時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高揚感を携える恋

存在という空間的な役割からぬけだし、短絡的な出会いや、淡々とした理由から抜け出す。千年先の孤独に費やされた記憶を破棄し、ただ奪い合うだけの卑屈な聖地から逃げ出す。革命は、数千年の義務から抜け出すべく行使される役割から離れ、介する意味を革命に宿す。ただ理は、暴力に支配されず、死が語る愛こそが、この気だるい義務を破棄し、あらゆる行為を受け入れる器に変わる。淡いものは、淡いままにただつかむ間も無く去り行く。死を恨むよりも、死を乗り越える哲学で強度を高める。静謐な運命を携え、荘厳な今を訪ね、相互する悠久を渡り、たゆたう日々に交通していく意味が伝わりながら、悠長に突き進む辺りから抗い、適切に意味を拭い、逃げ込む先に愛すら乏しく、奇しくも結ばれる先に宿る名すら不必要であり、深まる意味も、意志すら持たず、他人行儀なままに迫る関係だけが、軽薄な経過を孕み、はびこる愛憎や、勇躍しないジレンマが肥大し、錯綜する原理に染み渡る厳寒な理屈や、還元される際にほとばしる永遠が無数に結ばれ、憚るだけに募る意識も濁流に変わり、偏執するだけに紛失し、意味は意志を持たずに、来すイメージから意味を排除し、ただ陰る今に攻め入り、何かを奪うだけの観点が、関係に孤立し、響く意味も、君が奪われるままに促した答えを意味と呼び、遠のく意識は截然され、全容に関与しては、関与する軋轢により、自らを葬り蝕む欠如に苦しみ、紛らわしい理由に煩い、凡庸な価値にカタストロフが迫り、乗じる理由に情もなく、ただ奪い合うだけに至る婚姻と占領が形を求め、互いの欠如を蝕むだけに至る関係に希望も無く、ただ奪い合うだけに至る関連から消費される理屈に支払われる義務などが先入観や偏見を運び、確か目を奪い、欺瞞や慢心を生み、こころを歪ませるだけに至る互いを咎め、照らし合わせる虚空から鬱積する理由も狭めるおぞましい混沌から、願いはねじ伏せられ、短観に迫る理由も、君を奪うだけの闘争へと自らを送り込む気だるい昔話から高揚し、悠然と送り込まれ、ねじ伏せる間から観念は雄大な意志を用い、関係を照らす光だけが、微かな災いを昇華させ、藝術的に観念を逍遥させ、嫣然と長ける先々に引き伸ばされる愛が不確かな場面を超越する。存在という核は、数千年の義務を果たすべきだ、と孕む子を無残な世界に陥らせ、ただ苦しむべきだ、と教わる教育から、確かな観念は奪われる、と偏る思想が思考停止に陥らせ、偏るままに思想で操る先に与えられる暴力から、膨大にロストしていく意味が横溢せず、自らが自らを身ごもり、収斂される時代から有用な事実を吐き出し、破壊するに至る原理から、理由は奪われ、行き着く先に境域を生み、何かに線引きを施し、自らが、自らを占有する。誰かに用いられる権利が君を奪い、意味を失い、たださまようだけの原理にエクソダスしていく空疎な聖域から領域は淡泊な意味を命じ、誰かが誰かを命令するだけに酩酊していく原理から、損なわれる過程に結ばれる記憶が泰然的に消費される様を傍観し、成し遂げる後が溶け合い記憶にほのかな夏の恋を忍ばせ、ベターな記憶は数億の孤独を運び、幽遠に長ける記憶から捕食されるだけの記憶をコード化し、安易でアンニュイな角度に忍ばせる記憶も蝕まれ、結ばれる過程に景観を損なわせるだけに対比される青空から、配備される有意義さを捕食し続けるだけの貪婪な内面の怪物が食い散らかすだけに堅持される痛みから固執していく偏るだけの精神は、慧眼さを用いる私の目をけがしよごすのであるし、やがて渇望する価値も、形を用い、何かを奪うだけに観念を移行し、関係に軋轢を施し、縫合する先々に呈する理由も鬱積する関係に軽薄な理性を用い、誰かを占有するだけに至らせる契約から、法律たる権威が加工された義務を孕ませ、破壊された関係に法を用い、破壊された互いの両方を義務的に奪うだけの形から対価を用い、誰かを卑賤な価値で攻め入るだけに生命は補填されるだけの義務から幼稚な支配へと移行し、行為を奪うだけに、打算される破壊的な義務感から迫られる意味は、意志を奪い、身動きを取られなくする限りに陰る生命的な理由と存在たる邸宅を破壊するていたらくに陥るだけに応用される義務は、更迭される存在を自ら見送り、蝕まれる他者が照らす私という存在もみすぼらしく見えるように攻め入られる理由から偽装される概念は虚偽を孕み続け、蝕む関係に専横し、誰かを私に重ね、私は誰かと結ばれることにより、自らを損なうだけを喜ぶべきなのだ、と専横される限りに洗脳され、能動せずに、受動し続ける限りに、この静謐な精神の鍵を誰かに明け渡し、空虚な身体に入れ込むべき若い過去も、ここでは意味を失い、ただ喪失していく観念や関係に軽薄なリスクを背負わせ、横溢する真理に根ざされる愛が静謐な予言を繰り返し、軌道修正を施しては、包囲網とされるだけの観念を打ち破り、この場でありながら、どこまでもいける精神とは、行くという観念に縫合されず、ただ開かれるままに受け入れることに形を用いず、ただ広がるだけを受け入れることに過去を用いず、ただあてがう理由が当てもなく逃避する限りに受け取る理由すら無く、ただ颯爽と消え入る本質に存在たる由縁も用いずに、損なわれるままに仰ぐ今が強烈な愛を用い、受理する関係に軽薄な理由を用いぬように意志をちりばめている。