時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

軽薄な革命

神話的に患う夜から秘密が生まれる。 思想とは、相手を痺れさせ、身動きが取れずに、流されるままの者を作るだけに過ぎず、満たないままにくたびれ、敗残する。 身動きの取られぬ者は、誰彼構わず、恨む事から始め、この世や、社会や体制や組織を批判し、権力的な何かに調和せずに、ただ破壊的に住まいを奪うような国家や、法理に囲まれる内側から改ざんしていく理由を皮算用し続け、失する合間から、曖昧に相互し、瀰漫する不満足に不和を捧げては、自ら孤立していく限りに、孤独に苛まれ、疎ましく居場所探しなどをし始める。 孤独とは、手懐け自ら遊び呆ける事にあり、孤独を孤独と思わずに謳歌し、自らの強度を増していく者に、孤独は、孤独として扱わず、ただ備わる自由に、自由すらも求めず、ただ備わるままを愛する愛とは、行為や言葉や損得善悪を存在に課せず、ただ備わるままを愛して止まぬ雰囲気に抗う今から理念は離反し、患うだけに寂れる雰囲気に行き違う今から拡散し、発散される愛に間柄や、出自や階級や、現状などは不必要であり、言葉ばかりの意味に行き違う果てから堅持する理由も深まるままに原因を破棄していっては、下す意味から、下る今に浪費する真理を宿す間柄に備わる原理から、理性はリセットされ、育つ合間に埋め込む理由をはめ込まず、こだわる矢先に忍ばす思いが一致しては、最たる意味を重ね、あてこする今に侵攻する意識を批判的に乗り越え、捻じ曲げた理念を捻じ込んだ教育すら否定し続けた幼少期から私は、否定的に教育を覆し、勉学とは、もともと不羈に物事を解釈し、考えを追求する矢先に哲学的に乗り越えては、組織や形式や、社会にはめ込まれるだけのピースにならぬように、自らの考えは、国家から逸脱し、アナーキズムでは無く、ただ難しく世界を解放し、崩壊へと導くだけの苦悩を生み出す惰性な経済社会から抜け出し、資本とは、この生命を瞬時に高揚させ、超越した瞬間に、どれだけの物事を交換し、自らを乗り越え、今に至るかをリリカルに行い、創造的に排出した辺りから理解は要らず、ただ備わる先を乗り越える事に備わる今から朽ち果てずに、羽ばたくままに思い描く事が、初めて価値と言える。思ったより静かに互いを支えあうような均等さに激しい摂理は、催すだけの真理にうなずくだけの私情を隔離し、均衡する意識から接続される観念に行き過ぎた価値も、赤裸々な意味を見失い、分離するだけの影に固執していく自らを唾棄していくだけに堕落していく物語に敷衍し、神経質な微笑みを繰り返し、縫合させては、重なる余韻が現状に厚みを与え、過去は均衡を失い、さらなる重みに偏るだけの自己から表記されるだけの虚偽表示を受け入れ、誰かを恨むシステムから、長じる時間に風化する愛は、名称に陥り、貧相な価値に成り下がり、さんざんな現状に乖離しては、理解を含まず、暴力に陥る思想に拘束されるだけの自己を持たないだけに流行する病理が、スタイルを築き、剣呑な自己から、交互する軋轢に果たされる義務から、下される理由が固結し、現用していく要理から、理念は吸収され、投函していく言葉を届け続ける矢先に、真実は膠着せずに、認識は深まらず、ただくすむ世界から閉じる季節に引きこもり、こみ上げる位置に意味を持たせず、居座るだけの形に座り込むだけの自己から長じる所以に、なびく言葉から、この場面に媚びへつらうだけに昏倒していく自己から正気などは失われ、どこかお祭り騒ぎの彼方に動機を拡散し、怨嗟を廃棄させるだけの事柄に従属していく性質をこじらせるだけに依存心が芽生え、はためく精神に歯がゆく絡まるだけに取れない痛みは、取れないままに、受け入れる事から更迭されるシーンに麻痺していく関係に優劣を付けず、追憶に馳せる現状から生まれる行為に反しては、肯定化される意志だけを鳴り響かせ、反響する運命が連動して喜びを放つものであるし、最もな理念は覆され、簡単に自己を書き換えるからこそ、アイデンティティも消え去り、帰依する場所に誰かを設立せず、ただ息吹くままに受け入れる事に形を用いず、ただ自己の中で偏執させては、些細な現状を飛び越える強さで弱さを叩かず、ただはびこるままにはびこらせ、ただ閉ざさぬように、世界を用いず、名前に騙されずに、この生命に形は要らず、ただ備わるだけに広がるイメージに膠着せずに、イメージは考えを育て、惰性な事柄を挟まず、果たすままに足し引きを続けながらも、ひとつの答えに拘泥せずに、正しさを押し付ける辺りから広がる事から素敵なものも生まれるものだし、打算されるだけの数理に喪失していく限りに陰る今から加算される原理に理想は供給され、心象は真実を濾過しては、運動的に配する愛から果敢に挑む事から直に触れ、連想しては、聡明な時に要する形を擁立するだけに卑下を繰り返す苦しみを枯渇させるだけに乾かせる世界に快癒しては、揺動する動機に淫靡に瞬く刹那に乗じる時間に悲劇は無く、下される時間に理由は要らず、背徳を重ね、排斥される近因から迫る浪費を覆し、延々と演繹する隙間に代償も無く、織り込まれる先々に本質は逍遥を続け、動機に訂正されるべき事象もそっけない表情で想起させる物事に寛容に唾棄され、廃棄された心から遊離していくシーンに遊びは増え、浮遊する形に飢渇しては、容態は悪化せずに、緩和するままに捕食されずに、抱擁され、要する形に擁護されずに、自らのちからは、権力的な何かに愚鈍な考えを関与させず、褪せるままに備わるシーンを透徹させては、絢爛豪華な自己を組み立てず、ただ備わるままの存在が敷衍しては、シーンに真相を突きつけ、深淵になびく心因的な因子が激動を歩き、彷徨う限りに陰るだけの生命から逸しては、白々しく屈する意味から今は邪推を重ね、推移を求めるだけに枢要な価値の家畜と化するだけに収まる価値に貧寒な生命を加工しては、快癒するまで、誰かの意志に依存し、配下に置かれる愛から、住まうだけの形に価値を置き、価値の家畜になるまで形に収まるだけの愛を愛と呼ぶだけの名称から聡明な意識は奪われ、意思は膠着するほどに精神的依存性に果てるだけの原理に理想を奪われ、利己的な快楽か愛憎に引き裂かれ、単一な暴力性の獣と化するジレンマに必要な哲学を装置的に備えては、犀利な理念からあてこする気持ちに誘導し、震撼させるほどの境地を胸裏に生み出し、踏み台にせずに、整容される住まいから互換されるだけの気持ちに関与していく先々は、住まう形から卑下する気持ちを拭い、住まう場所を持たずに、聡明な時に揺動されるだけの動機に迫る敵意から身を任せ、ただ愛する事を始めるのだ、と宗教的な何かは迫り、君の弱さをついていく事に明かされる理由などに強き者を引っ張り込むように強請るのだ、と統合される距離から、権利ははびこり、その住まいに与えられる価値から、引き出される理由は硬直し、行為に基づく批判的な牽引から生命は理想を失い、ただ屈するだけに迫る価値に性愛などを突きつけ、朧気な今に攻め入るだけに不当な物事い関与しては、感性のままに受け取る事で真実を見失い、身ごもるままに愛される秘密から、このすべては正しく始まったものなのだ、と喜ぶ事を始めずに、ただ諦めばかりが跋扈するだけの世界たる名前から抜け出し、空間的な簡易さに絡まらずに、始まるままにかさばる意味に偏らず、緩和するままに大それた会話を重ねる。意味を掘り上げ、掘り起こし、意味の正しさを知る限りに思考を超え、確かな意味を包括的に保護し、縫合される先々に遮る意味すら無く、単に意味は今を乗り越え、乗り換え、ねぎらう時折にすり減る今にも瞬間を要する事実に食い込ませながら、自らのは乖離し、理解を含まずに分裂的に消費される余韻にひしめく意味を漁り、捕まりながら、長らくに意志を退かせながら、隠遁していく翳りから、陰鬱な逍遥を繰り返し、機関的なものに関わり、柔軟に消費しては、遊覧する思念がめざましい過去を委ねる深淵から、良心的な悔悟が堰きとめる先々に流動しては、最たる意味を濃密に包み、運命を使い、ひたすらに状況は偏執し、逸脱しては旋回する意識を相互させては、ささやかな瞬間をつかみ損ね、排斥される時を誘引し、異物感を抱えながら、強請る先々に定理を生み出し、理念を寄贈しては、喜びに果てる永遠は、解析される毛先に触れ、敷衍する余韻に陰惨な原理を促し、明晰な観念を経路に、知識を哲学的に解体し、ガイダンスに反し、概念的に処理せずに、真新しく掴む意味から損なう理由に煩いながら、選