時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

瞳孔


 結末においてけぼりをくらい、滑落し続ける意識は、短絡的な模様にからまり、神経をとがめながら、とっかえひっかえに何かを愚弄し、見くびる隙間に現れる簡易な感情を削ぎながら、今にあらがい、卑劣な者がうながす空疎なものに怯えるだけに顛末とは、横行するものに強奪されるだけの今を悲観し続けるつたなさに過激な理想を用い、何かを収容するだけの独裁的な者が謳い続ける法につたなくからまる隙間から、現れにほどこされる苦しみに媒介し続けるだけの堕落した意思が放つものに陥落し、落胆し続ける精神は、正否を求め、そこで横溢するものに飲まれ、自らを喪失し続ける先々で愚鈍なものになりかわり、課せられる意味や、負担し続ける先に現れるであろうしあわせなどが、今を埋めるためだけに、ためらわずに攻撃を続けるだけに連動する怒りが今を破壊し続けることだけに専念するような法の中でしか、我々は存在しないように思わせるような仕組みから、巧みなウソを使い、今にちぐはぐな理想に飼い慣らされるだけにいたらせるようなものから脱走すべく、この夜のすべてとは、まやかしを理想にし、そこで理性を保つかのように思わせるような操作から、そこで淘汰されるだけにいたらせるような思いにひしめく被害者意識を加速させ、そこで枷をはめられ、世界性を奪われ、自らの未熟さに気が付かずに理想を追求するほどに魯鈍なものに変わり、そこで変化を求めるほどに止めどない苦しみは、誰かの理想を騙り、むさぼり続けるだけにいたるような身体から乖離すべく、すべては、そこで希望を用いずに、帰巣すべき場所を求めるほどに、止めどない苦しみは、安易な自由を謳いながら、退廃的なものに変わるだけにいたるような矜恃から、倫理観を謳うほどに、倫理からほど遠くなり、そこで正義をかかげるほどに、悪におちいるだけにいたるような攻撃性を蓄えるだけの正義とは、権力を用いた時から腐敗するためだけに、自らの内部を食い散らす者が支配を続け、そこで私服を肥やすための都合の良いものを生み出し、そこで復権され続けるだけにいたる力などは、今に誓いを用い、自らに隷属するための法で加工し、次々に苦しみを生み出し、そこでちぐはぐになる誓いは、自らの汚れに気付かずに、用いる理想により、強制的に執行され続ける苦しみを敷衍させ、そこで延々と生み出される苦しみから、はみ出せずに、そこで見続ける未来などは、そこでの平衡や均衡を保つための理想の中でしか、自らを正当化できずに、今に生み出される苦しみの餌になるだけの無知な者どもが閉塞的な闇で買い取り、飼い慣らすだけのルサンチマンやペシミズムを加速させ、そこで加勢し続けるだけの意識は、何かを破壊することでしか、自らを満足にいたらせずに、接続され続ける大量の悲しみを武器に、自らの未熟さをさえぎるような怒りだけに支えられ続けるような思考では、何かを変えることもできずに、同じような権力を率い、同じような過ちをくり返すだけにいたり、理想とは、理想の中でしか、その理性も保てずに、知性すらなく、そこでの誤りに気付かずに、自らを追いやるための闘争から、そこで統制を謳い、堅持するための既得権を守るための言い分けを繰り返し、自らを正当化するためだけの闘争や統制は、映じるものの中での不潔な役割として悪を作り出しごまかす。そこで騙され続けるだけにいたる安易な精神は、簡易なプロセスの中で屠られるだけいたり、ひたり続ける今に痛みを生み出し、媒介し続ける先々で依存し、尊厳などを謳いながら、この存在の軽佻浮薄さに苦しみ、自らの損得だけが、善悪の是非を用い、何かを位置づけるほどに、ここでの孤独感は増し、誰かと居ても尚、その存在とは強調されずに、すぐさま今に飲み込まれ、そこでの永遠性の餌として、あらゆる立証を踏みにじるだけの忘我に消え去る間にむしばまれるニヒリズムに加速し、過去に映じるものだけが、今を癒やすというような哀れみにそぐうような同情的なプロセスを打ち砕くような鉄槌を用い、そこで映じるものなどは、美化されたり、もっともな苦しみを反復させるだけにいたるようなものを