時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

生み出す理

やり通し、突き通し、突き詰めた者にしか批判することはできない。ただ飛び越えた者は、批判すらしないもの、だ。矛盾した自己すら飛び越える辺りに、なんら相似する物事も無く相克し、酷使した身体を淫らに扱う。面影は、些細な激情の住処と化し、苦しむ自己を具現化し、権限を用い、確かなモチーフとして自らを投身させることに置かれた自らが指し示す場所などに、確かな意味すら見出せずに、ずっと連なる今から時間は加工され、物事から懸け離れ、従事するだけに、十全とした今すら見出せずに、たださまようだけに酔いしれ蛇行し、利用するだけに、価値を置く。定理は結ばれるだけに放たれる意味で露骨な支配を続け、逆らう者に容赦はせず、誰が、誰を操作し、誰が何を信じ、謳うのかを見抜けぬ限り、過ちには気が付かず、ただ達するままの憎悪が悲嘆に暮れる。ただ有り余る時間だけが押し寄せ、物事を破棄させ、数々のジレンマを擁立させ、膠着させるに至る原理から離れ、我々は、自ら気付く事柄だけに、横柄さを重ね、あたかも得たものが、単に消費され、去りゆく現状に、激昂しては、殺風景な位置に意味を重ね、果敢に挑まずに、いつまた攻め入るのか、と内戦を内心に迎え、自己破壊に陥り、迎合されることへの傀儡として、今に付着し、今を仰ぎ、逸脱するままに儘ならぬ住まいに移し替えては、印象に消え入る本質は、確かな言動も持たずに、保たれる意味にもたれかかり、保たれることだけを、真実だ、と促す。従事すべき何事も無く、ただ不埒な自由を掲げるだけに、重ねる自己とは、孤立していき、何もかもをはねのけ、孤独に治らないケロイドの大地を歩き、阿諛者が謳う限度額や、資本的な論理や、更迭されるだけの持論から相続する価値などは、加点されるだけの浪費されるだけの笑顔とエゴの隙間に差異だけがあふれ、愛すら失うのだ、と打開すべき自分すら見出せずに、緩和せずに、我が物顔で支配者として折檻する世界などは、単なる名称を掲げるだけに満たない機械的な論理を重ねるだけの罪に罰を捧げることに関して怪しむべきであるし、誰かを自分の精神に投射し、誰かを自らに幽閉することを精神科医が推奨するような自我を飛び越え、横暴な支配から孤絶することに嬉嬉として対立する対象的な自己から横溢していく真実も、時間を用いられ、専横されるだけの暴力の気配に達し、アナクロニズムな夏を超え、応益を求めぬ秋を歩み、風化する冬に転じる慟哭から、衝突する春へと旋回していく楽しい知から逸脱する世界から、加算される現行に排斥される自分から抗うことに呈する自分を相続しては、アニミズムや曖昧な気配を邂逅させるような自然的な対立から、思念を飛び越える倒錯的な自己から利己的な鼓笛鳴る偏執する自己から、行為に基づく動機から放たれる瞬間に循環していく一生とは、永久を謳うだけに明け暮れる未来へと転じ、歯止めも無くメモリーをかき乱すだけに回路を焼き尽くすほどの憧憬に馳せる淵源から潜むあこがれや、ヒロイズムすら超越することに襲いかかる孤独の鼓動が鳴るあでやかな論理から、焦熱する大地に冷めた感情なびき、嬲るだけの集団心理から、深層崩壊する解体する死から、幻想的な構造に課せる思いに問う悪すら無知なままでは、ただ善悪に荷担し、両者の悪意により、自問自答し、回答を待たずに死に至るのです、と促すだけの諦観などは、構築されるだけの憂鬱に支配されるだけに至る自分を解放せずに、ただセンチメンタルに陥るよりも、自らの強度を試すべく、ためらわずに、深淵を覗き、自らを問い続ける者に、弱いも強いも無く、ただ覗く者にしか与えられない視点であり、そのジレンマは、試練では無く、ただ飛び越えるべく備わる自分すら苦とも思わずに、転じた先に伸びる意味だけが、陰湿な現状を飛び越える糧を授け、惰性な史実に反し、事実を飛び越える獣として、獣たちの論理を飛び越え、アカデミズムに支配されている官僚機構を打ち砕くべく、唾棄すべき苦悩に数理も要らず、理念は解消されるだけの猜疑心に移行し、誰かを見下すだけの知恵へと移行し、物事をフォーマットせずに、過去にしがみつくだけの道理が促す答えなどが構築する正解や世界などに正しさを促すだけの社会たる枠を生み出し、その枠に反する者だけを己の価値で罰するような世界などに正しさなどは無く、ただ嵌め込む理由から、嵌まり込む今に至る病たる苦悩から現行はゲノムを泳ぎ、配される情報を受け取るだけに枠に嵌めるだけにはびこる意味は意志を用い、力で支配しよう、と企み錯乱する人々を飲み込み、鵜呑みにする情報にだけ左右し、それを思想だの、と促す思考停止状態から刃向かうことを恐れ、ただ嘆じるだけに至ることを生きるというならば、生きる屍どもが跋扈し、生きるという幻想に幽閉され、捕縄されることを嬉嬉として受け入れるマゾヒズムに犯されていることに査定されるだけの婚姻から、関係は怯懦を用い、恐れる私感から寛容さを抜き取る傲岸不遜な論調から、想定される事実などが屈するだけに永劫は消費されるだけの時間にとどまり、ただ達することを永遠と呼ぶことに老いていく価値は、荷担すべき自由を用い、淡々と支配の経路を結び、契約しない者を排除するだけの排外主義へと移行し、ただ人種を用い、レイシズムを促し、ファシズムへと移行し、軍国主義へと成長していく過程から肯定される人種とは何であるのか? ただ人種を用い、排除することを成果とするだけの者こそを怪しみ、その者が支配しよう、と企むことを見抜くべきなの、だ。今与えられている意志すら与えられただけに満たない思惟であり、意志であるのか? 本当に自分の考えであるのか、と怪しむべきなの、だ。