時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ただ孤独であれ。

夏には重力は無いのだ、とアニミズムが騙る頃には、難しい秩序を保つだけの裂けた大地に代用品たる品位や、加工された義務などが主体性を大衆性につなげ、倦怠感を潤わすだけの主義が衆愚に絡まり、簡単な理屈に専横されるだけの関係から、敢行される意志などが軋むだけに季節を奪い合うだけの戦争に移行させるような些細なナショナリズムが暴徒化し、ジレンマが窓際で泣き叫ぶ蝉とシンクロし、新たな思考に信仰心を浸透させ、答申させるべく、投下される答えに爆砕するようなはかなさが、性愛などと結ばれ、井蛙な理屈から、領土を失うだけの事柄に応じるだけの人類的な陣地などに意味は無いし、この空間で交換されるような価値などに、ほとんどほしがるほどの価値もないし、ほどければ、ほとんど同じに満たないだけに過ぎないし、果たすだけに満ちる事などに価値などを発作のように吐き、隔離される真理に心因も死人にように感じるだけに満たないし、満ちるとは、満たないままに至る事に用いられる欲であるし、ましてや埋めれば、埋めるほどに、補填されずに、失い乾くだけに過ぎないし、そこに孕む理由すら消え去り、報うとは、無償な今に覇権を用い、暴力で統治するだけの試みに複製される言葉が、普及される苦悩へと変換され続ける辺りから、答えはこじれ、情緒を用い、誰かを占領する事に寄りかかり、要する事柄を責め立てるだけのセンチメンタルが対比を求め、統制させよう、とこころを奪うだけにはぐくまれる夏も、はびこる悪意に専横され、生じる事を選ぶ事を知らずに、選ばされるだけに至るばらばらな感情から、まばらな理由に関わるだけにはびこる理由に戦場を用い、朦朧と意識を奪うままにはびこる悪意に隔離され、国家の枠組みに嵌め込まれるままに、はびこる悪意は、攪拌される神経の下で狂った螺旋を中で破壊的な情事に散乱し続ける虫の寝息や、微かな楽園の兆候や、長じる群像にとろける夏の超人思想や、勇敢な者から処刑台へと送るような法律が乱立し、襤褸を隠すだけに拡散される主体に事項を用い、規律に従わせるべく法治国家の義務感だけで、惜別に馳せるだけの理屈に愁傷を授けず、ただ統治すべく、法理で加工だけの理屈が数理に混ざり、誰もがこころを失うだけの薄い膜の中で破壊的な情事に破棄される暗澹な作用に麻痺していく愚鈍なラビリンスの中でおざなりな感覚が兼用すべき事を横暴なものに書き換え、加算される原理に現状は統合される事を正常だ、と謳う事から鬱積していく主体に修繕されるだけの理由を構築しては、瞬く苦悩は生じる事柄に修繕される事だけを交互させ、講じる理由から、生じる答えにより枯渇する事を幼少の頃から覚えさせられるだけの折檻を世界に繰り返し、些細な出来事に怯えるだけの人間性が、誰かをあやめる欠如に至るだけに血族的なものから離れ、人種的なものからはみ出し、はびこる事柄に強襲される現在に際限なく離れ、僅差を用い、近接していく物事に縫合されながら、惨憺たる理由から離れ、横溢する言語を破壊し、反作用的に乖離していく理解から、反物質的な過去から、こじれる脳内の超新星爆発から、垂涎するだけの動機に夜通し迫る欲望の真偽から、敢行する意志にはびこる原理を飛び出し、這いつくばるままにまどろむ現実に浪費されるだけのジャムセッションを続け、綴る意識に格納される音が反響し、確かな音が後続するままにファシズムは消え去り、汎用されるだけの動機に慟哭するような彼彼女らの孤独を昇華させるようなリズムが旅立ち、半世紀の屈従と屈辱の終わりをたたえ、はびこる資本の終わりと、戦争の始まりからの硬度から、強度は見出せず、ただ己の思念にはびこる意志だけが、強制されずに反対運動に至り、反復する正義に反し、ただあつらえる正義に配されるだけの行為に基づく愚論を打ち倒し、生じる原理にこじれるだけの理由に生じる悪意に反し、はびこる間に控除されるだけの近因が背びれを携え、泳ぐ深淵に波形が訪れ、はびこる反響から、環境に与えられるエナジーや、永遠性から、現行にそびえる理屈から、領土化していくだけに逸脱する思念に偽装されるだけの理由が生じ、鮮明なここから、枯渇するだけの猜疑心に至るだけの現用に閉じる永遠も、制度を用い、満ち足りないから、と殻に閉じこもるだけの孤高さや、隠遁する鞘の中で永遠を連れ回し、反発するからこそ、この恒常性は、向上心すらも飛び越え、ただ超越に至る藝術へと印象を昇華させ、どう壊すかよりも、どう創るかにポイントを置き、応じる事柄に生じるルールにどう反するかにより、反省などを持たずに、ただ貫く事だけに理を用い、どう果たすかにより、人心を超え、長じる由縁に用いられる事柄を変革し、変化を及ぼす自らに理由すら持たずに、最たる動機に至らせる事に理屈も無ければ、それを堅持する事すら要らず、要らぬプライドに至らぬだけの理由が投じられ、統合されるだけの事柄に応じる事に横行する理由などに反し続けるからこそ、加算される原理を超越し、兆候に転じる自らに復元され、複製されるだけの事柄を兼用せずに、自らの内で昇華させるの、だ。孤独とは、祝福され、生じる物事に強度を与え、確かな行為に基づき、自らをどこまでも飛び立たせるものであり続ける。