時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

厭世観を打ち砕く一撃

何か足りないって一貫して鳴く主体は、記号が夜に混ざり合い、徒労を重ねた身体をくゆませる銀河で正確なものなど、この世には無いのだ、と席巻する理由の切片に磔にされる論理から、主張を繰り返し、暗澹とした陰鬱な焦燥から、根底は飢渇するだけの漏洩を繰り返し、混用される意味に逃避していく今から、加速するだけに年老いる季節は、奇跡を可能世界につなげ、静謐な思いを面影に重ね、貧寒な時代から抜け出すべきベクトルから、万感に比するだけの価値から抜け出すべき君の域から意味は敷衍し、配備される間から、一斉に飛び出すだけに堕落しない主体は清貧な慈愛を用い、朦朧と粛清される原生に質感を残し、甘美な愛に跪き、観点をぬぐうだけに、堕落しない今にファシストたちがうごめき、契合されるだけの動機に延々と演繹していくだけに、損なう身体は、過去を拘束しては、均等な位置に意味を見出すべき普遍性ばかりを今に突きつけ、統合させよう、とうごめくだけに運命を謳うだけのメロディーがなびく。他者を介した行いから、この身体はかさばるだけの過去を高揚させ、あたかも今に思い返すだけに、至らぬ衝動を証拠に、ここに残すだけの出来事を高尚に導き、惨憺たる遠因に嬲るだけの記憶から、季節は陰湿な縁に絡まり、関わるだけに加工される動機は印象をかき消し、確固たる動機に想起される永遠から、姑息な主義などを謳わずに、思うだけに縋るだけの印象を取り外し、トリガーを引くように、この言葉の段階の弾丸を撃ちこむまでの数秒の合間からとろけ、捏造されるだけの堕落した理由から放たれる意志だけが、確かな意味を今に流動させる本質から、組み込まれるだけの理由を破棄し、配備される愛から、曖昧な毎日を昇華させ、背負うべき義務も無ければ、事務的な要素すら不必要なまでに不羈なままで通り過ぎる命に居場所すら要らず、ただ全容に統合されるだけの儀式すら要らず、交互に重なる意識は、鮮明な状態に様態を攪拌し、錯覚を作り出しながら、聡明な慈愛に基づき、偏執しないように、鼓動を聞いては、待ちわびる今に陥れるだけの関係を用いず、蓄積される苦悩を取り外し、互い違いに報復を繰り返すだけの飽き足らない暴力の相違から、偏執していくだけに用いられ堅持され得る動機が得るものなどは、得るだけに邪魔になるだけに字余りな関係に用いられる差異と詐欺との合間から、感染していく病理に饒舌になるだけに統計される数理から、配備される巧拙に論じる理由から頓挫する事実から、投下される状態に響く痛みから、観点は奪われるだけに周囲にもつれ、偏執するだけに最たる理由を失い、自らの喪失感の内に隠れ、関与する痛みから、平衡していく宇宙的な成合から、漫然とした枯淡に嬲るだけの配備から関する間に浪費していくだけに陰湿な試みに課せるだけの理由が曖昧に状態を加速させ、観点を奪うだけの戦争から、損得勘定を繰り返し普遍性から、形成されるだけの物事に文言は響かず、ただアクセスされるだけの浅薄で浪費的な言葉に奪われるのだ、と卑賤な価値から、カタストロフが促され、最たる意味も藻屑に変わるのだ、とルサンチマン丸出しな者から結局は支配に下るのであるし、曖昧なマインドに響かぬ毎日を無駄に過ごすだけに、衰退していく理由が垂涎を繰り返し、艶然に果てる動機は黒幕に促されるままに、くだを巻いて怒鳴るだけの実情から、消費される関係に形成される荒れ果てた動機から、広域にひしめく領土的な乖離から、監視されるだけに唾棄する理由に叢生していく自然的な現れから、根源は、消費的に、あるいは多目的に媒介するだけに兌換される価値から、荷担すべき事実に消費される愛から差異は生まれ、互いを恨むべきなのだ、と躾を繰り返すだけに判断を失わせるだけに運命論的なカスタムを受け入れ、敢行される状態に罪と罰を与え、たゆむだけに互いを引きちぎるまでに、互いの思いに耐えるべきなのだ、と状態は愛に折檻を繰り返し、世界は用いられる動機により、互いの重みにより、軋む音を聞きながら、硬質な思いに収容されては、淫靡な事柄に基づく動機から心象は陰鬱な衝動を抱え、硬質な動機から面影は、邪推するだけの主を打ち砕き、混迷していく余韻に因果を突きつけるよりも、この寄り合うだけに互いを毛嫌いするだけに権限を移し、運命を奪うだけに運動的な道理は、課せるだけの要因を枷に変え、倦怠感を促しながら、潤う動機から偏執していくだけに排出される憎悪ばかりが、世界にひしめき、寛容に潤うべきなのだ、と想起する状態に自由を促す限りに陰る日々から、寛容な意志を引き継ぐような確かな行動に用いられる正義すらも怪しむべきだ、と世界は世界と呼ばれるだけの怠慢さを重ね、社会は社会と呼ばれるだけの傲慢さを抱え、ただ用いられる動機に謳われる法により、囲われる状態を受け入れるだけに打算的に生み出されることなどに支配される経緯に基づく批判から孤立していくだけの自己を傍観しているだけに満たないことを、未来と呼びたがり、集うだけに意志を失い、ただ利用し、利用されることを嬉嬉として受け入れる。