時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ハードボイルドな節々

ポップさも死んで、背徳に汚れる夜に比率されるものなどがアドレス化し、ドレスアップされる意識はそれて、背くほどに増していく快感を受理しては、樹立するものなどは、所詮は退屈な規律から比率を生んで、傲慢なものを緩慢に作動させるだけに至らせるよう…

緩慢なワルツ

その純粋さもいつかは潰え、そこで失ったものを求めるだけの日々を確かなものに変えうるようなものを追いかけるほどに、迫る老いからは逃げられぬ、と泣き叫ぶコウモリたちや、化石に変わるだけの過去を掘り起こし、思い出はここだ、となだめるだけのフクロ…

偶像の禁忌

森から街へと下る。消費されるものが違うだけで、森も街も、なんら変化はない。ただ目の前を通り過ぎる景色が意識を遮る。後は、残骸になるまで、貪られるための身体に補完される痛みを吸収する間に現れるのに、ふれることすらも許されずに自らを抑圧する。…

森の夜

静寂ではにおいだけが頼りだ。闇に孤立する瞬間に孤独はまたたくまに消え去り、谷閒にひそむ悪意にこころ奪われずに済むようにおまじないをかける必要性も無ければ、何かに悲観するよりも、瞬間を健気に生きようとする動植物や、気だるい山脈から流れるエレ…

約束を破るよろこび

生きるとは、単に長く退屈なものである、とうながしては、窮屈な理論に凝り固まる彼女たちの慟哭や、彼らのジレンマに遭遇しては、偶像崇拝に至るだけでは、ここで堅持されるものや、道徳によりかかり、自らを不自由にするのであり、でたらめに真実を追いか…

美しい形式の奴隷

金は簡単に神をつくるだろう。ひれ伏す君は、神に簡単に近づき、すべてを簡単に奪う。自らを確かなものに変換し、簡単に生み出された神は金に簡単に従属し、自らが神であることを簡単に忘れるだろう。善悪を用いずに、ただ許せるものは、強者といえるが、許…

まぼろしの街

蓄積された思いは、奇跡をたずさえ、散漫な儀式をうながし、生まれた思いに聖地を偽装する。全生命がこの場でなびいて、バビロンを通過し、アニマを貫通するような観点から疎外されるだけのロジカルな先々に対立する理想論的な滑落から、生じる由縁に迫る原…

とぎれとぎれ

金との結婚を終えた資本主義的な巡礼者が徘徊する原始的な夜に要理すらも敗残し、観点すらも疎外し、緩慢に作用する動機は、道理を引き裂き、同一化を求めるだけで、盛り込まれる嘘にリビドーは枷に変わり、回収され、修繕されるための精神に絶えず改造を施…

換算

言葉の物陰に隠れて放棄されるものや、伝わる以前に張り巡らされる緻密な意味に配される意図から放たれ、旋律をたずさえ、悶える隙間に色彩もそこない、即席の自由に命じられ、見捨てられ、ノスタルジーに引きずられるだけの過程から諦観へと運ばれ、締結し…

不純な夜の淵

動機も忘れ去られた夜に食べられるために生み出された動物たちの鳴き声すらもとどかない、とフェティッシュな思いが紊乱させ、戒律を生み出すためのペシミズムに陥り、生きるために食べる、という罪に変換されるものが、さらなる罪を生み出し、打算され続け…

毀れる

位置的な苦痛に屠られ、関するほどに考えは孤立し、そこで構築されるものにより凝り固まり、攻撃的な飛躍を遂げ、自らにおとずれる破壊的なものにさまたげられ、偏執し続ける思いは、引きずるものの面影を超克できずに、現れる苦しみが染みいり、自らを進化…

穴ぐらに潜むアナーキーな歌

健全な動物を探しさまよう夜の街のハンターどもが寝込みを襲うべく、閉経した街で舌足らずなままに語られる善意的なモンシロチョウが瓦解した夜に進化論の嘘を説いている姿がうとましく連なり、都合の良い君の還元されるための快楽が羽化し、散漫な儀式を終…

飛翔

敷衍する快楽は、苦しみを超過し、漫然とまざりあい溶け合いシンクロする信仰や、行為に比重を与え、効率良く執り行われるものだけが価値として崇められる隙間に色彩すらも奪われ、悠遠に潜む補足されるだけの価値に補完される苦しみに垂涎しながら、しなび…

似合わぬ価値を着込んだ夜

限りある時折に制度は不必要であるし、そこで付着するための論理などで接着された意味などに設置される正しさなどに支配される暇も無ければ、そこでもてあそばれるだけの精神が正否を求め、成因をひるがえすべく、夜にあらがうひらめきや、背徳が銀河をも包…

最高の笑顔で

解放感を強請るだけの価値の家畜として、退廃するほどに、増していく痛みが脳内を循環し、陰る本質は、失意を溜め込み、自らの苦しみを膨張させる。即座に充填される時間に押し出され、陥らされるだけに至るような痛みに緩慢に作用をほどこされ、そこで迎撃…

