時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

報われない物としての自己

再構築されるエンディングや、偶像にとろけ、怠慢な所以に帰路を与え、記録上を泳ぐ魚たちの群れや、立場を用いる以前に、正しさを廃し、ただ思案することで多目的に現れる理由を排除し、確かな所以を保つために持ち込まれた意味すら愛するような瞬間を覆い…

デカダンスの夜

強迫的な夜に住まう黒い影は、どこかの知らぬ子供が書いた豊かな細胞であり、この夜の鎧を脱いで、ぬいつけられた現在から、磔にされた銀河を救い出すための旅路へと出かける。

はじまり

僕は、あなたから、何かを奪ったでしょうか?刹那に嘆ずる思いが、永続的に反響し、関連性を深めては、手堅く勝利を謳うために、収められた希望すら、売買される幼稚さを嘆くよりも、健気に今を泳ぎまわり、ただ与えられるものが、世界をせばめ、軋轢を与え…

模造品

どこにも悲劇などは隠されておらず、ただ行き過ぎる場面が幼稚に扱われ、秩序や、精神分析的に測られる物事の軋轢やらが、価値などを用い、あたかも確かなもののように騙られる間に迫る賭け事や陰口や、センチメンタルな傷口にぬりたくられる塩や、わざわい…

永久機関の愛

伝えるものも間に合わずに、途端に翻されていくゆく行方もしれず、倒壊していく行き先で、迷い続ける精神は、成否を求め、制御も失い倒錯する。悲しみを奏でる空疎な季節を飛び越え、ゆるぐだけの精神は、軽薄なロジックをたずさえ、路地裏で混同する意識的…

形式的な夜

すべての罪とは作られた過ちであるし、やがて渇望する思いは、ただ対価を求め、同じような罪を身に纏い、ミニマルに沈むしじまから、散漫な動機とドライブしていく一過性の罪を積み上げ消去するようなテトリス的なロジックを用い、有する価値がカタストロフ…

深淵に沈む吐息

蔑まれ、荒んだ世界からの自立をめざし、時間を捨てた彼の記号化した主体性が素敵にドレスアップされ、瞬間とは、永久に入り交じり、永久に消え去り、些細な出来事すら、瞬時に藻屑に変わるだけだ、とうながすニヒリスティックな一貫性から、出来事とは、統…

悲しみを食べる怪物たち

かなしみをたべて成長するかいぶつたち、よどおしなくきみのかなしみをたべて、でかくなって、かなしみじたいを踏みつぶし、破壊し尽くす。

君と永遠

俺がいるかぎり、すべては永遠だ。感じる以前に、すべてに苦しくもがいても、よろこび、笑いすぎて疲れても、どれも同じ永遠だ。おまえといっしょによろこんだり、かなしんだりしながら、生きて行くよ。だからもう、おまえのことでかなしんだりしないよ。永…

偶像の子と偶然の子

ボトボトとおちる罪の音、季節を膠着させる意識的な汚穢から、裏切りが迫り、清廉さをもとめる、はじらいの乙女たちが、欠如していく場面を旋回し、いろどられ、ふちどられるものの、おどろおどろしい結末が、横暴に横行し、根源をもこげつかせ、権限を伐採…

無くした後に補完される愛

敷衍する面影が吐き出すセリフにリンクし、苦痛にゆがんだ思いが破裂し、一切に厭わずに反響し、配備される回りくどいことばに麻痺し、はびこる悪意をとなえるバビロンから放たれ、徒らに革製品に変えられた動物たちの憎悪がふりつもる夜に同化するものに寄…

いびつな清潔感

加速するほどに老いぼれることを謳うだけの横暴な若人たちの始末の悪い転換期から、課せられる思いは、機械的なままに沈み込み、しじまで対立を続ける通過するための事柄の下僕として、システムに従事するほどにあいまいに示唆されるものに支配されるだけの…

理性から離反するもの

偽装された清貧さを保つような独善的な手法が、奥まった過去を掘り下げるだけの、被害者意識をかかえては、壮麗なるものをかかえた思春期の毛色や、暴かれた日々が灰燼に変わり、ジンクスなどを謳うほどに、どれも非道なもので、偽物にしか満たず、しがない…

天を突き抜く音

意識とは先々でからまり、寡占し続ける先に現れるあらがうためのエモーションが刹那に入り組み、空疎な所以にかかわり、加算されるほどに参画する人の群れや、何かに報うための闘争から、そこかしこで監視が進み、散漫な儀式を超過する故に肥大する空虚さを…

厳正

純朴そうな遭難者である事を目的に仕向けられるものに苦しむべきだ、と是認していくものが、前衛的なものを捉え、ここで応じるものなどが汲み取るものが、空白を埋め尽くすためだけに途絶えずに敷衍させる物語が、構想を打ち砕き、絶えず生み出されるものだ…

