時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反芻する意思

たちまちに温度も消え去るような凍てつく心象に迫る鈍磨な感情が、損なわれるだけの怯懦に蝕まれ、離れ合う季節に断続的な試練を授け、延々と演繹する隙間から瀰漫していく不満足な声が関連性を喪失し、横溢する誠実さも、嘯くだけにあたかも迫る断罪を受け入れ、観点を失い、早熟なメロディーに耽溺しながら、ハーモニーなびく風景から、倦怠感を拡散し、整容な季節に事実を錯綜させ、健全な大地にしみいるファシズムや、君の孤独が思い描く成熟した観点や、君の子供が描く愉快な空想や、構築される明晰な判断から、季節は、静謐な思いに降り注ぐ幸福論につながれることなく、自らの鎖は、自ら千切るから、この力は、絶えず反発し、反復しながら、しなびた酩酊を繰り返し、発芽する季節になれば、バラバラの身体に出会うのよ、と君は笑顔で偏執するこころの痕跡などを追いかけるから、ただ脳が促すだけの信号に堕落し、快楽に陥り、書物の中で交わるエロティシズムに筋書きも無く、ただけれんみの無い芸ばかりが、あたかも藝術のように締め付ける午後から、簡単な言葉などに交わるドメスティックな痛みから、執拗に迫る段階から核融合していく疲憊した心情に浪費され、浄化される君と嬉嬉とした噴火から、寡占するだけの権力的な傲慢が空疎な時代を席巻する限りにすれ違うエレジーも、淵源に迫る業火から、火と精神性は、静寂をモチーフに、自然の模倣を繰り返し、残るものもあらず、残る者すら居なくなるのが、この生命の理のように指名を授ける森羅万象の観点から、継続する意識は、清貧さを用い、奴隷化しないように、加算される原理に反し、答えとは、持ち込まれる以前の純粋さを保てずに、破壊兵器に変わり、君の精神を破壊し尽くすし、考える前に答えにより、打ち砕かれた精神は、真理を謳うだけに至るだけの形にとどまるから、自らの欺瞞と傲慢に気づかずに、季節を封緘し、ただ送りつけるだけの傲岸不遜が目につくのであり、下されるだけの判断により、判然とした判断は、幼気な気持ちに虚空を促し、能動する限りに陶然と消え入るだけの真実は露骨な支配を促すだけに明け暮れるから、権力は用いるものを選ばずに、ただのさばり、暴虐の限りを尽くすような者を選び、権力の使い道や、果たすべき位置や、意味などをむやみやたらに配するだけに敗残していく痛みは、不透明なままの自己を不鮮明なままに利用するだけの自分が利己的な私情を促し、この心情と同期しよう企み、内部で軋轢を加え、適齢期を謳い、修繕されるべくプログラムに追い込むだけにウイルスと化する自己などが、自我を謳い、さめざめとした現前に消費されるだけの普遍性に不具合を伝え、風化していく議論から、偽装される真理は、真実を超克せずに、散々な道理に離散していく形式から、美醜を漂わせ、ただ歯車としてぐるぐる回るのも、君がよしとするならば、君の思うがままに回るべきではあるし、一貫した生き方などを呈する頃には、露骨な支配が、この身を締め付けるのであるし、この惨めな王国の中での横行から、多くは要らず、至らぬ思いに懊悩し続ける限りに引力に引き寄せられる世界から、凄惨な四季が迫り、生産的な思案から、案じるだけの牽引から、敢行されるだけの意志を引っ張るだけに、引き合いに出される物事に反することから、この孤独は強度も増し、シーンに観測されるだけの流行的な荘厳さを齟齬させ、相互される隙間にさえずる記憶も粒子に変わり、領土を奪い合うだけの物事に堡塁を作り上げ、物事を囲うほどに鬱積していき、ほどけぬ思いは、応用されるだけの真実に利用され、事実は、査定するだけに最たる人間を作り上げる器官として成立するような世界的な母体に変わり、生み出される神経は、はじめての人間を査定し続けるだけに信仰の内部で愚鈍に麻痺していく限りに陰る命から、慟哭しては、最たる意味に屈従する今から刃向かうことを忘れ、自ら収納したいたずらな刃で、自らを傷つけるだけに域を生み出し、渾然一体すべき今にもファシズム迫り、軍国主義に至るまでの欠如から、結実していくビジョンに、風景は枯れ果て、彼は惰性な糧を用い、道理を踏みしめ、ただ信じられるべき自身を消費しては、最善を尽くすかのように、加工される真実に露骨な支配を下し、ただ関連する苦しみに連動し、連想する今から、心因は、膠着し、健全な理由も持たずに、ただ立場だけで繰り広げられる理由から、感染していく痛みが配備される愛憎に排斥されるだけの出来合の真実に浪費される事柄に根治され、高揚感を謳うだけに混用していく動機は、正しく攪拌されよう、と混ざり合う悲劇に偏り、自らを惨めだ、と謳わされる欠如に至ることに気づくべきであり、気づくとは、毒づくことにより、どの硬度も増すらしい、と真理に反し、関する自由にすら反することにより、利用されるよりも、能動し、うごめき巡ることに、自らの意志でうごめき想起し、創始することに創造性を用い、透徹していく今から位置や意味を吐き出し、淫靡な欠乏から、結実な今に斡旋されるだけの物事に本質は無く、ただ沈積していく今に指定される痛みを吐き出すだけに廃棄処分にされる曖昧な余韻から、因果律を引き出すだけに擯斥し続けるだけの理由に品位など無く、その頻度により、排出される真実は、自らの正しさすら見失う。