時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

無すらも超える此処

生きるという孤独を静観に見つめ、先々にちりばめる意味すら君にすら届かず、滞るだけに慢心を備えるだけのエゴから、孤立し続けることを超えつつも、この木漏れ日で腐る独り言のような感覚だけが、関連する実情に放たれ、倦怠感を誘い、憂鬱を森羅万象に突き刺し、最たる意味も苔に囲われ、見えずに入り浸る意味に踏みつけられ、けなされ蹴落とされるエレジーなどは、端的な理由をルサンチマンに変え、ニヒリズムに陥れるのだ、と賢者や、景観なリズムは感傷的な理想を緩衝させる互いの婚姻からあがなうだけの理屈から判然とした理由を取り繕うだけで、惑わすだけの日々に利己的な自己から離心していく互いの恋路も、択一される現実に消費されるだけの価値に収まるだけに集約され、収容されるだけの囚人的な帰巣から本能は氾濫する意志に支配され、虐げられるだけにことごとくを修羅に変え、書き換えられる本能は奔放なままに自由すらも超越するから理由すら持たずに、立場に翻されずに、ただ貧寒な今にも幸福などを求めずに止めどなく創造に統合されることを正常と呼び、本質などは、真実も神髄も持たずに亜聖たる者を作り上げることを崇めるだけの意識から一切は歯がゆく散り行くことに置かれる自分を頂点に用い、端的な支配に至るだけの独裁的な主観に陥るだけに至らせることに愚かだ、と促してもジレンマばかりで、聞く耳持たぬ輩がたかるだけに至り、淫靡な結末に至らせるだけの欲心を抱き、自らの監獄に入り込み、至らぬ感情に用いられる理由などを想定しては管理下に置かれ、監視されることを嬉嬉と受け入れているのにもかかわらず、自由などを用い枠内で果たす意味から紡ぐことに反することに置かれる自由を自由とも呼ばずに、ただ端的な支配に反することに置かれる自己のジレンマが怒りを抱える。「端的な怒りは関係に果たされる義務に置かれることに措置される意味すら打ち砕き、単なる暴力に陥るだけに収斂される市民たる者どもが、民衆を支配し、権力を支配し、民族を謳い、最もな破壊に陥ることに置かれる自己犠牲を謳うだけで皆々様も自己保身に走るだけに至らせるために保たれる生命とは、この場で交換されるだけの欲に支払われる義務に陥る差異から先天的な暴利をむさぼり、偏執していく自由は利己的な思想を操作し、相互する意識は刃向かうほどに自らの怒りを増していき、慢性的な支配を交互させる今にも受け止めるべき愛すら支配されるだけの契約に置かれるカオスたる婚姻に移行していく。」隠逸していく結合されるだけの病に反して利己的な吸収を謳う還元されるだけの意味から根源は朽ち果て、破壊的な道理にリスクを背負わせることに用いられる義務こそが、正解であり、それを保つべきが平和であり、世界であり、社会であるのだ、とアナクロニズムな封建的考えから、完治しない苦悩は納期すべき金銭に危難を携え、たたずむ意志は、互いを従えるだけに示唆する可能性は、過誤を犯し、散財を繰り返し、辺りに何も残さぬような生き方がベターであり、墓などに閉じ込められるような死後すらも硬直させるほどに同調させるだけの真理などを引き裂くために神すら持たずに、困難を歩き、無名のまま行き過ぎる果てにも、生きて超克し、乗り越え超え続ける意志にも始祖たる予言を用い、この命は恩恵を用いず、果たすべき義務すら無く、用いられることに支払うだけの善意すら要らず、蝉蛻を繰り返し、数十億年の眠りも妨げられず、永遠をも乗り越える先に転じて行く私は死すらも超越した先に果たすべき理由すら無く、鬱積するだけの事実に痕跡すら残さず、根底から覆すだけにくらます行方も訓誡を垂れるだけの機械仕掛けな大人にならずに、ならず者のままに去りゆく果てに哲学の鉄を打ち込む鋼も何よりも硬くなり、介する後に映じる風景すら、過ぎ去れば何も無く、何事も無く、幸せとは絵空事のように泡になるべくして、消え去るだけに浅はかな現状に浅薄な意味を吐き出すだけにはき違える身から鬱積していくことこそを書き換えるべく、こんなところまで一人で来たの、だ。「達する今も無機質なままで、凍てつく身体は他人の描写を含むだけに他者との距離も感じず、ただ滞らずに離れるだけに自由すら損なうだけに至らせる。」濁らせる雨ととどまらせるだけの由縁が蛇行し、静謐な予感を奪いながら、秩序を謳うだけの現実から孤立しては、倦怠感を謳い引き離す先々になあなあになりながら、刃向かう由縁に引き延ばされるだけの価値に形を用い、勇躍すべき事実から抹消されるだけの境目に熱情しては、孕む現在に偏執しては、損なう限りの影を追うだけの輩に排除されるだけに最たる意味を失い、相互する由縁に変革を用い、昏倒する意識から懸命な努力を続けたとしても、この懈怠する命は情熱を失い、錯綜しては、狂気に至り、老いたり和んだりしながら、一過性の事実に加算されるだけの理由を隔離しては、破壊的に陥る由縁に廃棄処分にされ、回帰する先々に利己的な蝉声がなびく夏も清貧さを失い、もたらされた権力により、歪んだ感情を放ち、民衆を見下すような支配者の暴利から理念は喪失し、進行する痛みに解除されない幾ばくもの苦痛から逃れるべくいらだつだけの街並みに回避される物事も、モラルを用い、何かを奪い、事実を堅持するだけに至らせる今からいぶかるだけに至り、消費される物事は、構築されるだけに愚鈍な理屈を謳いながら、物事を隔離し、緩和しない状態に攪拌される差異から観点は奪われ、この朧気な秩序は物事を旋回し、幾夜をも支配的に操作し、根底から奪うだけの理屈からいいわけを放ち、慢性的な痛みの暦に引きずる卑屈な精神から幾夜をも装置的に配置し、相似するだけの同調から求められる幸福から交互していく由縁に統治されるだけをもくろむ独裁的な主観に制圧されるだけの物事に静謐さは無く、ただ憤懣をため込むだけにたじろぐ由縁に交差していく精神がさまよいながら、悠揚に羽化する俯瞰を飛び回り、延々と行為に基づかず、独創的に解除していく理由から縫合されずに、傷をかきむしるままに、この無神経な世界を世界と呼ばず、最たる威厳をたどり、確固たる自らに基づく印象だけを捉え、途絶えずに物事や文言を乗り越えていく。