時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ミニマルな恋の音

触れる人混みも生ぬるく、実態を感じず、ただひたすら傍観する辺りに散らばる形式も邪魔くさく、ただ混沌と生活などを垂れ流す街路樹から、駆除され、疎外される人間的隔離計画的な破産するだけの都会やコンクリートジャングルと歌うねつ造された深夜のボブマーリーなどが踊り出すはかなさに修羅を歩く私は、対面する恐怖から、立体的な地帯に張り巡らされる犀利なルールから鈍磨で貪婪な輩が支配するだけの世紀などに蜜月を繰り返すだけの理論から、早熟な羽を広げ、軽快なリズムで頸骨をくすぐり、切り刻まれる大地で見つめる理論は、相乗効果などを求め、相互する愛から、乖離していく道理に腐乱していくのが、教育の哀れなのだ、と些細な出来事がデータ化され、最たる意味に突き刺すUSBや、淘汰されるジレンマに狂騒と競争の間に備わるキャピタリズム的なロジックやらが収攬しては、入道雲などに変わり、雨や雷をちりばめ、夏を形成するような刹那に備わる感覚こそが、蝉蛻し続け、夏の泣き叫ぶ思春期どもの微熱が終夜を問わず熱情し、発見される差異から陰謀説などがぬぐうシンクロや、蜃気楼に混じり合う恋から人道的な貧賤さををください、と土下座する空間から、俯瞰は締め付けられるだけの苦しみを蛇行し、感覚は、感染するだけの病理の破壊的な論理に高潮しては、ヒューマニズムをなどを謳うから残酷と、残光に輝く彼女のドライブが終わりを告げる頃には、この存在とは、はじまりとおわりの汚穢にまみれ、偽善的な行為に隔離され、ハッキングされる脳内に普遍性を植え込まれ、植え付けられた思念により、戦争を繰り返す専横的なゲームから、洗脳された脳内が垂れ流す映像を延々と傍観し続けるだけの行為に基づき、それこそが真実だ、とアドレスを書き換え、適当な相手と結婚し、適度な環境に残す子孫がもこもこの雲に変わり、のどかで簡素な風景に風情を縫い付け、それを見る事が美麗なのだ、と打算する思念に堕落した主体にクーデターが執り行われ、内情に破裂していく主観が死刑台に登り、軽率な事実に乖離していく豊かさこそが、この世界そのものを翻し、裏返しにしては、食すまでの人間性に制度が絡まり、巧拙で切磋な事実が折檻を繰り返すオーガズムが、サディズムを売りに真相を暴く頃には、混沌としていくコンテンツに入り浸るリリカルな衝動に交換される精神は、深淵に引き延ばされる森厳を保つべく、森に帰る私をカエルが大合唱で見送る梅雨空に封緘された手紙が裸身たる他者に届く頃には、足かせも外れ、ラジカセ片手に、かじかむこころをぬくもりあふれる世界で包むのです、と聖母みたいな太陽が道々を照らし、簡素な渋滞などを受胎するだけのシステマティックで世界に静的な理想が転がり、兌換されるだけの貨幣から、価値観をすなどる流動体たる私の思念から、他者を介し理想を食い込ませる希望と笑顔の反乱から、革命はアニマルたちの支配からくぐり抜け、革命たるものは、革命に帰還せずに、関する自由に領土や権力を与えずに、遅々たる物質を破壊に追いやり、バンダリズムを泳ぐ革命的な偽装を執り行う洗脳的な元素記号の彼方を泳ぐ深海魚たちが、ファウストの世界を粉砕し、あてがう理論は、構造的な理性から放たれる矢により、結われたこころを突き抜き複雑に下降していく思念は、呪詛や、ジュラ紀や、阿諛者などが交錯する嘘つきの猛威をくぐり抜け、閉鎖的な病理の彼方で遊び場を見つける分裂的なはかなさに途絶える事無く旋律を加え、高揚していく意識の音階を登り、奏でる音が永久を突き抜け、単一な栄養を捕食するだけの宇宙に帰り着き、ハミングし続ける先々で鉄のような理論を用い、モチーフとされる概念を捨て去り、名前に支配される時代は終わるのだ、と時代や終わりを謳う者こそ邪悪な悪魔であり、悪意を用いる革命家であるのだ、と自分自身を打ち倒せぬ者は、誰かを統治し、みずからの世界を世界と呼び、自分の世界のカタストロフを他者の世界と同一化し、それもろともを破壊に追いやるだけのペシミズムをはき出すだけの輩は短絡的なルサンチマンであり、短観に迫る恐怖に恐れを抱き、タナトスに支配され、死に追いやられるだけの絶望に全容に吐血を繰り返すキルケゴールから、暗澹としていく肺の中を泳ぐサメや、通り抜ける位置に鬼畜な差異を醸し出す答えから、固結していく状態に通過儀礼を呼び覚まし、ただはき続ける穴蔵で、寛容なこころを失い、ただないがしろにする精神との破滅を出迎えるだけに価値観を押しつけるだけの仲人が霧雨に濡れては、ダメージジーンズなどを履き、典麗な事務を促すだけの動機に避け続けるようなシーンや深層の中で廃棄物にされるささやかな亡霊たちは、引力に反し、我が身を捨て去る事に訪れる嬉嬉とした融合から、僥倖を謳う射幸心から、昂然としていく頭からあまたの事実は、曖昧なままで生のままに固執していくだけに横溢していくの、だ。