こぼれる、悲劇の汚穢。

永遠性に制限を与えられ、聖戦をくわだてるだけの惰性なけが人たちが配下になるべく、たむろする奴隷制の夜や、接続されるための生命が精神系をこわされ、神明にとろけ、軽薄な論理の粗大ゴミを集め、倦怠感におののきながら、堅持する理由を哲学的に消費し…

荘厳な青

収斂される先で利用されるだけの価値を崇める君の純粋そうな瞳の奥でこじらせる思いが、時空に捕らえられ、永続的な捕囚として、収容される隙間で、色彩すらそこない、最たる意味を喪失し、追憶に貧するだけのまがい物の価値を崇めるだけの君の理想などに追…

カラフルな拷問

優しくも屈折していく刹那に行方をくらまし、もたらされることばから放たれ、重なるだけの意味が連動し、連綿たる物語を形成しながら、価値が錯覚させるような意味を恋しく思いよりも、そこで価値として現れる以前に、創造的である事だけに形成されるものや…

縦横無尽

無のいっさいへと伸縮し、屈折していく精神は、意識に背反し、すべての始まりを告げるまじわりは、わざわいを呼ぶのだ、と妥当な試練を与えるために絶えずジレンマは生まれ、そこで阻まれることも無ければ、端的な関係などは、所詮はは瞬時に崩壊し、主軸を…

画期的な存在

濃淡な予言が近付き、ひるがえされる後から裏切りはせまり、羨望をくりかえす人々の墓地や、修繕され、収斂される人波に隠れる営みにより、浪費されるだけの瞬間がうなだれ、寂寞に有する価値的な死を敷衍させ、全貌にとろけ、捏造されるだけの現実や、粛清…

美醜

ひろがる景色は、形式的なものに犯され、軽視していくものに奪われる感情は、論理的にせめぎ合う幼稚なたくらみから、孕む意味が阻む世界が、軽薄なものを措置し、おざなりなものが無神経に入り込み、背徳などを謳う独善的な手法から、端的なものを呪うだけ…

ニヒリストの刃

すべてはまたたくまに遠ざかり、あたたかいものを残し、平伏せずに、センチメンタルな影を応用しながら、思案する先々でとろけ、統合されるだけの正常さを唱えることの異常さに欠乏していく面影も、歯がゆく同化することで、正常化されるのだと謳うような連…

優劣がほどこす闇

歴史が感受したもののいっさいは、信用するに値せず、自らに相対し、反するほどにめり込む伝統が、今を苦しめるための意味を無差別に吐き出し、破壊的に枯れた自己をうるおわすような独善的なことばが、今を支配し、散漫な意識をたどる儀式と訣別し、端的に…

駆逐される退屈な身体

なにものでもない、この身体は、原初のものにたちより、あたかも正しいことのように認識することの愚かさに従い、虐げられる健気さを、正義と呼び、正義の尊い犠牲を孕んだ懶惰な世界を、世界として廃滅させるための、正しさだけを用い、すべてを純粋に破壊…

強度を増す思い

感動的な思いと邂逅し、背反していく世界は、行方知らずの自分を何度も乖離させ、理解させることよりも、ここで織り込まれ、現れるものと生活を共にすべきだ、と強制されることが愛のように語られるから、気配を隠し、何もかも矛盾した後に相似するような世…

論理からの飛躍

接続される観念が捻出し続けるものが気だるく散漫な儀式をたずさえ、整然とした空間にたたずむいっさいが起源を超えて、短絡的な同化を終えるだけの風景に継続していくものが飛躍を続け、途端にひずむ時間との対立を深め、空疎な時間に卑劣な風が迫り、すべ…

均等な幸

硬質な論理をたずさえ、転換するためのコードを掻き乱しながら、いっさいを突きぬける理想や、引き出す意味が蓄積し、追憶に比するだけの価値が均等さを謳いながら、奪い合うための価値が規制を伝え、追従するために従事する原野に規則などを打ち砕くために…

超越と摩擦

ニヒリズムではなく、ただなにも求めることもなく、タダ同然のいのちをひきかえに、なにかについやし、かきかえられ、健気に潰えるよりも、はつらつと死を超克し、あらゆる論理から逸脱する。 超え出るというよりも、乗り越えるというよりも、乗り換えては、…

進化の経過

貧賎な物語に補足されるだけの理由を弔いながら、短絡的な同化を行い、織り込まれる先々で対立を続けながら、内面性にたずさえる物事を演繹し、さえずる記憶が濾過するほどに満足を求めるだけの価値は、定める意味に介しながら、巻き戻されていくだけの過去…

既に消え去る君の過激な時運

すべては折れ曲がり、時間に浸食し、関連するほどに、断続する空間を破砕しながら、しなびた論理をひきずり、卑近なものをかかえながら、観点に疎外され、完成されない自己を崇め、短絡的な動機の襤褸を着込み、器官につまることばを吐き出すためだけに、多…