時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

トランス

射貫かれたここに恋心を埋めるのだ、と打倒な世界は純情を席巻し、悪意に染め上げ、欲望に忠実であるべきだ、と忠誠心を煽り、中性子爆弾を落とし込む愚弄も遙か、悠然な季節に捉えられ、健やかでよこしまな者ほど、馬鹿を見るべきだと世界自体を変革させるような夜明けを待ちわび、ハミングする休日を抱擁し、コントラストが永遠と寂寞を絡め取り、映像は倦怠感をかき消し、浪費されるだけの関係に明け暮れる恋模様も、いつか消え入るだけの本質に補填されるだけの段階を隔てるだけに、酩酊し続ける限りに陰る命が隠密に終末を娶り、健全な状態に統合させるだけの世界をでっち上げていく、死しても尚、革命は永続されるから、この形有るだけの形に有る、という観念を持ち込み、誰かに価値をすり込む支配者の搾取から、抜け出す悪趣味なニヒリストが描くアンチクライシス的なシュールレアリズム的な絵画から抜け出すべき乖離した幻覚への逃避行が純利益も求めずに、音沙汰も無く、重複する観念に倦怠感を攪拌させ、君の胎内へと帰結していくイコールから、吐き出される掃きだめの答えから抜け出し、この命は権利も要らず、選ばず、選び出されず、たださえずるだけに帰納していく様態に、加算される原理を答えとも呼ばずに、ただ損なうことも、有らぬことも無いことも無く、この否定的な十字架を背負わされることすら不潔に思え、と宣言する。季節は重複するほどに、自らの重みを風に変え、その陰鬱な衝動で気圧を巻き込み、自らの苦しみを昇華させる。ただ促されるものは、このような力動により、自らのリビドーを消費し、自らを昇華させる。この途端とは、永遠に往復し、横柄な者を、その永遠の中にとどめ、永劫に苦しめるのです、という宗教的な観念が死滅した現代の原野に孤立する者こそを、ここに召還し、闘争へと誘うべく、いななく鳴き声も悲喜交々としている荒野に消え入り、反響せぬ声は、自らに反響し、自らの憎悪を倍増させるような閉鎖的な感情にこそ、乗り越えるべき強さが備わっているものだ。君の痛みほど、純然たる予感も無く、ただ迫る寂寞に老化するだけの身体を納棺し、感情が損なわれるだけの大地から離れ、荘厳たる瞬間に帰り、延々と損なわれるだけの現象から解き放たれていく。成熟した帰路を仰ぎ、説明も要らずに、ぬぐわれる月日に追考していくだけの可変から、捏造される現前に果てるだけの瞬間的な徒労を感応させるだけに、願いは詩へと変わり、情緒を携え、センセーショナルな状態に仮想させるだけの面影も、重ねるだけに、加工される品位を燃やし尽くし、観点を奪うだけの症状に悪化するだけの痛みを内包させる秩序を超越し、延々とつながるだけにたちまちの末尾につながり、期待感を孕み、関係は重用されるだけの重要さを文言に秘め、静謐な予言を下すだけに、関係は摩耗せずに、先天的な苦悩をかぎ取り、淘汰される苦悩から、能動していくだけに突き動かされる容態から、苦悩ははぎ取られ、投影される出来事に悶絶しながら、生じる言葉に、感性を授け、創造的に由縁に蔓延る虚像も、これまた真実であるのだ、と野ざらしな記憶が育雛から離れ、根ざす意味を引き抜き、確かな答えに継続される緩衝から、互いに反響し合う愛に埋もれるまでの軌跡をたどり、転々と経済的な座標にうごめき、この刹那に接続される観点から、整然としていくだけに秩序を打ち砕く貧寒さに戻され、もだえ、求められるだけのエゴイズムから更迭されるシーンに断続する真理から離れ、寛容な時代すらも突き抜けるほどに、この法則的な愚鈍さから、超越するほどに、鬱積する痛みに介する間に、理解はふさぎ込んだ容態を突き抜け、滞らずに、統制されずに、自らの位置に埋もれず、隷属せずに、放たれるままを愛する限りに陰ることも無く、行動は同意を求めずに、止めどなく蔓延る悪意から離れ、証拠も残さずに、傷痕をくすぐり、正しさを用いずに、投影される出来事から氾濫し、用いるすべてに興じる由縁を敷衍していく。先々に引き延ばされた君も幽遠に陰湿な支障を下し、現前に果てる自己を孤立させては、孤独に悲鳴を促し、暗澹とした条約から放たれ、冷厳とした自分に引き裂かれながら、跳躍する現在に蔓延る愛から、曖昧な日々を綴りながら、包み込む今からこみ上げる愛だけが、君の観点を意味に変え、生みの親を裁くだけの感受性の裁判から、最たる意味を敢行するだけの動機から捏造される原理に蔓延る虐げる思惟から、専横する反発から、歪んだ思想を生むまでの外からの圧力と軋轢から昂じる怒りに虐げられた優しい自己は、利己的な人民に苦しめられ、連続する苦しみを打破すべき暴力へと移行し、確かな希望も、歪んだままに促されることに自己を恐喝し、あるいは自己を慰めるべく、正しさを暴力に堅持させることで、作成される新たな人格が孤立した状態から抜け出させるべく、悪を生み出し、氾濫する苦悩を取り除くべき正しさと自己保存のために補填される悪意こそが、正しいのだ、と権利を促し、そこに力の限り尽くすだけに陰るだけの状態に焦燥していくだけにたぎる最もな悪意が自分を守るために闘争へと至ることに倒錯していくような状態に隔てるべき自己などは、どこにもあらず、ただ暴かれずに、深層で揺らぐ本質すらも消え入るだけに蛇行する意識に順序も、自己陵辱を重ね、頓挫する意識を侵し続けるだけの戦争から、相続していく悪意だけが、今に表面化しては、確かな自分すらも苦しめるだけに至ることにすら気がつかずに、倒錯していく苦悩に自らうちひしがれていく。