自分の都合により連鎖させるだけにいたるようなものなどのいっさいは破棄されるだけのものであるし、そこで面影をかかえても尚、迫る今は、欺くために自らを利用し、今に操作を続けるだけにひたる現在に現れる過去が強調するものなどは、幻想であり、過ぎたものなどは、夢よりも不確かなものであるし、そこにある現在すら、提示されるものに占領され、独占し、所有するために儀式的に荒むためだけの契約を続けるほどに、ここでの愛とは、本質的な愛を喪失し、そこで証拠を用い、持ち出される意味に占有されるだけにいたるような軽々しい示唆が浸透させる真実の愛などは、何かを騙し、ごまかすための愛を体系的に支配するための愛を大量生産し、正否を求めるほどに、中庸はそこなわれ、そこで愚かな支配を続けるための提携から、体制が生み出す改正などが、正解をねじ伏せ、あてがわれる答えだけが、今を生きやすくするなどとうそぶく。

無限性


 無にそなわる無限性が、今を引き取りながら、永遠性へと移行し、自らの苦しみを昇華させる間に宇宙的な調和など求めずに、ただとどまらずに進む限りが、永遠へと引き伸ばされる心身を崩壊させ、交換し続ける先々で対立する価値などは、表面的なものしか交換できずに、ただ陰湿なものに変わり、こぼすアイロニーが否定的に物事を捉える途端に物事とは、構築されていくものを否定し、自らの力だけが、この位置に求められるものに反し、関する合間に情念は消え入り、本質的なものを見失い、ただ有るものへと移行し、行為が引きずるニヒリズムを超過し、混沌としていく宇宙の端くれで、愛に似た物質を探し、空間を延々とさまよう間に引き戻される過去には、高潔なものはなく、そこで美徳のように崇められ、都合良く変化するだけの過去の出来事などをリバイバルするほどに、自らと乖離し、そこでの面影にひたるほどに、現実との懸隔は生まれ、自らの不自由さを嘆きながら、そこに用いられる差異に苦しみ、徒に消費されていく現在に諦観を生み出し、関係するほどに完結していく現在は、指定される義務や、応じるだけの答えとの平衡を求め、終わらぬ闘争を生み出す限りに用いられる統合が正常を謳い、求められる限りに、軋轢を生み出し、何かを踏み台にしながら、自らこそが、正しいものだ、と認識するほどに誤りが生まれることを直しながらも、自らの正しさを求めることを知らずに、途端に現れるものに表現を奪われ、自らの意志で何かを創造的に昇華できずに、簡易なもので惰性に築いたものが、障壁に変わり、自らをごまかし続ける間にひしめく理由が、流動性を失い、喪失感にただれていく感情は、誰かの思いを借りて、むさぼる現在に無為なものを用いずに、ただ現れるものを買い取ることでしか、自らを満足させずに、そこに現れる優越感に敵愾心を持ち、持たされた義務や、もたらされるものだけが、自らの用いるものを満足にいたらせるのだ、という処刑台へとのぼらされるだけに最たる意味はそこなわれ、磔にされる自己は、礎を持たずに、ろくでもないものをかかげ、意味に墜落し、自らを抑圧させるだけにいたらせるようなものに取り囲まれ、加工され続ける間に強調されるものや、そこでまやかしを生み出すだけにいたるようにうそぶく者どもの手中に収まり、はばまれるほどに、自らの闇に陥り、鬱々としていく思いが、今に自己犠牲を唱え、何かを救うためだ、とうそぶきながら、何かを騙すためだけに、自らを生贄として捧げるふりをする。無を用いるほどに、似通ったものが、似たようなものを生み出し、限り合るものに合わさるものだけが、枢要なものとして崇められ、そこで物質的な余裕を用いるものだけが、真理を持ち出し、物事に軋轢を生み、無限性へといたらずに、幼稚な理論に偏りながら、何かを傷つけることだけが、美徳のように崇められる限りに人間が生み出した神という逃避から、怠慢にいたるだけの崇拝などを捨て、長い歴史などは、ただ長いだけであり、そこで引きずられたものに提示され続ける苦しみに偏らずに、そこでバンダリズムにいたるような閉塞的な野蛮人どもに手を貸さずに、ただ自らの表現だけが、存在を明らかなものに変え、そこで求めることに飽き足らず、破壊するだけのよろこびに転じて行くだけの抵抗などは、抵抗しているようで、抵抗にいたらず、そこで自らのさまたげにもがき、そこで正しいとされるものに占領され、そこで洗脳され続ける間に生まれるシンパシーも、何かとの調和などは求めずに、ただ純粋な衝動だけで動くことだけが、正しい働きなどとうながすような正しさを崇めたてまつるほどに、退廃的なものに陥り、強要されるままによろこびは増していき、そこで邁進するものが、定期的な罰を与えるほどに、自らにほどこされる意味との調和をめざすべきであるのに、他者を介し、或いは神を介し、自らの惨めさを消費し、そこで逍遥し続ける間に生まれるジレンマが、育むという意味を忘れ、ただ迫害され続ける恨みを加速させ、介する間に巡礼を続け、つたない意思は、汚いものを疎外させるほどに、自らの汚れには気付かずに、そこで応じる否定とは、自らを綺麗なものに見せつけるだけにいたるような自尊心が今を支配し、健全な者としての芝居を続け、そこではみ出さぬように、と思えば思うほどに、何かとのズレは生まれ、そこでのズレを埋めようと求めれば求めるほどに、何かとの懸隔は生まれ、ことごとくに支配される限りに、ここで遠のく本質は、自らの正しさすら見出せずに、ただ正しいとされるものに支配され、そこで続ける芝居だけが、今をしあわせに変えるのだ、という普遍的な屠殺場に運ばれるまでの軌跡をたどり、対価を求め、役割を終えるためだけに、むしばまれる現在に、生きてるなどという幻想をかかえ、簡単に処理されるだけのまやかしを崇め、そこであがなうだけにいたる権力的な者が支配を続けるほどに、ここでの芝居は、三文芝居になり、誰もが、そこで騙されているふりをしている。

心地よい目覚め


 もっとも暗い場所からあふれ出る詩情が夜を神秘的に包む。新品にされた感情ががらくたになるまで、何かにこき使われるよろこびを教えられてから、この苦悩というものは、能動することを忘れ、受動的に受け入れることだけが、正解のようにうながすような世界などは、世界と名付けられ、したり顔で、必要では無いものは、即刻排除すべきだ、と言い放つ隙間には、色彩などはなく、暗澹とした靄のようなものが、悲劇的に囲い、悲観し続ける先にシステム的な現れに対する敵愾心を相克できずに、自らの苦しみに律動する不快な音に吸い込まれ、自らに罪を課せるような出来合の事柄に至福をおぼえ、そこで同じような衣服を着せられ、同じようにおざなりな者として生きるのだよ、と優しく語りかける悪魔どもの私腹を肥やすために私は生きるのをやめ、制限を持たずに、知を愛し続けるほどに、ほつれ千切れ消えゆく存在の果てしなさや、そこに生まれるはしたないものなどを覆われながら、長らくの孤独に迫るセンチメンタルなどは、その場での悲しみに酔い痴れるだけであり、そこで生み出される詩的なものなどは、ノイローゼが生み出す幻想であり、自らの幻影を追いかけ、理想を生み出し、組み込まれるままに打算するものなどは、何も豊かにせずに、そこで虚偽的に支払われ続けるまやかしの財宝や、リンクする苦悩に統合されるよろこびなどにひたるようなオプティミストどもが画面で暴れ、暴くべき真実も、暴力的な支配から、真理を損ない、そこかしこにあふれる韻律や、林立する者どもがリンチし続けるほどに加速する快楽の傀儡として生きるような輩が、自らの孤独感や疎外感に耐えかねずに、体系に支配され続けることだけが、自らのよろこびを満たすのだ、とうながすような即効性のある解除法などを示唆する暇もなければ、ここで失われるものなどは、失うために存在するのである、とニヒリストどもは語り、解体すべき昨日も、本質的なものをそこない、そこかしこに苦悩を生み出すためだけにためらわずに何かを蹴落とし、おちいるものを高笑いするようなあくどい至福から、輪唱されるものなどは、有史以来、何かから優位であるための法で加工し、自らを屈折させるものへと変化させるような理由や理屈を卑屈にかかえ込み、混濁する意識は、魂胆を忘れ、答えに左右し続ける先々で対立を深め、終わらぬ軋轢が生み出す汚穢を崇めるような者どもが、神をでっち上げ、自らを巣くう苦悩を取り払えずに、むなしい祈りは、今にいびつな警醒をかかげ、むしばむ者へと変化するのであり、理想とは、思想に巣くう癌であり、邂逅すべき自らから離床できずに、焦熱し続ける先に焦慮すべき事実も、示威的にまさぐられ、自堕落なものに変化し、懸隔を生み出し、蹴落とすことだけが、ここでの真偽を見つけるのである、と何かを屠り、葬るだけの理由を述べるような退廃的な者どもが真理を捏造し、愛と平和と自由という幻想を追いかける間に健気に切り取られる間に咲く花の理由も知らずに、気持ちに遅れをきたし続ける間に膨らむ期待感は、汚いものほど、綺麗なものだということを知らずに、答えに合わせるものだけが、物事を正しくし、そこでの均衡を保つのだ、ともたらされるだけの意味に不一致していく意識は、今にしいたげられ、そこでしたがうものだけが順応し、横溢し続ける簡素な出来事に勝敗を生み出すだけの対価から、退嬰的な考えが還元するものだけが、価値を決め込む。あらゆる価値は、不当なものをかかげ、自らを正当化するための戦争にいたらせる。そこで持ち出される権利などは、誰かの理屈が捏ねたまぼろしであるし、そこで反応するほどに、敗退していくように仕向けることが上手な情報から、操作され続ける無知な者どもが平衡を求め、ここで生まれるデカダンスに支配され、芝居を続ける先につたない意識は、誰かの言葉を借りて、快楽を埋めるためだけの欲動から、吝嗇な者どもが謳うミニマリズムや、奴隷と化すことなく闘争するのだ、と自己に帰り着くことを知らずに、闘争に身を置くほどに、自らとの懸隔はひろがり、自らが得た権利を用い、独裁者へと変化し、大きな理想とは、自らの地層を汚し、誰も住めなくしてしまうのであり、そこで葬られるだけにいたるような自己などは、その場ですぐさま捨て去るべきであるし、自らに行き着くことすらできずに、何かを支配し続けるほどに、自らが用いる空しさに打ち勝てずに、何かに屈することだけが、自由にいたるのだ、といような幻想から逃れるべく、自己に帰り着くために、自らとの闘争を深める現在につかまつるもののいっさいは空しいものであり、そこでむしばまれた精神は、徒に何かを消費し、そこで生み出される欲望に支配されることだけが、ここでの答えに欠乏せずに生きるのだ、とうながすようなペシミストから逃れるために続ける「意志」だけが、唯一汚されずに、自らを高次にいたらせる。

懈怠

私は、私を信じている限り、何かに屈することなく、言葉数も少なく、あくせく働くこともなく、なくなく時間をかけることもなく、ゆっくりながら、長らくに腰かけた孤独のなかで真理をまさぐりながら、何かにとまどうこともなく、よく見れば、細部にまでドラマティックなものがそなわり、生命を躍動させ、今に律動するものが、複雑に交わりながら、投げやりになる君の陥落する姿や、姿形すら不潔なものに思える、とうながすような思いが散漫なものをたずさえ、感性を束縛しながら、さながらに苦しみを送り込むようなエモーションや、永遠性を超え、へだてるものすら持たないものとの調和や、そこで長じるものが次元をも破壊し、無限との会話や、制度や組織を超え、閉経した宇宙が、もう一度、何かを産み出そう、ともがく隙間から接近する創造的なものが、今に適任していき、敵対心などを取り払い、ただ、あわさる限りに淡く物事は溶け出し、色もなくなり、たそがれに響く強制的に迫る意味の住まいで引きこもる君の低く歌う歌声が、ここまで届いて、存在の不潔さに苦しむこともなければ、今に苦しむべきだ、などとうながすような権力的な言葉が今に使命感などを謳い、論難を生み出し、困難にひたり、今にいたる病のまやかしに気付かずに、機械的に生きることが、正しいことのように謳われる世界などは、自らの正しさを認識させるための常識などを用い、今に束縛され、自由を用い、誰かを騙すことしかできぬような者が、正しいことのように、今を呪い、今を踏み台にしながら、しなびた思いを引きずる現在に生み出される認識などは、今を徒らに消費しながら、浅ましいものをつなげることが、命のように語られるが、綺麗なものほど、いびつなものであり、今に朽ち果てるからこそ、美しくも見えるのだ、とデカダンな輩が語る間に排除され続ける夢や幻や、保身や敵愾心などが、憎悪を増殖させ、促進され続ける怒りは、誇大妄想を抱えたルサンチマンと化し、解体すべき現在に偏在するものが、今に孤立し、巨大化したルサンチマンは、ペシミズムをかかえ、破壊するための神として、自らを崇め出し、誰かを苦しめるための呪詛を続ける。