時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

無に浮く恍惚

運び出される思いが妄想を伝い、膨大な記憶が朽ち果て、短絡的な動機に未収の思いが時代を追考しては、散々な動機に定理を生み出していく。ほほえみ下すかみ砕いた身体から幽遠が引き取られ、恒常的な論理を打ち砕くような横溢を繰り返し、促すニュアンスは、退廃的な浪費を繰り返すだけの動機に短絡的な構成を放つ暴政から打ち出す正解から固結していく動機などは、不埒なリズムに消費される。媒体される身体は嘔気を繰り返し、喪失していく観念に行為は引きずるだけの痛みに浪費される過程に逍遙しては、単一な動機に形成されるだけの道理から引き取る過程に硬質に変える。死せる分岐点に迫る浪費される身体は横着な思念を漏出し続けては、みずからの因果に消費され、自覚する前に摩耗する生命の根源すら失い、さまよえる命に空回りしては、時代的な傀儡へと進行しては、行為元々に引き裂かれ、その短い生涯を終えるまでの積年にはせる浪費される観念に関係は軋轢を抱え、音圧に負けては、屈する形に監禁され、高圧的な論理にすなどられる形をあがなうだけの信仰ばかりが流行するだけの流刑地にてはせる感情とは、運命をただ堕落させるだけの跛行を繰り返しずらす商法や、衝動から喪失していく過程に懈怠し、解体される真理に動機は攪乱され、退廃するだけの模様に氾濫していく形象から倦怠感を生み出すだけの道理にはせる曖昧な命から克服されない痛みが増幅していくだけに対価を求める根本から、根源は破裂し、ジレンマばかりが増幅していくだけの過程に管理下を生み出し、半径に生じる権利などが消費される関係に観念をあたかも与えるかのようなパノプティコンを国家レベルで推奨し、街並みを監視しやすく傍受し、妨害する先々に定理は混沌としていき、監視する対象たるすべてを疑うだけの猜疑心が何事をも退廃させるだけの社会主義的な衆愚から生み出す愚弄と混沌から、ノマドは単なる浮浪に変わり、不当な自由が促す際限無き欲望から生み出す貨幣から紙幣へと促す隔たりから、ヒエラルヒーが綴る意識からあらがう前衛的な全貌を展望する口唇期に果てる動因から後出されるだけの空間的な軽薄さを抱える思春期的なファシズムから集合的な浪費を繰り返す同情の増長から鮮明な過去は鮮血を浴び、短絡的なテロリズムに陥るか、はたまた戦争的に至るべく、帝国主義を生み出し、ミリタリズムが浸透し、単一な俗用から氾濫していく地区に浪費されるだけの関係に問いただすべき問題も圧力を加えられ、与え合う軋轢により、枢要な事実は答えを求めるだけに事実を失い、ただ与えられた餌で満足するだけの狂奔から搬送される詐欺的な意識に麻痺していく思考から受理すべき事実も思考停止したままに与えられる使命などによどむ感情に肯定すべき正義すらも廃れ斡旋されるだけの動機に浪費していく関係に消費される痛みに麻痺していく愚鈍で都合の良い身体は堕落した快楽にフラクタルな思いをつなぎ止めるだけの鎖と依存を持ち出し、用いる原因と原理にはせるだけの動機に帰任するだけの情事に悟る意味すら不安定に乖離する状態を受胎し、散乱する意識を加工するだけの現実などを、あたかも現実かのように示す間柄に成否は無く、ただ昏倒していくだけの動機に派生を生み出すだけに枝分かれせずに、微細に混ざり合う最たる意味に用いる真理を討ち取るべきなのに、従うだけの言葉に相似していくだけの要因に統合されるだけの正常さを謳うだけに行為は引き裂かれるだけの身体を後にし、新たな使命にシンメトリーになりながら、物事と自分の平衡と緩衝を繰り返し、均等な位置から意味は引き出されるから備えられた教条にこそ、正しさを示唆するだけの道理に至らせるだけの遅疑と征服を含み、肥やすだけに支離滅裂な至福を謳い、真相を奪うだけの抵抗を生み出し、いびつな真理に帰巣する行為が根底をかき乱し、かきむしる傷から多量の出血と痛みに帯びた決意にこそ、この死に至るまでの曖昧なひずむから空間を引き取り、退散する間にこじれる意図から訪問していく自己が氷河期を重ね、織り込まれる真実に硬直しては、実直な思いに成否を掲げず、勝ち誇るだけの勝敗に無機質な通り道を作り出し、促すだけの成因に統治を生み出すだけの支配のリズムから離れ、破壊的な論理に構築されない私議と正義から膠着していくだけの移動から運命は交配を続け、新たな子を産み出すだけに緩和する情愛に陥る先々に契合されるだけの定期的な交互する身体が交換され続ける先々に自分すらも持たずに、用いられるすべてを自分である、と消費する間に固結しない精神は、恩恵を受け続け、津々浦々に促す清貧な慈愛から怜悧なリズムを弾き出し、あらゆる行為を音に変える間に生まれる運命だけが、確かな進路を生み出すだけに踏み出す意識はずっと先へと進む。