読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

叫ぶ

潜在的に埋め込まれたものが獰猛にうごめく。選択させられたものに動かされることに及ぼす快楽だけが、意味を受注し、正義を生産し、今に制限を生む。即座に抑圧された精神は、意味を遮断できず、迫る意味に利用されるほどにほどこされる意味を追求できずに…

掻痒

孤独な羽音をふるわせ、飛躍を遂げるすがすがしい朝に従えるものもなければ、今に隷属し、隷従するだけに至るようなものもなく、今に孤立する思いが、比率などを捨て、対象とするものを放棄した後に広がる存在だけが、優雅に瞬間を閉じ込め、途端につかまえ…

群像の先で幼気なもの

書いた瞬間に私の存在は曖昧になり、すぐさま私の存在などを定義するものは無くなり、存在自体は消えて無くなる。何かを行動した後にも、何かを残す理由すら無く、今が不潔に交わり、一切の意味を喪失する。何かを欲するとたんに意欲は消え去り、そこに残る…

葛藤

私は私だけを信じているし、逸脱し続ける先に生み出される最たる意味だけが、今を緻密なものに変えるのだ、と妥当なものを引き出す安易な偏りから、自らとは閉め出され、今に孤立するだけに『終える』などと簡単に処理しては、終わりを謳うだけの閉塞感から…

芸術性をかき乱す焦燥感

静謐な予言を繰り返す鳥たちが描く時代的な憂鬱に偏執していくだけの抵抗を描く退嬰的な者として、何かの名残を安易に引き継ぐだけの幼い心に変化を求めるだけに怠惰な大人として偏執するだけの影を背負い、欺瞞を促し、偏向し続ける限りにたぎるものが、す…

ひるがえす者

退屈な日々をくぐり抜け、名前もない路地にぶつかり、衝動的なニュアンスが近付き、鈍間な感情を昇華させ、時折にひずむ優美な瞬間にくたびれた君の私情に司る痛みなどをまさぐり、偶像崇拝を続けるだけの図々しいエンジェルどもがひしめく老化するだけの体…

理解をも超えるもの

日中に羽化する起源が、どこに帰るのだろう?と野晒しの記憶を妨げるような量子的な観念が軽減されない痛みを独白し、完全性を求めるほどに魯鈍なものに成り代わるだけの現在に生まれる間隔や、阻まれるほどに燃えるのが愛なのだろう、と浪費するだけの観念…

過誤

描くこと以外は生きているとは言えず、この場を凌ぐために、描くことが、善悪をも超越し、自らをも翻し、与えられる影響や、関係性を持ち出し、意味に閉じ込めるだけに終えるような人工的なものに疎外されずに、虚空に浸り、固執するだけに終えるような退嬰…

擬似的な魔法

歩くほどに研ぎ澄まされていく感覚が、ツンケンし、テクノみたいな感情を放つ景色から受け取る形式美みたいなものは、邪魔になるし、受け取る側のゴワゴワしたもんに、からまるだけであるし、与え合う影響などは、互いの中に距離を作るしで、愛には、形式な…

鬱屈

からみつく指先から恒常的に放たれる愛の軌跡をたどり、臨月の空から垂れる愛が交響曲を放ち、輪唱される神話や、多目的なルーツに重なる瞬間がにおいを放ち、共感する間にもたらされる悲劇などを取り除き、利己的なものがこしらえる言葉や、根幹を腐らせる…

継続する意味

宇宙的な神話をひもとく静謐な正義や、我が身を滅ぼす意識が迫り、醜い争いを意識の中で展開し、回転する座標や、ミリタリズムが降り注ぎ、立体的な戦争が損得を謳い、導く意識が儀式的なものを生み出し、俯瞰に偶像を生み、何かを踏み台にし、意識を破壊す…

宇宙的な閃き

初々しいものがあふれ、虐げられていた思いを昇華させ、ひずむ感情をリズミカルに変え、意味に変容されるだけの幼稚な企みや、猥雑な思念を昇華させ、逸する先に生まれる愛と華々しく結ばれ、無数の幼稚な企みに感情を操作されずに、ドレスアップされる現在…

