時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愛の隙間とスキゾフレニア

捉える矢先も正しさを押し付けず、ただ備わるかぎりの雄大さに揺れている。あるいは、揺らされている今に定理も持たず、多目的にうごめく今に意味すら求めずに、ただ備わるままを感じる甘美さに集約される意味を、今に吐き出し、この意思は、どこから飛来し、宇宙の彼方でアナグラムに変わり、リリカルに生じる言葉に乱反射し、一律な義務感を打ち倒し、創造的に至るのかを測る距離すら愚問であると宣言するマルクシズムな夕陽に照らされた日常と悲劇に交通する哲学から、存在はドメスティックな定理に汚され、批判を余儀無くさせるだけに、些細な意味が兌換され、貨幣に変わるころには、乾いた価値は、互いを恨むべきベクトルを捧げ、惨憺たる安易さに構築されるプリミティブな衝動から、呼応する森羅万象に真理を求め、用いる善意に乱立する支配の影から、被害妄想的な軋轢が勘違いを与え、葬る矢先に法律を与え束縛し、陰鬱な衝動を溜め込み、互いを恨むべきなのだとうるさくつきまとう価値は、まとわりつく意味を今に重ね、あてがわれた意志に充填される理由を弾丸に変え、加算される理由を撃ち抜く義務感から、理不尽な要素は罪に変えられ、思考停止に至らせる罪の軋轢は、即座に罰を与えるためだけに反応し、善悪の判断すら損ない、正しさを押し付ける悪意に気付かず、ただ与えられた罪こそが悪いのだとあくせくうごめき、ただひたすら罪に従属する健気さとマゾヒズムの間に生じる利己的な詭弁たる今の言動こそも翻し、この偏る心情こそに真実を示唆せず、最たる意味をつかむべく、果たす今に示唆すべき理由すら、すべてはつかめず、ただ正しいと思わされ、虐げられる間にすら自己は無く、ただ表現に膠着し、拘泥するかぎりの深みにはまり、様々なジレンマを今に溜め込み、軋轢に屈するだけにカタストロフに至る現時点に存在すら問わずに、すりよる意味の理不尽さに集約され、真実を謳う者に、真実を奪われるだけに至らされる事を、あたかも正しい事のように示す事に閉め出される事に、正しさなどは無いの、だ。一律の静寂だけが正しいのだと、典麗な時に妥当な意味をはき出すだけに従属するジレンマから、相続していく意志は、日々を持たず、ただ浪々とさまようだけにたぎる命から、たぐり寄せる意味を手なずけては、何かを懐かしむだけに心因を置き、その場で膠着する事だけに偏る事を、行為と呼んでいる。ただあかす意味すら、不当な事実に買い取られる欠乏を抱え、欠損していく意味に葬られる矢先にこじれる意図から、方向性を失い、到達しても尚、欲動する心因に硬直していく自我から、時間は衰亡し、滅亡的な自己に帰還し、飢渇するだけの浪費を繰り返し、延々と生じていく理由に相互しては、酸欠気味な身体のギミックやプロットをうやむやにして、散々な現状の通り道を広げるような飢渇するムードから構造的な精神を崩すような悲観にこじれる演繹から、修正される帰路に浸透していく理由だけが、この艶麗な時に真相を明かし、感染していく経路に誘導させるだけの悪意からドラマは展開され、昏倒していく人民に果てる前衛的な理由から、創造していくだけにたぎる命から、裏切りは無くなり、ただ買い取られる義務に回答を捧げず、ただ与えられるものに本質などは無いのだ、と左翼的な交互から、烏合の衆に促すだけの資本的怠惰から、うなだれる輩を突き上げるようなアッパーな理由から展開していく理由は、単一な情熱だけでうごめく私の豪壮から、真理は、促されるほどに腐るものである、と宣言し、層状化したコードの大陸を超え、照合されるだけの理由に不貞を重ねる事があたかも正しいのだ、と促す快楽主義者が開拓した地などに求めるべく正しさも無ければ、その正しさを促すだけの口元を歪ませるだけの駆動から、根治されるだけのメロディーに促されるべきリズムすらだんだんとすれ違うジレンマにより、物事の軋轢を進ませ、啜る意志から、混沌としていく浪費するだけの主体に折り重なる空間的虚偽から、参照されるだけの言葉に行為は本質を見失う、ただ束縛される事だけに長じる快楽から、解体される真意に求められるだけに選りすぐるだけの行為に時系列を与え、組み込む理由から蒼然としていくだけの顔の無いペルソナから、なあなあになっていく義務感から、生じていく苦しみに理想は混濁し、孤立する永遠から相互していく自己から、孤独感を抱えるだけの寂寞に放たれる理由すら縫合される後に転用されるだけの理屈に生じていく理由に操作され、先天的な理由はこじれる意味に投じられる理由により、即座に孤立し、その場で束縛されるだけの緊縛から、苦しみの量子は、観念に重みを与え、その場で粗暴に殴打される一瞬は、凍え死ぬ感覚を永遠に波及するだけの痛みを今に反響させることだけに重力を捧げる。その痛みに感化される限りに遮られる感覚をいたわるべき自分を育てるべきであるべく、孤独を孤独とも思わず、ただ弔い育つ創造性だけに幸すら飛び越える横溢が待っている。