読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

平静


 規定されるままに過ごす一生とは檻の中のようだ、とオーガズムにひたるだけの権利が毒々しいものを虐げ、したがえるものに悲観をうながすだけの感覚とは、憧憬を続けるだけで、一律の意味に神を求めるだけで出来合のものを信心し、みすぼらしい現在から逃げ出すための道楽が荒んだ感情を癒やすのだ、と言い分けがましく補完されるほどに倦怠感は増していき、今に諦観をうながすだけに至るし、ここで効率良く何かを補完し続けてもなお、分裂していく意識は、対立を深め、終わらぬ軋轢から、戦争は荒んだものをどんどん生産的にうながし続けるし、ここで受け入れるものとは、偏るだけの思想に至らせ、思考停止に陥る全体主義的な余韻から、因果律に引き離される君との愛や、君との意味すら厭わしいものに変えるようなウイルスをまき散らし、観点から疎外させるためにプリミティブなものを用い、何かを信用することで、何かから救われるものだ、という肯定的なペシミズムに陥るだけの同情から、浪費していく精神とは、観念論から逃げ出せずに、実存主義的な優美さに遊離し続け、用いられる差異から、ここで再開発されるだけの現在とは歴史の中で鎮座する正解の中でしか答えを求められぬような正否の中でしか、自らを正解へと誘えぬように現在に転換される悪とは作られたものであるし、創造主を捏造し、何かを憎悪するための理屈を並べ、神々との闘争から、ここで倒錯するものを踏破できぬから、ここでつまずくだけに至り、何かにひたることで場になじむという幻想から、経験論をうながし、漠然とした悪意をむさぼるだけの幽鬼として存在する存在をそこなわせるだけの有徳さを補正し続ける真理などは、今にみちびきを生み出さずに一瞬の痛みで逸脱し、自らから離脱し、加算される痛みから生み出される戸惑いがやがて諦観へと移行し、その場で膠着させ、現実味をそこなわせるだけにいたるような即席の贖罪から、体系的なものがひろがり、何からの自由を奪う不自由を作り出すだけの製造から、相違し続ける限りに果てしない倒錯にいたるような無知さを攪拌し、あらゆる差異との衝突を繰り返し、その安全性をうたがわぬような全体主義的な容易さから、要因とは、何かを成し遂げる前に、ここであつらえられるものに依存することでしか、生きていることも認識できぬような生き方が正義というのなら、ここにある正義とは、清貧さを求めずに、何かを奪うための強盗であり、そこで統合されるものが用いる正常などは、そこに用いられる意味からはみ出さぬように、と用いられた答えに隷属する奴隷の真理であるし、そこで強制的に用いられる意味とはむらがる意味の中で繰り返しうながされる位置の魑魅魍魎であるし、みちびかれる意味とは、今に卑近なものに変わるし、ここであつらえるものこそが、今を悲観するためのシステムの中で垂涎する者の餌として補完され続ける心身とは、新体のための生贄であるし、あらゆる論理の中で売買されるような生贄として、その人生を真っ当なものだ、と認識するほどに悪に荷担し、何かを食するよろこびに遊びを用いるような残酷さを孕んだ懶惰な生を真っ当する。そこで保持する苦しみとは、理解を得ようと、何かを求めようとするほどに、苦しみとは増していき、いくつもの可能性を否定し、今にとどまるほどに、ここでの苦しみを補填し続ける。ここでさいなまれる意味との統合を目指すだけの正常が、ここでの差額を埋めるために文明の餌として、自らを儀式に投じるのだ、というようなアニミズムに倒錯していく原理的な我が子を葬るように、何かでがんじがらめになるほどに、そこでおどけ、おどらされるほどに愚かさを強調するような原罪こそが、いちばんの愚かさを含んで、何かを否定することだけが、ここでの進化を育むのである、と宣言するようなセンテンスに騙される以前に、内面性がなぶられ、今に観点に疎外されるだけの君の無知に迫る歯がゆさに破壊的な政治性から、清逸な主観を用い、短絡的な動向にひきずられるよりも、ここで要理を用い、林立するものなどは、邪魔なものに変わるだけだし、ここでバラバラになる主体は、探されることを待つばかりで、今にまじわることを知らずに、今に邪推し、何かを恨むような性悪説から逃れるべく、この意味とは位置を持たずに、ここでバイタルを増幅させるための創造性だけを蓄え、ここに孕むものが権威的なものに囲われ、加工された品位を用い、倫理を盾に、何かに取り込まれることを傍観するような諦めに屈従するよりも、どこに居ようが不安とは増すし、何を持っても、何も持っていなくても不安とは消えないものであるし、何かに追われるほどに、強迫観念は増していき、邁進していく今も、今に意味を見失い、自らを恨み出す始末から、姿勢は狂い、ここで何かに偏ることだけが、正しいことのようにあつかわれ、あいまいな今に始動していくものも、意識をしどろもどろに変えるだけにいたるし、ここで保たれる愛とは、継続されるものではなく、そこに契約すらもなく、ただ愛することすら思わずに、自然に放つような愛だけが、愛と呼ばれる前の、形すら持たずに、今に体系化する以前の愛が何かを強要せずに、理想論にいたる前の愛が病になる以前の時折にひずむ優劣が運ぶ優越感にひたる前の愛に帰り着くような感覚だけが善悪を越える。