創造的な飛躍

ここに現れる距離を測るようなことすらせずに、今に迫る疑問を乗り越え、自らに帰するイメージや、意味合いに不潔なものをこぼすだけの塗料を掲げる君の意識的な批判から、介する間に迫る露骨な支配や、贋物を突きつけるだけの意思的な何かが腐敗させるだけ…

あらがうもの

時代に反するのが、私たちの役目であるし、やがて枯れ果てる前に、この命を使い果たすような行事の後に迫る制裁を待ちわびるような若気の至りが分け隔てなく、惰性なものを捨て去り、散漫な意識に形容されるものなどは、一切に魯鈍なものを持ちこみ、陰鬱な…

狡猾な朝

国家とは、夢を捕食するもので終わるのか?突きぬけていく正義は、演技を続け君に近付き、蓄積する苦悩を食い散らし、何も残らぬように駆逐するであろうし、あいまいに迫る意味にマインドは奪われ、毎日に追われるだけに血を争う戦いへと倒錯していくだけの…

混濁

青年達は帰る場所も無く、穢れているのは、彼女である、と自らの法で汚す論理から、利口なものほど、魯鈍なものに陥るだけであり、陰る本質から、憎しみを増加させるだけの日々に嗄声を流し、端的な理論に拘束され、後続する意識は、今に悲観し、引き返すだ…

散漫な正義

彼女たちは、宗教的な和解を求め、聖なる父親像を高めていき、自らを狂わせていく。性的倒錯の夜から、森羅万象を書き換えるリズムに鬱積していく秩序を乗り越え、形成される騎士団に弾圧される前に、自らのタナトスに打ち克ち、性的に映じる死から逃れ、ニ…

哲学的な昇華

あの空は嘆いているのだ、と君が愚行を正すような因果律の彼方で、寂寞に離れるだけの主体性を破壊するような尺度を持った論理と敵対し、絵空事を吐き出しながら、徘徊する深夜に導かれる官能的な解脱のシーンを断続的に、または、恒久的に傍観するような幼…

相対性

どんなものを書きたいのかすら欠如したままに、この白紙を埋めていくような予感から、引き出すエモーションなどは、シナリオを無視して、無意識をさまよい、意識下に現れる波紋を傍観する自己から乖離した自分をひけらかすような散漫な意識が傲岸不遜なもの…

なにものにも屈さぬ意志

君の泣き声が空の彼方まで広がって、注がれる愛や、供犠の生贄として、遙か無知な胎動に囲われ、恒常的なよろこびを放つだけの君の呼吸が、答えすら持たずに、個体として生きる揺動から、敷衍し続ける思いが、行いを超え、ないがしろにしている答えを飛び越…

精神的な飛躍

空虚な身体は保身を抱え、妄りに嵌め込む意識的な虚空や、交通し続ける先に緩慢に作用する原理や、理解をほどこす以前に、怠慢な理由を放送し、耽溺させるだけのメディア的な理想へと供給されるだけのプリミティブな罪を配布され、共通する意識から、傲慢な…

アンチテーゼ

郷愁になびく思いが、赤裸々な文明を伝え、黙示録にたずさえた、恋心を拾い上げ、斡旋されるだけの身体を傍観し、他者からの災いを引き受け、簡単に処理されるだけの論理へと引き伸ばされていく過去を追いかけるのが、今を生きているということであるのだ、…

昇華する神経

押し込まれ、居場所を失った意思は、進行を妨げられた恨みを晴らすためだけに生きる。平衡しようと捕らえて離さぬ私の意識から、儀式化され、今に慣らされ、平均的なものとして、誰かを崇めたり、恨んだり、憎んだりする。下るだけの意識は、歪んだ感覚を携…

自らの永遠性

寂寞に絡め取られる明日や、蓄積される苦悩を取り払うだけの前衛的な商法に導かれ、プロセスを損ない、陰る本質から、輝く礎を用い、短絡的な要素を取り込むようなコズミックな手法から、接続される先々で、足りないものを補足するだけの過激な毎日に惜別し…

孤高

交わる言葉の隙間に満ちる恋の予感から、切ない思いの接続から、流動するふんいきに行き交う思いがハミングし、一体感や、立体化する先々に敷衍するものが、エモーションに入り交じり、舞台に入り込む懶惰な思いがはびこる意味へと誘導し、短絡的な動機に配…

