時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

攪拌される正義

精神はいずれ、ずれ込んで歪む。 無口なままの精神は、成否を知らずに己が、己を答えに導く。 出自は捨て去り、あらゆる階級的な軋轢や、学歴や経歴は破棄し、還元されるだけの卑賤さを唾棄し、後悔を謳うだけの過去や損得は要らず、ただ備わるだけに堕落する由縁を掻き乱し、さらなる飛躍を目指す間に陥る堕落した主体が卑屈に何かを恨み、独裁者と化しては、かさむ恐怖から織り込む悪意に強迫的に執り行う他人的な儀式の生贄として、抱え込むコンプレックスが吐き出した、善良たる自己を捧げ、分離的な悪意が独裁者に変わり、ただジェノサイドするに至らせる怒りから氾濫する恐怖心が最もな独裁者を作り上げ、利己的な支配は、効率よく人をこき使い、傀儡化する人間や、宦官どもが操作する既得権益を守るべく、利権的に生きる機械どもがうじゃうじゃしている。?鉄の宇宙を彷徨う。 傍観者が経験論を語り、論争は、錯綜する前に引力に引きずられ、確かな価値を見失う。?帰り着く意味がはだけては、耽溺する隙間に調和する由縁に擦り寄り、因果を打ち倒し、通わす血で会話し、交わる愛で確かな理由を均し調和し、猥雑な界隈に荒んでは、きらめく間に悠然と立ち尽くし、嫌いなものばかりが進化し、進路を塞いでは、口ずさむ意味が確かな合間に刻まれ、刻々と印象を深め、纏わる意味を通過し、心象を錯綜させる物事が、日に日に加速し、その場に永遠を備え、短絡的な動機から晦ます行方に韜晦し、退廃しては、用いる動機に拘うまでに観点を失い、錯綜する原理は倒錯していき、逸脱する過程から記号は帰路を与えず、同調する機械へと姿を隠し、改悪される理由を旅立たせる体制から孤立し、昏倒する組織から正式な離脱を表明していく道理から、うかつな動機を猟奇的に相似させていくだけの契機に果てる量子から流動していく数字に反転させる思いが行為を翻し、憎しみを携える沿岸で果てない私欲がリビドーを染み渡らせ、産卵される面影を違う分岐点から何度も背負い出し、はるか無知な状態で逸脱していく要因に歯がゆく行為は交錯しては、共闘する意思は前のめりに嵌り込み、確認作業に至るだけの認識に数式を求め、加配される理由から生じる無気力な状態に蓄積される創意から兼用される創造性だけが、この蓄積される恋路を確かな遠路につなぎ、束ねる思いが、頑なに変わり、懸命に兼用されるだけの行為に基づく純化から、恋恋とつながる行為にもとづき、ほとんどの理由は解けぬままに施され、接続されるだけのビジネスから逸脱し、競合すべくたちまちに保つべき理由すら不潔に思う面影から、けが人が続出し、相乗効果を求めるだけの怪訝なほほえみが狡猾に口角を上げる形から鮮明な虚偽が生まれ、狂気は、一巡した暴力を生み出し、統治するだけの権力に教育がぶつかり、既得権に措置される補完的な人間性に交換される保管されるだけの充填から深まる動機が延命を加速させては、枢要な場面に爆心地を授け、倦怠感を誘い、要する形にクレーターを授け、預かる思いに落とすミサイルや、陥れる隕石や、複製される記念日に貸与される原因が競争していっては、陰鬱な衝動を相続し、根底から覆しねじ込む言葉から、果敢に整合されては、恬淡に注がれる自然に乖離しては、理解にはじけては、配合されるハプニングに発散される動機が恋路に入り浸りながら、陰鬱な衝動は照合されるだけの道理に果てるだけの原因に加工された意味から受講していく行為に実情は意味合いに覇権を与え、締結していく場面に緩まぬ痛みから、邂逅していく行為にもとづき、合理化していく批判を重ね、訂正される隙間に陰惨な形に従属していっては、一定の距離を保ち、偏向していくだけのエクソダスする風景に淫蕩に耽るだけに拘引するだけに堕落する行為に基づくだけに相似する関係から、悄然と行き交う思いから、等位を求めるだけの権力闘争から、根治され、懇意を求めるだけに執着していくだけの悠遠に基づく行為が交換され、全容に駆ける思いが貨幣価値を覆し、移動していく恋から偏執していく愛は熱病を抱え、曖昧に動機はこじれ、退廃していく果てから雰囲気に加速させていくまでにままならぬ思いが応じる答えに截然と備わる刹那に呪詛を捧げるだけの表面張力を繰り返す問答から専横していく風景にグローバル化していく問題点に想起する投棄から派生していく過去から帰結していく流動性に判断を下しては、訂正される隙間に応じる答えが帰結しては、訂正されるだけの原理に理想は窮境に至り、譫妄に至るだけの原因は固結しては、収容される隙間に性懲りもなく昏倒していくだけの幼稚さに敗亡していくだけの加工品たる自らに現用は高潔さを失い、錯綜するだけの動機に同調していく苦しみを食い込ませるだけの外観に氾濫する外延を捏造しては、概念に配される同意に派生する要因から帰結していく恐怖から不当な事実は殺風景な理由を流動させ、本質を見失い、騒然としていく過程から死地に至るだけの戦争的な日々に再生されていく過程に帰結し、収容されることごとくに濡らされ、遮られる穏やかさに回想していき、淫靡に瞬く隙間から交接していく関係に諦観していくだけの関係に体感していく容易さから、安易な状態に悲観していくだけの可決を求める答えから解放され、宇宙や神話から抜け出し、過去は乖離し、戒律を持たずに、ただ罪と罰や、不自然な捏造を繰り返した善悪に瀕する過程に誘導するだけに融合し、統一化を求める協調性をうそぶく観念的な関係や、兼ね合いから外れ、確かなものは、生まれる前に備わる意味に収まる以前に備わる状態に錯綜する原理に備わるプリミティブな意味だけである事に置かれる動機に道理を求めるだけの過程に堅持するだけに唾棄する瞬間に生まれる状態が乗り越える答えを超え出た事に生まれる状態を本質や真実に似たようなものと認識していく。