時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ニューロンを泳ぐ多幸感

ポリティカルな解放を孕み、リリカルな心情に慟哭していくドラマがメロディアスな調べを伝え、旋律に刃向かう余韻から規律に反し、権力的な意志に抵抗運動をさげすむような輪唱から神話的な暦を切り裂き、倦怠感をかき消し、生きる刑期と絢爛豪華な資本主義が伝える幻想やら、元素記号が空白を埋め尽くす辺りから、銀河が因果を飲み込み、往復する思念が、反復し続けては、顕揚するだけに牢記する名ばかりの誤算から、誤作動を繰り返し、砕身し続ける辺りから因果は、おのおのに奉納され、こじれる運命にうねりや動機を授け、暗澹としたジレンマに復讐を授けルサンチマンを生みだし、印象に長ける公平さを向きだしにするだけの倫理観が活路を生みだし啓蒙し続ける辺りから算出されることこそが、数理や経済を超え、利益で報われるだけの世を察知するだけの獣が入り浸る主義やらを排除し、よじ登る原理から国籍も持たず擁立していく原因に疎外されては、不軌をはかるだけの破壊的な論理を用い、主張を謳うだけに現象は祖先を持たず、たゆたう原理は、原点回帰し、改ざんされる辺りから印象は消費されるだけの現実から苦悩を伝え、謳われる動機から契合していく動機は貧相な行為に基づき、先鋭化していくエゴを他者に突き刺し、介在する理由を消費しては、淡々と浪費し続けることに権限を授け、些細な出来事に浪費されるだけの現実に鼓動を伝え、生きていることは、この要するだけに悔恨をため込むだけの現実に高揚せずに、ただ達するままにはき出される永遠をしのぐだけに褪せる希望から根底は孤独を抱えるだけに散じては、要する過程に木霊する理論から早熟な孤独たちは、支配を求め、現実を壊すだけに企みを綴る。「暗澹たる浪費家たちは、淫靡な結末を求めさえずる記憶に生じて行く理論を打ち砕き、原型も持たずに、軽減されぬ痛みを縫い付ける辺りに培うことすら育つ育たぬ、と権限ばかりを主張するバビロンから公平さを用い、浪費される観念から関係はウイルス化し、誰彼かまわず与える影響により、最もな病を媒介させるだけにとどろく牽引から行為は逡巡し、その場で動機を求め、とどまるだけの理由を謳い、端的な浪費から観念は軽減されぬ痛みを抱え、早熟な事実に芽生える愛から木霊する済世の声と、再生のための論理だけが、この場を熱くするだけに、曖昧なマインドはプログラミングされただけに概念を攪拌し、背景を黒く染め、行動をとどめるだけに逃避していくだけの帯域や磁場に悪意を伝える。」たゆむ現実から豊かな思想はアナグラムをたどり、耽溺するだけに逸する行動から恍惚を伝えるだけに総和すべく、すべてを取り込み、印象に深みを与え、安易な投影から粛清するだけに至らせる独裁的な道徳から、公徳心ばかりを謳い、社会に取り込み、徒労を重ねるだけに緩怠していくだけに逸脱する過程から浪費される関係に至らせることに置かれる愛などがオカルトに変わり、取り込む愛から、取り込まれ憑依するだけに至らせる現行から、生じて行く淡泊な理由から迫害される過去のカオスに住まいを移し、昏睡するだけに至らせる動機から根底は飢渇し、軽薄な関係に籠城しては、散々な原理に理想を生み出すだけにたゆむ理想は、強調される同調に移送され、移動し続ける限りに偏る思念は対立するだけに対比されるだけの現用に価値を生み出し、奪われるだけに至らせる関係に兼ね合い、昏倒していくだけに遂行し続ける意志は、行為に基づかず、食い込むだけに至らせる痛みに道理を打ち出すだけの計算的な思念に価値的な哀れを下すだけの同情に至らせる卑屈さに加工されるだけの品位がイコールしはき出す原理に恒常性を用い、求める意味から混生し、共生せぬ限りは、互いを憎むだけに至り、いびつな支配を下すだけの緩慢な悪意が行為を束縛するだけに啜る意識は自然と渾然一体にならぬ限りは、限りある傲慢さに、堅実さを売り払うだけの混沌としていく道理から浪費していく要因から、生命は鮮明な意味を失い、喪失していく観念に軽減されぬ痛みは回避すべきためだけに逃げ惑うジレンマにまどろみ、強要されるだけに見失う現在に価値を求めるだけに勝敗は無機質な動機を運び出し、自然で有ることや、泰然的に逍遙し続ける関係に軽薄に結び合わせるだけに情緒は破壊され、嗄声が促す時代的ななにかから誘われるだけに兌換される価値から、加工されるだけの現在に限定されるだけの動機から刻々と締め付けられるだけに至る毎日にレッテルを貼るだけに理論は硬直し、慰留する気持ちは統合だけを求め、ただ憂鬱を引き延ばすだけに至らせることからの超越を求めるべく、弁解を執り行わず、ないがしろしては、なあなあな意志を現在に展開していくだけに過疎化していくアナクロニズムから、杜撰な意志は、採算を合わせるためだけにためらわず蹴落とす思想から、統合されるだけの残酷さをインプットし、本能的に横暴さを伝えるだけの暴君へと化することに現在は加工されるだけの原理に基づき、赤い血を否定するだけの人間的ななにかに囚われるだけのニュアンスから入獄していく犯罪的ななにかから、監視されるだけの社会的な牙城が企てる惰性な思考から生み出される制度が横暴ななにかで私を捕らえるだけに囚われるような善悪に加工されるだけの正しさや、悪が生み出す答えなどに汎用され続けた痛みを与えるためだけに明け暮れるような闘争から等位を求めるだけの制度が扇動する戦争から孤立しても尚、この戦いは、ただの一人になっても続ける意志だけで綴り続ける。