時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

生きるもののすべて

溶け出す精神から、帰路を結び、軟弱な記憶を保護するだけの論理を超越し、群像にとろけるだけの熱情にほころぶ恋愛から損なう通り道に注がれる実情から、想念は灼熱に帰依し、緩衝する隙間に離人的に注がれる可憐な状態から、抵抗する言葉に硬質な情事に迫る贋物の動機から間接的に連立していく砲声から、懸命な生命は蓄積される永劫に固執していくだけに抵抗を捨て去り、主体性に整合される時折に交互しては、精神的な回路を無作為に投棄し、生命は迎合されるだけの人工的な苦悩を伝え、狂った豊かさに放たれる境域から似通う原理に現実的な消耗を繰り返すだけの証拠に迫るだけの贋物が通わすだけの道理に理想は供給されるだけの悲しみに暮れるだけに見つめる先々は、乖離した理解に分裂し、生じる言葉に消耗されるだけの関係に譫妄を繰り返し、利己的な原理に現実は、商品価値として消費される生命と生命と呼ぶことにより、人間的な暴利を次元的に繰り出すだけに、空虚さは差額を支払うだけに、新調される動機にペインや、慟哭や、理解や証拠を混じては、投影される軌跡に実情を織り込み、固執する光年に原理的な主観は井蛙的な質感と、フォーマットされる矢先に旋回する痛みを重ねる回帰から、浪費される原因に加工される根源から、生命は嗅ぎとる痛みを買い取るだけに、加工される人間から、固執していく表現を奴隷化するだけにすがる生命へと移行を繰り返し、飢渇するだけの世界性に制圧されるだけの軋轢に圧力や、釣り合いを求めるだけに悲劇を溜め込む散漫な生命から、照合され得る答えに高騰していくだけの金銭に私欲を結び、欲望のままに旋回する意識は、鮮明な状態に殲滅し、証拠も無く瞬時に消え去るのが、宇宙の規律だ、と消耗した痕跡に伝える意識的な薄命さが心情を吐露し、症状も悪化するままにアクセスされる苦痛に悪態をつきつつ、追考する内向的な哲学から、発信される思いは肯定を深め、深まる意識に仕る動機は、同居するだけの真実に死を包み、追憶に濃厚な幻影を重ね、以下同文と化する動物的な本能からエクソダスし、考える動物から、寛容な動物へと変貌と遂げ、改める生命は、強要されるだけの同調に統計されるだけの数理から解き放たれ、みずからを推理するだけに動じぬ精神は、邪推する夜に昼間を巻き込み、投影される状態に曙光を浴びせ、錯綜する論理から、根幹を結ぶ根から、解する間に硬化していく意識に強要されるだけの現実を消費していく苦悩から、能動していく意識に抗体を打ち込み、応じぬ答えにこじれる後先に宛先を残さずに、あてがわれる生命から仮想していく余韻にひしめき、統制されるだけに統括されるだけの世界を超えるべく、こじれる政治性などに惑わされず、どこにも位置せずに、求める答えに拘泥せずに、根底から均衡を目指すべく自己の中庸に備わる善悪すら疑うべきであり、体制に潜む悪意や、渾然一体とふるいにかける夜から、痕跡を残さぬ残り香と革命と夜通しひらめくプリミティブな諸事情から、錯綜していく根底に抵抗を加え、延々と突き抜ける要因から備わる代理母的な質感に行為は弱者と共通語と専横と追従から同情を生み出すだけのアナーキズムや、アナクロニズムを引きずる共産主義的な考えや、完結的な処理を含ますだけのアナクロニズムから、曖昧なマインドを専有するだけのナショナリズムから帝王切開後に現れる軍国主義から、全体主義をうごめかすだけの陰惨な価値にカタストロフを打ち込むようなウイルスを含んだ注射器を突き刺した後から攻め入る黎明期から、悔恨を引きずる家畜化した普遍性から、不具合が生じ、修羅を生み出すだけに踏み台にされる最もな弱者を、弱者が生み出すだけにルサンチマンが競合する矢先に生じる最もなニヒリズムがリズム感を失い、喪失に委ねるソリッドな弾丸で撃ちぬく矢先に迫るセンチメンタリズムは、確かな諦めと掃きだめとノイズを含んだ保守性で捕囚か、はたまた捕食されるか、憂鬱に至り、死に浸る曖昧な毎日に病を告知し続ける自我から、時間と理解を奪われ、今に比重を授け、惨憺たる安易な安易さにアナクロニズムだけが、スピード感を増し、スポーツ的な成功から、交合していくだけの関係に孕む孤独な子供から、酷使される身体に掃きだめのエゴを溜め込む陰惨な告知を繰り返すだけの絶望的な、あまりに絶望的な世界にけりをつけるべく、欠乏するほどに求めるフラクタルな堕落した心身に横行する横暴な自己を突き刺すだけの現在に存在の利点を求めずに、その視点は、死を長じ、安直な行為に元手を求めるだけに反復する理由に酩酊するだけの依存性に独白し続ける根底に求められる数理から、数奇な運命に長じる離間から、離れ続ける対象に求める関係によじれるほどの血合いを行い、空虚な身体に備えるべき血すらもいらぬ、と縫い付ける途端に備わる周辺に終焉を求めず、ただひたすら突き上げる高揚感だけで、積み重ねるだけのゲームに終わりを告げ、物々しくも屈さぬ態度で攻め入る各地に逸するだけの超越が、超人を産み、概念を書き換え、ひたすら我儘に生きる限りに生きるとは、生かされるにあらず、生きるからこそ、生きるのだ、と言い放つ先に答えすらも、善悪すらも無く、ただひたすらにたかだかと笑い飛ばす最初で最後も持たぬ最高な意味をつかむ。