小薗学

時間を超える意志的な憐れや戯れ

2018-06-03から1日間の記事一覧

ゆるがないもの

どこかに影響を及ぼすようなちいさな反響が蓄積し、大きな影響を波及しては、生産的な幼稚さがはびこるバビロンや、慢性化していく痛みを響き渡らせるような思いがつみあげていく、可能性をもつきぬけては、可能世界を謳うほどに、ここで補正され、制される…

合理化された愛

童謡の中での朝、 つきぬける陽光と 歌い上げる吟遊詩人の群れ、 報うための形が 空疎に強請る愛とは、 絶えず強制的で、 強要されるほどに、 依存的であり、 損得だけで測られ、 その時にだけ、 永続するものを、 形式的な愛に変換させる。

孕む明日

とむらわれる思い出。 断続する過去は、 継続されずに、 暗澹として、 思考から放たれ、 際限もない永遠へと 接続され、 新たな形式を 昇華するために、 保たれるような 現時点を飛翔しながら、 悲愁にただよう 浪費されるだけの 現在を擦りながら、 高揚感…

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 猥雑に回転する意識的なゴーカートに乗り、季節を循環し、飛び抜けていく意思が、どこにもとどまらずに、ひたすらに逃げ回る、まる

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 君の悲しみを解放するためだけに、このいのちとは、ここそこや、憶測を持たずに、駆逐されずに、退屈を謳わずに、うばわれるだけの感情に壊疽することもなく、ことごとくにあふれ、統合されるものなどは、統一性を謳うほどに、兌…