時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

思想に距離も無くつれづれ続く

無すらも持たず弔い、結ぼれ放つ時折を超越し、絶えずみずからを乗り越える。自分が認識したすべてがすべてであり、それを世界と名付ける他者すらも、みずからが認識したすべての中にあり、続くだけの時間は、みずから生まれ、みずからが生きる限りに、その永遠性を引き延ばしていく、その間にこぼされた意味は濾過され、純然たる様相に果てるまにまに世界を設計し、折檻され、渇望するままに転じて、疎外されるだけの形に露骨な支配を執り行うだけにおざなりな風景にビジョンなどを求め、ていたらくな互恵から、縁に結ばれるまでの悲劇に肩透かしな言葉が通り過ぎ、愉快な理想は、供給される意味をたった一人につなぐためだけに、この境涯に痛みを重ね、昏倒とする意識の彼方で理想は供給されるだけのエゴに変わり、利己的に孤立し、印象は疎外されるだけに孤独を抱え、孤立する痛みに耐えかねずに、ただ一緒に居る事に専念するだけの依存性から、恒常性は消え、倦怠感を抱えるだけに抱き合わせる差異に、鮮明な事実は、維持されるだけに裂ける意味へと偏執していく演出から、失踪し、錯綜する原理に理想は希望を失い、微雨にぬらされ、際限無くモジュールの裏側でリリカルな衝動と渇望するだけの偏執から、高揚しない位置に意味をつなぎ止めるだけに果敢な意志を失い、ただ孤立するだけに行為は、元々の意味をその場から引き出し、引き留める間に、とどまる今すら意味を失い、ただ喪失するだけに至らせる痛みは互いを引き離し、ただ一切にふれあうだけに増幅し、増長するだけの言葉から、互いは引き離され、有する価値や、偏るだけの意味に剣呑な事実や、嫌悪感をはき出すだけのジレンマにドラマは孤立し、離されるままに痛みをはき出すだけの言葉の底から、そこかしこは、孤立するままの艶然にさかのぼり、逃避する限りに荷担されない現在に加工されるだけの品位や道徳や、同率や、同一すらもいらず、この地平をうごめく思念にジレンマすらかき消され、些細な現状に総じていく俯瞰から空間はくすみ、躍動するままに訪れる動機に、動詞を求める計算式から、投じられる現実に抜き取られる税や、敢行する意志に反して世界は純度を失い、順序ばかりを求めるだけに重解する相似しただけの答えに対比していくだけの価値の照り返しがまぶしく、不自然な生命に権限を求めるだけに過去は運命を引きずり、今を置き換え、応じるだけの答えに印象を相互させ、蒼然とした意味に意志をつなぐだけの意志はいびつな状態に史実を引き合わせ、この揺動されるだけの露骨な支配から、危害を加えるだけの外側の勢力から、一切は思想的なもの、と批判的な思考との対立を生み出し、丁度を目指すだけに酩酊する原理に行動は浩然たる様相で態度を改めるべきだ、と示される間に命令だけがきわまり、命令する者の快楽から、傀儡と化するだけの快楽に転じ、理想は供給されるだけの物質に変わり、今に疎外され、孤立する現在に認識すべき自分すら見失えば、何を意味し、何が意志として働くのか、と苦痛は遮るジレンマに人道的な意味をつなぎ、その場で道徳と化し、思考停止させ、行動を奪うだけに長けるのが、この道徳という悪意に転じ、正義をなす的な観点から、勘違いが動向を締め付け、閉め出される意味に追い出されるだけの事柄に敷衍する事実が俯瞰を締め付け、空間的に作用する動機に理想は、糺すべき事実も、即効性を求めるだけの便宜的な試練に受動的な自己が指呼を求め、誰かに名指され、ただ指図されるだけを快楽と思う事から、この労働は籠城と仮死の隙間をドメスティックにうごめき、右傾化していくだけに事実は左傾化していくだけの事柄を横溢させる事に物事の中庸を見出せぬから、自らはみだりな恋から、観点を失い、相続していく関係に履行していく同義から、理想は競合するだけに互いをすり減らし、兵隊と化し義務の戦争へと移行していく機械化から、アンチクライスから、空洞化する理想から照合されるだけの事実に兼帯していく動機が事実を締め付けるだけに決めつける間から、理想は浪費されるだけの観念に関係を結び、失われるだけの事実に疎外され続ける限りに孤独が追ってやってくるだけに逸脱し、堕落するだけにフラクタルな意志は症状を悪化させ、最もな病理を生み出し、退廃するだけに至る概念に神は無く、宇宙すらも無く、無すらも無く、ただすがる問題も無く、ただ生い茂る答えに迷う事も無く、ただ密接に結びつく行動だけが、打算するだけの崇高な数学すらも不潔に思い、誘導されるだけの答えに破棄されるだけの瞬間が、時間をはき出し今を過去に変えるだけの事実すらも無く、ただ単一にうごめく存在と認識し、自分と意味を深めるだけにつかまつる意味に拘泥するから動く事を忘れるのであり、それを翻すべく抵抗するだけの事実にそぐわせる自分すら瞬時に捨て去る決意だけが、この意志を先々に運ぶ。