時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

自由とは、裏切るものである。

民衆の鈍感さでもって、私を抑止せず、何事にも屈さず。自らを殺めるのは、自らによってだけで、ある。ニーチェ宗教的ルサンチマンや、人間的なニヒリズムと対峙した純然たるエレジーが促す真理や心因が国家的ファシズムを鉄槌でもって打ち砕くことに、暴力などや、諦観などいらない。凌辱と観念がぶつかり、背反する互いを対象し、真理を弄る暴利を貪る輩が跋扈する。無記名のファシズム迫る格納された朝も夜に虐げられ、己の愚かさに屈従することを、倫理と呼び、その秩序に反する者を排除し、体外的に排除し、続けることを皮切りに、問題に深まる差異の溝を埋めることだけに、既存の答えは、価値を用いられ、最もな理由であり、それこそが、それだけが正義なのだ、と自らの利己的な判断に陥り、何が正しいのからすらも見失い、与えられた答えたる餌を貪る畜群と交わり、意味が無い子を産み落とす。事実の暗部を覗く。深く切り込まれた痛みが実体に蔓延り、苛まれる事実は行方をくらまし、物事の本質自体を切り裂く。私とは此処にも居なく、ただ瞬時に存在は隠れ、他者から照らされ、損なわれた存在もいつか大きく輝く。そこには永遠があって、淡い幸せのようなものが、現実をたぶらかし、うらぶれた輩が対立し、愚弄を重ね超越する瞬間に循環し、行為は純化し、自らに屈従せずに浪費する関係は、老化して行き、行き先に瓦解していく理解も、利己的な動機を対象にし、センセーショナルな道理を促し、屈託無く笑う先に流動し、誘導する先々に悶えては、乖離する今に逡巡し、巡回する先々に改ざんされる数多に乖離し続ける。グランドフィナーレ迫る現用に瀰漫する不満足の形が意味を飲み込み、麦畑から見える永遠が彼方まで連なり、ただ不安定な夏や夜を飲み込み、潤いあふれ、初々しく現在に発芽し、確かな意味をここに咲かせ、せせらぎ歌うは、遥か無知な雲と呼吸を忘れた深緑から、蝕まれる酷寒へと移行していく四季のプロセスが躍動し、数々の欺瞞を昇華させ、仄かな微笑み、と融合し、自らの高揚感で巡る今から確かな意味は今に生み出される。豊かな自然性を用いても、誰もが裏切られる結果に至り、退行する意識は、空間的な空虚に陥り、自らの陰鬱さに屈従する欠如を受け入れる脳内に循環すべき、純化させる静謐な血すらも滞る限りに、憂鬱は、圧迫感を加え、自らの世界性を混沌に陥れるだけに陰る本質は、誘導される差異に透徹されずに、ただ引き合いにされるだけに陰る本質の影と化する原生から、頓挫するだけに卑劣な意識を慢性化させるだけに、世界性はゆがみ、自らの世界に他人を取り込むだけに短絡的な破壊性を用い、昏倒させる意識から傲慢さが生まれ、互いは、互いを敬うべきなのだ、と虐げる隙間から、懇切していくあがない、と曖昧な進路を逆走する真理から、淘汰される俯瞰は、空間的な差額を受け取り、被害者意識を高めては、抗う隙間に安定した生活などが、性格を左右し、性悪説を促し、倫理観を強固なものに変える頃には、降誕すべき神話もねじ曲がり、過信している道理から、動機は円環を持たずに、ただ離れ、放たれる隙間に自然的な暴力を加え、物事に圧力を加える。内心でこういった傍観する暴力に沈積し、さえずる記憶は、物事の本質を用いず、ただ与えられる原型にとどまるだけの精神性に促される物事を昇華させずに、ため込んだ抑鬱に垂涎し、最たる意味を失い、滞る限りに襲う外側からの圧力に、内側から攻め入る自己嫌悪により、権限を用いられ、攻め入る動機に理想は、供給される限りの悪に染まり、行動性に陰気にリンクする感情も、高揚せずに、構築される悪意に鈍磨になり得る精神は、真理を用いずに、一縷の望むも用いずに、世界性をねじ曲げ、自らを抑圧する限りに陰る本質から、真実は、膠着し、用いる希望すら傍観するだけに至る心因に膠着するだけの真似事が模倣を繰り返し、自らを倒錯させるだけに流動する本質などは、誰にもねじ曲げられる訳にはいかず、選ぶべき物事も、誰かの誓言で氾濫し尽くされ、聖俗さや、最たる意味に連なる答えが可決するだけの物事が正義なのだ、と瓦解する真理に要する形すら、答えを用いずも、ただ互いを占領し、唾棄される怒りから、簡素な理由は可決されるだけの過去を檻に入れ込み、監獄の誕生を祝福しては、複製される真実に浪費されるだけの関係性に与えられる愛は、他者を傍観するだけの乖離した理解に愛を用い、構築されるべき互いを高める愛が、高次に至らずに、浅薄な意志を用い、荒唐無稽に陥るだけに暗澹としていく精神は、心因すら見失い、自らで病や過ちを作りだし、促すだけに至る関係に堕落した真実は、落胆するだけに淡々と浪費されるだけの自堕落の濁流に墜ち、おぼれる先々で諦観し続けるだけの影の中で暗鬱なエフェクトを加え、高揚すべき今にも、自慢げで、ただ若いだけに寄り添う真実も、信心を用いられ、朦朧とする意識に宗教的観念が、関係性を汚染する頃には、激情も、損なわれる限りに用いられる神により、この気配は、自分を信じ抜くことを喪失し、小さなお家で描く果敢な創造性や、自律神経に促される革命性から、寛容な母体で創造の装甲を強めていく限りに描き続ける心象は、真理すらも超越し、用いられる無に能動死していく動機から、根底を破壊し尽くすだけの定理を用いるニヒリズムや、空虚なクーデターに引き裂かれるだけの空間に猜疑心があふれ、ただ怒号だけが攻め入り、生命すらも保身で氾濫させ、反旗を翻さずに、刷新される物事に十全な詐欺を用い、虚偽であふれる危うい精神に構築される原理が穢され、形骸化するに至る以前に、この死をも超越する生命に達するまでに用いられる価値などに、与えられる価値すらあらず、曖昧なままで精神性を貫くだけに唾棄される無駄な出来事から降誕していく真理から離反していく半径に連なるデータから簡素な理由をまき散らすウイルスから、反政府的な権勢を用い、統合されずに、うなだれずに、見つめる先に未来すらも、飛び越えるような何かに変化することを革命と呼ぶ。それができなければ、単なる畜群のままでとどまり、与えられた餌により肥満するだけに不満すら貪婪に食し、抵抗せずに、みるみる太る。