時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

基づくままのこころ

注がれる過程はコピーされ、瞬く間に隠蔽され、秩序を乱しながら、陥落する精神から利己的なドライブを繰り返し、フォーマットされる精神世界から、加速していく自由度に批判的な森を越える孤独者から乗り換える先々に点滅していく恬淡な道筋から、記録を変える帰路から、鮮明な過去に憧憬をひしめかせ、引き裂く理由から横溢していく主体に荘厳にきらめく宿命に彩られる果てから、カテゴライズされるだけの兌換を終えた世界から季節を引き剥がしては、喪失していく状態に交互しては押し返す意味を軌道修正していき、対象とされる痛みに行き交う原理から理想的な競合を繰り返し、強度を保つだけに幻想的な理論を積み重ね、昏倒していく域を称えるだけの神を唾棄し、混同していく意識から形跡を踏みにじるだけの高貴さに純度をもたせては、引き裂かれる原理に明かされる言葉から法理的な拘置を反動的に擁立されるだけに些細な現状は、孤立する運命に動機を託し、その永遠は、制御不能になりながら、内積する果てに生じていく過去から備わる壮大なシオニズムから、心象は祟る神を編みこむ意味からドメスティックに乖離していく理解に相続されるカテゴリーから亢進していく動機にエッセンスをまぶし、淵源に果てる過程にこじれる後から流動していく胎内に行為を残し、産み落とされた後から盛大な愛が善悪も携えずに、ただ讃えられるだけに向かえられる現世に加点されるだけに堕落しない今から差し引きを行い、飢渇するだけの世界から効率だけを求められるだけに連動していく過程に統合されるだけの精神性に取り残されてはロジカルに浸透する深層心理から離反し続けていく懈怠から、解体される心情に混同していく怜悧な生き方から、座礁していく座標軸から、次元的な終わりから帆翔しては、見届ける先々に反響していく生死が利害関係を飛び越え、超越し続けるだけに追憶を追い越し、老いぼれる愛から加勢される原理に離散していく今朝から、懐疑的に結ばれる彼らから、解消される痛みやら解放される星の記憶から仮想していく過程に生まれる悲しみを受理する終電に乗りながら、長らくは、本質を見失う動機にカタルシスを引き出し、打算されるだけに貢ぐだけに滞納していく恐悦を抱え、倦怠感に交互しては、締結していく今に集結しては、痕跡も残さず、溌剌を消え去り、発散される後から解放される動機から両立していく本質に記号を残し、行いは判明される先々に投棄されては、秩序を用い、応じる過程に用いる動機が横溢しては、離散する過程に、試みるだけの価値はカタストロフに至り、憎しみをかき消した一切の形跡に一矢報いるだけに無垢な白昼夢に起動されるだけの価値観に化合される道理から機械的な応答を繰り返し、利己的な正解を促すだけに情事に果て、悲観していくだけの遠因に果てるだけの円環をめぐる永遠性に交互していく集合的な愛から、可決していく君の言葉も、乖離していく果てに加点されるだけの答えに満たない声を濫立させ、答えすら踏破されるだけに淘汰されるだけの宿命を抱え、加工されるだけの貧困化を向かえては、経路を失い彷徨うだけに至らせる痛みにはびこる意味に探した君すら過去の異物に変わるだけの慰撫を今に繰り返す過去の顔が無い面影を漂わせる一途に重なるだけに通わす意識すら他者を介した後先に青臭い刺激を残すだけに体たらくな落胆を繰り返すだけのアンチテーゼを吐き出し、メタフィジカルな理想に商業化していく資本的な杜撰な審査や示唆に組み込まれ食い込む後から価値の化け物と化するだけの女性像に相続していく保険から良俗の風景などを封建的に放送するだけの情報から操作されるだけの機械兵たる男性像から、尊称していくだけの価値に価値を折り重ねるだけの価値に加工されるだけの君などは計る事しか知らず買い取る自由に買い取られる事が、あたかも自由のように謳うコマーシャリズムの豚であるべく、ベクトルは、理解を含まず、関係性に依存せずに、蝉蛻していく限りに用いる原理に恒常性を保つだけに齎される意味合いに交合していく性的な理解から、悔悟は一切に飢渇し、換算される主体に悔悟を貯めこみ、一切は、巧緻な理想に競合していき、競争は過激さを増し、散漫な動機にエゴイズムを貯めこんでは、混濁していく意識に思想を与えず、ただたゆたう蕩尽に至らせるだけの角膜に隠される原因から露骨な支配を繰り出す独裁的な主観に陥るだけの豚のリスクから、理想がリゾーム化し、ノマド化する自由主義的な主星を超新星爆発させるまでに至らせる程の熱量で仰々しくうつむく過激な原理に滞おるだけの動機に流動しては、創世していく果てにエクソダスしては、演奏を続ける理由を綴る事だけが、この本質を握るだけの要因に合理的な主題を吐き出すだけのシステムを乖離させ、根底から相違していく果てにこじれる事から入り交じる果てに誘導される本質に真理を見出すプロテスタントも、異端を重ね、関わるこころに喪失を重ね、統治されるだけの心は横溢する瞬間を欺瞞で偽装していく。