原罪から抜け出す魔法

先々で阻まれる思いが従属する影から、形を引き出し、誓いを得るためだけに利用するような理由から、断続する価値が締め付け、使命感などをうそぶきながら、近付く意味から引き取る前衛的なものを引用し、藝術的な昇華から、逍遥する思いが、散漫になり、担…

背反

騙し騙しの毎日だ。即席の自由を手に取り、理屈ばかりを並べるリベラリストが、並べた主観や、バラバラになった意思を集める孤立した子供達の孤高な瞬間にあふれる宇宙的なまやかしから、干渉する先に現れる憎悪や忿怒などが、利己的なものを掲げ、理想を追…

生命

時間は後からやって来て、無益なものをちりばめ、意思に罵声を浴びせ、カタルシスを無理強いし、思惟を虐げ、従える意識を隷属させる事だけに専念するセンテンスが横行し、受理するものも仰ぎながら、生命の原点を奪うためだけに、ためらわずにことごとくを…

凝固

言葉は、影に覆われ、可変し続ける夜に普遍的な意味を反復させ、頒布されるだけの理由を製造し続け、短絡的な動機を幽霊に変え、牽制を繰り返し、利己的な修繕から、収斂し続ける事に収奪される理由や、集団心理に巻き込まれるだけの悪意に潜む今が瀰漫し、…

煉獄

統合される先に味わいは失われ、些細な時をひるがえし、悲観するだけの精神を解き放ち、用いられる時間から迫害されても、自らを正す事は無く、ただ、現れる時を、現れるままに愛し、浪費するだけの過程や、低劣なものを騙る愚考から、空腹を癒すだけの、貪…

反響

反響する音が蓄積され、身にまとうノイズが、同じリズムを積み重ね、用いられる等差や、リズムが突き放す衝撃や、ベクトルが違うからこそ、ぶつかり合う衝撃は互いの間で緩衝し、与え合う影響は、即座に諦観するだけの者や、低劣な文言から放たれ、導かれる…

過去から放たれる儀式

瞬間的に流動する余韻から、陰惨とした欲を放つだけのエゴイズムへと加速し、苦悩に悶え、恬淡な欲そのものの語源をまさぐる過激な誘引から、アナグラムをたずさえ、ぼくとつとした者を攻撃的に染めるだけのキャピタリズム的な街に適合するために、無関心で…

真実

がんじがらめになる時折にひずむ彼や彼女の憂鬱とぶつかり合う表現が、創造的なものと合致し、確かなほほえみや、時々に沈む夕暮れに愚行が連なり、ここで引き替えられるだけの思いが代償などを持ち出し、何かを価値に押し込むだけに抑圧される精神は、被害…

誰をも敬わず誰をも恨まず

誰も居ない架空の街でジレンマをこしらえるだけの永遠の仄か、残りものの命だ、とおののく精神が、背反すべき超自我から抜け出すような事態から、様々な思惑が重なり、重複するシンドロームや、悲劇を攪拌させ、支えるべき自己を喪失する事により、浪費する…

運命

眠り続ける子供たち、幾重にも絡まる影を模写する卑屈な太陽と、体温を失い、遮られ、裏切られた君の過剰な思いにがんじがらめになる時が今を阻み、 はびこる悪意や、数多の意図に関わる無碍な試みや、枯渇する意識は、何かを受け入れることを拒否し、自ら渇…

乗り越える夜

黒々とした感情が迫る。意識とがんじがらめになり、越えられない夜を、終えられないから、と悲観するほどに、偶像的な過ちに浸り、陰湿な試みから、収斂される過程を傍観し、傲岸不遜な者が示す誤りから、倦怠感を引き出すだけの卑近なことが、今を締め付け…

語りかける誰か

静かに物事は成されなければならぬし、そこかしこに現れる愚行に対処している暇もなければ、もてあそばれるだけの身体や、乖離する精神や、森羅万象になびく憂鬱な試練や、ジレンマに対比する今に悲観するだけのエンディングや、陰惨な形に悶えるだけの時折…

意味の終わり

交わるほどに鬱屈していく街並みに、刺激的な進化論を投げかけるような憂鬱なあの子のジャンクをかき集め、接続されるでたらめなメロディーに泥酔している花嫁たちも、いずれかは、すぐさま裏切るだとか、アイロニーに陥る便宜的で、偽善的な経路をたどるこ…