名付けられる前の愛

電子的な恋人さまようプリミティブな形而上的なものをかかえた夜に連動する形式的な蠕動から散漫な形式によがる心理的な彼女たちが寛恕するものが敷衍し、増やされる同情に反し、関するものに反するこころだけが、自らの豊かさを製造するのだ、と生産的な彼…

兆候

ずっと他人事の空になびいて、裏切りを携える啓示や、経済的な供儀や、形而上的な区切りを飛び越え、自らに帰還し、関するすべては、とまどいと混ざり、絶えず信仰心を押し付け、今を抑圧し、遮られた精神は、背反できずに、自らの苦しみに収納され、自らの…

酩酊

神とは名ばかりの枢要な価値ばかりか、そこで止揚されるもののほとんどは、意味を与えられる限りに、同じ結末をつながり、つたない意味へと変換され、同じようなことを引きずるだけに至るような時間から逃れられずに、永遠などを用いる愛に響かぬ思いはコー…

関与

ヒロイズムなんてものは、ペシミストが謳う幻想だ!!と惰性に叫ぶ空が赤色に果て、原始的な連想をたずさえ、献身的な干渉から怠惰におちいるだけの偶像に馳せる思いは、近状を駆け抜け、開示されるものなどは、どれもモノアミンをしなびさせ、ヘモグロビン…

アイロニカルな夜

楽園に擦り寄る影が描く創造的に蘇生される相似するだけの瞬間を蛇行し、秩序を保とう、と間にうとましい現状を放ち、激情に裁かれ、迎合されるだけの合間に寄生するだけの途端に惰性に生み出されるものが淫靡に欠落しては、妨げられる身体を流浪させては、…

踊り続ける瞬間

模倣されるだけの関係は罪へと換算され、そこでの罪の意識により金額が決まり、そこでの罪の意識は自意識に押しつぶされいくばくかの限界などを人間性に突きつけながら、迎合されるだけの罪により、自らの罪を加速させる。過激な理想を押しつけるだけの常套…

あいまいな夜にこしらえられた嘘

時に統合されずに、永遠を観測せずに、果てしながないものなどは、そこで意味を束縛し、即席の自由を理由で悪に転化し、加算される意味にデカダンスを蓄積させ、意志を奪うだけに至らせるだけの淵源に潜む帰巣するだけの意味などは、異物感をかかえ、結末へ…

奮闘記

ご利益すらも不必要で、互換され、遮られる運命が悪しきものをかかげ、重なる思いが確かなものを設立し、成否を思う以前に確かさの枷を嵌めるよりも、自らの確かさを認識し、現れる瞬間に循環し、記号化する思いを迎えに行き、悠遠にひらめきを表し、攪拌さ…

幼い街とあやまち

はじまりにかかる虹の橋や、精霊どもがうごめく深夜や、ひらめきを攪拌し、最たる意味を突きぬけるような獰猛さを持って、曇天を晴天に変えるような返信から、偏執するだけの連中が加勢するだけの論理から排除されるよろこびを這いずりながら、観点に束縛さ…

むしばまれる前の愛

悠遠に配布される小さな憂鬱を拾い集める彼女の慟哭がふりそそぎ、体感するほどにとけあう感情が吐血し、さらなる悲しみを敷衍させるの、と嘆く前にひろがる青空がほろ苦く、革命的な融合を求め、快癒する今にも人波にさらわれ、自らを見失う限りに見捨てら…

押し付けられた笑顔

運命に強襲され、意味に統合される。あらゆる恐怖を売りつける武器商人たちがうろつくネットワークに仄かな愛すら灰燼に帰する運命なのだ、と乖離していく意識的な思想はシステムの中で失する運命であるし、差別的に排除されるだけの関連から連動していく意…

高揚

何を信じているかは知らないが、今に押し上げていく意味だけが、いびつな結末に萎靡沈滞せずに、アクセスされるものを蹴散らし、経過していくものが不健康そうに遭難しては、限りあるものを謳うほどに、偶然にとろけ、熱情していく恋の行方や、敷衍していく…

喜劇的な夜

回転する座標の上で僕は踊る。誰かのセカイを退屈だ、とののしるほどに現実的なものに疎外される時折にひずむ論理的な証拠や、傷痕などを引っ掻く君の宇宙的な季語や、想念の木々たちをへし折るような論証から高熱を保ち、熱暴走するまでにひたるまぼろしか…

正義を盾にして執り行われる狩り

他者から借りた言葉は、表現を失い、苦痛に悶えている。あらゆる普遍性がコード化し、苛烈なものをささやいては、消費されるだけの身体を緩慢に処理し、簡単に描かれるだけの真実に加勢する者だけを頼りに、何かを信心することで、自らの苦痛を和らげるのだ…

犠牲的な神話を捨てた後

とろける語源がシンフォニーをたずさえ、心音がコトコトと鳴る静謐にモラルなどを求めることも無く、ただ住みづらくするのは、人間が用いる哀れみであるのだ、と妥当なものや、惰性にみちびかれるだけの浪費的な観念をたずさえた、機械的な者が示す差異から…