時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

永遠と君

静寂はどこかと探す私の心はいつもうるさく、絶え間なくまばゆく放つ暮れゆく希望も、浪費した観念を啜るだけの論理に束縛され、鈍磨な気圧に処理される乖離した身体から、こころは半径を持たず、体現する日々に行為を引きずり、幽遠にプラトニックな嘔気を放ち、呼吸を忘れたはかなさから、際限無く咲かす意味から今は苦悩をすなどり、裏切りの路地裏で淡泊な恋愛を重ね、支離滅裂な恋愛の行列に並び、儀式的な結婚へと根因を残さず、超越する懐疑的なはかなさに回路は砕け、行き来する論理は、貧相な豊かさを求め、対立する資本へと業態を拡散し、納期される苦しみに震えるのだし、得るものを得ても、永遠はそこまで束縛せずに、きつく縛るだけの陰りに損なうだけの永遠が、そこまでの距離で果てるような主観に感覚は剥離し、迫害される進路は、豊かなものはなにかと知り合う矢先に貪婪な邂逅を重ね、白昼夢をさまよい、陰鬱な衝動を重ね、感覚を奪うだけの短絡的な動機にシリアスな嘘をつくだけの風に巻き込まれ、鼓動も忘れ、孤独に対立するだけの映像から固結していくだけの状況に孤立していくだけの今にものしかかる重みに果てるだけの隙間に重みを与え、暗澹とした様態に果てる自我から、時間は先延ばしにされ、艶然に加点されるだけの動機の通り道は、一切に飢渇し、混沌としていくだけの意味に絡まり、裁かれる間に幽遠はほどよくすり抜けるだけの空間を広げ、幽閉されるだけの主義へと隔離される。

膨らんだと頷く距離に霧雨や、甘い甘いあいまいさがほどけ、窮理になびく薄命な土地や、取り分や、籠城していくだけのこころに破壊的な懺悔や、還元される理由に去りゆき、進路を妨害するだけの膨張する宇宙から、空間的に避難し、卑下するだけの実存主義的な収容から、要する言葉に林立するだけの進路を破戒し、鮮明な過去から枯渇するここまでの困難さなどは、神経質そうに笑いながら、惑わす隙間に正義は膠着し、均等な意味などが波蝕し、昏倒していく意識を飲み込みながら、押し広げる意味から敷衍する理由から鎮座する動機にしなびていく可能世界から、虚偽を重ねるだけの政治的な偽装から、社会的な巣箱に変えるだけの乖離した理解から、改ざんされるだけの痛みに過干渉していくだけの行為から変幻自在な罪を重ねるだけの破壊的な今にアニミズムが浸透し、神は、すべてに宿るのだ、と宿無しの身体で俯瞰を感覚でうねるようにしみいる外側からの波蝕から、感化されずに、この命は孤独に創造を出向き、創り上げる事に専念するから、確かなものに価値は無く、ただあるがままに備わるだけの意味に価値は要らず、ただ諧謔に行き交う破壊的な道理に緩衝していくだけの自己から交通していく先々に、自由すら要らず、至らぬままにこのままの姿を今に表現していく事に置かれる意味だけが、今に帰巣していくだけにたぎるの、だ。

截然たる存在を均等に切り刻む時空や空間的な敗北感に酔いしれながら、白々しく空疎な歌を伝う空間から仮想するだけの人工的な関係に備わる君に投影されるだけの映像から損得だけがはびこるだけの浄土に排斥される昏倒する意識から蝉蛻していく夏に帰納からはけ口を探すだけの告げ口を繰り返す空想的な鳥たちが仲立ちする瞬間に関わるだけの煩わしさに揺れる平凡な夜更けから、構想し続けるだけの行為に準ずる予感や余波から、余計なものは要らず、ただ壮大に塗りたくる色から広がるだけの可能性だけが希望を用い朗唱する意味に意味を持ち込まずに、用いるべきは正しさを押しつけずにあらず、と鮮明な意味に出来合の真実をつなげるだけの最たる意味から崩壊していく現在に硬直していく過去から壮麗な意味は、今を飲み込み、産まれるままを産み出すからこそ、この苦しみすらも今に描くのであり、うつぶせで描く真理に、心象を奪うほどの混沌に至る今にも、証拠を残さず、行為に意味をなすりつけず、どんな状況をも描く本質から、真実は浸透するだけに裂けるのだ、と惰性な回帰を繰り返す状態に補足されるべき理由も衝動的な遊覧を繰り返し、狂い咲くほどに描く心因にだけ抱く意味だけが、今を高揚させ、確かな意味などは、今や意味や君を含まず、ともあやふやなままでままならぬ身体とこころを引きずり、曖昧なままに瀰漫させるだけに浸透していく自分が深淵でなびきながら、たなびく間から封緘される思いが君に届くまでの距離に陥るだけに測る長さなどは、その場に陥り、測る間に墜落していくだけに打算される数字などは、その場を測るだけの距離に置かれ、置いてけぼりにされた関係から、行為は迫害を受け、鮮明な意味を失い、自身の内外で果てるだけに荒れ果てた意味に意志をつなぎ、整合する理由からコントラストを与え、血と値と比率を超越し、分断される宇宙から調合する言葉が感覚を長大にする。