時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

墜落した主体性に飲ます白湯

つかめるもんもあれへんし、あらゆる権限とはすぐさま破棄されるべきやし、躍動しても、どうかしてるんちゃうかってもんばっかで、あらゆる意味とは偏執するよってに、なんかに反応してばかりでは、ここでの根源などに邪魔され、あまたのリズムは反作用的な…

記憶

多党制の夜に濾過され、多動的な私は、硬質な所以をこしらえ、ラストシーンを短冊切りし、散漫な終わりをまとめ上げる。抵抗する先で面影すらもふやけて、短絡的な同期を終え、結末にうなだれ、嗚咽する彼女たちの銀河を超えて、へだてるおのおのが惰性にみ…

無くした言葉ひろった

生きて考えることに、枯渇もしやん、と隣で眠る乳臭い君の抱擁も、やがては、取引されるだけかいな、と改ざんされるための柔肌に触れ、敷衍する景色に凍てつく思いに屠られ、負担やなんやて、つきまとう法とは、だれのためのもんなんや、と悶絶しては、投影…

星の故郷

優しいやつをうばいやがって、世界とはなんて代物だと、しどろもどろな思いにかさなるドロドロした夕焼けや、不規則にうごめく、狡猾な雲を呆然とながめ、シリアスな空間に、明日は長いようでみじかく、自覚するほどに滑落し、フラクタルなようで、微妙に違…

滅びる身体

性別の終わりも近づき、原始的な苦悩から取り除かれた生命が、純粋な進路をわたり、同化するための一生から逃れ、短絡的な配下にくだるための人権などから放たれ、はびこる悪意を配備するための愛にみちみちたメロドラマに整序されるための心身を忘我に配置…

栄光

お腹減ったニヒリストどもが、うようよしてるから、合点もいかんと、ただ短絡的で、タダ同然のいのちを云々と、カタルシスにいたるための、讒言なんかが、ためらいを絶えず生みよって、よってたかって、殴打しよる夜に迫る諦観や、なつかしむほどに補填され…

悲劇の連動性

空疎な自分を補完するための貧寒な箱の中で保たれる権力などが通過し、偽善的で独善的な独演会から、散漫な儀式へと超過していく意識的な昇華から、そこかしこでエクソダスする瞬間や、窮乏するほどに魯鈍なものへと転化していく先々で対立を続け、値などを…

君との互換性

夏にざわつく心理をかかえた子供たちが虐げる瞬間的に旺盛していくものが、物事を磔にしながら、日々のドラマを攪拌し、判じる所以から、証拠をも破壊するような雨に濡れ、隔てられる精神とは惰性なもんでんな、と嘆じる幽遠に加速していく宇宙的なひろがり…

パンクした自転車

部屋の隅か、路地裏で、おびえた目をして震えている君、気のふれた猿が騒ぎ立てる放課後の憂鬱。 ぼくらの影が迫り来る靴底に磔にされ、消しゴムで消されるだけの過去の普通さに酔いしれ、悲劇を演じているシンデレラどもの苦痛、シンデレラを迎えにいくため…

身体も邪魔でんな

君は眠りもしやんと、浮かぶ月が分裂する様子や、身体が分断されるような感覚とあそんでいるから、暇つぶしに、おしつぶされる感情なんかが、環境の責任にしたりして、逃避し続ける先に、逃げ場所なんかもなくなり、こなごなになった感情なんかを一生懸命に…

あいまいな子供たち

ニジマスみたいなメイクした女どもが、わんさかおるフロア、対比されるもんばっかが、うろつくから、疲れることも知らんと、なんやかんやうるさく付きまとう奴らばっかやから、わややし、やかましい言うから、ろくでもない価値が売り買いされよるし、有する…

演繹

淫靡な結末にそなわるメタファーに住まうウサギたちが運ぶ静謐なモチをたべながら、がらんどうな精神に嵌め込むべき愛などはなく、供給され、共有されるほどに、貪婪なものに変わるだけの愛は、欲望だけを加速し、思うことに枷を嵌め、世界性を狭め、センチ…

あいまいな冒険

香ばしいパンの匂い、裏切りを続ける面影や、日照りをかかえた真理なんかを、浮かばれない比喩で出迎える、デリカシーもない連中が着込む襤褸、約束も即座に消えかかるような、あつかましい夏が真偽を打ち出し、徒らに消費する影を踏んで、粉末みたいな日々…

夜に編み込まれる奇抜さ

横たわる死を尻目に、生命とは端的な活動を続けるんや、とうながす飼い犬たる自分を傍観する、犬であるという自分との差異なんかを測る私の従僕者たる可愛いだけの代物だ、と代用品である脳足りんな君がカタルシスをうながし、あたかも自分が正しいように仕…

愛も終わり、その先を啜る。

春の色あせた汗の香りと、ロマンにしずみ、止まらぬ恋の行方は、軽薄な理論を身体にぬりたくり、生命を聡明なものに変えるのだよ、と語る宮沢賢治の修羅を歩き、幸福論などひきさいて、木霊する真理などは今に浪費されるだけだし、誰かの因子が書き換えてき…

