時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

犠牲を支払うだけの価値よ

傷ついた理由が引き伸ばされ、延々と差し引きされる身体を演繹する。従属化した伝統性を促す藝術を謳うブルジョアジーを破壊すべく、藝術は、ただ、創造性を用い、相克する動機を打ち破り、みずからに帰する正しさも破壊し、突き抜けていくべきに行き先などを持たずに、さらなる昇華へと、みずからをみずからが導く。資本主義下に置かれた藝術は、単に消費されるためだけに民衆に近寄り、価値自体を失い、価値自体に専横され、藝術性を失い、資本主義的に支配され、消費され、捨て去れるだけに、思考停止した意味に判断は巻き取られ、ただ認識すべき事実も、世界性を失い、徒労するに至る。精神に風景を編み込む。確かな風情は感情を揺るがし承認を重ね、漂う意味を今に帰す。欲望は反復し、行為を引きずり、意味自体を失い、ただ欲望のすきまをさまよう。老いることすらも愛せと誰も言わない限りに贋物が現れ、物事を占有し、占領する。あるいは、儀式化した愛が儚い意味を打ち破り、あらがう自身に別れを告げ、分かつ今から、快活な意味が失われ続ける自己を傍観する離人的なプロセスに移行する。行為は、引きずり滑り落ちるすきまに分裂し、些細な意味を失い、今につんざく。生命に抵抗を加え、愚鈍な結末を含みながら、絶えず命を飛び越え、均等な意味など無くなるまでに、絶えず意識を翻す。一点に集中する力が滑り落ち、一切に流れる力は、崩れ落ちる力を加え、集中していた力は、分散され、力は枝分かれし、あらゆる方向に一律の力が備わり、また更にその分散した力が溜まり、あらゆるドグマを今に抱え、重ねる意味に雰囲気を流出させては、対比されずに溜め込まれた意志が一切に放たれ、あらゆる力を違う方向に分散し続けていく清潔に精錬される行き連れの風景が淡白に交わり、端的な創造性を陰鬱さに捧げては、耽溺する合間に支払われる意味が心象を超越し、制限を持たず、帰路を捨て去り、我が身を屠るような試練を含ませ、認識していく過去から、壮大に孕む理由から、悠然と降り注ぐだけに熾烈な争いを今に含んだ統合から、逃げ惑う世界性へと照応していくだけの展開を縫合するだけに迫るジンクスに流動していく性質から、終焉に巻き込まれては、連関していく現在に過去は不必要なように迫る意味から嵌合していくだけに嵌め込む状態に元来の理由を即座に葬り、やがて緩衝する互いに噴煙が注がれ、簡素な状態を予言していくだけの定理に結ばれる早熟な恋愛から、放たれる状態は過敏な理由を相続しては、虐げられる身体や、多目的な余韻に浸るだけに受理する観点に粗造な受胎を繰り返し、産み落とす責任から、性別を踏まえるだけの観点に狡猾な硬化を続け、締結していくだけに惰性と嗄声がなびく有限な日々に訪れる貧寒な状態から、凄艶に住まう連動する止揚から、投影される状態が凝り固まり、高まる思いから、面影は解決すべき状態に誘導されるだけの理由に境目を用い、有責性を認めるだけに公然に立ち尽くす法律から、思考停止に追い込むだけの罪と罰を作り上げる状態から、枯渇していくだけの精神に移行していく痛みに横溢していく貧相な縦貫から、高次に至るべき密度を集約される脳内を突貫していき、区域を生み出し、土地に価値を与え、そこに現れる場所に意味や名前を授ける時、帰任すべき近因も陰気なままに刃向かう義務を謳うだけの堕落を連動させ、総じて不満を述べるだけのルサンチマンを生み出すだけに慢性化していく極みに果てるだけの有為を重ね、雲霧に消えるだけの答えにかき乱されては、他人行儀な身体を引きずり、ナショナリズムを謳うだけに恒久的な錆び付きを生み出し、ぎしぎしうなる機械的な身体から離れるべく、刃向かう意志は何をベクトルとして捉え、他者との交通をうまく進ませ、みずからに帰還する理由を認識しては、確かな自己に帰結させるのか、と問う精神分析も、自然にエクソダスすべく、情緒を保たず、生み出される統合に正しさを示唆する限りに絶えず結ばれる無数の理由は、自由を強調せずに、切片に結ばれ接着していく状態に白道しては、動じぬ星の流れが制限を持たず、宇宙的な運動から、相続していく観念に講じていくだけの勉学を巡り、印象に猛る導管に送られる血液から、そそくさと逃げ惑う他人の身体を介した理由に謳われる利己的な自由から、退廃していくだけに猛る状態に課せるだけの理由に理屈を促すだけに明け暮れる論理に至らせるまでの断続的な団らんから家族崩壊の寝息から、かすむ理由に現れる家族からの怪物から、物質主義的な緊張から生まれるカタトニーや、惜別していくだけに対立していく精神的な悔悟や、暗号化される思念に迫る精神分析から、淫蕩な社会性を現時点に結ぶだけの対立から、感染していく実態の痛みに激しく分散していく苦悩に至らせるまでの悲劇を加工するだけの枯渇を飛び越え、鋭利な思考で英知を突き刺すために、モラルを打ち砕き、みずからの罪で正義を裁くかのように、悪意をそぐように、果たす今に罰を攪拌するような半径に正しさを用いずに、一律の犠牲を支払わせるだけの世界を世界と呼ばぬように。