時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

失うということ

臨月を迎える精神から解脱する瞬間が傀儡化し、運命はお伽話に変わり、関する理由を童話的に乗り越え覚醒する主観に距離感を保ち、虚偽や偶像や習慣性や、収監される先々に論理は凝り固まり、退廃しながら、萎びた記憶に因果を生み出し、今に悩む事を塗り替える過去に枯渇し、道化と化していく権限に苛烈な状態は、受理される事から離反し、背反しては、拘束された亡骸の冷たさに最たる愛は、破滅的な道理を同居させては、抵抗していき、息吹き返すまでに硬直していく身体から逸脱し、脱ぎ捨てた精神を切り取りながら、体外に放つ痛みに従属しては、際限無い苦しみに融合しては、高揚する思いを知り合わせながら、最たる苦しみは、喪失を抱えては、体たらくな意味にデトックスを重ねては、利己的な膿を吐き出しながら、曖昧な世界に隷属しては、形骸化する世界から緩和する愛から破滅的な状態を折り重ねながら、逃れる思いは、痛みを折り重ね、願い事は、供給されるままの痛みにままならぬ現状を受理しては、立体的に陥落していく果てから宇宙をプロファイリングを重ね、懈怠する余韻に開花する原理からプロセスをはめ込み、配下に下すだけの官憲から退化し、既得権ばかりが、場面を途方も無い無益な永遠を生み出し、現状は空虚な一体感に自己処理していく関係から正しい情報などは無く、誰もが無機質な今に軋む組織的廃墟から、関与する事態に真偽に季節を風化させる淵源に対峙する幽遠から肥大化する状態に交互する家庭から暴力的な演繹を繰り返し、囲う事により、苦しみは排斥され、悲観せずに錯綜した原因的解除や、回避や、貧寒な外見に緩和する界隈に最たる意味は枯渇し、生じる由縁に帰巣する理由から接続される思いに補強され、強化された精神に流動する雰囲気に腐敗しては、配備される愛から起源は加速し、整然と促す愛から改善される過酷さに支払われる代償は、集団心理を遮断し、パニックや、ヒステリーは自らのヒスタミンを促し、自ら治癒していく背徳から妊娠していく喜びが生み出す創造から思案し、安易な状態や実情の傀儡から回避する思いが高揚しては、端的な思いに帰巣しては、さえずる気持ちが交互し、進化を目指し、淫蕩で陰湿な正体を隠すだけの空間に通わす認識に介していく思いが縫合され、確かな今はリスクを含まずに飛び立つ余韻に機械的な内情を解き放ち、内需を拡大するだけの形式的対価たる過酷さが怜悧な状態から傍観する今にも錯綜するだけの堕落した主体から過疎化し、足枷をはめるだけの壊滅的な落伍を繰り返すだけの使命感はヒロイズムを加工しただけの意識に拘泥し、自ら退廃していく正しさに拘泥していき、朦朧と掴み取る領域に張り替える今から伝う状態が永遠を記号に変え、自らに改竄していくだけの段階に映像化した自分を離人的に眺めるだけに至る世界に広がるまでに明晰な判断は崩れ、ただ妨害するだけの曖昧さに毎日は圧縮され、圧壊していく。静謐に伝わる仮説を揺らがし、運動的に対立する由縁から翻し、広がるままに交わり、横溢する悲観から絡まる先々に悠遠を引き裂き、停留する事態に関わり、雄大な真理を促す森羅万象に触れ、継続する生命に発想を与え、勇躍し、飛躍する運命から刹那に触れ、安易に伝わり、配される愛から起算される動機が錯綜し、喪失していく観念から悲哀は生まれ、相対する理由から離散しては、矛盾する世紀を超越し、陰鬱なる正義を超越し、陰惨な現状を受胎しては、精神を結びながら、無残な規定を飛び越え、形容する動機を流動しては、曖昧に備わる意味から超脱し、通わす生命から懸け離れ、猶予を捧げる間から離れては、倒錯する。 締結する理由から良し悪しは生まれ、省かれる時にポージングし、壮大な真理は改竄され、回避される今にも結ばれては、永遠を相互させる。 不浄な思いが旋回し、あらゆる祈願を潜り抜け、君のたもとに帰り着き、色あせるドラマからトラウマ化しては、脳内に反響させる恐怖から孤立し、圧縮していく今に瀰漫し、遊覧する意識は、形式的な愚かさに引き出される理由から膠着し、君が咲かせた花が別の世界で満開になり、悲しみを塗り替えるべく、今に伝える意味を編み込み、確かな意味を伝え、たゆまぬように先々を引っ張り、あらゆる弊害を潜り抜け、倦怠感を抱えては、手懐けられる過去から逸脱し、陰鬱な要因から軽快に飛び退き、聖地を偽造しては、断続していく定めが無気力に羽化する限りに生み出される刹那さに消え去るまでの距離に放たれる由縁から近接していく概念をねじ伏せ、センセーションを巻き起こすまでに塞がれた彼ら彼女らの語源に交互し、圧迫される先々を刈り取り、嗅ぎ取る今からジレンマが生まれ、対岸にひしめく善悪の境目を切り裂き、惨憺たる余韻を捉える因果に包まれ、無残な規律に固執せずに、勇断しては、蔑む印象に崩壊していく傍観者たる自らに過失を与えては、枢要な出来事を募らせ、赤裸々に生み出す事実を食い込ませ、実体に重ねる願いは相互し、喪失を一体化させては、抗う奇跡に結ばれる由縁が同期しては、苛烈な様態に巡らせるべき素敵さを立証していく結び目の硬さこそが、カタストロフィを越え、唾棄された痛みを疎外させては、忘却に理想を供給する辺りから退嬰的に物語を更新させる大人的な排除法を捨て去り、拘う法こそ、排除すべきなのだ、と告げる先々に世界は横溢し、誘引される先々に印象を残し、必然にふれあいながら、高揚する意識は喪失感をやがて拭い、忘れるでは無く、続く自らの強さで、思いすらも超克する事により、金ばかりの経済優先な悲劇的資本を改竄していくだけに保つ国から袂を分かち、患う事に浪費する病理から、理念や理性を取り払い、一矢報いるように打ち抜く今にも、あらゆる理性はリセットされ、自らの欲望や、怒りに身を任せるから、絡まる今に拙い意識を強要し、あらゆる意味を殺伐と札束に変え、因果応報を繰り返し引き出す合間に理想は壊れ、あらゆる希望は虚偽を重ね、散々な原因に枯渇していく凡庸さに勇躍すべき意志は見失う事を、あたかも失ったかのように示すだけに膠着する喪失に引き寄せられ自らを見失う。