時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

残虐な虚空

変革を叫ぶ原野は、パラノイアと化し、関連する状態や事業を食い散らし、総和せずに、獰猛な意志だけで根源を食い尽くし、鬱積する心情に同化するだけに投下される理由も、理屈を用い長じるだけの陰険さを現在に用い、根源を奪うだけに昏倒するだけのパラダイスはどこか? と促す頓馬な自己から孤立するだけの群像は投下されるだけの理を確かなものだ、と信心するだけに避ける問題は、心ない何かに形を作り出し、浮き彫りになる出来事を枠にはめ、価値を用い、交互する意識は淫靡な結末に陥るだけの現存に陥るだけの理由を用い、ほどよく縫合される先々に行為を残し、用いられる理由に処理されるだけに消費される今が些細な苦悩を吐き出し、はき違える理由から、理想を供給し、追求すべき事実も無いのだ、と心残りを吐き出す巨大な街は、閑散とした理由に戻るも卑屈な己になあなあな今を背負い、乗じる理由に行方不明になりながら、たださすらう意識こそが、確かな放浪を続け、追憶に貧さず、臆すること無く、ことごとくを打ち砕く原因を用い、己の価値だけで嵩む理由を超克し、緩和するだけに緩慢さを生み出し、その緩みから、ゆだねる意味すら陥るだけの落とし穴を作り出し、瞬く間に生まれるラビリンスに理想は驕傲さを用い、問いかけるエゴは、宛然に捌けるだけにつまらない出来事に償いなどを求め、失速する心情がシンジケートを用い、そこに権力で陥れるジレンマに惑わされるだけに至らせる前衛的な交互から、光年を吐き出す思想から、集約される因果を蹴り上げ、延々と浪費するだけの苦心から離れ、反する先に生み出される創造性こそが、連動する位置を打ち砕き、察するまにまに創造はマニュアルを用いず、求めるだけの永劫から、ことごとくを生産的に打ち出すだけの戦争から、固執していくだけに知悉しないのに引き出される答えから、唾棄される苦悩は納期を求められるだけに抱き合わせられ、消散する先々に抵抗を生み出さず、ただ打算される出来事にごうごうとうなるだけの出来事に季語を残し、根底から収斂される物事に法則的な何かしらを執刀させる原因から、現用は各地に偽装される存在を用い、己のペルソナを行動させる先々に権限を用い、混同する意識から革命を利用し、変容する史実から生み出された時代などに利用されず、ただ名も持たず、かっさらう先々に淡々と浮かび、ただ流されることに反し、ただ関することに流されることに黄昏れながら、連綿たる自分から、自由などを打ち砕き、達するままを愛することを始めることが、はじめる、と言えるのだ、と打倒な意志から淘汰されるだけの家畜がチクタク促す時間から、沈積する理由に自由を用い、破壊的な事実を乱立させるだけの性善説が促す独善的な支配の経路から、回路を打ち砕く鉄槌用いる抵抗勢力の清涼感などは嘘であるし、満たない自分を暴力で改ざんするだけの堕落した死者であるし、曖昧なマインドを放ち、占領と占有と洗脳を続けるだけのていたらくに思想すら無く、ただ指導といわれる折檻を続けるだけに綴る意識は格納され、十全たる核エネルギーとして純然たる理想を既得権に変え、還元される形に金銭を生み出すものだけを確かなものにし、嫌疑も持たずに、演技し続け、自らに猜疑心を用い、微細にわたって染み渡る悪意だけが、曖昧な自由を叫び、物事に価値をすり込み、関係に官憲が生み出す宦官たる掟から狂った螺旋を生み出し、世界をかじかみ、世界を加工するだけの禍根を生み出し、感性を奪うことに統合されることを正常と呼ぶことに交換される正義を正義と呼び出す愚かな気配から、蝉蛻すべく、人間とは、人間を脱ぎ捨て、次元を捨て去り、衰退しないように自らをすぐさま変換し続けるだけの記号や数理を捨て去り、均等な位置や、平等を歌うだけの原理から離れ、反照される正義から、理想は悪を根源に、権力を官僚に変え、量子を現前に還元し、監査を続け、緩怠に至らせるだけの原因から強行される理屈から生じる痛みは意味合いを用いずに、果たすだけの理由に理屈を用い、構築されるだけの出来事に散々な原理を用い、問いかける悪意からエゴが生まれ、促される出来事を食い尽くすだけの貪婪な人間性だけが賞賛されるだけのメディアに扇動されることを嬉嬉として受け入れる普遍性こそが捏造されているのだ、と気がつかずに、何かを促し、気づくべくなのだ、と促す人間が空虚な理屈を放つことに置かれる愚かさを知らずに、厳かな今に感知すべき理由も、理屈を蓄積され、構造的な理由から相続したマテリアルや、リアリズムや、文字などが愚かさを虐げるような世を世とも思わず、思う前に朦朧と浪々と促す先々に定理も無く、提言も無ければ、この無くなるだけに裂ける出来事の割れ目に自ら陥り、物事の深淵を覗くべく、この命は位置や意味を持たずに、ただ逸するままに蓄積されるマニュアルを燃やし、朦朧と蓄積される畜生な意識から、接続されるだけの観念から離れ、緩衝するままに和らぐ互いから、促す互いの愛から攪拌される半径に確かな愛を配膳し、沛然たる様相にだくだくとあふれる希望こそが、固執しない未来に集約されては、混同しない意識は、確かな道筋にミステリーを用い、道理に反し、関するままを愛する。