時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

滞ることを知らぬ精神

大事な瞬間に置いていかれるの、と苦悩を放つ動機からコレクションされるだけに遮られる本質に愚鈍な青春や、精神が絡まり、回路が壊れていく感覚に寂寞が攻め入り、大事な一瞬とは、集積されるだけの苦悩を納期するだけの支払いを続けるだけに綴る意識から薄命な時にロジックを残し、集約される語源とは、寂寥たる由縁に損なわれるだけの衝動性を保つだけに動物的な余韻から因果な渇望によぎる静寂に投影されるだけの真実に浪費されるだけの言葉が愛を儚く律動させ、性懲りもなく駆動していくだけの主体に失われる過去などが生い茂り、今を押し出す限りに陰る意味に一瞬は意味を失い、喪失していくだけの関係に軽薄な倫理を用い、浪費されるだけの言葉に締め付けられるだけの空虚さに行き交う精神が幾ばくかの果てにカテゴライズされるだけの終末論的な困窮から、静養され重なるだけに乱立する位置から意味を抜き取り、契約される関係だけに儀式的な根因からコネクトされる理由に去りゆく規定の事実から積怨に眠る理由に迫る正義などに博識は無く、空虚な理由を寄り合うだけに契合していく指定と指令の下に備わるだけの価値の家畜と化するだけにかすむ命は悠々と時代に制限を加え、空虚な理由を元手に資金繰りを迫るだけの偶像から固結していく経済的な反乱と関係に氾濫していくだけの痛みに事柄は横溢していくだけの主体性に成因を加え、有する過程に暴力を備え、延々と真意を抜き取るだけの兼ね合いに降り注ぐ実情に滑りながら、根底に流動していく理由に清涼感も無く、ただ痛む身体を引きずり、心ない何かに迫るだけの流動性に性質は、清貧さを忘れ、差額を支払うだけに心象に消え去るだけの心ない何かに迫るセンチメンタルな実情に攻め入るだけの退薬症状から、抵当を取り、虜にされる身体に規範の事実などは、ここにある半径を含まず、漂う意識に損なうだけの陰を用い、昏倒するだけに意識に提要される具現化されない今に肥満化していく状態を受胎する構築される母性から、犠牲的な父を神と呼ぶ頃には、投降する意識はただ隷属するだけの奴隷と化するよりも、最もな痛みを破棄し、ただ従うだけの従順さに自分を失う、と呼びたたえる自分とは、どこまでの存在を呈した利己的な諮詢を終えただけの経路で形容された自分なのか、と加算される存在とは、損なわれる限りに失われる影を引きずり、貨幣化される自分を差し出すだけに些細な出来事をデータ化しては、出来損ないの今を引きずり、痛むだけの日々に貧困化していく仮死化していく自己から利己的な契約を結び、結び目もほどけぬほどの苦悩を今に支えることもできずに、孤独に帰依するだけの永劫に固結していく台詞を自己にとどめ、自我が閉鎖的に滞る間にフロイトが唱える呪詛から、父的な憎悪がハッキングを続け、自己を権力闘争へと引きずる憎悪に重ねる高温多湿や心身に叙情を打ち込むような衝動を終え、消毒を続ける先々に距離感は無く、ただ幼稚な義務が迫り、事務的な要素が狂騒にしみいり、淡泊な動機を捉えるべき絶え間ない自己すらも高圧的な軋轢に攻め入られ、印象を消し去るほどの苦悩が迫るから、と喪失にゆだねるだけの憂鬱さに現行は無く、ただ備わるだけの事柄に凍えるだけの自己が孤立し続けることに置かれる苦しみに恐怖は無く、ただ思わされる限りに扇動され、情報操作されるだけにプロパガンダに匹敵しない自己が言葉や事柄や、群衆に巻き込まれ、出られなくなる限りにできあいの真実が帰任するこころで孤立するのが怖いの、とうそぶく心理に苦悩は無く、ただ絶望の全容に備わるだけの形や価値を押しつけ合うだけの他者から孤立する自分が怖いのだ、と分裂的な自己が疎外感のカタトニーの彼方であらゆる軋轢をレジスタンスに変え、革命は自己の内部で確かな隔離を繰り返し、利己的な外側から迫る悪意から隔離し続け、つたない自己が偏る今にも生まれる憎悪が自己や他者に向かわずに、巨悪に向けるような仕組みを根源に用いる暴力的な本能と本質からさまよう堅実な自己から拘束されるだけの自我に時間は無く、ただ思わされる先々に差異を生み出し、多大な影響の下で完結する自己から擁立していく時代に組み込まれ生まれていく原因に恒久的な浪費を繰り返すだけの世界に世界性などは無く、与えられた正しさに示唆すべき正義も無く、ただ些細な事実に攻め入るだけの関係に軋轢を加えるだけの抵抗がそこにはなく、ただ損なわれる関係に段階を与え、そこで奪い合うだけの闘争を生み出すのが世界の役目だ、と時代の役割なのだ、と言い放つ統治者にこそを打ち砕き、物事や言葉に拘束されていく自己こそを自分に帰依させるべく、観念に支配されず、生み出されたに満たない言葉こそをうらやまずに怪しみ、みずから生み出す言葉にこそ、正しさは拘束されずに、自由を謳わずに、ただ備わる限りを飛び越え、外側を優雅に泳ぎ、物事に外側も内側も無くなるまでに逍遙する先々で創造的に昇華させることが、革命であり、それを革命と呼ぶことにすら、疑いを用い、弁証法的に判断を執り行い、価値に法理を巻き込まず、正しく見つめる先々に正しさすらも無くなるまでに、超越し続ける。