時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

連動する騒音

物事をどう捉え、自らに昇華させ、自ずと知るべき今に標識を立て、目標を与える意味を引っこ抜き、浅薄さや、浅はかな現況を飛び越え、自らこそを超越し、アカデミズムな態度から抜け出すか? 原爆で生計たてるハスラーになり、だれかれ構わず脅し倒すのが願いか? 絶えず私は私を引き寄せ、確かなものを私によって命じるところに収斂される結晶から、暴力的な排除に至り、誰かの傲慢を止める。意識は歪み、ヒステリックな様子を孕み、民間的な猶予を簡易に作り上げ、自ら織り成す意味に自ら退廃する。言葉はビートを含み、音階に長じる運命を空虚な空間に吐き出し、延々と出し抜く先々に想定される限りの裏切りを含むマネーゲームから、滔滔と流るる先にくみ取る意味も先々に展開される理由を開け広げ、耽溺するだけに至らせるだけの連理から、律動する情緒も叙情的に履き込まれた因果を引きずりながら、貧相な意志や、韻律になびく言葉の分裂症や、正義をほころばせる行為に準じては、静謐な予言を繰り出すほほえみから因果な街並みは、勇躍すべき接続される根底からこみ上げる意志を整容しては、健全さなどを引き上げ、その健全さから生み出される差額などで生活するだけの痛みを運び出しながら、淫蕩な意志から、接続される観念も整合される先々に透徹せずに、ルサンチマンな言葉を運び出し、名称を与えた先にこじれることも、独裁的な主観を用い、慢性的な病理を生み出し、差異と意味の間で愛された軌跡すらも滅びに至らせるような横暴さから、境目も持たずに、ただ察知するままに咲き乱れる今から陰湿に滅び去れる間に観点も持たずに、この視点は擁護されずに、嫌悪感を用い、施されるだけに色あせる今に縫合されるべき傷も、延々と倦厭を運び出すだけの祈りを含ませ、顕揚する意味から今はただ退廃的な藻屑と化する限りに空回りし、乾ききる意味から今は配当されるだけの陰湿な金に支配されるだけに芝居じみた毎日に斡旋されることで嬉嬉とし、生命の根源などがアドレスと化し、観点を失い、感じるままを拒否する空洞化した思念からジレンマを埋め込むだけのうねりから練り上げる意志は陰湿な消失を重ね、行動を炎天下に沈めては、神聖などを促すだけに申請される契約的な何かを滅ぼしながら、法と権力の間で還元される意味から今は関係を錯綜させ、ただ戦争的な権化と化するだけのシステム的な還元から加勢する意識に枢要な意味すら無くなり、この意識とは名付けられた間に関連せずに、損なうだけの存在を抱えるだけに拘束される名称の中で束縛されるだけに至る今に痛みを重ねては、敢行すべき意志に反し、ただ配される意味や名ばかりの現実に損なうだけの関連からアクセスすべき今にもあくせく働くだけの空虚さに至らせることに反し、関する状態に求められる自由を謳い、モットーはルールに徹し、誰かが促すことに扇動され、自分の意志すら持たぬことに置かれる考えなどは、すり込まれた答えに交互するだけに至り、答えを乗り越えない限りは、この枠内からはみ出さず、ただ与えられた意志だけに展開する状態を能動することに、自分の意志など無く、また自分に意志など無く、ただ暗くもひずむだけに運ばれる自由などに操作されるだけに自らの一貫性を失い、一過性の事実に荷担するだけの事実を旋回し、その回転や流れから逸脱することをしない限りに、君の内服する答えは、情緒を奪い、ただ与えられた主観により、差別化し、分別しては、侮蔑するに至る嫉視を生み出し、私怨を重ね、ただ同調するだけに真理たる答えによる、答えのための戦争へと移行する行為を受理することに置かれる行動などに、硬度は無く、ただ脆弱で軟弱な事柄を生み出すだけの怒りから旋回していく道理は、観点を奪われた意味に名を重ねただけに至らせた悲劇にアナクロニズムな思念を条理と呼び、擁護されるだけの観点に関係は、もつれるだけに求められる事柄に行為を受理することで答えを越権せずに、権力の中で飛び火する痛みを転嫁していくだけに専横される精神の内戦化から禍根を生み出すだけの思想とシステムの過多から、偏りを生み出し、カタストロフに至らし、陰湿な滅びを謳うだけのペシミズムに至るだけの同化と同調と依存からはびこる始まりに配備される愛憎から、靄然とした今を相互させるほどに、荘厳な意志はけがされるだけの答えにかき乱され、快感を求めるためだけに陥る脳内の受容体に送り込む信号だけを求める猿の押すボタン的な役割たる他者と対象との関係から還元されるだけの意味が、今にインプットされるだけに繰り返される悲劇に重畳する理屈も、いくつもの答えを今に重ねただけにベターな理屈を吐き出すだけに通わせる動機から搾取され、策士たる者が奪うだけに至らせるだけの答えから権力は生まれ、そこから権利を叫ぶ頃には、人間などは、その場で退廃し、その答えを受け取ることを普通だの素直だの、と専横され、洗脳されるだけに至らされる悲劇を飛び越えずに、言葉の中で孤児と化するだけに至り、親を持たぬ精神は、心因性の悪意に囲われ、偏る意識はただ分裂的に自らの世界を破壊に追いやり、周囲をその自らの世界に巻き込むルサンチマン的なペシミズムで世界を破綻に追いやるのが今までの答えの役割であるの、だ。