いびつなあなたのお家

森羅万象を引き裂いて、でたらめに歩いて、空にツバ吐いて、自分にかかって、汚い言いながら、機械的な世界やから、適当に蹴散らして、憤怒せんと、抗うんもちゃうから、流れるんでもないから、なんか、乾いたままに進んだ、ええんちゃうかなって、なんか、…

悩ましいほどの母性

未熟で小汚い子供のような私だと、アイロニーに身を寄せ、ほとばしる思いを、人柱にする連中の犠牲として、拝金主義の奴隷として、あらゆる意味を誇示し、偏った理想を打ち出し、理性を損なうよりも、往々と現れる瞬間や、そこかしこでそそっかしく現れるも…

風の匂い

お気に入りの匂いをこすり合わせて、満点の星の下では、すべてが叶って、奏でられる思いは、操作されずに、ずっと自由で、ずれてく雰囲気や、意気揚々として逃げ惑う君のアンニュイな表情や、君がまとう、青春という著しい苦悩を複製するだけの苦痛を昇華さ…

遊ぶように哲学するのです

コロッケみたいな、座布団すわるおばあはんがながめる宇宙も、過去のもんであって、だれのものでもないから、至極、短絡的なコードをうながしながら、田舎くさく笑う君が、モラトリアムに震え、購買意欲ばかりを煽る風や、空疎な自分を写す鏡を破る衝動性や…

罪の位置

何かをまぎらわすようなことばが降り注ぎ、不貞を続けた春がやってきて、理論的に早熟な侵攻から、思想とは偏りを示し、隠逸し続ける衝動を発散するために得たものの饐えたにおいや、祈りの硬度や、昏睡していく意識的なコースに埋め尽くされた屍骸や、あい…

あいまいな幸福

死を遡及させるこどもたち、論理的な孤独をかかえこんだ時代性を飛び終え、得るものなどは、嗚咽にまみれ、自らの観念の濁流の中で継続的に現れる記憶の気配を充填し、ひたすらに孤独を堪能するような能動的な発散から、応益を求めるだけの浅ましい感情が還…

快楽的な子供の国

運命なんて信じたって、ろくなものでもないと嘆く君の結末に相似していく所以や、欠如していく思いに忍ばせる場面が博徒と化し、生きるとは運であるのだと宣言するような幼稚なギミックをすなどり、一体感などを求める安易な情報に揺動されるだけの神秘論者…

銀河とまじわる意思

原理的に監視され、原始的に配膳される間に欠落していくほどにカタストロフへと至り、喪失感をただよい、悠揚な史実にからまる現実的な妄想から、模倣されるほどに、真意とは制限され、厳選されるほどに、変化を呼び覚ませずに、ただ同じものを、模倣するた…

不気味なギミック

奴らは思想もないカエルで、節操もなく飛び回り、落ち着くこともなければ、自らが正しいのだと高らかに歌い上げ、へたくそな歌声が、延々と響き渡り、自らの正義を貫くがゆえに、なにかを虐げるための健気さを利用し、独善的に締め上げるために、持ち寄る権…

理性を捨てた後

誰もが悲しみを捨てた夜に主体性はかがやき、淫蕩に耽るだけの時代性や、制度を超えて、へだてるものを捨てた途端に不平や不正や、もたらすべき平等や、公正すらもなくなり、ただ有る様を受け入れた途端に存在とは軽くなり、そこでかかえているものなどは、…

揺動

生じる由縁が次々に意志をまくりあげ、限界を持たずに、永遠をしのいでは、はつらつと瞬間をつらぬき、つらなるものが延々と季節を超えて、心象につらなる儀式的なものをとりはずし、理解を求めるよりも、ここで横暴に蓄積されたものが軽薄な理論をたずさえ…

答え

担うべき愛も確かさの足枷を嵌められ、はびこる悪意がそこかしこで充填され、罪深い者どものつぐないのメロディーにさいなまれていく記憶に循環していく苦しみなどが、今を純化させるのだ、と騙るような宗教的な汚染から逃れ、がんじがらめになる意識に遡及…

やつれていく距離

延々と敷衍する物語につつまれ、つたない感情を消費しながら、しなびた懐かしさが横行し、過信ばかりの日常は、誰かのしあわせを呪うことから、始めましょうと、語るコマーシャリズムは、自らの苦しみを消費し、誰かに噛みつき、やっかむことが、理へと近づ…

制限を持たずに走り出す永遠性

計画性もなくとびまわり、形式的なものの終わりを見て、夜露にもだえる霧雨の彼方で、有限なままにとらえるものが、時間から抜け出そうと、今をかみくだいて、改善されないものなどないのだと、哲学的に簡素な憂鬱をつきあげるために、罪をかかえることなど…

驚異的な滑落

荘厳に眠る彼女は蚕のようだ。さすらう意識がハウリングし、一切を迎撃するメデューサのようでもあるし、サキュバスのように、容易な快楽の余韻だけで、因果を欠乏症に追いやる。よだれを垂らすだけの、文明的な獣でもあるし、あらゆる論理に懇意なだけで、…