思を批判で染めることだけが、唯一自分を正当化させ、自らの苦しみを消費するだけの方法論にしか過ぎず、すぐさま迫る償いの意思などが、意味を損なわせ、そこで批判し続けるほどに空しさを培養させ、自らの苦しみに酔うだけであるし、ここに現れるまがい物すべてを消費しても尚、腹が減るのが人間であるし、その餓鬼たる者や、亡者たる威信が狭い価値を形成し、ここでカタトニーに変わり、身動きも取られずに惰性に生きることだけが、糧になる、と促すような金言こそ枷である。