時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高次に至る高揚

枯れた命を引き払い、暗鬱な衝動を携える反抗心へと帰宅しては、退廃的な物陰に腰掛ける君の衝動性や、刹那や、接続される過程に促す苦悩や、納期される純情などが入り浸るジレンマと、私欲と滅亡的な感染症を抱える国家的プロセスや、プログラミングされた過去から枯渇する偶像的な気配を寛容に包むような母性愛が敷衍し、普遍的な日常をめぐる心ない行いや、横行する冷たさをはき出す世界的な浅薄さが横溢しては、修繕される時折に帰納される時間は、去りゆく意味を自身は知らず、ただ過ぎ去れば、無情な心残りだけが、吹きすさぶ思いにあらがい、たった一人の戦争から、固執していく心情で浪費され、牢記していく今に備えるべき愛だけが、ぬくもりを微かに携えるかのように思える今も、敢行する意志は固執するだけの執着におぼれ、横隔膜に響く鈍痛から、神経的な疎外を度外視して謳われる言葉だけが跋扈し、万端な思いに響くべき愛すらも、すらすら謳われる嘘により孤立し、昏倒していく思惟は、因子や、陰鬱な強度を携え、こころに膜を張り、排斥される陰鬱さがしどろもどろになりながら、千鳥足で歌い上げる心情は、強固な一生にはびこる堅実な意味を喪失した観念が固執するだけに至る偏りから、偏執していく精神に正常さを求めるだけの学問至上主義が跋扈し、昏倒する意識は性質を失い、清貧な勉学から、渇望していくだけに担ぐ意味すら担うべき意味に値せず、とセンチメンタルな溶鉱炉へと流される、この感情とは、枯渇する部位から初心な意味をはき出すベクトルから、貧相な宇宙に乖離し、平衡する真実から、閉鎖的な次元に閉じ込められずに、見えないからといって無い訳でもないし、ましてや、見えないからといって否定するだけに至れば、そこで思考停止するのです、と運命とは、永久に運ばれ、肉欲を重ねながら、敢行する意志は、正しさを示唆せず、些細な出来事をデータ化せずに、専横する意識に色彩があふれ、放蕩する今から、純然たる思いも、たぐり寄せるだけに多義を引き払い、反応するだけに横行する意志との対話を続け、つたない思いをここに残しては、交互する意識から、印象はとろけ、統括されるだけのひとくくりから離れ、人恋しくとも、、弔う孤独から、行為は順序を捨て、そのこもる思いが乱反射し、君の心ない世界の彼方で印象を熱くするような孤独のドラマから、あらがう君の意志こそが、確かな意味をつかみ、そこで羽化する孤立した美しさに与える賛美歌であるべく、続く意識が孤独であろうとも、その中で備わる創造的な妄想から、固執していく動機から離れ、自由に飛び交う意識から世界は分散し、分離する思いから乖離し、理解を求めず、総和する先々で木漏れ日に拡散する原子と因子と調和が硬質な思いに浸透し、この躍動する意志だけが、凍えない何かであり、ここにいるとは、ここであることに対して邪魔である、とイコールするこころから、交互する意識は、意味を失い、交通し続ける限りに通り抜ける過去とは、今に影も残さず、ただ海馬に傷を残すだけに至るだけの悲しみを超越した先にこしらえる意味すら無く、ただ意味とは、今に至る原理をマニュアル化し、敢行する意志の邪魔になるだけの意志への力をみずからの地下から引き出し、みずみずしい意志で潤わすべく、弁解を必要とせずに、専横する外側の意志や、地位を求める内心からの乖離や、回避すべき事実に寛容な意志は、確かな案を与え、安易な世界を打ち砕くべく、この出来合の事実に愛してやまない主体であるべく、せせらぎ歌う限りに失う事もあれど、曖昧なままで安直なこころを解き放つような余韻に真意を授け、さすらう意識が形式や、景色を飛び越え、超越する先々に調合される意味も、見いだす今に未来を授けるべく、弁巧にだまされず、打算すべき真実に真理は無く、ただ採算を合わせるだけに曖昧な心情は統合されるだけの普遍性に束縛され、その場で停止する意志は現行に閉じ込められるだけに投棄される存在は、抑揚を繰り返し、真相にこじれる意図も、統合されるだけにヒエラルヒーの中ではびこる絵空事にビートを残しては、こしらえるみずからをあしらえ、情緒を奪い、肩書きや名前だけで判断するような輩から離れ、硬質な思いを携える永遠であれと宣言し、あらがう先々に行為を残さず、この場に引き渡す意味すら、今に条項も授けず、規律を打ち破るような怪物であれと宣言する先々に成長し続ける悪意から根源は正義を引き裂き、印象に統合されるだけの行為にこしらえられるだけの安易な答えを引き裂き、貧相な価値にカタストロフを捧げ、賛嘆すべき状態にみずからを導くような者であれ、と宣言し続ける先に追いやられる意味すら、君を捕まえられずに、そのままの速さで突き進む。