危険な物語を加速させ、今に性差を用い、たぶらかされた精神は、今の苦しみをごまかすための敵を作り出し、度重なる苦痛に耐えかねずに、自らに向けられた不安や恐怖を共有するためのネットワークを織りなし、簡単に処理され、還元され続ける苦しみに染み入る所以や、悠遠になびき、はぶかれる思いが閉幕し、平静を保つために建前を持ち出し、ごまかし続けるほどに苦しみが寄生し続ける。遷延し続ける意識は、儀式的なものの生贄として、自らが自らを捧げ、そこでの苦しみから逃れるために、必要ではないものを今に追い求め、自ら苦しむための呪いを自らにかける。時間から自ら取り残された思いは、行き着く場所すら求めずに、すべてからかけ離れ、自ら願うことすらせずに、設置される意味を飛び越え、倒錯する瞬間に純化され、循環するために支払われるものなど必要とせずに、センチメンタルなものなどから飛び出し、どこまでも上り詰める意識は、陰鬱なものに安易に支配されずに、考え続ける先に時から逃れるための理論をたずさえる。巻き込まれる思いに混濁し、混乱し続ける先々で始まる思いが刹那にからまり、かかわるほどに重要なものをそこない、時折に跪く過程に締結する思いにすれ違い、つたない思いが本質的なものをそこない、無知なままに引きずる思いに錯綜し、時間が与える老いという罰から逃れ、自らを屠るための時間を打ち砕くために、続くものだけが、時間に打ち負けずに、ひたすら継続するものが悲観せずに、接続される思いを継続させ、ただ、ひたすらに続くものだけが、時間に追われる恐怖から逃れ、自らが生み出すものだけが、運命を飛び越え、時間から乖離し、長い間に引き出される詭弁や欺瞞をさえぎり、自らの意志だけが、唯一の力だ、と知る。

初期衝動


 幼い時から、自らの価値は、自らが見出し、何かに教えを乞うよりも、何かに抑圧されてまで、何かと、同調や協調はしないために、学校を放棄し、自らが学びたいものを、自由に学んできた。あらゆる法は、空間に揺らぎを生み出し、自らを不自由にするものであり、自らを囲う国家すら、私を加工し、順応するべきだ、と脅迫する。与えろれた論理は、今にいびつなものを生み出し、何かに偏りを生み出し、意志を踏み台にし、あらゆる抵抗を罪として捉え、今に罰を与える。あてがわれた意味は、今を不自由なものに変え、問題をすり替え、正しいとされるものが、悪を捏造し、悪を利用し、自らの正しさを強調し、その正しさを共有するための、教育を施し、逸脱しないように矯正する。そのような正しさに、正しさはそなわらず、絶えず差異を生み、何かを苦しめるために保たられる理由などは、既得権を守るための道具としての人間や、人間と名付けられた傀儡どもが、自らの生活を保ち、守るために、正義を利用し、悪に転じていく。独我論的な考えを加速させ、束縛から放たれるために、自由を謳わずに、自らが選んだもの以外は、懶惰なものとして捉え、自らが生み出す力だけが、唯一の力だ、と唱える。何かを、与え続ける者は、「悲しい」のである、と伝えるデカダンスの連中が示唆する運命論的な昏睡から、等差を生み出し、淘汰されるまでの歴史に鎮座するだけの王が騙るものに耽るだけの連中が、支配下に置かれ、帝国主義に反しようともくろむほどに、王に跪く結果に導くような連動から、道理とは、不潔なものをたずさえ、自らを支配下に置き、みちびかれるままに消費し続ける精神は、今から逸脱できずに、過去にとどまり、鬱々としたものを連ねながら、被害者面し、短絡的で軽薄なものに陥り、掲揚されるものを崇め、自らも国家の一員として執り行う義務のために、幼稚な抵抗を続け、自らをペシミストに変え、偏執し続ける事が、変化のように騙られる間におちいる闇や、応じるだけの答えに寂寞は生まれずに、詩的な流動性を生み出せずに、惰性に見出すものだけが、本質的なものとして捉える先に存在とはそこなわれ、自らの不確かさに苦しむだけにいたる。