時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

革命と青春

ネットワークは自身の検疫を強め、自らの権益により、崩れ去るだけに至る。 全てを疑り深く洞察し、示されるあたりから閉め出され、疎外されて初めて、本質は生まれ、真実は答えに取って代わり生まれる事により、初めて超越する答えから、自らを乗り越え、過ちを何度も翻す弁証法を執り行い、高みに登り続ける先に帰り着く家や、道筋も無く、一貫した単一な答えは無く、ただ生み出す自らを練り上げ、強度を増す事に競合するものも要らない。?変わるとは、どこから何を変えるのか。 さらなる飛躍と進歩に擁立する支配的な悲劇は、喪失感を用い、観念を占領し、捻出される出来事の細部を哲学的に見尽くす事を駆使し、行き渡り、染み渡る意味に屈折する。 出来事は、微々たる擦れで、物事を引き寄せ、突っ撥ねるか、利己的に隠滅するか、モラルを謳い、同調へと誘い、見境なく引きずられる傀儡と化すか、あたかも導く道化役に引きこもるかの合間に差異は溢れる。 愛は形を濾過し、あらゆる原因を透過し、秩序を持たずに、法の外で遊ぶ。 ふやける空間は夜を飲み込み、確かな朝に帰結する。 生命に侵食する季節が迫る。 形あるものの終わりに沁み入る哀れみに消え入る本質は、真実を何も知らない。 続ける、とは努力よりも、忍耐力が必要であり、確かなのは、備わる真実を乗り越え、事実を鞍替えする事にある。 正しさ、とは様々な思惑や、出来事に募る正しさが介入し、様々な角度から、正しさは、正しさを正していく。 苦悩は絶えず苦しみを過去から引き出し、今に苦しむだけに至らせる事に、苦しみは、どこにも無いの、だ。

忍び寄る永遠は欺瞞を打ち倒し昏倒する未来をかばいながら、理想を追求するほどに、窮境に至り、物事の鈍痛に耐えかねず、号哭する自然が胸裏に染み入り、静かさは解けるほどに、理解を貫通し、共通項を探さずに、多目的に流動し、同じものを持たないからこその、自由であり、自由を履き違える、と快楽主義に至り、兼用される事実に史実を塗りたくり、理想は乾かない不純さに腐りきり、加担される思いは、単価を求め、一律の悲劇を重ねながら、かさばる思いに抵抗を加え、恍惚と距離を加算させ、整合される隙間に瀰漫する不満足が後続し、関連する状態に退く思いを膠着させながら、映り込む露骨さに、心情は、乖離し、シンドロームに錯綜しては、逍遥する先々に断裂し、照合される矢先に照り返す理由が不謹慎に配送されては、締結していく状態に枯渇し、横溢する瞬間に修理され、理想は競合されるだけの資本にジレンマを重ね、加工される動機に排出される心ない何かは、加算されるだけの現用に真実を拡散し、隔離されては、儚い情事に住まいを移し、要する希望に誘導するだけに堅持される状態に去りゆき、理想は邂逅していくだけのドラマに譫妄を重ね、要する自己に人格者を求める超自我が拘束し、抑止する状態に相続される善悪の線が専横していく状態を受胎し、収容される世界に関係を求めるよりも、強固に打ち出す理論から、折れない理想を供給しては、この世代から打ち出す聡明な理想を共闘させては、提携するだけの希望に納期する理性に供給される知性だけで芽生える価値から、応じる過去は、枯渇する事を知らず、移り変わる今に愛した記憶だけが臆さずに迫り、要する状態と共生していく悪意にひしめく痛みと苦痛が交通し、新たなジレンマをそこに運び出すだけにあくどい商売ばかりが生まれ、数々の悪意をその場で引き延ばす限りの場所代を支払う代役の身体から、悪意を抜き取るような信仰的なあまりに信仰的な論理が浪費を誘い、資本主義の終焉を最も進ませるような動議と浪費から来る終わらないサイクルは、みずからの尾を食い尽くし、みずからをむさぼり食い尽くすまでに続く欲望が終わらずに脳内を支配的に操作し、凍結する意識は、支配的に至らせるだけの行為に順序と純度を持たせ、あらゆる行為を支配的に征服し、懇意を求め、動機に卑劣な構造を重ね、飢渇するムードから浪費されるだけの空虚な身体に廃する間