闘争

時に潜む優劣や、空間的な猶予にくすむだけの感情が、有用なものを謳い、現実に背くべく、ベクトルは、天から引き出す運命論的ないつわりの言葉を吐き出すだけの社会性から、言動に潜む空疎な悪意に転換されるだけの再会や、解析される先々で、典麗なものを…

告白

遠のく記憶をノックする者。不自由なあの子が示す尺度から、論理的な汚穢を吐き出す倒錯や、シンドロームを抱える虫たちが泳ぐ深海から、錯雑とした観念をモノクロに変える芸術家たちの昏倒や、慢心に至り、いぶかるだけの先々に論証するほどに、魯鈍な者に…

多幸感

静謐な預言を繰り返し、開けない夜を待つ、むくんだ日の中で、シンドロームに嘆くだけの悲劇の者が、混沌を謳うほどに、固結していく思いは、定理に反し、憎しみを用いるだけの互換に反し、高潔な意思だけが、裂ける大地に、新たな息吹を与え、芽吹く真実や…

永続的に解放を唱える者

誰もが生きたい、と願う夕暮れに、敷衍する俗っぽい言い回し、短絡的な浄化を求めるほどに、追従する意識は、初初しさを損ない、そこかしこに悔恨を浮揚させ、過去にとどまるだけに終えるような日常の散漫さが生み出す悲劇や、その悲劇により、カタストロフ…

聖人

苦しみを共有する街並みに呼応する真理や、むさぼるような動悸がコレクションされるだけの因果から放たれた時間から離れ、旅行く定めなどを謳い出す花が慟哭を繰り返し、駆除される悲しみや、空席を埋めるだけの論理や、ちぐはぐなアニマから分裂し、女性的…

生産的な汚穢

水の音が促す観念的な勝利から、偶像を用い、何かを騙す間に群像にほどこされる幽遠との対話から、対立を深めるだけの理論的な層状にこぼす情念が、至極の思いを授け、達する間に補完されるものが連続するだけに、隷属するだけに至るような関連性に支配され…

波及するもの

クリムトが描く原風景により、宇宙は調和し、自らとの和解を進め、切り裂く憂鬱に退歩する心情が、浪費するだけの観念を、壊疽へと追い込む淡白な孤独や、虚空をさまよう、流動する思念が悲しみに区割りされる感情の個室で、性格を歪ませたアイドルが放つア…

無益な知

無神経な死が、私を加工する。本質的な愚鈍さを抱えた否定的な観念から、還元され、想定されるだけの過ちを加速させ、何かに枷を嵌め、活性化されない意識は、短絡的な考えを加速させ、そこに課せられるものを本質として捉え、そこでとがめられるだけに至る…

陥穽

思えば、腹立たしいことばかりであるし、そこでつまずくわけにも行かず、ただ、行く先々で衝突しながら、今に苦しみながら、林道を越え、静謐に揺らぐぬくもりある午後を待ち、凍える身体をさんさんと照らす太陽だけが、よどんだ感情を取り払い、魯鈍なまま…

慟哭

貪婪なドレスを着て、彼女は、綺麗な容姿だが、汚い意思を食すのが普通で、不釣り合いなものを抱えるのが苦痛で、今に用いられるものを翻えせずに、与えられた価値を、そのままに反映するのが正しいのだ、と妥当なものがひしめき、今の使命感を謳い、たどた…

延々と無意味なもの

常軌を逸した会話を続け、つたない表現で、重たいシーンを徘徊し、もたげる意味を蹴り上げるような、嬉々とした快楽だけが横行し、言葉の響きだけで意味を受け取る、と大きな誤りを生み、埋もれた感情を破壊的に帰る畜群の亡霊が近付き、優位を決めるだけの…

現実を超えるもの

平衡する意識にかかがられるものが、偏りを生み出し、短絡的なものに関わり、釈然とせずに、心象になびく関連性や、制度だけが、今を膠着させ、懐疑的な日常に備蓄する普遍性が敷衍し、不潔さを増していくだけに、諦観を生み出し、還元されるだけのものを買…