択する善悪から、剪定され、専横する善悪の傀儡と化する意志から逸脱し、暗鬱なリビドーが促す快楽から懸け離れては、配される愛から受理する関係から、排斥される瞬間に授与される思いが交互し、交換される香りが散文化し、精神に歪みを授け、錯綜する原理を調合し、新たな魔法をかけるだけに堕落した主体は、償いを求めるだけに、とりとめもなく纏わる原因に恒久的な因子が横溢し、コマ送りにされる過去現在未来がうとましく絡まり、かかずらう原因に備わる理由が海馬で櫓櫂し、巡る循環的な思惟への旅路から、退避していく観念が相互し、すり減る主義をフォーマットし、判然とつながる無残な誇張を繰り返す人間性を否定し、卑下する論調を漁り、審議を重ね、求めるだけにどっちらけになり、貪婪な性質が飢餓していき、陰鬱な衝撃を重ね、自らの重みに耐えかねず軋む身体が利便性を求め、真意を失い、孤立無援に至り、懇意を求めるだけに自堕落な無機質さに差異が迫り、ヒエラルヒーを用い、差別的に処理する要因から規律が阻み、体外に果てる生命から、孤立した愚弄さが、自らを孤立させ、行為に瀕する過程に孤立し、無残な事実から悲観していく心身から乖離し、離散する風景にヘレニズムを重ね、形而上的正義が寄生していき、陰鬱な響きに相続する風景に至り、貧寒な事実に虚偽を生み出し、買いかぶるだけに回避する理由に帰路を授け、漫然と貧する形から淫蕩していく時代的な背景から興じていく理由に無造作に寄贈される無残さに排斥され、縫合される時折に崩壊しては、無残な気持ちに競合してさ、対立する思念に拘引されては、抱き合わせる瞬間に従属しては、貸与される原理に議論を授け、怠惰な身体を突き抜け、退嬰的な国家的な記号を着込む自己的な無謬性が迫り、選択権を持たずに想起する理由が帰路を急いでは、理由から外れていく過程から嫌疑していき、締結していく瞬間を黒く塗りつぶし、新たに書き込む言葉の白さで、未熟な不潔さや、エゴイズムを書き換え、確かなものは、自ら生み出し、出し抜く先々に化合され、曖昧な世界を超越し、貧相な理由を飛び出し、代用されるだけに唾棄する要因から、締め出す過去にこだわる意思を持たせず、整合されるままに、とめどなく溢れる正義から、理性を超越しては、際限無く悪を打ち砕きながら、蔓延していく病理を打ち砕き、成否すらも乗り越えていく。完璧では無いからこそ良いのであり、疑い、晴らす時から考える先々に、関連していくことが、完璧へ、と誘うのだ、と告げる雨音と本と珈琲が入り交じり、自己の内外で、対話する。 熱情する世界は自らの熱で蒸発する。 積み重ねる思いの厚みが増し、さらなる世界に飛躍する午後は少しの陰鬱をこぼし、さらなる飛躍を迎えるべく、昇華を行い、呆然としている今にも食い込む過去から枯渇し、高揚しては、先々に導かれる意味から君が生まれ、絡まる先に空虚さも要らない、と促し、集合意識から生まれる必然性が世界を打ち倒すから、と君は悲しげに温もり透き通り、開け広げる先々に入れ込む恋模様や、もやもやした思春期の春に羽交い締めにされるような余韻に刃向かい、飾り言葉が乱立する不適切で、不自然な夜に分かち合う意味すら不潔で、見出すままに探る今から価値は偏るだけに痛むままに注がれる意味に枯渇していく。 漫然と近づく先々に進路を与えては、対比するところから排斥されては、最たる理論をつかまえていく不自然な夜に包まれ、暗号化するマテリアルを拾い上げ、不羈な瞬間に移行していく恋から言葉が生まれ、絶えず広がり愛しあうとは、永久を思わずして、際限無く現在をくまなく拡張し、くるまる先々に求め合う信号がシンドロームと化し、とろける先々に吐露する今にも接続される因子や、駆け引きや、引き算や、引っ掻き回される瞬間に移動していく高気圧的な肯定を繰り返し、酷い苦痛を抱えながらも、赤裸々に悶える先々に司る今にも織り込まれる奇跡に包まり、苦しむことよりも、このより良い今に咲き誇る意味を漁りながら、確かに濫立する意味を誇張しては、自分を良きものに見せるだけの偏執的な行為を繰り返すだけの堕落した起源をつんざき、はためく自由に基質をつなげ、延々と猛る意味から符号化していく行為にもとづき、あらがうだけに広がる失意を繰り広げるだけに鞍替えする雰囲気