から緩和しない痛みから交換される愛から、正常な意味などを求めるだけの高圧的な分析から呈する理由などに本質は収容されるだけの痛みに根源を求めるだけに行為は引きずる間に映像化した憎悪を脳内に運び、ニューロンを奪うだけの同型を生み出し、同族嫌悪に至るだけの情事にはせるだけの行為に戸籍を求め、痕跡を濁すだけの住まいから混血していくコンテンツから浪費されるだけの関係に収容されるだけのパノプティコンでうごめく他者との情報の譲与の開通から、完結していくだけの動機に満身創痍な身体に建設的な妄想に至るだけの卒倒する意識に堅実で健全な理由などは、愛惜を重ね、道理に至らせるだけの浪費されるだけの行為に真相を求めるだけの浪費的な観念に形成されるだけの脆い感情などが、革命を求め、道理を飛び越え、演算を終えるだけの乖離した回帰から、収斂されるジレンマに時代性の悪意と差異が混濁し、交互する意識に薄命な時代をこすりつけ、当てこする動機に浪費される事柄の終焉を寄せ集めては、同じに動機に交互させるだけの些細な動機に長じる言葉が曖昧に跳ねる。

貪婪な価値で懈怠する輩たちがうごめき接続される苦悩から能動していく夜は、不埒な隠語を騙り、動機を不純なものに変換するだけの境目に価値をはめ込み、奪うだけの策略が跋扈する世にひしめく余韻から、因果応報が迫り、同調していく真理から真偽を生み出し、はめ込む理由から広告活動を重ねるだけの能動性に整容されていく関係から建築的な妄想が朦朧を染み入る憤懣から瀰漫していく化合物的な処理に迫る交互していく感性に寛容な夜は俯瞰的に迫る要因に全貌は濾過されるだけの虚偽を重ね、捻転していく性質に精神性は高揚していき、ドメスティックな閲覧を重ね、交互する意識は要する形に形骸化し、心情は投棄されるだけの絵空事に膠着しては、さめざめと泣き綴る場面から連行される行為は、引きずる後を折檻し、割合にひしめく情事に切望を重ねるだけの成因に揺動されるだけの浪費を重ねる主体に償いを求め、代償に委ねる心地よい清貧さに悶えるだけの私情は要する形に融合し、行為に催す限りに委ねる思考は行為を引きずり、引き合いに出される観念から関係していく状態に行き違い、交互する生命から整合される精神は、憤りを感じながらも、長らくにもまれては、手なずける後から曖昧に排除される法に守られる事などは、愚かであるし、やがて用いる精神性により、破綻に追いやるのが法であるし、守るべきは、個人にも、どこにも無く、ただ守らている事に横行する出来事が濫立し、横暴に示すだけの態度が愚衆を作り上げ、民主制はとっくに朽ち果て皆が監視を続け、誰かを裁く者どもで氾濫するだけの街並みに正しさも無く、衆愚政治を続け、経済的な廃棄物を吐き出すだけの廃物に希望すらも失われた、と謳う事から、暴力的な支配や行動が攻め入る。帰る家も無く、泣き叫ぶのが人間であるし、とある休日に破裂するのも人間である、と促す第三世界の色恋は騙り出し、未開の地から生み出されたマネーゲームが健気に自由を奪い、君以上に綺麗なものは見たときが無いから、増やされる資産をデフォルトさせるような瞬間からはみ出すのも人間であるし、用いても、失うものばかりだ、とカバンの中身は兵器だらけな日常がフラクタルな原理を蹴飛ばし、自らの利潤追求に帰依しては、リビドーがいびつな支配から、宦官に変わるだけの機械化する欲望のツールとして値札を貼られ、負債ばかりを溜め込み、高圧的な様子に圧壊しては、暗澹とした主体に塞ぎ込み、形容される出来事に供給される事実などに本質など無く、曖昧に過ぎ去る余韻に交通していく関係から、禁断の果実をもぎ取っつた悪意から、散りばめる理想に早熟な観念はイデオロギーに濾過され、革命的で前衛的な質感に暴力の塗料を混ぜて絵を描く的な適任を認可させるべく、既得権を用い、誰かの心を専有し、有する形から占用し、独創的な主観を奪い去り、惨憺とした状態に孤立していく無縁な状態に孤独を封緘し、課せる思いから美化される過去などに固執するから、人間などは、人間という名称に孤立し、孤独を倍増させるだけに嫉妬感を増し、ルサンチマンに陥るのだ、とお家の中で憂鬱に変化していく加算されるだけの原理に妻帯者たちの臍の緒が未だつながった状態からつがいになる本質は、邪推を続け、老けるだけの日々に不健康なミルクで乾杯しては、可能世界からはみ出し、一過性の史実に歴代の譫妄や、消耗を繰り返すだけに酷い苦痛を再開させ、退廃するだけの人間模様に陥るだけの同調していく悲しみなどに真実の一切は無く、観点を奪うだけの浪費する社会などに、真実の一切は死に絶え、対価を求めるだけの成否が、整合される世界から抜き取られ、相互する真実から、本質は膠着し、効率だけを求める意味からエクスポートされる他者からの交互が、コンテンツを麻痺させ、自堕落な緩衝に陥るだけの対象を用い、血合いを行い、その内部の空白に入れ込む答えから、飢渇する行為に求められれるだけの欲望の気配に麻痺していく愚鈍な印象に固陋し、散漫な状態に孤立していく心情に逃避していく過程から、昏睡していく未明に達するまでに踏破を繰り返し、歯がゆい理想にリリカルな私情に去りゆく原始的な離間に果てるだけのモノグラムに、恒久的なモノクロームに配備される愛から林立する状態に運命はうっ血し、破裂するまでに貯めこむジレンマが配備される頭の中で階級制を生み出すだけの独裁的な主体を放つだけに回帰する理念に喪失していく陰りから、この労る隙間に生まれるだけに印象は心象を覆い、蝕むだけの強要を実体に繰り返し、卑下するだけに、不機嫌な現用に閉じる思いから、収容される真実に朗誦していく因果は滅亡的な時間に限りある心象を浸透させるだけの原理に理想は酷薄し、鮮明な過去から能動していく醜態に緩和し、忘れないからね、と連動する痛みは、悲劇を模様に変え、厭世観を書き出すだけに悲嘆に暮れる時間から、飢餓していく様態に果てるだけの時間から起源は失われ、損なうだけの影に懐疑を詰め込み、追憶に臆する風から、期限は失われ、猥雑な容姿に絡まり、利用するだけにシーンにデトックスされる。記号化する街並みを解き明かすべく、猫の鳴き声を頼りに、有する気持ちを織り交ぜては、訝る原理に猜疑心が膨らんで、克服する後から静謐な差異がコントラストを生み出し、うずくまる君が疼く胸の宇宙に表記する意味などに、確かなものは、一切無く、儚くまとまるだけに、とりとめもなく弔い果てた君の由縁をたどり、残り物の世界から救い出される朝から歪む原因に誘引され、唯一無二な痛みを引きずり、不埒な理由から置き換えられる痛みから加勢する君たちの遠吠えが、完治しない苦悩をくすぐり、下す月明かりの憂鬱さに、悲劇を生み出す君の亡骸や、空白にはめ込む星座や、楽器的な恋を放つ暗闇も、遥か歯がゆい無知さによぎる習慣的な哀感に迫る煉獄にリンクし、空域に嵩張る原理から移行する意味からチグハグに変わる論理に利己的な始終が生み出す終わらない経緯から肉薄していく面影に罪滅ぼしし、辛酸な状態に引き裂いた由縁から、横暴に行き渡る意味などが、近未来や、ドナーを探し、蓄積されるノイズや、偏る倫理観を見透かしながら、ミステリアスな次元を圧縮し、それで斡旋する卑怯さに、差額分を支払い、利便的な清貧さや、最たる機械的な愚行に突き動かされる自らの受動的悦楽に果てるだけの打開を繰り広げ、空疎な過去に収まる物語も、段階を失い、戦争に陥り、自らの先入観に崩れ去るだけにまとわりつく現在に理性などは無く、ただ生み出す性差が騙り出す暴挙にヒステリーが生まれ、聖断する間から擦り寄り、拡散され、撹拌される愛憎から、カタルシスは促され、解けた合間に未熟な意味などを掻き乱していき、悲しむウサギたちが、田舎でこもり、ただ相対する消費的な観念に迎合される拝金主義たるセレブリティーが、財布の中身ばかりを気にする卑賤さに気が付かず、誰もが生活を保つ、という強迫観念で恐怖を生み出している事にも気が付かずに、保つだけの生活が促す心因が、新たな病理を生み出していく。なんらヘレニズムから変わらない日々から淡く消え入る本質もそつなく軋む向こう側で無責任に笑い、和らいでいく時間も、利己的に帰依し、収まる限りを謳うの、だと風に揺らぐボロボロのカラスが哀愁こぼす段階は、時間を破棄した後にもつながるあてもない、なだらかな旅路につながる。 