時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

分裂する少女の庭

痩せたウサギみたいな女が打ち出す主体性に引きずる数多の他者の感覚が入り込み、甲殻類の殻で覆われた地を徘徊しては、幾多に分裂しては、歩き疲れた模様をめぐり、ぐるぐる同じ地点を回る永遠回帰から、互換される価値もすぐさま廃れる寂れた遊歩道がアンドロメダに入り交じり、バベルの塔につながり、ハッキングされる精神のジャンクションで弱者共通語を放ち、救済的な喜劇の裏庭で産前に交互する意味合いが、意思の疎通を繰り返し、昏倒する意識がハミングし、鋼鉄と化する精神の帰路を絶ちながら、悶絶するガイアと会話する宇宙的な進路に虐待を繰り返すシロップが降り注ぎ、ウサギみたいな女が歯列の間から高揚する意味をはき出し、可決するシンドロームと老廃物が入り交じり、影と雨の隙間から戦地を偽造するだけのアンドロイドのスターリンや、飢餓する人民を見捨てる頃に淘汰される感覚は飢渇するだけに迎え入れられる羅列とエゴの間からあふれる愛を吸い取るだけのタオルの気分でぬれた残骸を拭き続ける意思は今にも昏倒し、解決策も見出せずに、充ち満ちる憎悪により、コントラストを失い、ただ歪曲し続ける世界の色がアッシュに包まれ、関係は宏壮さを失い、狭い観点から家畜化する市民から、増幅していく主観に横溢していく恨み辛みとか、簡素な理由の領土にとらわれるだけの国家的な感覚からすなどられるだけの搾取から、サキュバスと奪還すべき世界性すら世帯主を失い、ただ開け広げる区間に陥れる感覚に悠然と迫る憂鬱から、遊蕩する区間に資源を与えるのだ、と旅立つ不確かな感覚は、還元されるだけの価値に敢行する意志を用いず、ただ屈する構造の力に反さず、統合されるだけに根幹に埋め込まれる価値の家畜と化す因子から、収容される痛みに配分される価値観から、違いを見いださず、ただ打算される真実に退廃し、衰退するだけの理論から、愚弄していくだけに打破すべき事実も浮浪していくだけの婚前に出かけ、渾然一体と地帯に張り巡らされるルールから真理は奪われ、生み出される意味すら粛清に巻き込まれ、経済的な破綻からかさましされる痛みに果敢に挑むべき革命家も、科学者にその場を奪われ、ただ衰退する持論が暴力に染まるだけの間に打算される数理に理屈を奪われ、覆すべき法理に効率良く買い取られるだけに変換される意味に位置を用い権力に屈従する。その場しのぎの言葉がかさばる限りに、この重い身体は他人に介するだけで、理解を含まず、ただ乖離するだけに明け暮れる苦しみにエスケープできずに、スケープゴートと化する他者の身体から、自己を認識していくだけの痛みと痛みとの対話が対価を求め、端的な闘争に至り、完璧な痛みに朗読すべき詩すらリズムを用いず、ただ死を用い、誰かを蚊帳の外に追いやる事を癒やす事なのだ、とことごとくに散文化していく蛇行する精神のコアをすなどり、宗教的な論理を子宮に埋め込み、その答えを産み出す限りに陰る命が追考する分裂的な答えに交互していく生後から混沌としていくだけに枯れ果てる愛と私有と分断に絶えずシンクロする行為に批准を授けるだけに授かる愛は、境界を用い、誰かを結界に入れ込むだけに閉じ込めるだけに自己は行為に絡まり、関わる事で奪われる心因に相互していく作用に俯瞰は深まる位置に意味を見出し、ただひたすら生み出される限りを愛と呼ぶ。少女の秘密が再構築され、パスワードが書き換えられる。喪失していく感覚は、難なく書き換えられ、得るものの痛みにいらだちを重ねては、展開される理由に過疎化していく言葉が曇天に変わり、苦労をにじませる貧相な形から、歪んだ顔に重ねるペルソナや、亡骸を排出し続けるこころがかすむだけのイデオロギーや空虚な時系列に肥大していく苦悩の濃度から、修繕されるべき事実すら、すさまじい威力をそこかしこに拡散し、輝く命から、終焉を巻き込む経済的な廃墟から、綴る意識は、時代をふやけさせた不具合に偶像を入れ込み、心ない日々に打ち出す思春期の啓蒙から、コード化していくこころに信用を生み出すまでの全容とカタストロフから、整合される些細な出来事が生み出す緩慢なアティテュードが傲慢に変わり、見下す限りにむくみ出すこころは、行いを忘れ、ただ関わるすべてを人工的な出産に加え、形骸化する計算高いみずからに押し寄せる意味に沈積する意志から、集団意識的に配される心理的なエゴから敷衍する副作用の街から受け取る義理のようなものが模様に変わり、疲労困憊していくだけに堕落した機能たる身体を捨て去り、ぬぐうべき脳内に果たす理由すら発展途上な心因に関わり、かさばる思いに超克すべき枢要な事実すら衰退化する離人的なカタストロフに頓挫する四季や、垂涎するだけの貪婪な輩の欲望の能動性から、きしむこころに照合されるだけの理由にシフトチェンジしていくだけの操作に基づく批判的な互恵に応じるだけの要因なこころに簡素な時代が寂寥に注ぐだけの暗鬱さから、アンチテーゼをはき出し、破壊的な情事に折檻を執り行うような罪と罰の配分と乖離する状態と最たる意味を喪失する周辺に囲われるだけの過去を措置し、逃げ出さぬように打開すべき理由すら持ち込ませぬように、と奪う精神が気圧を蓄え、艶然にしのぐ優劣から、誘導される心身に描かれる呪詛のようなコードが迫る換金されるだけの夜の余波に跳ねる花火がちらつく偶像的な夜の気配から、配下にされるだけに最たる意味を喪失し続ける観念に感染していくだけの痛みに不当な理由などが頓挫し、未来そのものを奪うまでの軌跡がそこまで近づき、恐怖を植え込む。