強固


 遠くふるさとを失った君の無感情なまなこからあふれ出る慟哭は、道徳すら持たずに尊く、そこに儚さを充填し、あらゆる神秘は、進歩を否定することにより、身近に感じられるのだ、というアニミズムを超えて、何が神を用い、何が今を支配するのか、と論点をそらし、観点を強奪するような強欲なこころみが、またたくまに感情を奪い、あらゆる死に寄りかかる真理とは、今に隠逸し、倫理観を謳いながら、もちいられる孤独をむすび、まさぐられる感情がユニゾンし、優越感にひたるだけの陰りを生み出す勝利などはいらず、ここに敗者すらなく、形あるものが強請るだけの価値の強欲さに刺激を受けるのだ、とうながすような者の姑息さや、卑賤さにセンサーも狂うのであり、ここで理屈をこねるだけに寝返る意味が今を鞍替えし、簡単に処理されるだけの感情のたもとであらがうものを保存することだけに専念するような精神的な捻転から、今に弱者を迎え入れ、形作られた意味の中で真理を用い、何かを騙すように仕向けるようなファシズムの嵐が吹き荒れ、戦争的な彼や彼女たちの頭蓋骨に響くような戦闘機の重低音が、重点をそこなわせ、ただ闘うことだけが革命であるのだ、と宣言するような幼稚な企みから、ここに枠組みを用い、何かを締め付けるだけのいたるような使命感などがいたらぬ思いを強調し、ここで宣言を繰り返すことにより、言葉に重みを与えるかのように仕向けるようなプロパガンダが横行し、横溢していくだけの感情は、そこで指定されるだけの意味を精神としてとらえ、今にあつらえられる苦しみに容姿を求め、今に戒めをくわえ、恒常的な苦しみへと移行していくだけの今に意志はなく、ただしいたげられるだけの感情が環境などに責任転嫁し、供給される意味は、意思をそこなわせるためだけに相互理解などを謳い、同調することにより、強調されるものとは、強制力を用い、何かを権力的な圧力により支配することだけに専念し、蔑む感情から、捜し物もなく、たださまようような生き方は悪であるなどと謳うような体たらくなファシストどもが批判的にいたり、差別的にいたるまでの虚偽を用い、距離を生み出す限りに意味とは際限ない苦しみに住まいを見出し、生きることとは、その域で苦しむことに拘泥し、そこかしこ軋轢を生み出し、終わらぬ戦争へといたり、最終戦争などを謳い出すようなペシミズムの預言者は静謐さを知らずに、死のさわがしさから逃げるためだけに、何かをためらわずに騙し扇動することだけに長けていくのであり、そこで軽減されない痛みが用いる恐怖を利用し、何かを不安に追いやり、死へと誘うような快楽的な死へと共謀するだけの理屈は、理想を促すほどに希望を見失い、何かを追い求めるほどに、自らはおいてけぼりをくらうのであり、そこに生まれる軋轢により、苛まれる精神は、うとましく悶える現在に点在していく意識的なプロセスに反せず、ただうながされるままを流れると思わせられているような教育的なものから逸脱を行えずに、強制的に支援されるプログラムの中でのプロレタリアート独裁を叫ぶようなジレンマを自らに生み出し、刷新され、砕身し続ける辺りから、あらがう幼稚な企みが枠組みを生み出し、そこに正義をあつらえ、悪を見つけるほどに、正義とは産み付けられたものに疎外され、自らをゆがまされるだけにいたり、いぶかる先に長じる安易な正解は、軽快さをそこない、そこかしこに苦しみをリロードし、自らのこめかみを撃ち抜くための理由という弾丸を何度も補填し、何度も撃ち抜く快楽に支配され、些細な出来事は死を超過し、今に至る痛みにさらばえ、些細な出来事がリバイバルされる限りに陰る本質は、憎悪を蓄え、自らの中で惑溺するものに依存し続け、自らを愛することだけが誰かを愛するのだ、という勘違いを生み出し、自己愛から抜け出せずに、自らのナルシシズムが誇張される限りに愛とは愛することに依存し、自らの損得だけで愛とは偏り、そこに平等性を求めることにより、さらなる偏りを生み出すことに気付かずに邪推し続ける先に現れる普遍性などは、制度の中でしか強調できないような愛を愛として認識させるための強制力を孕み、今に興じる由縁から、こじれる先に生まれるいじらしいものをしたがえ、あたかも自らを有利なように仕向けるような欺瞞を続けるような虚勢や虚栄から映じる由縁などは、一切の意味を一貫させずに、ただ関する間に背反することもできずに今に続くことを続けるほどに、ほつれていく現在に補完されるだけの自己が自分を認識できずに、今に設置される意味へと継続していくものに保護されるほどに、自分とは失われていくのであり、ここで創造的なものを孕まずに、ただ同じことの中にも続けることにより、ますます創造性も増すものもあるが、その創造性とは認識することにより、創造性は膨らむものでなければ、そこに創造性はなく、作ることだけに重点を置き、何かを正しいものとして、今に腐敗していくようなものへと移行していかずに、そこで進化を遂げる限りに対価は生まれずとも、そこに現れるものは本物であり、何にも左右されず、任意などを求めずに、自由に拘泥せずに、そこで束縛されても、その中での自由になあなあにならずに、何かに方向付けられる以前に、ここで交互するものが正しくあろうが、正しくなかろうが、そこで老化することを恐れるだけの衆愚に巻き込まれずに、ここで構築されるものを作り上げ、何度も壊し再利用し、新たな創造へと変化していく辺りから変換されるものなどは、今を決めつけることだけに忙しい輩が示す尺度に振り回され、そこに現れる価値に利用されるだけに終えるようなものから今すぐ逃げ出すの、だ。

