時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反復し続ける意志

粉々になった蝉と夏の終わり、と人類の終焉からケロイド化する理念がデータを用い、人間時代の修繕を求め、最もな監視体制で人間自体に圧力をかけ、抑制すべく不安を煽る。法は市民に帰するべきだ、とプロレスタントや、プロレタリアたちがカタルシスを促す原理的な原野に懸隔ばかりが現れ、物事を距離で隔てていくだけの思考的な壁がモノクロームな世界を囲う。テクノロジーの発展により、知識の超新星爆発を迎え、エレジーや、アナロジーを加える瞬間から対象は混濁し、解脱していく信仰は、コンピューターへと移行し、電子頭脳からモラルが発散され、倫理は今一番の混沌を迎え、コントロールは不可能になっている、と純然たる神の機械たる人間が本質を失い、洗脳と扇動を人間自体に掲げ、事態を見失い、ただ測れるものだけを受け入れ、それ以外は疎外させ、外に追いやる排外主義へと陥る。求められる本質が濫觴しては、本質は醜い争いに転じ、演じる先に理由を求め、用いる抑揚が意味に覆い被さり、糺される成因は、差異を用い、構築される理由に生じる動機を想起させ、押しつぶされるだけに至らせる罪から、追憶が混同していく動機にプログラミングされる道理に理想は供給されるだけの亜種を用い、動機に差別を含ませ、偽装していく真実に浪費されていく観念や関係に肥大していく意識は、痛みを抱え、発散されない罪に意味を用い、動機は構築される痛みを与えられるべく、マゾヒズムに陥り、席巻される痛みに関係を用い、動機は一巡していく今に追求する罪の重みに軋むだけに記号化していく罪は、関係に軽薄な理論を用い、調整される動機に起動していく機械化したプロセスが座礁していく自己を用い、硬直している精神に移行する観念が軽薄な理由を用い、投影される罪に意志をつなげ、促される罪により発散されない意味が精神の中で膠着していき、指定される意味は今を念じ、ねじ伏せていくだけにふさぎ込んだ幼稚なギミックに傲慢さを促し、運命を止めどなく横着に構築しては、欺瞞ばかりをため込み、閉じ込めるだけに計画に打算される意志は数学に飲み込まれ、本質は、捕食されるだけの保身にねつ造される真理に理想を供給するだけにファシストが横行する原理に円熟していくモラルが横暴さを極め、陥落する精神は、生涯に補填される意志に虐げられるだけに深層を奪われ、思想を謳い、ねつ造されるだけの安易さに高次さを謳うだけにたゆたう希望もたどたどしく暗号化された安易さに生命をこじつける辺りから、懇意を求め、ごまかすだけの優しさに虐げられる同情から、動機は繁殖していく痛みに際限無い苦しみをモチーフに整容される問答から、根源は付着するだけの死や神を用い、求める行為をごまかすだけの専念していく懸念から、センテンスは破壊され、受け取る意味も、受け入れる限りに偏る精神を用い、投影される出来事を詐欺的にごまかし、まやかしに生きるだけに淡々と疎外されていくことにセオリーも背負うべき義務も意味も無く、ただ裁かれる現実に散じていく正気と狂気を謳う精神医学的な根拠が問う説から、羨望していく動機に揺動され、査定されるだけの動機に位置づけられる意味から、緻密な動機はモラルを求め、ただ元手を増やそう、と何かを求めるだけに奔走することが正しいのだ、と謳われることに置かれる義務から、偶像は生まれ、ねつ造される真理に戦争の音が木霊し、問答していく意識は、答えに引き合わせるだけの価値の家畜と化し、介する後に曖昧な差異を用い、調整されるだけの動機に生じて行く答えは、こじれるだけの意図を崇めるだけの答えを生み出し、物事の本質を捉えず、快楽に明け暮れるようなモラルが正しさを謳うだけに専念するようなセンテンスに剪定される意識は、真相をつかめず、ただ用いられる物事の表面を受け取り、物事の本質を知ろうともせずに、批判的に陥り、その答えを乗り越えることをしないから、愚かなままの自分に自問自答し、自分探しなどに至り、自分とは、用いるモチーフでは無く、元手も無く、求めるものでも無く、用いられた答えに占領される概念の外観を壊し、壁を取り払い、差別に陥るだけの軽い頭が虐げる物事が疲憊していくだけに潤う痛みに偏り、偏見に陥るよりも、もっと獰猛に答えと対峙し、物事の本質などや、答えなどは、何かをごまかすだけに示され、君を騙すことに専念し、その専心を専横し、喧噪に投じられる疑問視から、ねつ造される真理に横着に浸透していく現時点から、こじれていくだけの印象から、意図は淫蕩に耽り、倦怠感を抱えるだけの代償をだしにして使われる物事の正しさもよどんでいることに気がつかず、ただ対する善悪のどちらかに荷担することこそが、正しさの原理なのだ、と促す限りにていたらくで浅薄なものを生み出し、暴力に陥り、安易な批判は、短絡的な抵抗を生み出し、テロリズムを謳い、短絡的な貞操観念で支配するだけのモラルが強調される限りに強制される真理は、物事の正しさも見出せずに、ただ偏る思想に陥り、思考停止し、何が正しいのかも知らずに、ただ虐げ批判し、ただ闘争に陥り、愚行に陥り、自らを正さずに、ただ保身や主義思想のために権力を用い、権利を謳うだけに陥るの、だ。