時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

和む愛

大切な思いに関与し、長じる運命に流浪しては、建設的な妄想を瀰漫させては、些細な出来事に空虚さを含ませ、クーデターを引き起こすだけの堕落した暴力から、かすむテロリズムに一過性の暴力が盛大な義務を含ませ、慢性的な痛みを含ませては、加工する動機に心象に行為を残し、愛は気泡に変わり、炭酸の彼方で思考を残し、赤裸々な場面は、永遠にひきのばされ、最たる意味に動機を残し、慟哭に至る彼女の涙の一筋にも、永遠は束縛され、過去は現在に否定的にひきのばされるだけに堕落する現在に短絡的な過去が作用を起こすかのように、海馬の中で暴れる場面から、寂寥たる余韻にひきこまれるだけの行為に純然たる余韻も残さずに、距離をその場に与えるだけに感じる時間は、永遠に思われるかのように引き合いに出される義務的な要素に要する牽引されるだけの動機に印象は孤立し、過去は虚偽を重ね、妄想的に作用し、幻想的な理想をその場に与えるだけに出来合の事実は即座に愛を閉塞させ、懇意な思いに混じていく動機に緩衝していく互いのデータは加速器に入れ込まれ原子を解体するような深夜に交差し、交互する身体や、反証する快楽に擬態化する由縁に逍遙し、幽遠に配備される愛すらも互いの身体を抱き合わせば見えず、ただ重なる感覚が与え合う影響が永遠の愛を誓わせるような素直で素敵な夜を哲学的に誘引しては、リビドーを破戒するような世界に引き戻し、排斥される由縁に相続していくだけの資産を捨て去るほどのよどみ無い愛は、綺麗さや、汚さすら破棄し、ただ備わる限りの愛を体現する間に関してく互いを相続し、ただ与え合う影響により、その愛は感じる感じないをほどき、ただ達するままに超越する先に確かに感染し、届かぬ距離に距離は距離感を捨て去り、ただ備わる限りの愛を法則的に結ぶだけの無数の意識から景色は引きはがされ、反射する君の影から、角度を持たぬ現前に瀕するだけの過去に去来する過去はここで、過去のままで即座に束縛され、その場で破棄される理由によどみを捨て去り、ただ純粋に変わるだけの動機は何事も用いずに、漂うままに瀕する状態に届かぬ思いを残しながら、心残りが和む隙間に場面は転換され、この要する感情はどこに長じ、どこまでを感じ、この場で確かな影響を与えれば、この現在は整然とした思いに帰依し、確かな意味に深まり、滞らぬ季節を長じて行き、ただ超越するだけにこころの住まいを持たず、この場に意味すら重ねず、些細な動機を超克しては、最たる意味に君を見いだすのか、と問い詰める矢先に備わる元素記号から、アニミズムから、プリミティブな宇宙の原理から、光速に促される深夜の動機や、空想的な幽遠に貧寒な現象を引き延ばすだけのむなしさから逸脱するのが、君を動機に促す愛であるし、受け取る愛であるし、ただあらがう愛であるし、この愛とは俯瞰を持たずに、空間をすなどり、初々しいままに虐げられても尚、突き抜ける愛だけが、何事をも超越し、足し引きせずに、ただ漂うままに見つけた君だけが意味だから、と迫る今にも、確かな愛はよこしまな理由から跳躍し、即座に旋回する今に展開する理由に投影される理由から超越し、この場に備わる愛をしなびさせずに、ただ境目を持たぬ愛だけが世界を用いずに、陽気な動機が確かにむすばれ、引き剥がす間柄に備わる慢心を引き取り、つなぐ間から確かな面影を引き連れ、たしなむ間に永遠を帰属させる。浪費していく観念を携帯していくだけに苦悩を脳裏に浮かんでいくだけの暗鬱さに衝動を重ね、あてがう本質に責任転嫁していくだけの表面から真実を奪われる。凡庸な価値を拒否し、軟弱な精神を捨て去り、去りゆく経路は名前を持たずに変革を目指し、短絡的な道楽を捨て、定理を持たずにあやふやに突き刺し、食い違う痛みに直面し、退廃しては、目標すらも廃棄し、関与する自由に降り注ぐ今に対面する。名称を変え、不安感を煽り、購買意欲を誘うだけの情報が精神を占領する。物事は不安定なままに分裂しながら、あらゆる道を模索し、ただひとつに統合される事を、正しい、としない限りに生き方は限りなく広がり、枝分かれしては、いろいろな価値を打ち破り、新たなみずからを待たずに、次々と意味をすなどり、今に行き交う意味に価値すら不必要になり、形すら邪魔になるの、だ。名前とは一律に邪推するだけの鍵であるし、その場で飢餓するだけの理由に取り入り、取引を用い、売買を重ね、奪い取るだけの理由に関しては、加速していく状態を束縛し、混沌に陥れるべく、コントロールしよう、と君にとりつく理由に答えを用い、呼吸を奪い、思考停止に追いやり、果たす意味すら、今に昏倒するだけの意識に偏りを生み出すだけの空間に追いやり、君自体を損なうだけに至らせる原理に原因は、遠因を持たず、ただその場で緊縛されるだけの統一をt求め、統合しよう、と与えられた普遍性をあたかも正しい事柄のように用い、責め立てるだけに追いやり疎外された魂が行き場も無くさまようことに探そうとする自分にさまよい疲れるだけに果てるままの世界を世界と呼ぶ限りに世界は孤立し続けるだけにつながりを求め、ただ飢餓を生むだけの世界に絆を用い、統合しよう、と操作するに至る。