星屑の理論を集め、宇宙の始まりと交わり調和し、何も大切なものが無くなるまでに消費される大切さを忘れるから、大切なものが、なんであるかを見失う余韻にパラノイアや、パラドックスがあふれ、因果から離れ、人間的な摩擦から抜け出る。 搾取され、悪循環に至り、邪推を重ねる労働が、疲れた身体を引きずり、引き伸ばされる苦しみに自らを対比し、消耗し続けている世界も確かに流動し、引用されるだけの答えから省かれる生命が格納され、融合する原子や理性から隣接する革命がまとまりも無く、資本家を打ち倒すようなルサンチマン的な物語や小説や、論文の彼方で精神は分裂していくの、だ。 下される天罰は、と促す鳩は、平和であることを忘れ、拘泥する先々にリンクする心を卑下し、次元的な対話を終え、嗚咽促す空に破断し、濫立する風景から、一律の精神を抜き取り、労わる瞬間に移動していく精神は、引火していく先々に錯乱しては、鍵穴の鋳型に流し込む連立方程式から、真理を生み出す海辺で、乖離していく過去から離反していく精神の加護を保つべく、神聖を促すだけの規律から反し、根底から飢渇していく死地から抜け出すために絶えず交換される生命が流動し、この私に生命自体の重さも軽さも与えずに、あたかも備わるままに触れることで解決していく動機に因子を残し、自らの時間に溶けていく。

混血していく深淵から運び込まれる思念からシンクロしていく空虚な比率を促すだけの社会性に心情は投棄されるだけの惰性さに心因を促すだけのカタストロフに導かれるビートから単一な動機を謳うだけの悲観的な空から編み込まれる途端に虹色の身体を促す機械的な日常から、心音がコトコト促す時折に混沌としていく動機に粒状化していく観念が、混ざり合い、淫蕩な世界を飛び越え、横溢する時折に受理すべき真実も、時折に織り込まれ、盛り込まれる動機に印象は心地よい気持ちが連動し、慢性的な思いを交互させては、手なずける間から、愛を引き延ばし、汎用される原理に遠退きながら、曖昧に荒廃しては、相続する先々に貧寒さを保ち、用いる恐怖から、収容される原因に拘束されては、転移していく痛みから悔悟を生み出し、鮮明な時折に前衛的につながりながら、構造的な排除を謳いながら、陰湿な微笑みを下す夜から、支配下に置かれるだけの隷属されるだけの接続を繰り返すだけの行為に怠惰な関連から情報化していく加減に誘導されては、提要される行為に元々の相違を重ねるだけの動力を自らが生み出され、訂正される原理に迎合されては、引接される世界から生成される余韻に引き戻されては、交接していく原理に理想は恒久的な浪費を重ねる愚鈍な依存性を吐き出すだけの快楽に解体されては、枷をはめるだけの包囲網を繰り出し、締結する動機に流動しても、逃避行しては夭折していく途端に要請されるだけの同意を繰り返すだけの破綻に犯跡をたどるだけの行為を引きずるだけの交互を反復していく苦悩から浩然と揺らぐ歪みに備わりながら、内外に果てるだけの機構を飛び越え、胞子を撒き散らしながら、訂正されるだけの瞬間に風化して行く終末論的ペシミズムのモザイクが氾濫し、排斥される理由が統制されるだけの痕跡に浪費的な関係に呈する思春期的な形骸を傍観するだけの他者を介した乖離した理解から発散される怒りから、ナショナリズムを通過した観点に襲いかかる寂寞に白昼夢を生み出す妄想的な強迫に感染していくだけの脳内で純化すべき理由も蒼然としていく乖離した自己を傍観する他者たる自己がたぐる現在に対比されるだけの理由が相続していく関係に景観は無く、ただ相対するだけの風景が掲揚するだけの言葉が浪費的に迫り、狭い価値にセンチメンタリズムを生み出すだけに多大な怠惰が迫り、緩衝していく間に曖昧なジレンマが生み出され続ける。