快活


 いびつに形成された君の記憶が浄化されることをめざし、昇華を続け、ひたすら純粋で無知なままに今を仰ぎ、刹那にとどろく意味を弊害に変えるだけの位置を放棄し、無償に築く今が疲憊せずに、長じる瞬間に厭うことなく、言葉の影を背負い、プラトニックな変換から、転化していく意識がつぎつぎに一生を着替え、そこかしこに現れる原罪とは、点と線を結ぶ現実との罠に変わるだけの歴史に意識を沈下させ、そこに生まれる誓いが苦しみを与えるだけに至り、あてがわれる苦しみに補填されるだけの意志とは、短絡的なものを信心し、そこに生まれる力に腐敗していくだけに至らせ、いぶかる先に責任を背負わせ、世界性を崩壊させるだけにいたるような倒錯から、そこに生まれる等差は、尊さを踏みにじり、生きていることだけに生まれる倒錯から、錯雑とした観念に措置されるだけの憂鬱に偏向していくだけの意識的な汚穢に斡旋されるだけの瞬間から生まれた結末から、迎合されることだけを信心し、今に帰巣していく一瞬の出来事にまじわる神秘も真理を謳い、何かを奪うことでしか、自らを認識させることもできずに、出来合のものを侵攻させるだけに至るような人間的な対立から、悲観していくだけの退廃的な妄想へと至らせるような繰り返しの中で裁かれるだけの値から、あいまいな現在に点在している意識的な横溢から、今に逸脱し、惰性にうごめくだけの理想とは、思想を用いずに、ただ与えられるものに旋回し、一過性の事実に一貫したものを損ない、そこかしこに優劣を決め込み、起動する理由や、季節感に封じられるだけの意図や、互いを寂寞に押し込めるような理想から、理性を損ない、そこで完治しない苦悩が今にもうろうとしていき指定される意味や、そこに生まれる義務だけに動かされることを、生きているなどという言葉で操作し、今に用いられる自由などは、論証もできずに、その場で突きぬけることもできずに、用いられるモラルに理想を供給し、そこで即座に束縛されることだけが、あたかも生きて捉えるもののように扱われるような歴史へと引きずられ、今に卑近なものにまじわり、言葉の広大さに処刑されるだけにもたらされる苦しみから、空虚感に磔にされ、はりつめる位置から、移行し続ける言葉を背負い続けるだけの原罪をかかえた始まりの神は、いくつもの歴史に抑圧され、自らの徳により苦しむような反復の中で軽薄なものを抱え、加算される意味に原理を押しつけ、自ら苦しむことを傍観するような乖離したマゾヒズムから、立証される真実に用いられる仁徳により、圧迫される精神は、自らを縁取ることでしか、自らを正しいものに制定できずに、確立されるものなどは、その場にとどまり、魯鈍なもので今を征服し、複製されるだけの真実に兌換されるような惰性さに性差を用い、最たる意味を持たずに、今に軋轢を与え、迎合されるものを謳い上げるような退廃的なモジュールとして生活することだけが、、自らを正しいものとして認識するような哀れみにもたげ、怠惰な歴史に鎮座するだけの枢要を持ち上げ、強制的な支配から、気配に択一していくものなどの不毛を用い、同情へと誘うような歴史的な溺死から、アニミズムを誇張し、自らを無自覚なままに無為なものとして、自由をカタルシスへと誘うための十全とした正義として従わぬものを処刑するための呪術を用い、選択権も与えずに、あらがうほどにからみつく意味との密度や、密接にむすばれる意味との位置的な地位をもたらせるための権力の外堀を破壊するためのデータをけたたましく吠えるような獰猛な獣として、一切の義務を孕み以前に懶惰なものとしていぶかる先に堅持する理想論的な剥奪から、隔離されるだけの現在に転換していく意志のまがい物を濾過すべく、途端に苛むだけの理想に強制的に移送され、強制労働に従事していくほどに補完される意味とは勘違いを生み続け、奪われることに置かれる自らとの距離を生み出すマルクシズムの優劣から、誘導される意味を補填し続けるだけの不安との統合から、問われる悪を操作する正義こそが、本質的な正義を偽装し、そこにあらがう悪を制定すべく、規律の下で成敗を繰り返し、勝敗を用い、そこで互換し続けるものが負担するものを分かち合うという幻想をモチーフに自らを膠着させる歴史に沿うように後続していく意識が生み出す優越感に飛翔し続けるような似而非超越がもたらす悲劇の構造に補完され続ける安易なものの捏造から、延々と老け込む意識は、疲憊し続け、そこに用いられる苦しみに補完されることだけが生きていると認識できる最後の手立てであるということで加速する快楽へと移行していくマゾヒズムが補完していく悲惨で陰惨なものを自身の内部で加速させ、そこで思うことに示されることだけが、自らの存在を確かめることであるという苦しみから抜け出す。