から、確かな形も要らずに、求め合うだけに求める事から枯渇しては、狡猾に抜き取る意味に引きずられ、形あるものは分別を用い、誰かを排除し、疎外に至らせる的なマルクス的構造に身を寄せながら、果たす事から堕落した革命に暴力を用い、効力を用いる権力により、動作に不潔感を用い、操作するだけに至る現用に果たす意味すら不感症に錯綜するだけの交差に、操作されるだけに互換される恋と金銭と変換を再利用と苦痛と恐怖が、ないがしろにした資本主義に入り混じり、快楽を呼び覚ますだけに解体したがるガールフレンドたちは、自らを不燃物に変えるか、不満材料を抱え、誰かを卑下するだけに押し寄せる人工的な恋路に高次な意識を持たずに、変容していく事柄から横溢するだけの精神性に折檻されては、大切なものを見失うだけに飢餓することを知らずに、物質的な余裕とは、猶予を与えるだけにあり、内心の恐怖から生み出される不安を倍増させるだけに延命するだけの器具を装置的に設置し、排斥される人間的な何かに孤立するだけの孤独感を観念的な何かにあてこするだけに保たれる情緒を操作する超自我が生み出す、超誇大妄想的な時間から、拒絶反応を示すだけの排斥から故実に結ばれる実用的な人間性のモデルケースを生み出し、普遍性に偏執していくだけの普通が、エクソダスすべき聖域をこころに生み出し、見出すべき事実に用いる表現に漂着し、粘着するだけの執着心が、規律を生み出し、行為に倫理を求め、淘汰されるだけの統合こそが、性質に誠実であるだけの偏執を普通と呼び、それが正常なのだ、とマジョリティは促し、安易な削除を繰り返し、保守するよりも、補修せずに打ち壊し、無駄にはめ込むだけにうごめく倫理から枯渇する者にフィロソフィーを持たせぬから、行為に引きずられ迷子になるか、行方不明になるか、価値に曖昧に倒錯するだけの快楽的催しに干からびた身体を絡ませ、あたかも精神は正しく無い、と示す嘘つきなエゴイズムを掲げるだけの独裁的な観念から還元されるだけの稼ぎを求める枷にはめられた社会性から孤独を用い、誰かを加工するだけの流動性を持たぬ流行から、そのまま沈み込むだけの物を生み出すだけに経済的な形骸化が進み、惰性な是正は、ただ正すことを用い、誰かを統治するだけに既得権をフルに使い、ふんだんに織り交ぜる恫喝からうかつな恐怖は、運命に定まらぬ不安を操作されるだけのメディアの獲物と化し、簡単に交差する動機に浸らせるような新興宗教的なものにはまる者を作り出すような恐怖を平気で兵器に変えるだけの武器商人たる霊媒商法などが跋扈し、スピリチュアリズムは、人間を怠惰なものに変え、人間を物として扱うような組織的ノイローゼに保護されるだけの病理をはびこらせ、不安を煽るだけの虚偽表示を繰り返す安易な信号に捕まり、加算される借金を国民に背負わせる義務だけを支払うだけの全域の金利などが莫大な借金を課せるだけの足かせを全域にはめ込み、皆で背負えば怖くない的な理想に思想は偏るだけにカタストロフィを重ね、加工される原理にうつつを抜かすだけに運命は淘汰され、投与されるだけの薬害に苦しみか、身体を突き抜ける放射線で致命的なダメージや、エラーを重ねるコンピュータに生命までも奪われるような価値などのどこに価値はあるのか、と安易な道楽を重ね委ねるだけの資本家を恨むだけのルサンチマン的なプロットばかりが、代替的な意味を代用し、人間そのものを奪うだけの各位に鈍麻な練磨を続け、綴る思いは貧相な事柄を突き抜け、被害者意識に浸らず、皆が加害者でも無く、裁かれないような囲いを創るべく、カントの意志を背負い永遠平和のために的なはなしを絶えず綴り、続け継承していくことが、真の革命と言えるのか、と勝手にしやがれ的な初期衝動にステマされては、さんざんな原理に散漫たる余韻は満足を探し、それを与えられる快楽のパブロフの犬であるし、肩代わりする借金のシュレディンガーの猫の箱に収まるようなはなしの具現化を執り行う次元的な乖離を行い、無限の真理に身を委ね、空間的な排除を繰り返し、猛烈な圧縮から膨張を繰り返し、下す過去から砕かれた時間に配されるアイロニーから引き取られては、委ねられ、何度も同じ宇宙を繰り返し創造するに至るような永遠性に今にも触れ続けるだけに、増え続ける。