時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

突き抜ける後に生まれる愛

思いとは、その時に創造的に変換され、確かな藝術に変えるべく備わる。金よりも感情を優先し、確かに受け取る感覚に欲は無く、儚く伝わる理由にリンクし、空洞化し、道化と化するだけに退廃する模様から、嫌悪感を吐き出しながら、退化していくだけに堕落する世界から加速しては、関与する先々にビビッドな陥落を与え、落ち込むあたりにロマンを捧げ、感覚によろこびを与え、想起する先々に帰巣し、規範を飛び越え、艶然に捌ける面影から確かな場面に帰属し、属する関係に砕けては、開花するまで確かなイメージを今に携え、体たらくな余韻に引火する愛から激しく動機は生まれ、詩的な今を加速させ、奪う世界性の足枷を外し、幽遠にはぐれる空間から、関与する盛大なリズムから悠然と長ける命に距離は無く、用いられる距離に課せる数字から軌跡は奪われ、統治されるだけに道理を用い、反響する音から永遠は過去を含み、距離に深みを与え、訂正される因果から懸け離れる怪訝な理由に帰巣しては、本質を奪い、淘汰される世界に勇躍し、ヒロイズムから、全体主義的な崇拝から、絶対的な神を今に生み出し、イデオロギーが加速し、革命的な何かは、人間的なものに神を背負わせ、神は正義を失い、ただ空間に浮遊し、物事の平衡や中庸も無くなり、ただ破壊的な情事を重ね、全体主義的な死の欲動からリンクし、相似する観念に気配を託し、軍国主義的なニヒリズムから、凜然と尽きる果てに歯がゆく重なる人間性から、厳正なときを整然とさせては、手なずける後先は、宛先を持たずにチグハグに尽き果て、破壊的に混濁し、荒廃するだけに意欲は空洞化した時間に歪み、短絡的な快楽に陥り、淫蕩な季節に攪拌される理由から移行する行為が痕跡を失い、安易な季節に従属しては、長じる普遍性から敷衍する動機を通わせる理由から自由は、従属するだけに隷属し、奴隷化するだけに気配を拡散しては、主体性を失いながら、懸け離れた関係から仮想する動機にすれ違い、知性や智慧を持たずに混濁する今に支払われる動機に隷属するだけに堕落する空間から緩和する動機に危難を含ませ、複雑化する理由から心情を拡散しては、画策する動機から緩衝していく意味から心情を吐露し、浪費される主体から粛清されるジレンマを抱える苦悩から焦燥していく人間性から性悪説性善説を謳うだけの道楽から剣呑な理由に従属し、あくせくするだけに転嫁していく定期的な納期から詐称される自分から乖離していくカタストロフを重ね、断罪される痛みから撹乱される精神的な経路を塞ぐだけに転用する理由に興じる動機に錯綜し、捜索されずに、ただ忘れられるだけにさまよい、疲れた身体を空間に擦り付け、時間を失い転用する理由から状況は孤立し、調和する先に点在する状況から退廃しては、締結していく空間から胸裏に迫る慟哭から、告白していく定理から、愛は封緘され、君の胸に送られるままに俯瞰を奪うほどに補正される理由に受理される動機から錯綜しては、生命的な点滅を反復させ、希望的観測から加速する自由から逍遥させては、訂正される原理から現用を加速させ、清潔感を重ね、呈する先に提要する自由から集約していく要因から達するまでに至る未来から、女々しくつながる幽遠から、競争していく果てに終わる資本主義から、軽薄な動機を超克すべく、ただ乗じる所以から退避していく面影がきらめき挑むからこそ、挑む理由は決意を持たずに帰依する。どこもかしこも、全体主義のジャンキーばかり、だと、ただ用いられる名は嘘をつき、元々の考えを奪い、表面的な答えに膠着し、処女懐胎する空から神秘が産まれ、果たすイメージから、永遠を引き出し、ただもつれる言葉から離反し、排斥される後から去りゆく思いが凍結し、主体を捨て去り、永遠は勝手に歩き出し、たゆたう季節に要因を残さずに仰け反る果てに季節が加速していく思いに運命を重ね、迎合されるだけの関係に関連していく事実に軌跡を残さず、屈託無く笑うべく、便宜的なものを排除し、配される間に受理される思いにポップさを授け、預かる時間に達するエモーションから、原因を加速させ、突き抜ける思いが永劫を飛び出し、空間に収まらず、時間を持たずに収容される儚さに長じる幽遠から達観しては、訂正される暗がりを照らすべく提言される事柄を破棄しては、諦観されるだけの意味を突き抜け、誘導される隙間に剰余するだけの欲を破棄し、確かな意味に帰り着き、戒律や懐疑的な一瞬にこぼす偏りから、隔たる願いから、ねだるだけの強欲から、気だるい午前から窮乏し、鈍麻な理由から出来合いの真実を錯綜させては、構成される意味を隔離しては、確立する動機に修繕される動機を突き抜け、艶麗な今に帰り着き、均整を用い、世界的な理由から離れ、破壊的な儚さにたどる意識から革命を帰巣させては、手なずける状態に整容され、寂寞に包まれ、静寂する動機を錯綜させては、諦観するだけの先々にうずくまるみずからを押し広げ、確かな動機につなげる。