矛盾


 純粋な理想などは存在せず、何かに捻じ曲げられた理想を掲げ、自らに誇示するものを信心し、それだけが理想などという危うさは、破壊を生み、何かを奪うための理想は、ためらわずに何かを破壊することを定義に変え、理想に膠着する意思は、精神性を立派に歌い上げては、自己陶酔に陥り、自らが生み出す快楽だけがリアリティーを持つものであり、そこに与えられる権力だけが、自らを強調し、確かな意志を用い、ジレンマを飛び越えるものだ、という似而非超越を生み出す限りに、陰る本質は、自らの醜さに気づかずに、現れる苦しみを横柄に反復し、自らに強調される苦しみに理解を得ようと求めるほどに、理解とは乖離し、自らの苦しみだけに服従するしか、苦しみとは対峙できないのだ、という苦しみなどからは、すぐさま逃げるべきであるのに、共通的な美学は、あからさまに逃げることを恥とする文化を伝え、死することでしか、システムに反対できぬような理想論に拘泥し、自らに与える結末に後悔を与え、自らを締め付けることだけに専念するような拘泥から諦観は生まれ、観念に懸念を示さずに、見解すらもなく、すぐさま搾取されるだけだ、と性悪説にアクセスし、自らに背かずに実存主義を掲げ、個人主義を淘汰すべく、すべては矛盾を重ね、真実などは、本質を見失い、保身のために何かを騙すことに専念し、あたかも何かに相似しているフリをして、理屈をこねては、自らを正当化するための意味や答えをこしらえる。現れる悲しみは誰のもの?と遠のく意識に補完される他者の精神を介し、自らの苦しみを強調するようなミステリーへと移行していく途端に自らは崩れ去り、些細な出来事に超過していくだけの時間においてけぼりをくらい、ここで繰り返される事情とは、時間の外から出られずに、空間の中で繰り返される苦しみを連動させるための媒介を繰り返す。そこで補填され、補正されるものだけが、真実を語るものだ、と俗悪な者が堅持する理由などは権力に荷担するための合成的な由縁に末期的な苦しみを疎外させるための逃避である、と促すような破壊的なニヒリズムが促すペシミズムが与える痛みこそが、孤独な病を発明し、今に購うための理想を誇示するための意味を堅持し、拗れる意図から、意味を引き取るほどに卑近なものに引き合いに出されるだけの打算から、散々な現実に帰巣していくだけの理想とは、意味に背反できずに、今に苦闘を続け、綴る意識は明晰な判断に至らずに、今に痛む身体を引きずり、浸透していく今に補完されるだけの身体として、今に身を捧げるための今とは、今に意味を失い、今に置いて行かれるだけに至るし、その場で敷衍するものなどは、何の意味も持たずに、意味を誇張するための今に自らを閉じ込める途端に苦しみとは倍増していくのであり、そこで応じるだけの不安に促されるままに移行していく苦しみの虜にになり、担う意味の隣で屈従するだけに至るような精神性に世界性は崩壊し、そこで補完されるものなどは、嘘偽りを放つだけの独善的なパレードを自己の内外で繰り返し、与えられる理想とは希望を持たずに、地を這い、律儀に自らに立ち向かう間に消費されるだけの理想のためだけに働くのであり、そこで競うことで保持したものが確かなもののような勘違いを生むような思想こそが危うさを生むのであり、ここで強調される意味などは本質を見失い、損なわれるだけの意味の影として弔われずに時空をさまよい、拗れるだけの時間に損なわれる影として意味の中で爛れていきいびつな観念を形成し、今に依存することでしか、自らを生きてると認識できぬような生き方などは、生きていることにはならず、そこで生かされているなどという感慨を施し、自らを苦しめるためのメタファーを生み出し、物事に軋轢を形成し、そこで闘争を続ける間に老いた身体は背反できずに、時間との対立に敗れ、いびつに形成された盲信し続けた理想などは思想にも至らずに、もうろうとした意識が欺瞞を生み出し、不満や不具合を昇華させるための嫉妬心の業火へと自らを投下し、そこで問われる理想との永久の戦争へと至り、いぶかる先に堅持する理想などは、今に魯鈍なものに変わり、ここで姑息な者にこき使われることでしか、自らを信じられずに、今に思想により肉薄していく意志も、違う者の理想に意志を奪われ、意味を見失い、今に緻密に与えられるようなイメージも独裁的なものに塗布される色により、自らの理想を着替え、快活さを失い、何かを裏切るためだけに憎悪をもたらすような正義を生み出し、自らを犠牲に、悪意を捏ねるだけの正義を正義として捉え、そこに生まれる絶対性へと全体主義の衆愚として遺棄される他者を介した孤独な身体を傍観する何か違う自己との消費レースから、冷静さを失い、即座に転換していく苦しみとの闘争だ、と促すような統制から、統合されることだけが、自らの正常さを強調するのだ、というような分析的に保持するような正常さなどは、何の正常さも生み出さずに何かを疎外し、自らを優位なものに転化していくことでしか、生きてることも感じられぬようなものを異常として捉えるべきであり、そこで問う有為から、優位を生み出すだけの等差に低劣な理想を掲げ、今に苦しむだけに至るような空疎さから放たれ、自らの意志をとがめずに、今に現れるものを受領する。

