時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愛は臓器のよう

冷たい雨が降る中、誰にも届かずとどこおる声がなびく原始的な秋に破壊的な冬がちりばめられ、量子的な静寂から、木霊する神秘も、蜃気楼のように浪費される観念から、還元される都市間の閉鎖的な孤独から割合を出される惰性なデータ的な関係から、計測される関係は、過干渉を毛嫌いし、なあなあで、その場限りのラビリンスに倒錯する原生の混沌から、籠城するだけの深夜へと疎外される感覚から、硬質な思いは、幽霊のようにゆらゆら浮遊し、表現を偏執させながら、能動するだけの瞬間に自立する時空から、飼い慣らされる浸食から、共依存的なプラトニックさから、最たる意味を高尚に持ち上げずに、もたげる次元に演技を続けるだけに、空間的な簡易な痛みの暗闇に逃避していく根源は、過失を用い、陰湿な商売から、痕跡を奪うだけの喜劇的な戦争から、専横するだけに生み出す内面的な痛みから、穴が埋まれ、その空間に埋め込むべき喜びなどが売買されるような悲劇の街に敷衍する陰湿な試みから、根底は、飢渇するだけに乾いた心情に内面的な狂騒に権利を持ち出し、ひたひたとしみいる悲しみに、その状況を明け渡すような惨事へと移行していくプログラムから、独裁的な矛先が、世界を使命で埋めずに、ただ陰湿な支配へと移行していくことに置かれる奴隷的な痛みから、隷属するほどに快感も増すのだ、と促すマゾヒズムとヒステリックな影から、非すらも廃れるような正解も無い感慨から、フォーマットされるだけの同一性から、世界性を用い、終末論を謳うことから固執していくだけの周辺から、憎悪が構造的な物陰でモノポリーを続け、ゲームで世界が保たれているだけに満たない境目にもたれるだけの意味から陰鬱な照合を与えるだけの世界的な境目が、最たる意味を促す頃には、この位置は意味を失い、ただ与えられる名称へと変更されることを傍観するだけの名前も無い自己が標記する己が乖離的に自分を見つめる頃には、何も見つからずに、何もつかめずに、ただ誰かが騙ることに扇動されるだけに騙されていることにも気がつかずに、専横する答えにより、支配の強度を増していくだけに一党独裁へと変換される観点から、独裁者の出現を許すまでの距離と、おまえが掲げるお目当ての世界から、隷属していく大国へと卑下する主観から、関係は、顕官が権限を用い、行使する限りに反するものを除外し、あるいは裁き、陥れる限りに存在する法などに権力を授ける限りに、この人間たる者から流動していく悪意だけが表面化し、加算される道理に偏執していくだけに兌換される価値から、敢行される意志は、意味を喪失し、端的な暴力へと表現を移行させ、行為は、、元々備わる理を失い、理性を持たずに、ただ保たれぬ間柄から、固執していくだけの関係に抵抗を加え、超克すべき苦しみに濾過される現象から、想念は喪失感に還元されるだけの関係に抵抗を加え、硬質な思いに寡占していくだけの権力的な権限から、感性は奪われるだけに至り、創造性を失った世界などを、世界と名付ける頃には、集うだけの虚偽から、査定されるだけの人間へと偏向し、交換されるだけの生命は、無駄な捕食を続ける快楽から、限りある懐疑に至らせるだけの主義に燦然と輝く思念を伝わず、ただ抗うだけの主義が偏向し続ける限りに生み出される暴力にあてがう理由が領土を奪い、運命に徒労を重ねる言葉が内面になびく。「古びた主義が促す幻想的な思想から、思考停止し、抗うことを辞め、うやむやなままでためらうだけの人々は、人と名付けられることに幽閉されることの捕囚なのである、と統制されるだけの正義や、清貧さを謳わずに、買い取られるだけの快楽へと移行していく真実などに、何の真実があるのか、と疑問すらも持たずに、ただモンスターと化していくだけの推移から、育雛を終えずに離別する悲しみの混沌から、固執していくだけの思念は、単なるルサンチマンを抱え、混淆していく意識がよどんだままに、混ざり続ける限りにまがまがしい思念は、浸透する悪意に根源を売り、昏倒するだけにくらます行方から、苦しむためだけに、他面にうちひしぐだけの観念に関係を謳い、ただ行為的な婚姻へと移行していくだけが幸福なのである、と宣言する限りに、この人間たるものは、絶え間ない季節を逆算し、ただ関係性に滞るだけにふさぎ込む現実に負債を重ねる。」価値は慇懃に混ざり合い、ただひとつの権力へと偏る、ただ下される理由は、観点を失い、ただ奪い合うだけにたじろぐことから、苦しむべきだ、と教え込まれ、淵源に浸る現象から、感染していく病から、淵源は、独占されるだけの愛を愛と呼ぶことに曖昧な理想を突きつけ、透徹せずに、到達する悪意に根源を明け渡し、ただ相対する自己に憎悪を重ね、虚偽を謳い続ける限りに根底は、飢渇するように機械的に改造されることにより、邂逅すべき君との合間も、観点を失い、ただ惰性な愛に憎悪を重ねるような悲観的な観点から、関係はこじれ、ただ孤独こそを昇華させるべきだけに、互いを摩耗するような愛にひしめく流動的な本質が、焦土で揺らぐだけに、打算される愛はただ価値を用いられるだけに乾いた思念を簡素な理由に相続させ、自らの苦悩と空虚さを埋めるだけの器官へと変わるような愛こそが、この心身には必要な臓器なの、だ。