時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

摂理を超えるみずから

自由な精神が反響し、確かなイメージを縁取らずに、自由に空間で遊ばせるだけに仰ぐ情熱から、ジレンマやしじまはほどけ、静かなほどにやかましく備わる陰から、形は加工される品位に締結しては、明滅していく精神を捉える傍観者たる自己から利己的な支配を受け入れるだけに欠乏していく動機に理論は早熟な陰を踏み、不安感を携えるだけの冒険を横溢させ、翻す後から行為に反し、備わる元々に消え入りながら、長らくに素朴さを残し、撲滅される主観に捉えるべき本質に凡庸な価値を用い、求めるだけの形に納めるだけの動機を儀式化させるだけに足かせに変わるだけの生命と原点から孤立していく印象に消滅しては、清潔に捉えるべき今に備わる言葉に互換されるだけのカタストロフにロジックや、提携されるだけの義務感や、圧倒されるだけの形に価値を持たせるだけの血が語る意味が今に道筋に変わるほどに、密接な意味は失われ、立ち尽くすだけの孤立した自己から利己的に派生する動機から抵抗を加え、暴力的な敵意から、優しくよどむだけに擁立していく道理に偏執していくだけの神から、枯死するだけにすがるだけの生命の制止から、答礼を繰り返す融解する自己から孤独感を用いるだけの安易なプロセスに広がる意味が公平さを求めるだけに用いる善悪に信用を求めるだけの高潔さに固結していく状態に凝固するジレンマに壮語を重ねるだけのプログラミングが痛みを破棄し、均等なイメージに飛散していく差異から淘汰される根源に肉迫する運命が気負いしては、生命の深淵にはまるだけの贋物の感情に縫い付けられる自己から行為を引きずるだけの貨幣的な過去かららせん構造の遺伝子の階段を登るほどにほどけぬ痛みに孤立していく精神からエクソダスし続けるだけの絶え間ない痛みに混血していくだけの精神の経路に戒律などが襲いかかりながら、昏倒していく意識は、思惟と意志と因子のはざまで対立し続け、統計されるだけの人類学的な狂騒に隔離されるか、剥離しては、乖離していくだけのこころとからだの均衡などに恋などを残し、記憶に枢要な事実などをなぞるだけの物事に物語は、かすむだけの色合いに道理を残さずに、蓄積される苦悩に納期されるだけの欲だけに利己的な支配を綴り、貧相な価値にカタストロフを求めては、抵抗するだけの偶像に吐露する危機感に簡易で安易な動機をアナグラムに変えながら、偏執する精神を暗号化し、運命に反していくだけの過去を捉える矢先にさえずる記憶と数億の季節が交換され続けるだけの宇宙的な会話から、井蛙な論理が木霊するだけの暗黒を抱えるだけの時代と名付けられた名前に責任転嫁し続けるだけの追求から失せる記憶にエクソダスするほどにほどける記憶は、施されるだけの価値に形を用いずに、知をそこにもどこにも残さずに、分離するだけの価値に形は橋渡しする訳でも無く、単に物事に軋轢を加えるだけの破壊工作を続け、行為に破壊的な論理を用い、論駁することを哲学や科学の役目だと短絡的で簡易な言葉で事物や人物を高圧的に押さえつけるだけの論争に闘争は無く、単に続け綴る意味を反復させることが革命であり、革命とは、革命を超えるべく、短絡的な暴力に陥る野蛮な世界に適切な距離を用い、高さの霊も低さの悪魔も持たずに、中庸を保ち善悪に支配されないみずからをプログラミングするだけの価値にニヒリズムを用い、誰かのルサンチマンを操作し、みずからの悪意で仕向けるだけのアジテートするだけに吸い寄せられるだけに引き取る価値に敢行すべき正しさも正義を忘れ、廃れるここから、過去は頃合いを失い、ただ浮遊するだけの状態を中立と呼び、あたかも適切な調律を施したかのように放たれるメロディーは汚れていると謳うだけの原因にこそ、支配や独裁は迫り、安易な理由を理不尽につなぐだけに空疎な軍国主義を強調するだけのナショナリズムを形成するか、短絡的な反逆をくすぐり、ルサンチマン的なアナクロニズムで資本家が牛耳る権力を労働者に返し、みずから握る権力により、独裁的な暴力に陥ることを強調する闘争へと移行するためだけに何かを売るだけの価値に加工される毎日に反することに対峙する巨悪をみずから作りだし、それを打ち倒すような大国のシナリオに荷担するか、はたまた仲介する理由に汎用される理由に政治性を持たせぬようにアナーキズムを謳い、短絡的な暴利をむさぼる輩を打ち砕くべき事柄に創造性を持たせずに、安易な暴力で押さえつけるだけに権力はつけあがり、突き上げる今にも、追考すべき意味に位置を持たせ、そこを平地にすべきアナーキズムが破戒の限りを尽くすだけのシナリオをみずから作り出すだけの平和的解決などは、利己的な反逆を生み、単に対立し、互いが破滅し尽くすまで闘争に至る原理に移行するだけの精神性に人間的な、あまりに人間的な文言が跋扈し、万全な対立は、破戒に至る痛みの意味を書き換え、対する憎悪を強調するだけのプロパガンダに支配されるだけにリリカルな精神は失われ、キリングフィールドを生み出すだけに至る痛みに耐えかねぬ幼気なガイアの怒りに触れるのだ、と極端なスピリチュアリズムは、ゆがんだ価値にカタストロフを用い、みずからのペシミズムを癒やすためだけに、世界を終わらせようとみずからの未熟な世界をひとりひとりが用いる世界を巻き込み、破滅に至らせようと扇動するだけに戦争が巻き起こるような毎日に宗教的な論理などは、悪意に過ぎないし、どれほどの綺麗事がそこに措置されても、外観ばかりが傷つき、確かな内観に至るまでに破綻するだけの痛みに耐えかねずに、自壊するだけに至る。