小薗学

時間を超える意志的な憐れや戯れ

2017-08-07から1日間の記事一覧

瞳孔

結末においてけぼりをくらい、滑落し続ける意識は、短絡的な模様にからまり、神経をとがめながら、とっかえひっかえに何かを愚弄し、見くびる隙間に現れる簡易な感情を削ぎながら、今にあらがい、卑劣な者がうながす空疎なものに怯えるだけに顛末とは、横行…

無限性

無にそなわる無限性が、今を引き取りながら、永遠性へと移行し、自らの苦しみを昇華させる間に宇宙的な調和など求めずに、ただとどまらずに進む限りが、永遠へと引き伸ばされる心身を崩壊させ、交換し続ける先々で対立する価値などは、表面的なものしか交換…

強靱

すべては無に帰するという ノスタルジアにこころは明け渡さずに、 ここで無限に現れるものだけが、 今を強調し、強制的に排除されても尚、 自らを誇張し、そこで名付けられるものに 矯正されても尚、 自らの純粋な意志だけが昇華にいたらせる。

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 ただ、黙々とつならる静寂は、何事も裏切らずに、ただ、続くことを続け、そこで継続されるものだけが、真実に近付き、自ら存在を明るく照らす、まる

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 求める自由に結託するものが生み出すのは退廃であり、対価を求めるほどに、そこで還元される理由は退化をめざし、自らを退廃へと引き込み、そこで悲観するほどに関する理由などは、充実感などを謳い、普遍的な平衡性を保つための…