時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

相対する位置

とぼとぼ、と虚しいままに、幼稚な身体をままならぬ世界に放置し、大陸を横断する思念は、宇宙と調和し、煩わしい今を破棄しては、圧力もかからず、ハキハキと語り出す全域に猛る命が緩衝し、確かに染み渡る今に磔にされ、整然とした時に返済する理由など無く、無知な人混みを操作する民主主義が傀儡化させる政治を生み出す的な近未来に、メディアに操作された悪意が、各意をしらみつぶしに破棄し、無記名な暴力が疎外させる孤立し、浮遊する表現が、現在を淘汰し、超資本主義に移行する絶望的な商品化を終えた、人間の商品価値が衰退し、知識は流浪し、蔑むままにエクソダスすべく、空疎なニヒリズムを爆砕し、あらゆる闘争や、倒錯を生み出し、錯綜する精神は、著しい苦難に屈折し、あらゆる行為に些細な出来事を貫通させ、通過儀礼を終え掃き溜めた新たな試みに供給される義務的で、事務的な要素が、官僚化し、簡略化せず、あらゆる分岐に含ませる罪と罰が、その場その場で執行される。 機械化されたファシズムが攻撃的に迫る各駅停車の夜に憤懣をこぼす、文学的な要素が秩序を乱し、離れ合う思念にリアリティーなどを見せつけ、アクセサリー化する彼彼女らの恋愛は、愛を持たず、誰かに見せつけるべく今に格納し、容器の中で強制収容され、痛みが麻痺するまで、ドメスティックに痛めつけるサディズムが、オーガズムを昔年や寂寞にばらまき、加速する痛みが悲劇を生み出し、自らを破滅に追いやる終末論が自身の内外で跋扈し、関連する不躾に極まる感情がジレンマを抱えながら、亡骸を集める自身から剥離する鮮明な過去から、緊縛し、みっともない、と嘆くあたりを認めることが、女々しい事実を、最もな価値になすりつける接続される観念から枯れ果て、互いに侘しさを含ませ、対立させるまにまに膨らむ意味を道化に変え、季節的なエネルギーや、アレルギーが杜撰に投函され、妬ましい今に虐げられては、対比する数多に妨げられては、手懐ける矢先に抱擁され、崩壊する自らを循環して行く物言わぬ過去は静かに迫り、物語を隠滅させ、古びたミステリーに加速して行く。 遍くまろび、果てなく紡ぐ、厭わしい記憶よ。 言葉が持つ情景が、コツコツと、たどたどしく伝わり、震わす景色が、冬にシンクロして、単調な季節を組み替え、厭世観をかき消し、素敵な印象にまどろみ、ひたす今から季節を紡ぐ。 不自然な身体が、宇宙と調和し、確かな世界を継続させずに、関わるまにまにまどろみ消え去り、去りゆく間から行方をくらまし、存在すら損ない今に尽きる過程から曖昧に引き取る価値や意味が通り過ぎ、懐かしむ前にくたびれ、慈しみ果てるまで、儚い間柄を仲立ちし、分からないことが恥ずかしいのでは無く、分かろう、ともしないから、何もないままに否定し、卑下する今にも我が身に転じ、人となりに、一つになり得るまに、塗り替え、惑わす夜にちらつく意識も記憶に蝕まれ、瞬く間に乖離する。 群れて結ぶ超情報化した、ひとつの流動体たるかばい合う実感から果たされる革命が現実を書き換える先々に秘密が生まれ隷属する宛先を超克し、かかずらう時に留置され、捕囚と化するまでに蔑まれる後から乖離し、理性を含まずに、形跡を失い、颯爽と帰依し、影も残さずに、前衛的に生命から逸脱し、謀るシーンに軋轢を与え、加える理由から想起することごとくに訪れ、連動するリリカルな衝撃に主体は錯綜し、惨憺たる情意を波動に組み込み、歌う日常から儚さが到来し、乏しく纏わる先々に浪費され、棚向けられる意味を構築し、厭わぬように、容易な言葉をむき出しにしては、最たる意味を掴み、際立つ関係は総和し、忘れ難い出来事の懐に永久を隠し、攪拌される出来事に結ばれ、長じる後から、寂寞は生まれ、透徹して行く風景もわびしく悶えながら、内面的な情緒から、退きながら、自らの内外に懸け離れ、ねじ込む後から時系列は、完全に麻痺し、寛容な世界に祝福され、邂逅する意志から、新たな意識が帯びる展開を押し広げながら、たちまちに恩恵を授け、誇張される出来事を打ち砕く朝もはためき羽ばたき、焚き付ける思いを駆除し、何事にもとらわれず、むやみやたらに突き抜け、高次な意思を用い、適当に散歩し、火傷した主体を戯画に変え、戯れる意