時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愉快な孤独

純然たるものをたぐり寄せ、孤高に渡る現在も、つまずくばかりだ、とうつむくほどに強度を増すような感覚に還元されるだけの原生から、自然体のままで乖離していく離散するだけの自分と交互する苦悩も、すがすがしい場面に昇華し、展開される理由も、生きた正解に散り行き、印象に溶けては、懈怠する場面に消費される理由や、蒼蒼とした壮年期から、懐疑的な思いを下すだけの浪費されるだけの老年期を携え、潺潺と促される思いに遮るものなど無く、ただ現れる限りに疑問ばかりが増えていくだけの弱年者の周辺で私有するものなどは、すぐさま消え去り、思い出になっても重たく邪魔なものばかりであるし、用い、率いても、その場で短絡的な動機に慟哭するだけに至るような理由に折檻され、尖鋭的な理念を用いず、ただ消費するだけに至る時間や、空間的な邪悪さや、差額を求めるだけの欲望や、動揺するだけに至らせる都会から懐疑的な日常を傲慢で埋め尽くすだけに明け暮れ、不満足に暮れゆくだけに希望は硬直し、行為に淫蕩な理屈をつなぎ、尽きぬ欲望は、ただ氾濫するだけに至る思いを幾ばくかの苦悩にくゆらせる思念が紫煙と共に消える辺りから感知する苦悩は短絡的な動向に紛うだけに関わるすべてを憎悪するだけの若気のいたりや、印象に破裂するだけのニヒリズムアナクロニズムな自己に突き刺すだけの対象を求める止めどない青春の暴力性や、星団に帰依する宗教的な補正から、だんだんと老いることを知らずに、その場に用いる時間に滞留し、流浪することを知らずに、本質に不正を繰り返し、下される行為に礎を築かず、ただ根無し草のままに至るような浮遊感にフュージョンする情報に淘汰されるだけの世界や、世間や社会などに席巻されるだけに増す悪意から、慢性的な病を抱え、過ちを繰り返し、濾過せぬ恒常性は、躍動する世界に正解を求め、フィーリングを求め、凜とした状態に追求すべき理由すら複雑な動機に複製されるだけの井蛙者が扇動するものを信じる井蛙な者の反復する理由から扇動され続ける戦争的な理念から、理性は迫害され、ただ同調せぬ者を孤立に追いやるだけの疎外から、蝉蛻すべき理由に自由を用い、モチーフとされる痛みを媒介する今に媒体するだけに重要な理由を用いずに、ただ用いられることごとくに利用され、占領されるだけに英雄視し、翻弄されるだけの崇拝から、人間たる神は、ただ感覚を奪うだけに至らせるのだ、と性悪説が明朗な意味を奪うだけの疲憊するだけの批判から、貧困化していく精神すらどうでもよく、同調するだけに動機は印象にかぶれるアレルギーに自ら苦しむに」至らせる投下から、物事は、根幹も無く、悔恨ばかりをため込み、たじろぐだけに促す物語も愚鈍なままに処理される状態から、商法は詐欺的なギミックを用い、自らの欺瞞を使い、騙すだけに至らせるだけの状態にこじれるだけの理由が軋轢を重ね、判断力を奪うだけに至らせる問題から傀儡と化するだけの暴利をむさぼる連中に廉恥は無く、理念すらも無く捻出される猜疑心から、疑心暗鬼を生じ、鮮明な意味すらつかめずに、不当な理念を追求するだけに突き放される思いは惑星を超え、バビロンや、論議や、交換される死に些細な動機を突きつけるだけに追考していく意識は虐げられ、つきまとう意識がストーキングしていく限りに晩成にはびこる理屈が老いたまでの軌跡を謳う頃には、すべての残骸を抱える身体に回収されるべき位置すら意味を用い、アナーキーに至らせるだけの破壊的な状態から受胎すべき愛が産み落とす虚空から、混同していく意識に疎外され続けるだけに蓄積していく苦悩は能動していく意味に位置を求め、場所が無いだの、と知識の移動を試みず、その場で偏るだけのバカンスに乖離していくだけに万感に貧する思考から、行動は硬直し、その場で失効していく意味と罪の意識から従え、利用するだけに至る物質的な論理から、行動は膠着し、観点を失い、たださまようだけに遮られる現在を悲惨だ、と促す限りに荷担する痛みは、加算されるだけに果敢さを失い、ただ感覚で還元される物事にこじれるだけに至らせる追求から意識は心因に絡まり、ただ憂鬱に支配されるだけに加算される動機は同調と協調の間に些細な動機をつなげ、寛容さを奪うだけに跳ね回る意識は心象を押しつぶし、何事をも見えにくくする辺りに償いを求め、ただ緩和せぬ状態に偏り、耽溺するに至らせる状態からはびこる悪意が傲然たる様相を抱え、誰をも批難する辺りから自由で有ることを用い、用いられる自由は逃避すべき場所を求めるだけにはびこる悪意に支配され、反復する悪意に汎用するだけの意味に広義に解釈すべき理由すら持たずに、ただ汎用されるだけの動機を信用し、シンクロすべき今に条約を求めるだけに生み出される苦しみに大概の出来事は消費的に襲いかかり、君自体を奪うだけに至る。