時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

奪い合う街

批判的に用いられる価値が迫り、鈍麻で可憐な状態から列をなすだけの統治機械から、順繰り迫る論理に帰巣するシーンに軋轢を加え、浸透するイメージに司祭を加えては、崇高な今に浸る宗教的瀰漫に撹乱されては、超克する先々に徴用される理由からひたすら飢渇する今に信仰心を求めるだけの勘ぐりから、照合される浪費に至る原理に遂行していくシーンはモチーフにする死をイメージし、暗澹な動機に果てる記号から象徴的な神を漁り、事実を模型化し、簡素な時代の主たる起源を逆撫でし、状態にいびつなペシミズムを抱え、関連する状態に終末論などを促し、諭すだけに至らせる原理に理想は窮境に迫り、嬉々とした関係から連動する快楽的集団自決へと整合するだけの戦争に行為を移し、理想は供給されるだけの起源を弄り、降りしきる理由に一切は愚鈍な象徴に調律されるだけの自己から乖離し、理解を求めるだけの受動的な依存を放つないがしろなプロジェクトの総肥大化する悲愁に擁立されるだけの加護からエクソダスすべく、徴収される起源や、物事の軋轢に迫る軽減されない痛みにプリミティブに至りながら、撹拌される半径に用いる行為に浪々と棚引く一切から隔離されては、整容される精神的なプロセスにプロパガンダを用い、照準を合わせられた急所と飛翔していく昇華から酩酊する原野に確執を求め、動じぬ精神で移行していく行為に比重を授け、指図は受けずに、この妖艶と廃れる具現化されるだけの苦悩に明け暮れる様態に整合される関係から痙攣し、肉薄する苦悩に促すノイズから、ノスタルジーを出迎え、デリカシーを求めるだけの倫理観から渇望していく動機に至らせる最後から最愛を求める愛から帰結していく状態に飢渇しては、細胞単位で騙る情交が促す呪詛に破廉恥な冒涜を重ねるだけに増やされる罪などが、行為を抑圧するだけに至らせる様態に反していくような階級から、制圧されるだけの求める行為から圧力を加えられ、動機を見失い、漂うだけの寂寞に破産していくだけの容態に拡散される悪意から常駐するだけのゲーム的な行為に拘引され続け、差し込まれるソフトにそぐうように動かされる機械的な傀儡に陥るだけの社会的転結から帰巣すべく、自らのカオスに至り、解する間に離れ、辿らせる恐怖にフォーマットされるだけの差異性から欠如を蒙り、むしろ逆上するままに乗じる運命に抵抗し続ける余韻から接続される電気的な懐疑から、配される間にひしめく愛に無条件の愛をこぼし続けるだけに一途に至る。