自らの密度を放ち、一切を引き込み、無に戻る身を自らに収めていく胎動に放つ音と交互し、行為の強度を用い、一切に解き放つときには、すべてを巻き込み、引き裂き、はためかせ、はびこる意識は宇宙と永久と合致し、掃きだめのエサ箱から繰り出される奴隷化する真実から、理想は離床していき、リゾームが吸い込む理想から、魂胆は、帰巣すべき本能を失い、ただ放たれるだけに垂れ流れる悦楽に消費されるだけの空虚な身体を脱ぎ捨て克服し、行為に備わる本質すら、肉を溶かし、骨が灰になり、精神は消費されるだけの静止画の中で孤独な精神を引き裂く爪あとを追い越すだけの自己が個人的氷河期を本質に重ね、織り込まれるアカシックな面影に記号化していく過去は、皆の記号を書き込むだけの宇宙空間から離反し、汎用されるだけの性質に理想は、供給される程に窮境に至り、窮屈さを騙る自己を追い越す辺りから宇宙が総和し、関係性たる星団を生み出し、抵抗を繰り返す私から気配は君に引き継がれ、集うだけの世界から離散するシーンから離情を携える旅路からかけ離れ、繁殖するだけの人類に移行していく脳裏から引き取る形からカタストロフィは生まれ、雰囲気は、行き交うだけの同意を行うだけの横溢に瞬間は膠着し、凍りつき、反映されるだけの映像から固結していくだけの自己を唾棄する私から君は契合されるだけの契約に反転していき、エクスポートされるだけの身体に機械油を差し込み、軋む身体から、リアリズムを吐き出すだけの空想的な口から破壊的なネガティブさを含んだペシミズムを促すだけの用済みな世界を纏うから、君の重さに圧縮され、心情は濾過されずに、統監されるだけの監獄の中で朽ち果てるまで隷従していく。すべては無になると、情景は伝え、塗り替える瞬間が願いを伝えながら、遥か無知な領域に重なり、あらゆる状態を流動させては、確か場面に行き渡る。 孤独はひとりでに喋り出し、不確かな今に透き通る。 出る杭は打たれるならば、何度でも飛び出て逸脱し、持て余す日々を超克し、何度も苦境を克己させる槌になるべく言葉を槌にし、ここに置く。最後まで会いに来て君は、そばで優しく死んだ。 その柔らかな温もりは彼方まで届くの、だ。 深い悲しみは、何もかもを奪うのだ、とシンクロする心象は絶えずアイロニカルに浸透し、接触していくプラトニックな関係から抜け出すメランコリーに群がる超自我は、最後の良心だ、と笑い、判然と判断する隙間に正しさを押し付けていく。 抵抗する原理たる主体は、存在を見失いがちで、なんでも損得で物事を図る。 図る価値に収まるなおざりな影たる君や私が絶えず侵攻する意識が対立し、対比するだけの意味から位置を持ち出し統治する。 関係はいびつに入り混じりながら、絶えず互いを逆恨みし、最もな憎悪を供給する。 闘争に至る本質は、真実を見失い、自らに屈折し、さらなる飛躍を目指すべき進歩に至らず、自ら排除されるに至る距離が生み出す感覚は緩和せず、煩わしく這い蹲り、今を用いるままに排除されることを受け入れていく先々に濫立する意思が意味を失い、漂うだけに猜疑心を重ね、下される理由を濾過しては、遮られる途端に逸脱し、印象を打ち砕き、物事の是非を問い続ける経路に形骸化していく自己を傍観しては、主体性を失い、地殻変動していく自らに書き換えられていく概念地図を見て追いかけても、何かは欠けていくだけに満たないことを埋めよう、とだけ無駄にうごめく。

正すべきは、自らに備わる出来事に起因を用い、非難することや、卑下することに自らを置かず、ただ堆積する意味を取り払い、解消すべく努めることにある。 悲しみは、もっとずっと深く、受け入れずに消費される価値や形に偏り、チグハグに自らを絶えず消費し続けていく。 静寂は、静寂として、とても大きな存在であり、聞こえぬことは、うるさいことであり、知ろうとすれば、すんなんりと入るし、考えれば、身になる。 胸の奥がひしひし茹り、誰彼構わず孤独は語りかけ、カタルシスを促そう、と人生そのものを淘汰し、運命論的な悲劇に陥り、痛む全てを引きずり引き取り、夢幻性の痛みに浸りながら、幻覚的なアスファルトをかじる今にも事実は膠着し、本質そのものを見失う。 