時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

祝福される澱み

捕らえ損なった夜に捕まってしまった、理由は混沌と流動しながら、即座に羽を伸ばすだけの明日がちりばめる憂鬱などに鎮座する日時などが、卑劣な偶像を授け、延々と渦巻く私情に横溢していく陰湿なほほえみと構造的な敗因を掲げ、善悪を謳うだけの原理と理論的な喪失に心ない形に横行していく事実がプラトニックな愛を排出し、審議を企てるだけの惰性な事実に事務的な要素と痕跡を残さぬ合間に居座る関係に浸透する動機が破裂しては、性質を翻すだけに喪失していく由縁に硬質な動機と裕福な形に経路を残すだけに置き換える合間に愛は性質を失い、ただ求めるだけに止めどない欲望を支払うだけの義務化に遮られ、形あるものは、つぶれるだけに終え、集約されるだけに密度を失う論理に痕跡は無く、破綻するだけの状態に競合されるだけの価値こそを、価値と呼ぶだけに偏る今に貧寒とした現在に浸るだけの偶像的な覇者から、派生していく淘汰されるだけの関係にねつ造されるだけの果てない私欲に昏倒していくだけの傾倒から透徹していくべき欲望すらも、スラム化しては、感傷に浸るだけに緩衝していく互いに治外法権化させるべき遅疑を重ねるだけの規律をカタストロフィに追いやり、堅実なイメージから堕落するだけの習慣的ねつ造と収賄テロリズムと抵抗的な腐敗からこじれる意図と硬質な今に陥るだけに明け暮れる悲哀から、貧相なイメージはねつ造されるだけの戯れ言に混沌としていくだけに凍てつく代用品たる君の形や、家畜化し、貸し借りに浸るだけの流行に現存しているように仕向けるだけの操作から、現行を撃ち抜くほどに揺らぐ感性から、ハートフルな現状にこじれる意図から、喪失していくだけの痛みに耐えかねずきしむガイアの悩み事から強盗されるだけのロンリネスから、集約される絵文字から、痕跡を残さぬ硬質な精神こそ、力を遮ってでも、権力を突き破るほどの鋭利さを求めるべく、咎められても、追い詰められても尚、偏執せずに、動機を超越し、動力をみずから生み出すべく、力は際限なく陰惨な形に誓いを示さず、閉め出される間に卑屈にならずに、いくつもの軸を用い、モチーフを突き破り、流動する資本に推理を重ねるだけの安直な追考を終え、地を這うように、この記憶をすなどる海馬で輪唱する懈怠するだけの過去を存在自体の崇高さや、素行に変えるだけの装甲に強度を与えるだけの苦痛に耐えるだけの装甲だけを鍛えるべく、何度も海馬をくすぐり、海馬を切り取るロボトミーから、漏出していく観念の出力に性的欲望を倒錯させるだけの投棄からコントラストを失うまでの燃え尽き症候群的群像に吐露すべき事実もスペクタクルを失い、鬱積するだけのさえずりから、暗澹とした主体に実態をかき消すほどの苦悩が押し寄せる夜に根幹はこなごなに砕け、誤認するだけに縛られる値から、完治しない苦悩に押し寄せる絶え間ない愛の遮断から、煮沸洗浄されるべく状態に陥るだけのカタストロフをなぎ倒すような浄化作用を求めるだけに止めどなく精神は、抑圧されるだけの欲望の異界へと超出し、混同していく意識にプログラミングされるだけの形の家畜へと思考を授け、思考停止するだけの肉欲を押し出すだけの等差に混沌としていくだけの値に価値を引きずり、あらがわずに、流される事を流動と呼ぶ事に反さずに、反証する意識に認識すべき事実も、プロパガンダに引き裂かれる思考に痕跡も残さずに、浸透する意味に与えられる意識的な敗残から、形あるものすべて恨むべきだ、とルサンチマンに変えるだけの沈滞化する身体が卑賤な価値に加工されるだけの賃貸化を終えた身体は、新鮮な金銭により、汚されずに洗い流されない身体を元手に、混淆していく位置に地域を持ち出し、世界にはめ込み、みずからが用いる周囲こそが世界である事を知らずに、ただ押し入るものすべてを世界と呼ぶ事に混同していく意味が遅効を呼び、行為に鈍麻な関連を生み出すドナーを大量生産していく。この痴愚が押し入る状態に陥るだけの観念がエネルギーを失い、騒然としていく関連に運命を枯渇させるだけに埋め込むべき欲望をインプットすべく、動かす指に思考は無く、ただ遮られる情報により、無我の境地に至るだけの無意味さに浸るだけの今に意味を持たせずに、ただ暇つぶしに至るだけに満たない行為を行為と呼ぶに値しない、とこの批判的な値こそに姑息に収斂される答えに構築されるだけの憎悪が構造化し、帝国主義テロリズムに陥るだけの過激な思想に至る、と言い放つ古層にこそ、ちぐはぐな論理が蓄積され、尽くすことを謳う事に置かれるだけの行為に批准を求めるだけの水準に至らせるだけの権力にこそ、欲そのものの権化が生まれ、力の意味をはき違えた意思が、独裁的な主観を生み出し、人間を労働機械へとつなぐだけに邪推させるべきに偏らせる事に生み出された真理などに真相など無く、ただ真実をかき消し、謳う者だけがなしえるのだ、と謳う者どもの征服欲を満たすだけの言葉が横行し、簡易な支配に陥り、ただ使われる事に喜びを求めるだけのマゾヒズムに陥らされている事に気がつかない。