小薗学

時間を超える意志的な憐れや戯れ

2017-11-01から1日間の記事一覧

反旗

延々とつらなり演繹していく先にたどりつく永劫すらも蹴散らすように奔走し、際限無くあふれる物事が旋律を生み出し、怠惰なものをふりはらい、ここで保たれるものなどに寄りかかるだけの契合から、揺動されるほどに翻弄される意識が迎合を続け、短絡的な消…

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 途端に証拠を残し、願うほどに根幹は腐り、くたびれた感情や、環境にとどまり、とまどいを生む、まる

気圧

悲しみにもだえる モダンなジレンマや、 約束に千切れた 廃れた彼方に、 軽薄に連動する、 若気の至りや、 蓄積する苦悩に寄りかかる、 彼女たちの慈愛に 裁かれる人混み。

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 だまされるために誰かにカタルシスを求め、信用することだけが、ここでの行いを正すのだ、と惰性にみちびかれ、成果などを求める限りにたぎる思いは、大義を捨て、ただ気配をかき消し、経過するものに景観を汚されるのを、ただ傍…

反体制的な力学

担うものなどは邪魔である、とぶしつけな対応で倦怠感を拡散するようなアンニュイな情報をたきつけるような構造から離れ、みだりに迫るものなどが筋書きを決めつけ、あらゆる原理とは、ここで論証されるものだけにかかわる者だけが、確かさを着込んでは、何…