時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

哀傷を抱える季節

展開する理由が、即座に巡り、確かな意味を配給し、すかさず放つ理由に長じる意味を損なわずに吐き出す退屈な互換を終える先に意志は、最たる意味もつかまずに、ただはびこるだけの理由を堅持せず、先天的な領域に猟奇的な量子を重ね、現前に果てるだけの論争に疎外感を覚えるだけの覚束無い孤独を論証に巻き込み、言葉を路地に吐き捨て、ストーリーを路上で転換させるだけの画期的な方法を残す先に、相対する動機が離床し、生命的な横溢を繰り返し、健全な動機に最たる道理を用い、生命的な嘔吐を繰り返し、感応していく刹那に接続される観念を描くだけの中空に羽化するおもいが、飛び立つ先がデータ化されるだけの根源を引き抜き、捉えるべき事実を抱擁する優しい領域から、観念は、消費されるだけに斡旋されては、色あせる先々に詰まる思いを後続し、高温多湿な浄域に感情を預け、天命を裂くほどの雷に打たれ、たゆまずに抗う精神が、帰路も求めずに、ただ混沌としていくだけに指定されない精神は、用いられることに反し、関するだけに至らせる答えや、そこに用いる法理などに、理念を、明け渡さず、相対するままに、途絶えずに続ける意味だけが、苦しむ意志や、虐げられる思惟などを超越し、宛然に長ける動機が、退行せずに、ただ進行するだけに、信仰すらも捨て去り、高揚するだけに関係は毒されず、淡々と逍遙し続ける先にみだらな君も、空間的に割り込む動機に執心をこぼし、神々しく昇華しては、最たる意味に屈従せずに、センチメンタルな根底に観点を移さず、謳うだけの道理に鬱積する痛みに配役を与えずに、延々と演繹し続ける先に、システムすら飛び越え、死すらも跳躍する先に、綴じる永遠だけが、その場で一冊の書物に変わり、感応していくだけに、鬱積する動機が通わす血だけが、確かな理由を描き、対する形式に反し、試みるだけの形も持たずに、道化として現れ、慟哭するまで、知覚をくすぐるような妖艶な真理に硬直せずに、尖鋭的な論理を用い、高揚するままに、止揚していく思想に根源は、剥離する自由に屈するだけの自己を、利己的に消費せずに、システム自体に供給される苦悩を濾過し、混淆していく自傷的な回路から、心象に蔓延る痛みを窮境に生み出すだけの蔦や蔓を生み出し、物事に絡ましていく思考的な根を張り巡らせるだけに、配備される愛に教条を告げるだけのやさぐれた私情に破裂していくここから、浪費されるだけの関係に至る痛みへと食い込んでいく混濁から強調されるだけの痛みから、意味合いは、不潔にコードを書き換え、啓蒙に至らず、ただ関与するだけに、縋るだけの者を境地に集め、嘯く加点から、力の倒錯から、生産的な深夜から加速する由縁が、行動を疎外させ、ゲノムに生み出す論争から、バビロンに押し込められるだけの健気な理想も、高揚するままの子供が描く真理から拡散される浪費的な観念に希有な事情が備わり、蝉蛻していく先々で昇華していくだけの自らの藝術に森羅万象が咲き誇り、配当されるだけの金から、仮想していくだけに指定される御身から、資源は邂逅するだけの回答を求め、ただある答えをあるもののように締め付け束縛するだけに至らせる動機から、根源は加工されるだけの品位に悄然としていき、指定されるだけの試みから、身体は、加工されるだけに明けくれ、最たる意味を牢獄に入れ込むだけの法の観念から、解消される原理に疎外されては、展延していく思考の表面を、膜に変えては、入れ込まれるだけの動機をはねのけ、排外的な主義から、大陸的な傲慢さや、傲然と背くだけの反証から、肯定的な真理にうずくまり、求め合う理想から、供給される行為に品位を求め、貧寒な意志が徐行しては、行為にアニミズムを生み出し、鬱積する言葉を高揚させ、ここに確かな動機を落とし込め、錯綜するだけの状態に構築されるだけの等位から、カタストロフが生まれ、生じる状態にヒエラルキーを生み出し、緩衝すべき互いを摩擦しては、毎日の寂寞をうろつきながら、疎ましい状態に正体を隠し、閑散とした領域に頓挫していくだけに座標を狂わしもだえる心情に横溢していくまがまがしさが、構造を打ち倒し、即座に併用される言葉から、相違していくだけに堕落していく本質から、共闘していく互いが戦争に陥るだけに往往としていくだけに判明する本質は、損なわれるだけの影に覆われ、猥雑な領地に即座に公約を用い、口約束が捉える状態に心ない何かが、ニュアンスを用い、保たれるだけの胸裏に攻め入る根源から、生気を失い、端的な理由に捉えられるだけの餌と化するだけに、攪拌される状態に改善される事実から、損傷していく部位が頓挫し、毎日の怪訝さに苦しめられては、加配される愛に配下を求め、ただ従え、従う者に上下左右を教え込み、洗脳するだけのシステムから、境地は、各層にしみいる悪意で動く国家から、根幹を腐らせるだけの昏迷した状態に頓挫していくだけの試練から、焦熱しない憎悪が燃えたぎり、何もかもを燃やし尽くす限りに陰る本質から、収容される痛みに乖離していくだけに定期的な憎悪を生み出すだけの思想から解放されるべく、私たちは、他人の者のように重ねられる答えに至らせるだけの状況から背反しては、さげすむだけの帰路を絶ち、ただ備わるだけの理想をたかだかと持ち上げずに、あえて反するままを超克する。