識を季節にぶつけ、絶え間なく記録に羽化する鳥たちは、立場も無く、飛ぶ意味すら持たず、自由などは、考えもしない生きてきた形からかけ離れ、果たす愛から凌ぐ運命に移行し、偏執する余韻から規律を生み出し、傀儡化していく過程から形態する余韻から引き込まれる毎日に濾過され、集約される予感から季節を与え、たゆむ関係から歪んだ愛を重ね、緩和する間に賄う限りが交錯し、順序を持たず、優劣を決めずに蓄積されるノイズや恋路にぶつかりながら表情を溜め込みながら、永らくにせまるセンチメンタルな要因に解析される規定から議題化していく状況を寄せ集めては、手懐ける矢先にケリをつけ、研鑽していく予感にバージョンアップしながら、定まる予感に動機をつなげ、酩酊する原野に引き合いに出す理由から形あるものが陥るカタストロフィや、安易な考えに生み出され、関与する様態に攪拌していく痛みに排斥される予感が銀河を突き抜け、監査するだけの管轄や組織や権力の支配下に置かれ、ただ隔離される形から危害を加えられ、乱立する痛みに理解を含まず、ただ引きずる痛みを形に変えるだけに肉薄する苦しみから告解すべき答えが吹雪いては、悠然と散りばめる意識は形式や景色で猛吹雪に変わり、利己的な支配から計画的な放射線の汚染を繰り返し、動機や希望を奪うだけのプログラムたる経済や国家や金融システムなどが破綻せずに首の皮一枚でつながるようなギリギリのラインに帰属していく意味から痛みや苦悩は増し、経済大国は形骸化し、裕福で平和ではあるが、幸福ではない、という総矛盾に苦しむ過程に繰り越される痛みに培養され、賦与される汚さから拘う意識は絡まるだけに痛む今を引きずりくたびれさせては、世界性すら奪い、引き寄せる価値は、肩透かしな妄想を反復させ、利用価値ばかりを見出す馬鹿や阿呆や阿諛者や偽善者がうようよしている現実性と想念やよれたジレンマを抱え、紆余曲折していく。?踏みにじる形跡から憤懣がこぼれ、倦厭していき滾る運命から空白から膿み爛れ、たじろぐ過程から露骨に示すあたりから勇躍し、悠遠になびく愛から今が帰依し、遊蕩にふるえる君たちは、気ままさすら知らず、せせらぐ余韻から誘惑されては、些細な起源に絡まり、対する所以から借り物の身体に申請する季節を対する派生から奇跡が生まれては消えゆく季節を交えて、恬淡な喜悦を重ね、捩込む暗闇から貸与する愛がはねのける願いから堅持する事実から抽出されるファッションから退廃していく記号に優越感を重ねては、契約していく過程に結ばれては、体感する動機に寄生させるだけに便りを送りながら、鮮明な今に超克していく苦しみはビターな春をコーヒーに混ぜ、空白な動機をつなげては、対角線をむすばれ、バラバラに変わる奇跡から静謐な偶然をつかまえる手前から要因に空気感を伝えては、快癒する毎日から空輸する動機に空虚さを伝えながら、解約する幽遠にふらふらする日常から十全な本質をつかまえ、虚偽を脱ぎ変えては、誓いを繰り返しては、はびこる合間から中断していく過程から季節を報わせながら、食い込む余韻から理念をつなげては、開催される動機を無数に受理していく機関で処理され、安易で曖昧な偶像から数理を食い込ませ、漫然として躍動していく過程から報う事を止め、諦念していく空白から帰る道を求めずにいたらせる。?誤解を含ませながら、内外に果てる悠然と馳せては、体系を崩しては、提要する空白から季節を報わせながら、全容に果てては、経過をさまよい、くたびれた春にビジョンを求めては、形骸化する季節に抽出される果てから毅然としていく影から苦悩をそぎ落とし、曖昧な毎日に疎外され、労われる果てから毎日はコギトや超自我を捨て去り、衰退する季節から強要される果てに無残な奇跡を絡ませ、残骸の希望はウキウキした感覚に処理され、晴れやかで、艶やかな優しさに包まれ、まどわす先々に優しさを伝えるだけの雲間に後光や曙光があふれ、自らを照らすか、反射し、照らすのか、すきまからはみ出す愛憎を乱反射させ、反射し合う愛に苦しみ果てるのか? はたまた窮乏する所以に老朽化しては定期的に軌跡に結ばれ、蒸し返す事柄から空白に超然と手懐けられ、日光に照らされては、体制にこびへつらいながら、形成される果てから無機質な感情からプラトニックに結ばれては、小さな退廃から近接していく境目から解析される状態に分離する。