時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

傑作な世に捧げる歌

テリトリーの中で、この段階は、どこまでの段落かと促す。即座に放たれる答えを信用せずに反する事を答えと呼ぶ。ずっと円周率を解くように難解な頭をこじ開け、そこに自由以上の需要を放ち、みずから受容体と化す事に間や、間柄すら不必要になる。空の身体を残し、重たいこころ引きずる。闘う者を間違えるな、闘う相手はみずからであり、理想を履き違え、奪い合うだけに投影される理由を持たせようと強制する者こそを打ち倒す。対等に向かうべき理想も、思想を失い、ただ席巻される理由に偏り、みずからの理想すら失いさまよう。我々の血は混濁した永遠に引き伸ばされた痛みに沸騰させられ、今に疎外されては、その痛みにみずからは、奪われ続け、みずからの罪に屈するだけに、自身を遮る。深まる痛みは季節に記憶を残し、淵源に潜む過程は締結し、病理を今に重ね、諦観するだけに堕落した思念をねじ伏せる関係に抑圧されては、軽快に飛び回る悪しき政治は、清潔感を失い、壊死する細胞を傍観する。確かな意志は、大気を含み、自然から逃げ出し、端的な理由に後続する意識は、最たる意味を掴み取り、中庸を重ね、吸着し、通わす倫理観すら重なる今に関係を失い、感染する痛みが、破壊的な暴力を繰り返し、喪失する戦争に至らせ、廃棄処分にされる後から歌い出す大国の異物感が迫る世界的な暗鬱さがミスを誘い、陰鬱な心象に侵食する苦悩から淘汰され、喪失する生死から逸脱する定義にカンフル剤を打ち込み、備わる答えを捕まえ、乗り越えるべきは、今に至る病に逃げ惑う欲望の本質と中心を突き刺し、権力自体から乖離し、排斥される間から曖昧な愛をつなぎとめる接着剤の役割を果たすような愛自体を受け入れ、淵源になびく不確かながら、フリーダムに至らせる緻密さに誘導するえぐられた波状を伝う空気感から、参照されるだけに高圧的な理由に接続され、聖俗を謳うジレンマや、人工的な意味合いが機械化する情緒に戦意を与えるだけのまやかしが迫り、稠密する今から軋轢を重ね暴徒化するまでにみずからのつながりに耐えかねず、ただかさばる今に追行するリズムや、リスクから超脱し、超克する世界に提携するだけに蛇行し、寸前で慟哭する痛みから、通わす動機に隣接する道理に乱立する虚偽を超越する。低劣な者が食い散らかす現在に行為は無く、ただむさぼるだけの貪婪さを動機に、怠惰なみずからに着させるものの重さに憐れみを重ね、ただ愛されないみずからの怠惰さを謳うだけの欲望が印象自体を奪うの、だ。美を用いる根源が勢いを用い、接続される愛から循環する妄りな思いに順序を求めるだけの世界から放たれるべく、逡巡する思いを押すような風に圧迫される心情に選択肢をもたらせ、背負うだけの状態に公平さを求めるだけの平衡しない精神の間奏に入れ込むべき静寂すらも、誰かの感覚に奪われるだけに運動的な動機に嘔気が迫り、生成される動機にドラマチックな意味を与え、食い込む荘厳な思いから集結していく道理に迫る今からセンチメンタルに習俗を謳うだけの時代を超越し、我々がつかむ意味こそが、時代に変わり、慈愛を謳わず、ただ備わるだけの答えの窮屈さに反発し、配される間にこじれるだけの意図と位置を超越しては、陰鬱な衝動に照合される状態に行為を引き延ばし、貧相な球体の中でこじれた意図を促すだけの対話を今に繰り返し、交互する意識は状態を戦争的に引き延ばしては、体制にこびうるだけの根源に掌握される状態に構成される今を超越し、選定されるだけの行為に奔走するだけの本能のプラトニックさを混ぜ合わせては、制圧されるだけに得るものも失うだけに至らせるだけに貧寒な状態を孤立させるだけの意図的な孤独から、交互していく今にきわまる状態に相続していく言葉すら寂寞に至る現実に相互せず、ただ通り過ぎるだけにシグナルを重ねず、懈怠するだけに管轄に与える権力から、権力は肥大し、みずからの感覚を失い、一つに執着する権力は、互いを守る訳も無く、ただ権力を守るためだけに、互いを犠牲する。権力のあり方を変えるべく、権力は分散され、自由を謳うだけの契合から、昏倒していく意志に淘汰される現在にえん罪を重ね、悔悟を謳うだけの道理に理屈を残し、法理の中に収まり、数字の中で軋轢を重ねる貪婪さと、鈍磨な精神に愚鈍な理由が折り重なり、権力自体に屈するみずからに恍惚を重ね、混同する意識が携行する理由を用い、悶々としていく境目に再会していく投棄から、解析される文明的な理由に革命と憤怒を謳うだけの偏りから、暴力革命的を謳う輩を生み出すだけの時代からはみ出すテロリズムから、完結していくだけの状態に受理すべき愛を知らず、ただ端的な敵意を生み出すだけの病気を流行させ、流動する意識は権力を奪うべく、権力に荷担し、互いの既得権を奪うためだけの暴力に偏り、互いの違いを埋めずに、互いの違いを認めずに、互いを恨むためだけのルサンチマンが跋扈し、互いのあり方を示さずに、ただ恨み破壊する事だけに物事を改ざんし、権力を超越すべきみずからを生み出さないだけに運動は偏り、互いは互いを恨むように仕向ける権力自体に目をやらずに至るから、権力は、権力を飛び越えずに、今に至る原理に牽引するだけの暴力的な本能だけに自身は偏るだけに終わる。闘争とは、統合を目指さず分散し、絶えず超えるべき理由すらも捨て去る先にほのかな意味が点在するだけにとどまるだけの命を分散し続ける先々に滞らずに、運動し続ける事に権力を絶えず乗り越える。