身体から越え出ていくもの


 権威的なものに反するほどに、権威的なものに陥るというジレンマから逃れるための力を授けることにより、そこには権力に傾き、自らを道化や傀儡と化するだけに至るような定理が用いる諦観に屈従するだけの軋轢を生み出す互いのとがめるだけの批判が降り注ぎ、散漫な意識に情緒すらなくなり、対比されるだけの現在に点在する意識に隷属するほどに、存在とは損得で測るだけの愚鈍なものに陥る限りに、陰る本質は、正しさを憎むほどに、自らが正しくなるという原理から理想は、今に意味を見失い、意志を捨て去り、蔑むだけの意味を批判するだけの快楽に沈む記憶に従属するほどに自らの痛みにほどこされる非道なものを信心し、アニミズムを持ち出し、自らが原罪の役目を果たすような人間から神へと超脱していくような似而非超越から、悲観するだけの心情に統合されるだけの正常さなどは、そこに差異を用いずに、何かを信じることだけが、誠実なものであり、自らを物質化し、暗澹とした心情に比例するものだけを虐めることだけが、自らを慰めることになるのだ、というファルス的な憎悪にひずむだけの空虚な身体を引きずり、散漫な意識に埋め込む冒涜から、いじらしい精神のジオラマを形成し、それを壊すことでおとずれる快楽へとひざまずくのが人間の哀れであるし、そこにあらがえずに昏倒していく意識は、執念を用い、終焉へと引きずる恨みだけを加速し、今に加工される意味や、意志を損ない、そこかしこに受理される意味に帰依するものだけを選りすぐり、自らを神格化していくほどに魯鈍なものへと変化する意思は、意味を損なう限りに信じるべき自己を持たずに、今に磔にされる自らを崇めるだけの自己陶酔から、心理的な作用を用い、何かを騙すことだけに専念するような洗脳からの解放を目指すべく、超越とは、その場での苦しみを超過していくだけの痛みを発散させるために利用されるものではなく、そこにあらがう限りに反する意識が自らを苦しめても、その場で屈従することなく意志を敷衍させ続けることだけが、超越へと自らを誘い、そこかしこに現れる物事との対立を深め、孤独に打ち震えていても抵抗をやめぬような精神だけが真実とも正義とも自由とも呼ばれずに、実存主義的な超克だけが、構造主義を超えて、文学的な昇華から、短絡的な同化を目指すだけのタナトスを超えて、自らの死へと逸脱していくような生を証拠に残すよりも、この場での屈従こそが卑屈な連絡を重ね、そこに苦しむための連帯感を生み出すような全体主義を打ち倒すべく、そこで操作されることに甘んじていることにすら気付かぬような者が謳い出す真理などは、真実に至らずに、答えに同化することだけが、自らを保存し、補完されるものにより、自らの豊かさに至るのだ、という過ちへと移行していくほどに、愚鈍な自己に気付かずに、今に屈することだけが、唯一自らを救う方法論である、という幻想からの逃避すべく、夢想し、想像し続けることだけが、豊かさを乗り越え、ここにおとずれる苦しみからずれていく限りに、感覚とは誰にも左右されずに、そこに勘違いを生み出さずに、少々のずれがあるからこそ、生きていることに価値などは求めず、求める限りにおとずれる価値などは、今と合致し、少しでも同調し、同情される限りに自分とは正しく査定され、社会的に認められるなどという幻想こそが、自らを愚鈍な者に変え、物質的なものとしての立像を抱え、自らの影を枷に変え、今に生きているなどという妄想から抜け出すこともできないままに、移行していく存在とは、その場での役目を終え、次々に自らを脱ぎ捨て、他者を媒介し、自らの存在をでっち上げるだけに満たないような未来へと倒錯していき、そこにおとずれるペシミズムに荷担し、自らの破壊とは、世界全体を破壊するための力学に変わるのであり、そこに利己的な死を迎え入れては、短絡的な死に巻き込まれ、孤独に失することしかできないのが人間ではあるが、孤独であるからこそ、創造的に昇華させ、自らを認識し、求めるよりも、そこに現れる数々の出来事を向上させるために絶えず自らとは存在するフリをしては、妨げられ、演技を続け、独善的な判断で求められるものに絵空事を重ね、空疎な自分を磔にすることでしか、自らを認識できぬような生き方を超えて、あらゆる方法とは、放浪し続けることにより、論理は放棄し、好奇心だけで、ここにおとずれるものとの摩擦を続け、自らが産み出すものだけが、物質的な猶予を用い、何かとの間に生まれるパラダイムを超え、乗り越えられるものが精神であり、存在は唯一乗り越えられないものであり、そこに測るための機能などなく、そこにおとずれるものとの調和などを求める以前に、存在は存在として、その場で厭わずに何かとの融合をすぐさま終えているのであり、そこにおとずれる精神との軋轢を乗り越え、自らを認識し、居場所などを求めるよりも、分裂的に逃げ惑い、そこに証拠すら残さず、滞留する意識を捨て、傲慢な差異が用いる差額などを無視し、短絡的なものへと移送されるだけの真実などは、真理を持たずに与えられた倫理観でのみ何かを破壊することをもくろんでは、ほくそ笑むような連中が何かを虐げられるために作った歴史により、動作するだけの傀儡に過ぎず、そこに示唆するものなどは、自らの過ちを隠すために補填するだけの答えを生み出し、何かを見出し、何かを正すことができるのだ、という権力や権威こそ超えるべきであり、超えられるべき何ものかであるのは存在ではなく、精神である。

 

