時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愛のみずみずしさ

写実的な理由を混沌とさせては、捉える途端に流動しては、溺愛していく瞬間に耽溺するだけに抵抗を加える動機に漏出していく先々に展開していく道理に偏執していくだけの誘因を繰り返す愛と派生するだけの過剰な理由だけが、猥雑なコントラストを強調し、整合する先々に訂正と貞操観念と勘合する理由に閉ざすだけの抵抗と昏倒していく道理に陰湿な証拠を残すだけの行為に基づく果てに考えは配下に加えられ、観念の手下として権力に荷担していくだけの情報に譲歩するだけの理由に閉ざす行為に基づく派生から、行為は凡庸な愛に偏向していくだけの圧力に屈し、連行されるだけの過程に反抗心を残すだけのドラマチックな苦悩から、清和していく家庭的な何かにそびえる権力的な広義に反戦的な流動をこじつけては、遊び合うだけの愛に耽溺しては、照合される先々に流出していく観念に健忘していくだけの浪費的な排斥に恒常性は失われ、連動していく痛みに形成されるだけの傷口からこぼれる血を眺め、傍観する今に訂正される理由すらも、失われる過程にそびえる意味から、陰湿な行為は、艶然に果てては、行為を気負うだけに歩む事を忘れ、有する過程に忍ぶ意味だけが、しのぐ事を忘れ、諦観していくだけに感情は想起する事を背負うだけに護送される倫理観が課せる思いに偏るだけの信仰心と死という原理に鼓動をつなげては、懈怠する命に改ざんされるだけの理由に備える恐怖から、恒常的な論理に昏倒していくだけの浪費的な可燃物たる自己から症状はレジスタンスを煽り、権限を用いるだけの権力的な地響きと人徳などを葬る矢先に生まれる地上げ的なせめぎ合いにセンチメンタルな離床を繰り返すねじれた眠りからの解放を促す精神分析からドライブしていく流動的な夜更けに誠実な理由などは、なおざりに粒子化し、感動的な邂逅からアカウントを盗み、白々しく耽る意味に今は力を用いるだけの空疎な夜に捕らえられる途端に軋轢を加えられ、権力が操作する誤報や誤作動などを強襲させるだけの貪婪な動機から誠実な理由などはふさぎ込むだけに憤懣をため込む分裂的な身体にアニマルな整合を繰り返すだけの獣的な舞台に物体的な懐疑を備えるだけの連動する痛みに混同していく意識から軽薄な痕跡を残すだけの言葉に侵略されるだけの些細な戦争と専横から受胎していく孤独な子供から、虚空をため込むだけに意識に過干渉していくだけのニヒリズムから、マクロ戦争へと偏向していく意識的な超自然主義から、空間的な堕落を促すシュールレアリスム的な転向から乖離していくスキゾフレニア的な優雅さに氾濫していく精神の飢渇と、相互依存していくだけの母胎にハッキングし続けるテロリズムに連動していく怒りと恐怖との象徴をいじめるだけの弱者共通語が輪唱される隙間に肯定的であるべく、敵意をそぎ落とし、横溢する言葉に実情を残さずに、硬質なイメージにリミットを持たずに喪失していくだけの関係に兌換されるだけの貨幣的な猶予に杯を交わし、排出される関係に動機は奪い合うだけの関連に自閉的な所持を繰り返すだけの移動性高気圧的な軋轢を創造的なニュアンスに加え、終わらない躁状態から、送受信していく終わらない情報戦争から、倒錯していく精神に正式な正常さは無く、聖域と呼ばれる場所に移行していくシオニズムから、心象は吐血を繰り返し、みずからの汚れを加え、不具合に至るだけの道理に輪唱していく価値がカタトニーを迎え、カタストロフに至るまでの経路に昇華と浄化を用いぬから、リスクと空疎な分離から隔てる理由をはだけさせては、性差を謳うだけに奪い合い堅持する愛に利己的な処理を加えるだけの慟哭と動機を出来合の真実に浪費されるだけに濾過されずに、高揚する観念に関係は形跡を与えるだけに引きずる過去の虜と化し、観点を奪い合うだけの関連に連動していく痛みが肉迫していく深淵に抵抗していくだけに付着していく意識は、腐敗する隙間に念頭に置くだけの苦悩に高揚を用いずに、悶々としていくだけに欲動し、欲情するだけの動機に道理を導くから、空疎な理由を統合していく事だけを正常と呼ぶ事の偏向に気がつかずに、偏向するだけの意識に正式な正常さなどは、そこに求められるだけのファシズムが関わり、軍国主義へと移行するだけの国家たる子供を孤独死させるような縁側で結ばれるべき回帰から、加算される永遠に整合される理由に孕む事実だけが、確かな子を意味に産み落とし、応じる答えに抵抗を加えるから、この確かさなどに正しさを求めずに、証拠すらも要らないと叫ぶ途端にまぼろしになるのが、この生命と言ういけ好かない情事に関わるだけの理由に象徴的な何かを残すだけに、引きこもる間に交互する意識は、一切に知悉していく先々に確かな冒険を重ね、権力を持たせずに、些細など意味を超越すべく、意味に意志を持たせずに、用いる善意などを蹴散らし、確かな今に意味など無く、ただ与えられるだけに得られる事が少なくとも、与えられるだけに得られるものが無くとも、弔う先々に用いる憎悪が一切の対象を捨て去るまでに、この闘争は、嘘の隙間で確かな笑みを交互させ、確かな意味を打ち破るべく、意味に意志を用いずに、一途に交互していく。