憂さ晴らしを続ける精神は卑屈なグラス越しに自らの眼球をくらまし、何もかもを汚れた視点で毒された今に滅んでは、行きすぎた価値の家畜と化し、駆逐されるだけに至るだけに堕落し、排斥するに至る正義などは、何の正しさも見抜けておらず、ただ交錯し、倒錯するだけに至らせる意味に詰まるだけの自己に評価を下す自らのいびつさの抜け殻をかぶり、自らを何度も騙すように仕向ける行き先に不安定に契りながら、保たれる形跡は、剥がれ落ち、何も保たれる以前に、曖昧に消費される私たちは、記憶をたどり、星の一部と化し、確かな交わりは、今に交わるままに始まることに置いて行かれる自らをチグハグにしながら、はぐれる隙間から、声高らかに謳うことから、硬化していく身体を破棄し、魂に変わり、漂う限りに次元や時間や空間を持たずに、引き裂く定理に用いる答えすら不必要だ、と笑う。

漂う限りに滾る傷口がグチュグチュになり、膿んでいく隙間に温もりも剥がれ落ち、瓦解していく隙間に映像化していく本質に下される主体的な相違からほどけていく実体に混生していく世界から頓挫していく時代的な儚さや、具体化していく偶像崇拝的な疾走感を抱え、応用される恋が焦燥感を抱え、感染していく治らない病から、破壊的な論理が倫理を打ち倒し、淘汰される感情から抱え込んだ闇が覆い、自らを身近なものを卑近に変えるだけの緊縛に閉じるだけの投棄される自己から、徘徊していくだけの拘泥に吹っ切れていかない脳裏から理想は混濁していき、濁流と化する精神の構造の枠内からはみ出すのが自己であるし、何の圧力にも屈さないのが生命であるし、朽ち果てよう、と守ろうとする用途に卑劣な行為を重ねるだけの政治的観念に感電しては、効率ばかりを求めるだけの動機に因子は配役を決め込むだけに、寄生していくだけに堕落する関係に受理される混淆を終え、勇躍する躍動感に管理下は不潔だ、と告げる先々に革命を用い、暴力的に破戒していくだけの世界に持ち込まれる正義そのから、暴力は効力を用い、己の権力でより良い世界を刈り取り、嗅ぎとる意識を買い取るだけの愚行に陥り、行為そのものに阻害されるだけの行為を引きずるだけの行為から引き取る過程に加点される数理に強請られ、多目的な理由に構造的穴ぐらに隠れこむ不埒な自己から固結していく動機は形容される物事の中身に閉じこもり、自らを見失い、喪失していくだけに堕落した主体に粛清され続けるだけの暴力性で自壊するだけに至る事に消費される青春から契合される経路に革命的な覚醒を求め、終わらぬ闘争へと移行する思考は、とどまる位置と意味を持たず、ただ対比されるだけの群像に吐血を繰り返しつつ、刺激的な厳令に果てるだけのジレンマを打ち砕き、ただ対するだけのネットワークにカタストロフを授け、最たる意味にはびこる籠城する観念から継続していく主体との統合を終えるだけの同期に応じず、横溢していく思考を氾濫させ続け、考えをとどめず、概念からあふれる今から繰り広げ氾濫していく意味に指定される今すら根源を失い、功績も求めず、ただ進む限りに瀰漫する間から発生する意味に終わりを告げ、些細な現状に浸るだけの痛みとは、その場に考えを用い、求める事にとどまるから、痛みは倍増し、その場で増幅する痛みが今をくすぐり、裏切りを重ねる限りに些細な痛みは増幅し、さらなる痛みを今に運ばせるように過去が現在に与える影響などを思う限りに痛みは今に引き延ばされ、痛むように示す間に浸る現状にいたわる事を忘れ、ただ些細な痛みに帰任し、震えるだけに至る輪唱する神話は和解を求め、破壊的な情事に理想論を用い、希望を謳い、ただ対するだけの対象を用い、君を利用するだけに至らせる事に正しさを求める事を用い、陰鬱な衝動へと誘うだけに陰る命から、ただ愛する事を始める事を教えずに、教わらずに、些細な快楽に逃げ込む動機は、延々と痛みの合間で乖離し、理解を求めずに、ただ乖離する事態に終えていく過去から強要されるような動機に逃げ込み、ただ達する間に起床するだけの毎日に嫌気がさすだけに終えるような日々にいびつな症状が迫り、所持する理由に互い違いになりながら、内面的な制圧から、高次に至らずに、ただ曖昧に起床するだけに日々を終える事に納得させられていく事に納得する事をあたかも正しい事のように示す辺りから、物事はゆがまずに陥る事だけを君に与える。