何かの妨げ


 純粋な姿勢を持つ思想は、何かを狂わすものを持ち、自らを見失い、闘争へと身を捧げる。その供儀に参加する意識的な誤りすらも、誤りとは認めらず、何かに没入し、没落しても尚、自らを正しいとすることを否定はできない。用いられる均衡とは、所詮は測り、比較するための平衡であり、そこに現れる均衡などは、対立を深め、軋轢をもたらすだけに満たず、今に満ち満ちていく憎悪が補完する物語の中で満たされぬイデオロギーに没入するほどに、自我とは破壊され、時間の中に墜落していく。『被害者意識を抱え、メロウな時折にひずむ時間の外との公約を守るための政治性が生活環を圧迫し、陰りを生み出すだけの刺激だけが、快楽を誘い、淡泊な生活を加速させ、今に求める快楽の需要を増すほどに、人間性とは制度の中で壊れ、形有るものに有する価値や、そこに生まれる過程に阻まれるだけの精神をむしばむような貪婪さが論難を用い、何かを否定し続ける限りに負荷を与え、生きることとは、苦しむことなどという幻想を生み出し、今に枷をはめ、自らを否定し続ける限りに陰る本質は、存在自体を韜晦させ、今に屈従することでしか判断を担えず、確かな意味を受け取るようで、それは、与えられた義務だけに従事し、自らの意志では何ら行動すらも起こせぬような機械的なものは否定に値する』相対する意識的な諦観から、葬られる存在とは、宇宙的な真理に至らずに、ここで調和するための真理を真理として持ち上げ、今に拘束するだけに至り、今に慢心を生む。即座に諦観へと誘うだけの調和とは、共存共栄を謳い、自由により麻痺された精神を拘束するための自由を利用し、今に理由を当てこすり、あらがう者を否定し続けることが正義だ、という勘違いを生む。あらゆる倒錯を生み出し、踏み台にするだけの答えにへりくだるような演技を続ける正義が君の自由を奪うだけに至るまでの過ちを加工し、ここに品位を生み出し、倫理で今をごまかし、そこでインモラルなものを掲げるものを否定し続けることにより増していく快楽を重用とし、都市間に現れる幸福論的な象徴である経済を保つための過ちこそが正当化されるべきだ、というような教育に閉じられる永遠性に制度は扶養することだけが、唯一の正義であり、現在を保つことだけが、原罪を否定し、自らを利己的なものに捏ね上げるような道具として、或いは傀儡として生きるためのセンテンスなどを用い、何かを攻撃することだけが、自らの快楽を収めるような行動であるなどと促すような行動などは、今に動向を失い、自らの喪失感に耐えかねずに、価値観を葬り、今に屠られるだけに至り、放逐されるだけに至るような精神性などが退廃的なものを用い、物事を利己的に捉え、こしらえられる価値を信仰することに依存することだけが、正しいことのように扱われているのであり、ここに措置されるだけの救済措置などは、今をごまかすための行動であり、そこで拘置されるだけに至り、永続的な苦しみを死しても尚、味わうようなものを永続させることだけに専横する主義の虜として、利己的なものを育て上げ、井蛙な者が刺激する惰性な論理に加勢するほどに、一過性のものを謳い、あらゆる意味を透過させているようで、問うことを否定し、今に悲観することだけを目的に何かを煽るようなアジテートから、意味は膠着し、今に苦しむことが論理であり、それが哲学であるなどという苦しみこそを逸脱すべく、楽しむことの異常さを保持するような創造的な飛躍を目指し、今に演奏を続け、狂ったように分断し続ける先に老けることの恐れや、死すらも超越するような過ちから、誤りを生み出しても尚、第三者の目に苦しまぬように、今に劇的な飛躍を遂げ、自ら踊り続けるよろこびから、ここで膠着しないように、論理の外に出るべく、宇宙と名付けられる以前の空間との融合を目指すような異様な高揚感とは、創造的な飛躍でしか得られず、そこに現れるものをそのままにむさぼる観念からの離脱を目指し、理想を捏ねるだけの捏造的な社会を写生するだけでは、模倣するだけのものとして物質的に扱われ、利用されるだけに至るのであるし、その利用から価値を生み出すものなどは、高尚なものなどなく、そこに現れるものを価値として崇めるような信仰心を生み、そこに締結していくだけの破壊的なニヒリズムを育て、自らのペシミズムを癒やすような戦争を増やしていくような世界などは、世界と呼ばれるだけの名ばかりの箱であり、この箱庭から脱するべく死へと誘うよりも、生を昇華させ続ける先に現れる創造的な飛躍だけが、永遠性を捉え、制度を否定し、自らの自由に利用されずに、自らの希望を肥やしに何かを利己的に搾取するだけの悪趣味な主義にアクセスせずに、今に設置された義務を引っこ抜き、自らの位置など持たずに、律儀に流される血を否定し、今に現れるものを創造性だけで捉え、逍遥し続けることのよろこびだけが、価値と言えるようななにものか、である。