徒に消費され続ける精神は、自己から乖離し、理解を得るために虚偽を綴り、自らを正当化するための自堕落さに気付かずに、自らの空腹を癒やすための要理にもとづくエゴだけが、自らを朦朧とさせずに、しかと見つめる先々で対立を続けるよりも、そこから乖離し、理解すら得る必要性もなく、そこで幼稚にみちびかれる先に見くびり続ける意味は疲憊し、自らを傷つけることだけに専念し、捻出され続ける苦しみは、今に鬱陶しくからまり、関わるほどに、わずらわしいものを形成し、証拠も残さずに、自らに入り込み寄生し、今に苦しめるためだけの悲しみを引き出しながら、過去を引き合いにし、今に苦しむだけの定義の中で裁かれるためだけに、自らを罪深い者として制定し、自らの罪の中でしかはたらきを得ずに、ただむしばまれる自らを傍観し続ける自己との対立を続けずに、ただ外から与えられる影響に責任をなすり付け、確かな自己にすら行き着かずに、誰かに与えられたアイデンティティーだけが、自らを成功に導くなどとうながすような金言に左右され、自らの意志を損ない、誰かがうながすものだけが、真実へと導くような間に生まれる支配的な論理から、論証されても尚、それに反し、抵抗を続ける者どものあくどい至福から、そこかしこで生まれる退屈な法から、理想は、供給され続けているようなふりをして、おざなりなもので今を支配し、訂正されずに、ただ、そこで正しいと位置づけられるものにこうべを垂れ、たてつくことも忘れ、何かの主義を背負いながら、いい気なっているだけでは、何の変化も与えられずに、ただ邪推し続ける先に破壊を生み出すだけの定理にもとづくものに迎合し、簡単に処理された昨日をうらやましげに見つめ、もう明日など来ないでくれ、となげくよりも、もっと獰猛に自らを見つめ直すべきであり、そこで固執し続けても、そこで消費され続けることは変わらずに、ここで支配され続けるほどに、贋物の快楽は加速し、何かの傀儡として死するまで、自らを消費し続けることに置いて行かれる心身は、自らが存在していることすら感じられずに、何かの道具として嬲られ、死する一歩手前で放置され、そこで補完され続ける快楽のためだけに生きる亡霊やゾンビとして生きることだけが、ここでの生活を保ち、守るための摩耗であるのだ、などとうながすような定理などは、弁証法にいたらずに、ただ継続することだけが、今の豊かさを保つのである、とうながすようなものこそ、現実を見つめておらずに、その場で継続されるものだけが、しあわせを約束する、と騙るような者に耳を貸さずに、自らに帰り着き、そこで表されるものなどは、そこでの支配を続けるための欺瞞を続け、そこで耐え続けるだけの意思は、死ぬよりも悲惨な生を続けるほどに、自らの存在などは感じられずに、存在の軽さに取り残される精神は、そこで用いられる不確かな満足を追い求めるほどに、自由から遠ざかり、求めるほどに、利用される結末にひたるだけのペシミストで終える。

星との間隔


 この場から乖離し、理解すらも求めぬ場所で瞬く間にひろがり、絶え間ない接続が連なり、鮮明なものすらおののく隙間で苦悩を表し、主観にあてがわれる意味や、そこで立証されるほどに、魯鈍なものになりかわり、見る夢も不潔に変わるような世界性に感応するほどに、感性とは腐るのであり、その場でくたびれ、与えられた問題に証拠を残すほどに、この生命に循環すべき意味も、純化されずに、些細なことで朽ち果て、抵抗力を失い、望まぬ望みをおぼろげな中空や、子宮の中で課せられた義務で加速するほどに、自らとの懸隔が生まれ、倦厭にいたり、いたわれぬ呪いを今に重ね、自らに欺瞞を放ち、不満を垂れながら、誰にも行き着かぬ思いは、調教済みの理論の中で束縛され、即席の自由を求め、理由の中で沈む。物事の襞につつまれ、出来事は調和できずに、自らを抑圧する圧迫感にふるえ、得たものを自慢げに披露するだけの儀式で低劣なものを吐き出すだけの疑似的な殺戮や、散漫な儀式が仲介する間で屈従するだけにいたらせられる精神とは、自らの自由を求めずに、与えられた自由の中で自由を求めるほどに不自由になり、担う意味も、その場で重荷に変わり、負担を背負い続けるほどに、すり減る精神は、栄進できずに、今の形に収まり、自らの重みに耐えかねずに、圧壊する。