時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

強制されぬ行動から生まれる衝動

生き生きとつかむ先々に無限性の真理が広がるのだ、と惰性な場面に真理は促されるだけに乾くものであるし、かけがえのない意味に命が無用に高揚し、交換される形や価値に家畜化するだけの永遠をしのぐような生き方に形を求めるから、この命は乾くだけに至らせるような現行にとどまり、はまり込むだけに自由を謳うだけの理論に相続される価値にあらがわず、曖昧なままに至るだけの痛みに即座に絡まり、はまり込むだけに惰性な意味に関わるだけに損なわれる今に現象をとどめ、届かぬ思いに滞るだけに今を即席なものに変え、掛け違えた意味が君を苦しめるだけに明晰な判断も失われるままに奪われる価値から、謳われる真実に共闘すべきなのだ、と嘯くカタストロフから、亜聖な者は求めずに、戻される現状にあらがいながら、課せる意味から純度は失われ、即座に崩壊するからこそ、カタルシスを求め、一切に吶喊していく激情から、同行する真理はシリアスな場面で加点されるいびつな邪推を氾濫させては、一貫した理由を失い、理性を謳うだけに、獣へと変貌していくのが、例題を持たぬ頭だけの人間であるし、頭脳とは、使わずにぬけぬけと迫る過程から、カテゴライズされ、あふれるほどにほどけずに、縫合される先々に逓減していく知識も、提要とされる科学的根拠や、根絶される先々に抵抗を生み出さずに、ただ荷担する暴力性に制度を打ち立て、貞操を求める間に操作される形に価値は、はめ込まれ、配備される愛に奪われるだけにレジスタンスは、己のスタンスを忘れ、ただはき出される怒りだけを配備し、関与する状態に輪唱される神話を元手に、羽目を外す限りに、観点を失い、一生は即座に破壊的な主義に陥り、動機を失い、ただ破壊行為に至るだけの快楽に荷担するだけの人間性こそを、人間の本能である、と本能のままに豊かさを謳い、差額を徴収する先々に権利は謳われ、正義が悪意を引き出し、それを贔屓にし、先天的な痛みを分散せずに、些細な言動を剪定する先々に屠られるだけの人間性を謳いだし、出し抜ける者を蹴落とし、健康を奪い、剣呑な者が謳う森羅万象から、オリジナリティーを謳い、斡旋するだけの価値から、キャッシュは生まれ、マネーゲームから下克上から、システムクラッシュから、空洞化する民主主義の空想から、空間的な疎外から、配される悪意の配管から流される汚物や、心象に迫る偶像的な敵意から、マインドは鮮明な形を求めずに、リビドーが迫り、乖離する言動に捕食されるだけに保証されないからこそ、この命は瞬間に輝き、君に「意味を持たせずに、些細な事柄に飛躍するような可能性を世界に残すのであるし、その世界と名付けられる前に社会を謳う前に、この価値は、形を失い、君に求めるだけで、君を求める事は決して無く、備わる限りに損なうものであるし、あり得るものは、ありのままの形を忘れ、ただ誘うだけに飢渇し、価値を持たせる限りに君を奪うだけに迫る事柄に横柄に迫り、狭い価値に狭まるままに、はびこる意志は、意味を着せられただけに過ぎないままに満たないから、汚い」。 こことはどこから分離し、ここまでに迫る君とは、どこから意味を引き出し、ここに意志を残すであるか、と絢爛豪華な戦乱から、有する価値に強請られ、専横されるだけに洗脳的な価値がカタルシスを促すから、冷酷な支配は、独裁的な思惟を謳い、虐げるだけに跳ねる先々に跳躍力を求めずに、どう猛な世界とは、利己的な支配をどこかしこに引き延ばし、引き合いに出される死を邪魔者のように扱い、くさいものにはふたをするだけにフラクタルなものを見出そう、とミイラ取りになるような徒労と労働と、高揚しない間隔に迫る生きるためだけに絶ち、ためらう事から、つまらぬ事を永続し、満足を奪うだけに、満足を謳うような不安感から、不満は継続され、権限を謳う頃には、すべてを述べて奪うだけの価値に至らせるだけの画期的な真偽に真理は理想を供給せずに、虚偽を謳い、孕む今を産み落とす前に愛を用いず、ただ要らぬから、と関わらぬ先々に利己的な権利が迫り、権限を求めるだけにひねもす愛は悲観だけを生み、悪路で立ち尽くす君の手を引くような数多は、君をアバターに変え、課せるだけの意味を着せ替えるだけに世界は危害を含み、起源を持たずに、危険を孕み、はびこる意味に意志を持たずに、虐げるだけに真偽を謳い、伝うままに権力が横行し、横道を歩き、浴びるほどの成因に精神は飢餓し、敢行すべき意志すら、印象を失い、ただ配備されるままの瞬間に配されるだけの簡易な愛の管理下に置かれ、置かれた意味に管理職を与えられ、換金されるままに、簡易な愛は、官僚支配の宦官として、かねがねに迫る意識を虐げるだけの価値を君になすりつけ、君自体を獲物に、君を虐め尽くす構図から、構造的な情交は、行為に迫らず、ただ君の快楽に迫るためだけに価値をためらわずに押しつけるだけにつくづくは集うだけの意識から離れる者を村八分にしながら、はびこる意志は、集積されるだけの個人に帰らずに、痛みを抱えたままに至る事から飛び立つ事を君は知らない。