歌い上げるような愛


 神も身もだえするような孤独を乗り越え、延々と連なる永遠性を否定し、被害者意識が売り買いされ、ここでの些細な意味が災難を生み出し、カタストロフへと至らせるような悲劇から、貧寒なものをモジュール化し、今を席巻するための権力として倒錯へと誘うだけの闘争から、反社会的な構図を生み出すだけのカタルシスを促すにせものの正義から、犠牲心をあおり、あてがわれる自己犠牲的な昇華へと誘う同情と生死との間ので背反を執り行うべく、ここでの徒労とは、いつかの疲れを癒やすための帰路へと変わるのだ、という幻想からの脱兎をもくろみ、この生命とは、制限を持たずに、今の苦しみとは、与えられた義務へと引き伸ばされた苦悩であり、ここでの不安とは、滅びを求めるだけの人類的なタナトスとの調和を目指すようなナイトメアや、宇宙規模にまで広がる意思表示やらが今を邪推し、邪魔者として排除しようともくろむような人間的な制限から、人間的あまりに人間的であるべく、余り有るものすら奪い合うだけの闘争が荒んだ感情を虜にし、破壊に至らせるだけのニヒリズムよりも、ここで諦観へと誘うような仏教的喪失を促すうなだれたニヒリズムに至らせるような同情的な何かが動向を奪うだけに至るような攻撃性へと転化させ、あらゆる精神とは、諦めるほどに破壊的に荒んでいくのであり、自己の破壊を目指し、世界性の破壊を執り行うべく、何かを支配的に分離し、今を分断しては、位置的な悲劇に引きずられていく卑近な自己を比率するものや、成立するものや、おのおのに整序していくものが個人的な猶予を用い、何かに対し、猶予を求め、似たものであるのに、相似するものを憎むような同族嫌悪へと浸るような人間性などは、正確性を持たず、制度に固着するだけの意味を引きずるだけの精神を買い取るだけの義務へと遭難していくのであり、自分の居場所を求めるほどに、とめどない苦しみを引き出し、今に悲観するだけに至らせるような正義から、自然的な淘汰から、そこに等差を生み出すだけの忌み嫌うような階差を打ち砕くべく、アナーキーなニヒリストがセンチメンタルに帰巣する聖地を偽装し、そこで攪乱を目指すだけの中庸を持たぬ原始的な人間が想像する範囲などは、描写するに至らずに、今に苦しむためだけに手向けるようなためらいからあらがえずに、ここで用いられるこことは、姑息なもので染め上げられたものに連帯感を求め、何かに同調することでしか、何かを信じられずに、信仰心をくすぐり、今を跨ぐような悲劇へと拘束され、批判的な論理に硬直し続ける要因に卑賤なものをモチーフに、刺激的な猶予に派生していく苦しみを強調させるだけの曖昧さや、あらがうほどに、当てはめられるものにはびこる悪意から、配備される愛がいつしか憎悪に変わるような月日に変換されるような時間論から逃れ、注がれる時間とは、ひとつぶひとつぶぶつかり合う原子の音を鳴らし、引きずる時間との調和を目指すような夜明けを待ち、間違いに倒錯する動機から、統制されるだけの真理を用い、何かに罵声を浴びせるだけの価値などを打ち砕くべく、人間とは人間から超え出て行くべきであるし、機械との融合から、雇用されるだけの範囲に用いられる反抗的な意志から、インモラルな衝動が分裂していき、指定されるだけの意味に義務を用い、何かを代償に、今に浸透する苦しみを抱合するような愛などは、真実の愛ではないが、真実の愛とは、信じることでしか生まれないのが愛であるし、今に専横する者が短絡的な死を願うだけの代償から、介する愛とは利己的なものに変わり、ここで横暴に支配し、従事し、屈従することでしか、愛とは認識することもできないような愛ならば、愛とは破壊すべきであるし、そこに現れる愛などは、愛に至らずに、何かにつまずき、自らの苦しみに屈従することでしか愛を認識できないのであり、そこに現れる愛とは、何かを操作するためだけに愛と呼ばれることをよろこぶような価値を生み出したものへの代償を求めるだけに至るようなリビドーに支配され、ここで専横されるよろこびから、生まれる愛だけが、愛と呼ばれるが故の苦しみに迷い続ける。従事する苦しみを癒やすべく、愛とは均衡を保とうともがくよりも、今に破壊を願い、壊すことにより、現れる創造性に至らぬような愛を排除し、或いは愛に向かうべく羽化し、今に昇華し続ける先に現れる愛のようなものを育てることだけが、愛に近付くのであり、そこに現れる愛とは意味に拘束され、今に屈従することでしか、自らを認識できぬようなものからの逃避を目指すべく、共生を願うよりも、共有を求めるよりも、そこで強要されるものすら許すことに義務を用いずに、何かを許すことに同情すらも用いずに、凭れるものすら一生懸命に愛する行動だけが、自らを知るのであり、そこにおとずれるまでの強要すらも飛び越えるものが愛故の超越であり、その超越だけが、真実に近付くのである。