カタルシスを追い求める獣たちが夜に獣性をなびかせ、走るリビドーは、何かを堅持し、何かを維持するために何かを保有し、独占欲のためにためらわずに、誰かを自らの意思だけでしたがえるための闘争が続き、つたない意識は、自らが用いる苦しみを昇華するための通過儀礼を与え、退廃的な理論が早熟なものを殺める夜は、本質的なものをそこない、そこかしこで仮死化していく意識は、誰かに呼び覚まされることを待ち、自らの孤独を抱きかかえ、悲しみに暮れることしかできない。そこで戒律を生み出す孤独は、散々な現状を呪うことでしか、自らを強調できずに、そこで切れ切れになる意識は、自らの存在の軽薄さに耐えかねずに、自らを抹消するための呪文を唱える夜に生み出すべき真理を与えるよりも、そこで用いられる独裁的な主観を打ち破り、自らに帰り着くことを知り、熾烈な時ほど、その時折にひずみ、折り返す物事の浅薄なものに気付くべきであるし、簡単に処理される言葉などは、そこに残るだけで、何の影響も与えぬし、そこで用いられた簡易な言葉などは、今から逃避するためだけの誰かの理想を自らに組み込み、そこで対立すべき自己と出会わずに、ただ与えられた言葉で、何かを得たふりをするだけに終える。誰かが、「大丈夫だよ」と抱きしめてくれるわけでもない夜は、自らを抱きしめ、「君なら大丈夫」と自らなぐさめるべきであり、そこでかかえた苦しみなどは、今を越えるための使命や儀式に習うよりも、何かに寄り添い、したがわせるためのあいまいな答えを飛び越えるべく、自らを自らでなぐさめてでも、その瞬間を超越すべきであるし、やがて滑落する意識は、死をしたがえ、対価を求めるだけの権力を用い、統合するための等差を生み出し、あらゆる原理の中で便利な役割であるための犠牲を謳いながら、君を束縛するであろうし、やがて勝ち負けなどは、そこで善悪を用い、何かを生贄にし、そこで誰かの不満を昇華するための快楽的な処刑のための犠牲として崇められるだけに終えるような世界などは、世界と名付けられただけに良い気になっているだけに過ぎず、そこでもたらされる災厄などは、誰かが与える影響だけに左右されているだけに満たない苦しみを今に授け、確かなものにすら足枷を嵌め、自らの世界性からはみ出す者は、すぐさま処刑にするような独裁的な手法でもって、ここでもつれる者すべてを獣性が用いる論理だけで、理想を追求するという純粋なまやかしによって、何かを快楽のために破壊し、何かを傀儡にするためにためらわずに処刑するだけにいたるような快楽の中でしか、自らを正しく認識できぬような正常さを謳うだけにいたらせるような正しさだけが、正しいものとして崇められ、それを神と名付け、崇拝し続ける先に腐敗していくだけの権力は、権威を用い、権利を謳い、何かをさまたげ、お涙頂戴で騙しながら、長らくに迫る自らの黒々としたものを主体に組み込みながら、理想を追求するほどに、すべてを苦しめ続けるだけの意志は、今を衰退化させ、犠牲を生み出すほどに、自らの快楽度は増し、複製され続けるだけの怒りを増長させ、憎悪を用い、敵愾心を加速させ、疑心暗鬼におちいるほどに、生じる怒りは加速する。正解すらもないから、と育むことをやめてしまった者たちは、自らの立場を悪用しながら、しなびた意識に連なる有史から続く貪婪なものに加勢ながら、自らこそが正しいとうながすほどに、正しさとは奪われ、自らの苦しみに自らが悶え苦しんでることにすら気付かずに消滅する。

帰路


