時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

いびつな世界

強がりな街並みは、寂しがり屋のくせに寂しくないと強がる合間にジレンマが押し寄せ、あらゆる成否を朝と夜に隠し、貧相な余韻に浸るだけの恋から、カテゴライズされる同期を終えるだけの時代的な感覚に支配され、芝居じみた要因に悲観していくだけの行為に基づき、偏執していくだけの要因に大人びた雰囲気を放ちながら、一切の夜は否定的な理由にかじかみ、自覚する間も無く、認識していく限りにうつむくだけの余韻に課せる痛みばかりが、増幅する君の理由が何が正義なのか、とうそぶく隙間が立体的に変わりながら、乖離する理由などが断続しては、風流な時に受け入れられ、濾過される隙間に永劫を溶かすのよ、と愛情が敷衍する俯瞰で見つめる自己との距離が感覚を失い、一生涯に普遍的に受理するだけの理由だけに利用されるだけの強要から離れ、愛情とは時間とともに尽き果て、進むべき経路を失うのだ、とうそぶく大人たちを尻目に労働へといそしむだけの苦しみから加点される点数などに交互する意識は、数学的要素に捕まり、狂騒へと鎮座させられる労働へと統合される隷属化から、感染していく誰かが語る正義から、成否は奪われ、ただ脱するだけに達する間に大差無い始末を繰り返すだけに与えられる金銭に敷衍していくだけの執行から強制されるだけの規律と罪と罰と要素と半径に備わる法律から輪唱するだけのしがらみから、倦怠感を抱える虚像から抵抗運動へと移行していく道理から理解は革命的な分散を加え、曖昧な世界に意図を求め、人々が交差するだけの動機に心ない何かを課せていくだけに不快感をあらわにする。