時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高揚する観念

天を巡る音階をひとつひとつ登り、昇華する幽遠に貧する価値や、比する価値などが消え去る合間に今も瀰漫するままの形に不満足を伝え、追憶を追い越すような行為に逸する形すら持たぬ間柄に逍遙する価値すらも観点を失うだけにけだるく至らせることに置かれる意味に横行するだけの主義主張を繰り出すだけの形に懈怠し、結滞な価値から異物感を用い、朦朧とする限りに陰るだけの淫靡な結末に衝動的な論理を超克する先々にだれた彼らの正気もマインドを奪うだけの韻律に貧し、駆けつける意味から分裂的な文字は、集約されるだけの意味に奪われるだけに求められる動機に収斂していく宇宙から、運動的な象徴に欠けるだけの動機が暴力的に陥るまでの思想的な懇意に苛烈な動機は、ただ狂うことだけを目的に最たる意味を失うだけの錯綜から、最深に至るべき精神も翻弄されるだけに用いられる武器により従うだけの精神に従えるだけの価値などは、渇望するだけの形に収まるだけの些細な動機に繊細な意味も持たずに、ただ冤罪を突きつけ、誰かを陥れる的な資本主義的な現行から幻想は生まれ、ただ怠惰な理屈で消費され、生産されるだけの査定が横暴な支配に利権を授け、最たる意味に権力を背負わせることに置かれるオカルトチックな支配から思想は混同する理由に動向を求め、乖離した理由からケアされる理解に褪せるだけの意味は陰鬱な衝動を重ね、動機に動乱を用い、動揺するだけに至らせる意味から透徹しない状態に収容される今から相続していくだけの嫌悪感とカタストロフから、浪々と位置づけるだけの意味から印象は慟哭を重ね、簡素な理由を時代に突きつける辺りから曖昧な今に照合されるだけの形に収まる限りに、この枠内に収まるためだけの押印迫るがんじがらめな契約上の今から浪費される先天的な病理から、理想は困窮し、根底は飢渇するだけの動機に盛んに消費されるだけのムードに旋律を含ませ、高次な意識に音程を持たせ、用いる動機が不文律に迫る無知な辺りから一体感を含ませ、衝動的に消費されるだけの根源から形は価値を用い、道理を生み出す機械へと倫理的な勝利を目指すだけの民主主義的な敵意から襲来していく敵愾心を燃やすMOX燃料や、求めるだけの欲望の支配から権力的な罪から綻ぶ金銭欲たる快楽的な傀儡が生み出す蕭然とした快楽から、敢行され続ける憎悪の本能から、本質を打ち砕くだけの造言から謳われるだけの価値に用いられる道理などは、理屈を消費するだけの過激な思想をもたらせ、用いる事柄に暴力で支配するだけの限りに陰るだけの本質から真実は奪い合うだけの価値に至らせる動機に競争本能を用い、ちらつく意味からよがるだけの本質は、報うだけに本質を移行させ、恨むべく消費される食物から憎悪が生み出されるサイクルや、扇動されるだけの人々の犀利を奪うだけの罹災から災厄を結び、躍動しない観念は関係に制度を用い、生じる意味に朽ち果てるだけの動機に権能するエゴを主体に、生じる意味を買い取るだけの健忘から、浪費される主題に結末を用い、終末思想を応用しては、横溢する意味から氾濫するだけの思想に領土を奪われるだけの時代的な幸を求めるだけの幸福論の工具や玩具と化するだけの価値に形は奪い合うだけの意味を今に入れ込み、欺瞞ばかりが生み出され、馬鹿や獣が支配するだけの理念に愁然と消え入る本質も、奪われるだけの今に成し遂げる意味すら萎靡沈滞するだけだ、と諦観する限りに陰る本質も刹那に消え去り、差異も無く、ただ抑圧されるだけに陰る本質はヒステリックで消費的な街たる器官に促すべき食べ物たる自己を消費する限りに陰るだけの本質は、この揺動を含ませるだけの腹心遮る圧力的なカタルシスを無理強いするだけの席巻からセンテンスは傷痍を繰り返し、観点を奪うだけの逃走へと移行していく限りに限りない逃走こそが、この簡単な理由に消費されずに、逃げ去る後に結ばれないシステムの本質を見抜き、醜い争いから逃走し、やがて価値も勝つも無く、負けるも果たす意味も接続されるだけの思想に帰り着くだけで、何ら思考停止しているだけに至らせる怒りだけが支配を強調し、やがて勝つけども未来は見たい形に収まるだけで、そこから抜け出せぬ限りは昔のままであるし、やがて収まる意味させも、納めるだけで奪われ無駄遣いされるに至るような欲望から収斂していく先々に時代的な高揚感すら無くなり、達する意味すら互い違いに血合いし、空虚な身体を傍観する精神は、やがて朽ち果てるだけのほろ苦い身体を傍観し続ける限りの陰りから、ニヒリズムに陥り、むさぼるだけの破壊から暴力的な理想で検知していく限りに奪う動機からドラマは朽ち果て明晰な判断もできずに、ただ出来合の本質に補正されるだけの意味に占領され、あたかも私は善良で正しいのだ、と自らを普遍的に虐げることこそを疑うことから、すべての善悪は覆され、正しさを用い、誰かを専横せずに、応じるままの答えを蹴散らし一蹴し、艶然に長ける理由に報じられる意味すら無意味である、と激情をこぼす。ただ遙か無知であるべく、理想などは希望を織り込んだ後に正解すら捕食する。