 人相もわからぬような世界に広がる余韻が、因果などをたずさえ、遮られる所以が、運命を背負い込み、混濁する意識が形跡を与え、絶えず苦しみをうながし、短絡的なものを創造し、想定されるものが悶絶し、困難を与えるだけにいたらせるような軌跡をたどるだけでは、ダメだとか謳うような世界に本質すらなく、ただ、与えられ、あてがわれたものが、真実のように騙られ、退廃するだけにいたる。からからに乾いた帰り道に理解を深めるよりも、乖離して物事を深めていくような実直な瞬間にふれるような関連性に連動していく意識は、存在をまたぎ、自らをひるがえしながら、とこしえになびく幽遠や、被害者意識をかかえた彼女たちの慟哭や、彼らが卑下する辺りに明晰なものを重ねながら、人格形成の中で区域を生み出すだけの絶え間ない自己からの等差や倒錯などを飛び越え、超越し続けるだけの段落や、関係性がたずさえる制度や、精悍な主観にひろがる思いがたずさえる場面などが思い出にうなだれ、今に影響する過去などは、そこで消耗させるだけにいたり、進むことを拒否し、そこで行き着く思いは、過去の奴隷と化すだけであるし、そこで用いられるものなどは、求めるものに戻るべきだ、とうながすだけにいたるような言葉などは、貪婪なものを用い、求められるままにしたがうことだけが、ここでの行いにひたり、決めつけられるだけにいたらされる精神は、自らを迫害し、懐疑的にみちびかれるほどに、不安があふれる。そこかしこに用いられるものが、求められるままに関心を謳いながら、そこで同調するほどに、自らとは苦しみをかかえ、理不尽に消費され続ける自己が、つたないものを敷衍させ、こしらえられるものに依存しながら、しなびた感情は、今を謳歌できずに、そこでトラウマを生み出し、そこでかかえるものに逡巡し、純化すべき現在も、懸隔を生み出され、そこで生まれる緊張や、情緒を保てずに、ただ、短絡的に消費するだけにひたり、生産的に統合されるだけの正常な意味に心情とは壊され、支えを求めるほどに、用いられる苦しみが利便性を求め、まとまらぬ思いは、とどまらずに、ここで躍動するふりをしながら、理不尽なものに支配され、芝居を続ける先で対立を深め、終わらぬ闘争は、自らの中での軋轢にとどまらずに、他者を介して、自らを破壊するために、自らをおとしいれるような言葉の刃を自らに向ける。そこで剥き出しの感情は、傷つくことを恐れ、他者に攻撃性を向け、自らのペシミズムを誰かに抱え込ませ、自らの苦しみを昇華させるような徒な消費を用いる関係性に関わるほどに、自らとは懸け離れ、そこで回帰すべき自己すら超越できずに、そこで越えるべきなのは、そこで問題提起されたものだけだ、とうながすような者に加工されるだけに禍根を生み出し、そこで欠如を用いるだけの理由に理想をうながされ、普通であることだけが、そこでの答えに引き合いに出されるものに打算され続けるものに連なり、自らの意思を損ない、誰かがうながすものだけが、自らに帰り着くべき答えを与えるなどとうながすような答えなどは、その場での孤立を恐れるばかりで、本質には近づけずに、今にひたり、悲観するだけに終える。そこで終えるべきなのは、自らの逃走であり、そこで統合されるものなどは、等差を用い、そこで決議されるものなどは、魯鈍なものに陥り、自らに与えられる苦しみから逃れるための言葉を成立させるためのドラマを用意され、自らの生き方に批判を続け、否定的にうながされるペシミスティックな主観から、習慣的なものに適任するための敵愾心を燃やしながら、煉獄へと陥り、自らの苦しみの中でもだえるだけにいたる今にひたるだけに終える。悲劇とは、どのような場面でも今に転化されずに、過去の中でしか成立しない苦しみを、今に再現し続ける。画期的な発明を宿すような帰り道に見つけるものが、詩的な昇華にいたり、そこで紹介されたものなどは、借り物に過ぎず、そこで与えられた影響などは、無力なものであるし、自然から借りたものすら、今に蓄積される苦悩へと変わり、徒に消費され続ける観念は、何かから借りたものに与えられ続ける痛みに耐えかねずに、自らを壊すだけにいたる。位置づけられた苦しみから逃れるための帰路は、苦しくとも美しい場面を転換させ続け、支えすらも必要なく、膜に閉じ込められた孤独の中でひろがる永遠と対立する。延々ととがめる先に生まれるものと逍遥し、そこで老い続けるだけに転化し続ける自然との対立から、信用を謳う者が屠るだけの社会性に徒に消費され続ける正否との別れを告げ、製品化される前に、自らの品性などを用いる以前をたどり、そこで超越し続ける意志が純粋なものをたずさえ、ただ、互いを恨むような構造すらも破壊し、用いられた幸福などは、そこでの価値が定める借り物の言葉で今を締め付けるだけに満たない。